人には「ここさえ乗り切れば」という浪費しやすい日がある

人には「ここさえ乗り切れば」という浪費しやすい日がある

 

 

毎日コツコツと節約をしているのに全く貯金できない・・・。そんな風に悩んでいる方は、あるたった1日が原因だということも考えられます。

 

人には「浪費しやすい日」があり、その日に限ってはどんな出費も許してしまう傾向にあるのです。

 

その「浪費しやすい日」を乗り切るだけで、毎日頑張ってきた節約が報われるかもしれません。

 

今回は、そんな「ここさえ乗り切れば」という浪費しやすい日について解説していきます!

 

 

 

 

 

嫌なこと、良いことがあった日

 

嫌なことでも良いことでも、普段と違う感情を強く感じた日は大きな出費の危険があります。

 

「今日はすごく嫌なことがあったから」「今日はすごく良いことがあったから」という理由で普段買わないようなものを買った経験はありませんか?

 

気持ちはわかりますが、それを理由に浪費をしてしまうと、毎日頑張ってきたことが一気にパァになってしまいます。

 

これを避けるには、普段から無理な節約をしてストレスを溜めすぎないことと、ストレスの発散や自分へのご褒美を買い物にしないことです。

 

生きていると嫌なことも良いこともよくあることです。そのたびに浪費をしていてはいくらお金があっても足りません。

 

そんな日は好きな音楽を聴いたり、家族や友達に話を聞いてもらったり、浪費につながらない方法を決めておくといいですね。

 

※関連記事

お祭りの屋台でついついお金を使いすぎてしまう理由 

 

 

 

 

 

結婚や引っ越しなどの大きな変化があったとき

 

結婚後の生活や引っ越し用に貯めたお金ではあっても、不要な物を買う必要はありません。

 

生活に大きな変化があるとき、人はすべてを買い換えたり、普段なら買わないような物をついでに買ってしまったりします。

 

冷静に考えたらいらないと分かりますし、せっかく貯めたお金は本当に必要な物に使いましょう。

 

また、SNSなどで「結婚しました!」とアピールをすると、実は販売や詐欺の人などが近づいてきやすいので注意が必要です。

 

その人たちは、「人は大きな変化があったときに出費しやすい」ということをわかっているので、言葉巧みに寄ってきて、不要な物を買わせるのです。

 

大きな変化があったときこそ冷静に、あくまでも「必要な物、本当に欲しい物しか買わない」というスタンスは
変えることのないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

旅行に行ったとき

 

旅行先でつい浪費してしまうという人は多いのではないでしょうか。

 

旅先でしか食べられない物を食べたり、そこでしか買えない物や景色を楽しむことは旅行の醍醐味。すべてが浪費とは言いません。

 

ただ、自分の地元でも買えるような物や、大して美味しくもないような物であっても観光地では割高で売っています。

 

せっかくの旅行なのでお金のことを気にするのはナンセンスですが、心がときめいたものや本当に欲しいものだけにお金を使いましょう。

 

その分、また違う場所へ旅行へ行けると前向きに考えるといいですね。

 

※関連記事

割とミニマムな食生活を送っているんじゃないかと思う私の食費事情 

 

 

 

 

年末年始はお金の感覚がよくわからなくなる

 

年末年始は飲み会や旅行などのお誘いが多くあり、どうしても出費が多くなってしまう季節ですね。

 

また、一年間頑張った「自分へのご褒美」としても出費しがちな季節です。もちろん家族や仲間と楽しむことも大切ですから、楽しくお金を使いたい時期ですね。

 

でも、羽目を外しすぎて一年間の苦労が無駄になるぐらいの出費をしてはいけません。

 

適度に楽しむことと、年末年始用に別の積立をしておくことがおススメです。

 

年末年始になる前の冷静なときに、大体どれぐらいなら使っても大丈夫かを計算しておいて、積立てておきましょう。その範囲内で思いっきり楽しめば、後で後悔することもないはずです。

