【索引】難しい専門用語を分かりやすく翻訳するコーナー

複利(ふくりとは)

 

元本に加わった利息も含めてさらに利息がつく仕組みのことです。

 

投資や運用などでよく使われる言葉ですね。

 

例えば、100万円を5%の年利、1年複利で計算すると...?

 

100万円×5%=5万円(1年目)

 

(100万円+5万円)×5%=5万2,500円(2年目)

 

(100万円+5万円+5万2500円)×5%=5万5,125円(3年目)

 

となります。

 

単利の場合は

 

100万円×5%=5万円(1年目)

 

100万円×5%=5万円(2年目)

 

100万円×5%=5万円(3年目)

 

なので、全然違いますね。

 

ちなみに、あのアインシュタインは複利のことを「数学におけるもっとも偉大な発見」と言ったそうです。

 


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報