ラテマネーは「なくす」ではなく「減らす」方向で!小さな出費と幸せのバランスを意識

ラテマネーは「なくす」ではなく「減らす」方向で!小さな出費と幸せのバランスを意識


 ※この記事は2019/5/14に執筆しました。

 

「ラテマネー」という言葉は最近よく見聞きするようになりました。

 

日々のちょっとした出費を指す言葉ですが、ラテマネーを意識することは節約や貯金の第一歩であり、大人のマネー術としてぜひ身につけておきたいものです。

 

今回はラテマネーとはどのようなお金のことなのか、なぜ「減らす」ことが大切なのかについてのお話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ラテマネーとは

 

ラテマネーとは、スタバやドトールなどのコーヒーショップでお金を使うこと、つまり大きな買い物ではないけれど日常生活でちょこちょことお金を使うことを示した言葉です。

 

アメリカの資産アドバイザーの著書で使われています。

 

ラテと名がつくものの、もちろんコーヒーに限らず「小さな買い物」「買わなくても生きていけるような物」であればラテマネーと呼ぶことができます。

 

たとえば次のようなものです。

 

仕事帰りに寄ったコンビニで買うお菓子
職場に設置された自販機で買う水やお茶
現金の引き出しに支払うATM手数料
暇つぶし用に購入する雑誌
スマホゲームやLINEスタンプの課金

 

上記のようなちょっとしたお金を何気なく使っていると、積み重ねによって「あれ?なぜかお金がない!」ということになりかねません。

 

 

 

 

 

ラテマネーは年間いくらになるか計算してみよう

 

 

仕事帰りには毎日コンビニにより、スイーツを買うことが楽しみな人、いると思います。

 

わたし自身が社会人になったばかりの頃がまさにそうで、自宅近くのバス停を降りてすぐの場所にコンビニがあったので、ほとんど毎日立ち寄って、スイーツを買っていました。

 

コンビニのスイーツは当時でも1つ150〜300円くらい。

 

今は昔に比べてもかなり高価なものが多い印象です。

 

300円を仕事の出勤日のたびに使えば、300円×20日で月6000円ですね。

 

年間7万2000円です。

 

どうでしょうか。7万2000円あれば、いろいろなことができそうです。

 

あの頃のわたしは本当にお金がなかったので、ラテマネーを意識していれば違っていたかもしれません。

 

みなさんも、ラテマネーに該当する支出があるのなら、1回の金額ではなく、年間でいくらになるのかを計算してみることをおすすめします。

 

「これはマズイな...」と実感をもつことができるからです。

 

 

 

 

 

ラテマネーは使うことも大事

 

ここまでラテマネーは無駄遣いの代表格のようにご紹介してきましたが、実はラテマネーは必ずしも「悪」ではありません。

 

もちろん、何も考えずにちょこちょこ使うと相当な金額が積み重なってしまうわけですが、それが「必要経費」ならば問題ありません。

 

ここでいう必要経費とは、たとえば...

 

給料日にはスタバに寄って甘いドリンクを飲むのが最高のご褒美
毎日はコンビニに寄らないけれど仕事が忙しいときだけは時間を優先してコンビニを使う
仕事で煮詰まったときは自販機のコーヒーでリフレッシュするとはかどる

 

このようなラテマネーまでを無理に削るとストレスが溜まってしまうでしょう。

 

特に日々の小さな出費に幸せを感じられる方は、その幸せを全部なくすというのは得策ではありません。

 

その結果どうなるのかといえば、高額の浪費をしてしまいます。

 

それではラテマネーどころの騒ぎではありませんね。

 

意味もなくお金を使うのではなく、自分が楽しむことを忘れずにラテマネーも使っていけると、とてもバランスよく、そしてお金も貯まる体質に変わっていくでしょう。

 

 

 

 

 

ラテマネーを減らすには

 

 

