給与担当者が教えるお金のエトセトラ

人生の節目に考えなければならない相続税の話

 

 

誰かが亡くなったときに訪れる人生の節目。

 

そして相続をした場合は支払わなければならない相続税。

 

一生のうち、相続税のことについて考えなければならない機会は少ないけれど、金額が大きいこともあるのでごくごく基本的なことだけは知っておきたいです。

 

 

 

 

相続税ってどんな税金?

 

相続税とは、亡くなった人が残した財産を相続したときに、相続した人が払う税金です。

 

相続税には、相続税がかかる場合や払う必要がある人などについて細かく法律で定めがされています。

 

国税庁のHPなどを見るとびっくりするぐらい色々なケースがあるのですべてを理解することはできませんし、実際に相続税の支払が発生するときは税理士さんなどの専門家に相談することになります。

 

ただ、何も知らないままというよりは、どんな税金なのかぐらいは知っておきたいですね。

 

 

 

 

どうして相続税を支払わないといけないの?

 

親が残した財産を受け継いだだけなのに、どうして相続税を支払わなければいけないのかと思う人もいます。

 

いってみれば「我が家」の財産なのに・・・という風に。

 

相続税を支払う理由としては

 

・たまたま引き継いだ財産で能力がなくてもお金持ちになれるから

 

・お金持ちの子供はお金持ちになり、 親が貧乏な子供はお金持ちになれないことを防ぐ

ということが言われています。

 

つまり、自分には何の能力もなくても、たまたま大きな財産を引き継げれば働かなくてもお金持ちになってしまうし、親が金持ちであればその子供は金持ちということになります。

 

言ってしまえば、ラクして富を得ることができてしまうということに対する税金みたいなものでしょうか。

 

 

 

 

どんなものに相続税がかかるのか?

 

 

基本的には亡くなった人の全財産にかかります。

 

ただし、非課税の財産や葬式代金、債務などを差し引き、更に基礎控除と呼ばれる一定額を差し引き、残ったお金に税率をかけて計算することになります。

 

非課税財産としては、社会政策的配慮や国民感情などから、相続税の対象とならないものというのが決められています。

 

※具体的には国税庁のHPをご覧ください。
参照:国税庁HP

 

もろもろ差し引いて残ったお金が大きいほど相続税も多くかかりますし、ほとんど手元に残るお金がないという場合は、相続税はかかりません。

 

 

 

 

相続税の計算って自分でできるの?

 

相続税がいくらぐらいかかるか知りたい場合は、国税庁のHPや専門書にネット情報、その計算方法はいくらでも探し出すことができます。

 

ただし、理屈はなんとなくわかっても、全くの素人が自分で計算することはかなり難しいと言えます。

 

特に不動産や株などを持っている場合はほぼ不可能かもしれません。

 

ある程度の知識がある人はまずは税務署の相談窓口に、全く知識のない人は税理士事務所にお願いすることになるでしょう。

 

遺産相続などで争いが絡んでいる場合は、税理士だけでなく弁護士にも依頼することになるので、お近くの事務所で良いところを探すことから始めましょう。

 

 

 

 

相続税を払わないとどうなるの?

 

納税は国民の義務なので、支払をしないと厳しく罰せられます。

 

逮捕されることだってあります。

 

「そんなこと知らなかった。」

 

「そんな法律あるなんて・・・。」

 

という理由で言い逃れはできません。

 

のらりくらりと支払を拒否しようとしても、税金に関しては税務署はすぐ嗅ぎつけてきます。

 

相続税について覚えるべきことは、

 

・絶対に支払うものと腹をくくる。

 

・よくわからないことは専門家に相談する。

 

この2つを忘れなければ、脱税容疑で捕まることはないでしょう。

 

 

 

 


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報