固定資産税について考えよう

 

持ち家の購入を検討しているという方は、固定資産税について知っておく必要があります。

 

毎月の住宅ローンのことだけを考えていると、あとから思った以上にお金がかかって驚く場合があります。

 

というわけで今回は、固定資産税についての基礎についてお話していきます。 

 

 

 

 

 

固定資産税とは

 

固定資産税とは、毎年1月1日に土地や家屋などの固定資産を所有する人に対し、市区町村が課する地方税のことです。

 

賦課課税(ふかかぜい)と言って市区町村が自動的に税額を計算します。

 

市区町村から納税通知書が送られてきます。

 

基本的には年4期に分けて納期までに支払いをします。

 

 

固定資産税の計算方法は?

 

固定資産税の計算方法は以下のとおりです。

 

固定資産税評価額×1.4%

 

この評価額は「総務大臣が定め評価額に基づき市区町村で決定する」とされているのですが、具体的には市区町村の職員が実地調査を行います。

 

そして、調査内容に基づき税額が計算されます。

 

 

 

意外とある固定資産税の払い過ぎ!?

 

 

固定資産税というと、自動的に市区町村が計算するため安くする方法なんてないと思いがちです。

 

しかし、計算そのものがそもそも間違っているケースも多いというので要注意です。

 

固定資産税課税台帳の閲覧制度というものがあって、数百円の手数料で制度申請ができます。

 

自分の資産の税金はいくらかかっているのか、本当に適正な税金がとられているのか、確認してみましょう。

 

また、以下の工事の場合は申告すれば固定資産税の軽減措置があるケースがあります。

 

バリアフリー工事
省エネ改修工事
耐震改修工事

 

いずれも申告した場合に一定の条件を満たせば数年の軽減措置が受けられるので、よく調べて申告したいですね。

 

 

住宅用地の特例

 

住宅用地に関しても以下のような軽減措置があります。

 

〈住宅用地〉
 

200平方メートルまでの部分

小規模住宅用地として固定資産税評価額は6分の1になる

 

その他の部分

固定資産税評価額は3分の1になる特例がある

 

 

〈アパート・マンションの用地〉
 

世帯数×200平方メートルまでの部分

評価額は6分の1

 

その他の部分

家屋の10倍までの面積の評価額は3分の1

 

例えば、アパート用地と駐車場を別々に申告すると、アパート用地部分のみにしか軽減措置が適用されません。

 

一方、アパート用地と駐車場を一体利用するとことで、アパート用地に適用された軽減措置が駐車場部分にも適用されることがあります。

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

固定資産税と聞くと、言われるがままに払わないと思いがちですが、意外と節約できるケースがあるんですね。

 

一度決定されてしまうとずっと払わないといけない固定資産税ですから、是非事前に下調べを行って、適正な金額を支払うようにしましょう。

 

 


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報