無意識に使うと浪費になり、削り過ぎるとストレスになるラテマネー。

 

ではどうすればよいのでしょうか。

 

結論としては、ラテマネーは「なくす」のではなく「減らす」が正解です。

 

理由は前述のとおり、ラテマネーはなかなか素敵なものでもあり、上手に付き合えば生活を楽しみながらお金を使うことができるからです。

 

そして、「なくす」だとハードルが高いですが「減らす」なら何とかできそうなので、トライしやすいメリットもあります。

 

では、「減らす」を叶える具体的な方法には何があるのでしょうか。

 

 

 

 

可愛い水筒やマグカップを買ってみる

 

見た目から入るタイプの方は可愛い水筒を買ってみてはいかがでしょうか。

 

可愛い水筒があれば、「よしお茶を持参しよう」とやる気がでてきます。

 

普通によい物でも2000〜3000円くらいで買えますので、1本100円のペットボトルを毎日購入していた人でも1ヶ月で元がとれます。

 

たとえば我が家で愛飲している麦茶は、1袋50パック入り、200円くらい。

 

1パックで水筒2本分くらいは麦茶ができるので、水筒1本2円で麦茶がつくれる計算です。

 

水道代を入れても、ペットボトルを購入するよりずっと格安ですね。

 

会社の給湯室を利用してお茶をいただける方は、お気に入りのマグカップを用意しておくのもよいでしょう。

 

※関連記事

 

 

 

 

ハイブリッドランチに変えてみる

 

職場にお弁当を持参すれば節約になるかもしれませんが、仕事があるとなかなか簡単ではありません。

 

わたしは長時間労働の職場で働いていたとき、とてもとても、お弁当を準備する時間も気持ちの余裕もありませんでした。

 

でも節約したい...。

 

そんなときは、ハイブリッドランチがおすすめです。

 

たとえば、お弁当のうち、白米だけを持参する、あるいは晩御飯の残りだけを持参しておにぎりだけ購入するといった方法です。

 

これなら無理なく続けられるし、ランチ代をゼロにはできなくても減らすことができます。

 

※関連記事

 

 

 

 

ルート変更でコンビニを視界から外す

 

ラテマネーの代表格はコンビニの買い食い。

 

これを減らすには、コンビニに入らないことです。

 

そしてそれを実行するには、コンビニを視界から外すことが大切です。

 

コンビニに入ったのに何も買わずにでてこられる人の方が少ないでしょう。

 

またそもそも、コンビニに入って欲しい物がなければでてこられる人は、毎日コンビニで買い食いなんてしません。

 

つまりコンビニに入らないことが肝となるのですが、コンビニは多数あり、つい視界に入ってふらふらと引き寄せられてしまいます。

 

そこでいつもと通勤ルートを変更し、コンビニを見ないよう工夫します。

 

これも毎日でなくて大丈夫。

 

たまに気分転換のつもりで通勤ルートを変更してみると、ついでにコンビニの存在を忘れられので、それでよしとします。

 

※関連記事

 

 

 

ポイントの範囲でラテマネーを使う

 

クレジットカードやショッピングサイトを利用すると、ポイントが貯まることはもはや常識ですね。

 

そしてポイントの範囲内であればラテマネーを使ってもよいとルールを設けるのです。

 

これは、わたし自身が実践している方法です。

 

わたしの場合は楽天ユーザーなので、楽天ポイントがすぐ貯まります。

 

そこで、ラテマネーを使いたくなったら、ポイント残高内で使うのです。

 

これなら現金が減りませんので貯金額に影響がありません。

 

何より、ポイント残高の範囲内という制限があるため、ラテマネーの使い過ぎを防ぐことができます。

 

なお、ポイントを増やすために買い物をすることは本末転倒です。

 

わたしも楽天ポイントは、楽天カードを利用して公共料金等を支払ったものや、楽天アフィリエイトで得たポイントなので、何か物を買ってついたポイントではありません。

 

