絶対に覚えたい学校では教えてくれないお金のコト

プチ贅沢で家計が破綻する?自分へのご褒美を買うときの注意とは

 

 

仕事や家事を頑張ったご褒美にと、プチ贅沢を楽しみにしている人も多いのではないでしょうか?

 

プチというぐらいですから、平均的な金額も数百円程度という人が多く、さほど家計に影響はないのが普通のようです。

 

でも、プチ贅沢も気を付けないといつのまにかとんでもないことになるかもしれないってご存じですか?今回は、プチ贅沢の注意点についてご紹介していきます。

 

 

 

 

 

最初はプチ贅沢のつもりが癖になってしまうと大変

 

プチ贅沢は、たまにやるからストレス解消になったり気分転換になったりして心の栄養になるものです。でも、最初はプチ贅沢でちょっとした息抜きのつもりで始めたことが、つい習慣になってしまうと危険です。

 

例えば、「今日は気合い入れるためにプチ贅沢してコーヒーSHOPに寄ってから出勤しよう。」と、1杯500円ぐらいのコーヒーを購入してから出勤するとします。

 

これが、たまにであればいいけれど、1杯500円のコーヒーを、出勤日のたびに飲んでいたらどうでしょうか?月20日の出勤でも1ヶ月で10,000円、1年間で120,000円にもなってしまいますね。

 

しかも、コーヒー以外にもランチ代は必要なので500円のお弁当で毎日済ましたとしても、コーヒーと合わせると仕事をしに行くだけで毎月20,000円も出費が必要ということになってしまいます。

 

他にも、プチ贅沢のつもりでコンビニでデザートを買っていたのが習慣になってしまって、夕食のあとはデザートがないと我慢できなくなってしまったり、お菓子のストックがデスクの中にないと不安になってしまったり...。

 

小さなプチ贅沢のつもりでも、買うことが癖になってしまうことで年間何万円もの浪費につながってしまうことがあるのです。

 

※関連記事

こんな人は要注意!お金が貯まらない人のコンビニの使い方
メリハリをつけたお金の使い方をしよう 

 

 

 

プチ贅沢ではなくて単なる贅沢に気をつけよう

 

仕事でストレスも溜まっているし、たまにはいいよねとマッサージやスパ、日帰り旅行などに行くという方もいるかもしれません。

 

これらが「プチ」贅沢になるかどうかも微妙なところですが、こういう非日常的なサービスを受けることで心身ともに癒されて明日からの仕事の活力になるのは言えると思います。

 

ただし、非日常サービスを受けると、ついつい日頃の節約の工夫を忘れて「今日ぐらいはいいよね。」という風に自分を甘やかしてしまいがちです。

 

マッサージだけのつもりが、店員さんに勧められてつい自宅用のクリームを購入してしまったり、旅行に行ったらお土産をたくさん買ってきたり...。

 

こうなってしまうと、プチ贅沢ではなく単なる「年に1度レベルの贅沢」になってしまいます。しかも、本人はプチ贅沢のつもりだったのでまた同じようなことを間を空けずにやってしまい、気づいたら全然お金が貯まらないなんてことに。

 

そりゃそうですよね、単に贅沢をしているだけなのですから。プチ贅沢のつもりが単なる贅沢・浪費になっていないかは、冷静に分析してみましょう。

 

※関連記事

買い物するときに気を付けたい魔法の殺し文句の話
食べ放題・飲み放題は本当にお得?利益の仕組みを知って賢い消費者になろう 
人には「ここさえ乗り切れば」という浪費しやすい日がある 

 

 

 

 

何のためのプチ贅沢?本末転倒には注意

 

 

私が以前働いていた職場は残業が慢性化している職場だったので、男女問わず皆夜中まで働いていました。

 

仕事は確かに忙しかったのですが、正直もっと効率化して日中の集中力を高めれば、一人あたり毎日数時間の残業は削れると思うような、無駄が多い職場でした。

 

でも、残業って、残業をしている本人たちの意識改革がなければ削ることは難しいんですよね。これをすごく思ったのが、若い女性社員の話です。

 

事務仕事で肩や腰がガチガチになるため、仕事が終わったらマッサージに行くのが彼女のプチ贅沢だということでした。そのマッサージは1回4,000円ぐらいで「残業すれば払える値段なので残業します。」ということでした。

 

これには私も「???」と、ハテナがいっぱい。だって、残業して肩や腰が痛くなるから残業代を使ってマッサージに行くって、おかしくないですか?

 

なら、残業をそもそもやらないように工夫すれば良いのでは?と思うわけですが、本人はその矛盾に気づいていないんです。

 

こういうことって意外にあって、プチ贅沢をしてストレス発散をするために、自ら敢えてストレスを溜めるようなことをしてしまっている人がいるんです。

 

本末転倒とはまさにこのこと。それよりも、ストレスを溜める労力と時間を、まるごと楽しい副業などに充てることで、お金は入ってくる、ストレス発散のための出費は抑えられると思うのです。

 

※関連記事

収入源が一つでないことの意味
在宅で副業をしたいならクラウドソーシングに登録すべき理由 

 

 

 

自分へのご褒美多すぎませんか?