 

 

 

 

 

 

年度初めのストレスが溜まりやすい時期

 

新入職員や入学などで、新しい生活がはじまる年度初め。新生活はストレスも多いので、いらない出費が本当に多い時期でもあります。

 

また、新生活が始まって慣れてきたら買えば十分間に合うのに、先走って「なかったら恥ずかしい」などとよくわからない理由で物を買ってしまったりも。

 

生活ががらりと変わったときは、とにかく焦らずに冷静に。今はいつでもどこでも物が買える時代ですから、
こんなときこそ慎重に買い物をしましょう。

 

お金を使いすぎて更にストレスが溜まってしまう・・・なんてことのないように。

 

 

 

 

 

まとまったお金が入ったとき

 

毎月の給料日やボーナスが入ったときなど。長い目で見ればそのお金は単なる生活費にしなければならないとわかっているのに、つい不要な物を買ってしまったり、ごちそうを食べてしまったりします。

 

特にボーナス時期にはSALEなども行われており、お金を使わせるために企業が至るところにワナを張り巡らせています。

 

※関連記事

SALEで値段をつい見ちゃう人はSALEに行くべからず!
SALEは本当に悪?SALEとの付き合い方を知るための3つの教訓 

 

たまの息抜きもいいのですが、本当に必要な息抜きなのか、単に気が大きくなって浪費してしまっているだけなのか、冷静になって考えてみることが必要です。

 

給料日やボーナスが入った日は、外出を控えるなどして、一呼吸置いてみるようにしましょう。

 

※関連記事

ボーナスが貯金額アップの鍵!ボーナスが入ったときに意を付けたいコト。

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

今回あげた日以外にも、こんな日は出費が多いかもと思う日を思い出してみてください。

 

冷静に分析し、その日こそ気を付けるようにしましょう。逆に言えば、普段コツコツ節約するのが苦手な人でも、その日に無駄遣いをしないのであれば、大きな節約効果があるということになります。

 

コツコツ貯めて、ドカンと使ってしまわないようにしましょう!

 

人には「ここさえ乗り切れば」という浪費しやすい日がある 関連ページ

退職日が1日違うだけで30万円得をする?退職日とお金の関係について
残業が貯金できない原因?残業をすればするほど貯金できない理由5つを解説
「給与が入ってから欲しいものを買う」ことのメリットと注意点
プチ贅沢で家計が破綻する?自分へのご褒美を買うときの注意とは
覚えるだけでお金がどんどん貯まる!消費・浪費・投資3大支出の授業
食べ放題で元を取ろうとしてはだめ!6つの弊害をお教えします
家主はお金意識高い系!お金が貯まる家の7つの共通点
お財布をすっきり保つための賢いお会計の仕方
日持ちするからという理由で食べ物を買う人が貯金体質になれないワケ
見栄を張ってお金を使うことは悪いことなのか?の話
お小遣いや欲しいものを大人が上手におねだりする6つの方法。大人は子供とは方法が違うよ
[金育]子供の前で絶対に言ってはいけない5つの「お金の言葉」
[金育]子供にお金を持たせてみるとお金のことを考える力がつく
浪費を防いで貯金を増やすには男性脳と女性脳を上手に使えばよいってホント?
日本ではなぜ貧しい人ほど太るのか?
出世できない男の7つのタイプとは?会社員として稼ぐなら出世が必要!
宝くじの当選者はなぜほとんどが破産してしまうのか
「一緒にいて恥ずかしい」と思われるお金に関するNG行動5選!お金も人も逃げるかも。
年収1,000万円の罠!?高収入なのにお金が貯まらないワケ
お金持ちは下着から!デキル男になりたければお金持ちの下着感をマネしよう
お金が貯まらないと困っている車好きの人へ言いたいコト
どうしてもやめられない浪費癖のある人に贈りたいお金の格言

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報