このあたりも同時に実践していくとよりGOODです。

 

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

今回はラテマネーと節約についてのお話でした。

 

ラテマネーは要するに、「塵も積もれば山となる」をかっこよく言っているようなものですね。

 

その考え方は理解できる方が多いのではないでしょうか。

 

ただ、それを理解しつつ、適度にラテマネーも使っていくと、ストレスを溜めずに上手に貯金ができるでしょう。

 

ラテマネーは節約の基本中の基本といってもよい考え方なので、これから節約を始める方はぜひ意識してみてください。

 

もう少し節約に慣れてきたら、ラテマネーで浮いたお金を投資に...なんてことを考えてみてもよいと思いますよ。

ラテマネーは「なくす」ではなく「減らす」方向で!小さな出費と幸せのバランスを意識 関連ページ

自己破産は悪ではないと知ろう。法律で認められた手続きの概要を解説
お金に困ったらどこから借りるべき?借入先の特徴と最適な選択肢について
「退職すると経済的に苦しい」から辞められない人へ。退職後のお金問題対策を紹介
高価なものを「もったいない」という理由で使わない人は無駄使い体質
会社の辞めどきはいつ?お得に退職するなら5月や6月に辞めるのがおすすめ!
お金をせびってくる相手への対処法。お金の無心はどう断る?
現金を渡す「以外」の援助方法7つ。お金を無心してくる相手にはこうしよう!
人にお金を貸してはいけない理由。親切心から貸してもいいことない!
小さなオリーブオイルが気づかせてくれたこと。少しで足り、無くても困らない。
会社員のためのお金の記事をまとめました。
無料で物をもらおうとすると結局お金がでていく。タダより高いものはない!
物欲を抑えて貯金したい人は物を買わない12のメリットを考えてみるといい
物欲が止まらない人は誕生日とクリスマスを楽しみに物を買ってはどうだろう。
パートナーとの不仲は経済的損失である理由。ずっと仲良しがお金を貯める秘訣!
コンビニに寄らないための8つの方法とは?今度こそ毎日の節約を実践!
退職日が1日違うだけで30万円得をする?退職日とお金の関係について
残業が貯金できない原因?残業をすればするほど貯金できない理由5つを解説
「給与が入ってから欲しいものを買う」ことのメリットと注意点
プチ贅沢で家計が破綻する?自分へのご褒美を買うときの注意とは
覚えるだけでお金がどんどん貯まる!消費・浪費・投資3大支出の授業
食べ放題で元を取ろうとしてはだめ!6つの弊害をお教えします
家主はお金意識高い系!お金が貯まる家の7つの共通点
お財布をすっきり保つための賢いお会計の仕方
日持ちするからという理由で食べ物を買う人が貯金体質になれないワケ
見栄を張ってお金を使うことは悪いことなのか?の話
お小遣いや欲しいものを大人が上手におねだりする6つの方法。大人は子供とは方法が違うよ
[金育]子供の前で絶対に言ってはいけない5つの「お金の言葉」
[金育]子供にお金を持たせてみるとお金のことを考える力がつく
浪費を防いで貯金を増やすには男性脳と女性脳を上手に使えばよいってホント?
日本ではなぜ貧しい人ほど太るのか?
出世できない男の7つのタイプとは?会社員として稼ぐなら出世が必要!
宝くじの当選者はなぜほとんどが破産してしまうのか
「一緒にいて恥ずかしい」と思われるお金に関するNG行動5選!お金も人も逃げるかも。
人には「ここさえ乗り切れば」という浪費しやすい日がある
年収1,000万円の罠!?高収入なのにお金が貯まらないワケ
お金持ちは下着から!デキル男になりたければお金持ちの下着感をマネしよう
お金が貯まらないと困っている車好きの人へ言いたいコト
どうしてもやめられない浪費癖のある人に贈りたいお金の格言

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報