 

プチ贅沢は男女ともにしている人が多いですが、若い女性が多いというデータがありました。

 

2015年にアサヒグループホールディングスが行ったアンケート「あなたは、どんな時にプチ贅沢しますか?」によると、20代、30代の女性を中心に月1回以上の頻度で7割以上がプチ贅沢を行っているそうです。
参照元:アサヒグループホールディングス ハピ研毎週アンケート 

 

確かに「自分へのご褒美」って言葉、女性って大好きですよね。

 

「自分へのご褒美」って、その名の通りご褒美なわけですから、何かを頑張ったときにあげるものです。大変な仕事を乗り切った、育児や家事で最近自分のために何かをしていなかった...そんなときにあげるのが自分へのご褒美です。

 

でも、何かにつけて「自分へのご褒美」をあげている人って、もはやご褒美ではなくて単なる浪費を正当化したいための言い訳ではないかな?という疑問を持ってみることにします。

 

最初は大変な仕事のときだけのご褒美だったのが、そのうち「今週も頑張ったから」になり「今日も一日頑張った」になり、最終的には頑張ったことがなくても「自分へのご褒美」あげているなんてことになってしまっていませんか?

 

生きていることそのものが頑張ったと言えなくもないですが...。

 

そもそもそんなに頑張らなくても、楽しくラクに生きるのを心がけると、自分へのご褒美って頻繁にはいらなくなるのかもしれませんね。楽しく生きていられることこそがご褒美なのかも...。

 

※関連記事

男性脳と女性脳を上手に使い、浪費を防いで貯金を増やす 

 

 

お酒と買い物でプチ贅沢する人は注意

 

 

 

プチ贅沢で男女ともに多いのが食事や飲み代、デザートなどの飲食費をかけるということなのだそうです。

 

たまにのランチやたまにのデザートであれば家計的に問題ないのですが、ここで気を付けたいのが飲み代などのお酒をプチ贅沢とすること。

 

毎日1本の缶ビールを家で楽しむとか、メインの食事にお酒も一緒に楽しむ程度であれば良いですが、お酒大好きでストレス解消はお酒を飲むことという方は注意が必要です。

 

お酒には理性を奪うという特性があり、酔った勢いでお金を使ってしまうということがあります。さらに中毒性も高いのでストレス解消にお酒を使うと、継続してお酒を飲む癖がついてしまいます。

 

プチ贅沢のつもりで飲みに行くという行為は、ちゃんとお酒に飲まれない人でなければ避けた方が良いです。男性は特にお酒に逃げやすいので気をつけましょう。

 

一方女性は、プチ贅沢にと買い物をすることでストレス発散するのは危険です。洋服などを買うことで発散しようとすると、浪費癖がついてしまいます。

 

ストレス発散のために買い物をする人って、買い物依存症になりやすいとも言われているのですよ。

 

※関連記事

買い物依存症になる原因と対策について 

 

 

 

 

まとめ:プチ贅沢もいいけれど注意も必要

 

いかがでしたか?今回は、プチ贅沢のリスクをお話しましたが、プチ贅沢が決して悪いというわけではありません。たまにのちょっとした贅沢をすることで毎日の仕事を頑張れるという人も多いですよね。

 

ただし、注意点は必要なので上手に楽しみましょうということです。今回の記事をまとめると以下のような教訓につながると思います。

 

習慣化してしまっては大きな出費につながると心得よう
あくまでも家計を圧迫しない「プチ」であるべし
そもそも何のためのプチ贅沢なのか考えよう
自分へのご褒美は多すぎたら単なる浪費と知るべし
お酒と買い物は依存症のリスクあり。はまりやすい人は要注意

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

お金の悩みはプロに相談しよう

 

お金のことって、知らないことも多くて難しいと感じますよね。そんなときに頼りになるのがお金のプロであるファイナンシャルプランナーの存在です。

 

保険マンモスなら、ファイナンシャルプランナーに無料で家計相談ができ、今なら最大で6,000円分の商品券がもらえます。しつこい保険勧誘もありませんし、生命保険以外にもライフプラン全体としての家計アドバイスをもらえます。

 

↓↓↓↓↓
 

プチ贅沢で家計が破綻する?自分へのご褒美を買うときの注意とは 関連ページ

退職日が1日違うだけで30万円得をする?退職日とお金の関係について
残業が貯金できない原因?残業をすればするほど貯金できない理由5つを解説
「給与が入ってから欲しいものを買う」ことのメリットと注意点
覚えるだけでお金がどんどん貯まる!消費・浪費・投資3大支出の授業
食べ放題で元を取ろうとしてはだめ!6つの弊害をお教えします
家主はお金意識高い系!お金が貯まる家の7つの共通点
お財布をすっきり保つための賢いお会計の仕方
日持ちするからという理由で食べ物を買う人が貯金体質になれないワケ
見栄を張ってお金を使うことは悪いことなのか?の話
お小遣いや欲しいものを大人が上手におねだりする6つの方法。大人は子供とは方法が違うよ
[金育]子供の前で絶対に言ってはいけない5つの「お金の言葉」
[金育]子供にお金を持たせてみるとお金のことを考える力がつく
浪費を防いで貯金を増やすには男性脳と女性脳を上手に使えばよいってホント?
日本ではなぜ貧しい人ほど太るのか?
出世できない男の7つのタイプとは?会社員として稼ぐなら出世が必要!
宝くじの当選者はなぜほとんどが破産してしまうのか
「一緒にいて恥ずかしい」と思われるお金に関するNG行動5選!お金も人も逃げるかも。
人には「ここさえ乗り切れば」という浪費しやすい日がある
年収1,000万円の罠!?高収入なのにお金が貯まらないワケ
お金持ちは下着から!デキル男になりたければお金持ちの下着感をマネしよう
お金が貯まらないと困っている車好きの人へ言いたいコト
どうしてもやめられない浪費癖のある人に贈りたいお金の格言

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報