意外と面白い!?わかりやすい運用の話

運用するなら余剰資金って必要?まずは50万円頑張って貯めるべき理由

 

 ※この記事は2019/3/24に加筆修正しました。

 

投資・運用の必要性については理解できたから、さぁ何の商品を選ぼうかとうずうずしているかもしれませんね。

 

運用や投資については勉強していくと、「なるほど、ちまちまと節約するよりもずっと効率がよさそうだな。」と感じることもあるでしょう。

 

しかし、いったん冷静になってみましょう。

 

投資・運用には「リスク」があるからです。

 

リスクを許容するために、投資・運用には余剰資金を活用しましょう。

 

余剰資金とういうのは、簡単に言うと生活費以外の資金、当分使わなくても大丈夫な資金のことです。

 

今回は、投資・運用を始めるにはいくらぐらいお金があればよいのか、手元にいくらぐらい残しておけばよいのかのお話です。

 

 

 

 

 

普通預金で150〜300万円は手元に残しておこう

 

現在お仕事がある方でも、失業や傷病などによって働けなくなるリスクがあります。

 

このリスクの対応するためのお金として、普通預金で150〜300万円はあると安心です。

 

 

 

半年〜1年分の生活費は普通預金でキープ

 

これは、月の生活費が25万円だとして計算したときの半年〜1年分にあたる金額です。

 

幅がありますが、一人暮らしなのか、ご家族を養っているのか、それとも実家暮らしなのかによって異なります。

 

たとえば失業の場合、自己都合退職であれば退職から約4ヶ月は失業手当がもらえない、無収入の時期があります。

 

また、失業手当をもらい始めたとしても、これまでもらっていた賃金と同額ではなく、50〜80%程度になります。

 

結局貯金を少しずつ崩しながら生活していくことになるため、貯金はやはり必須なのです。

 

 

 

 

無職期間が長引くと安心できない

 

しかも、これは退職して半年ぐらいで順調に転職先が決まったらの話です。

 

転職活動が長引いて1年以上無職だとさらに貯金は必要だということになります。

 

投資・運用に必要な余剰資金の観点からすると、すなわち余剰資金とは、普通預金の150〜300万円「以外に」自由にできるお金のことを指します。

 

※関連記事

 

 

 

 

理想は100万円以上。最低でも50万円は用意しよう

 

「これぐらいならなくなっても生活に全然影響かない、だから投資にまわせる。」というお金は、理想として100万円はほしいです。

 

最低でも50万円が目安かと思います。

 

ただし、全財産が50万円の方は普通預金として残しておかないと生活できなくなる可能性があります。

 

その場合はまだ投資はするべきではありません。

 

全財産ではなく、あくまでもなくなっても困らないお金を投資・運用にまわすことが原則です。

 

 

 

資金がない人は少額投資から

 

とはいえ、資金がないから全く投資・運用をしないことにもリスクがあります。

 

その場合、少額投資から始めるとよいでしょう。

 

どのように利益がでる仕組みなのか
価格はどの程度変動していくのか
それに対して自分の心理状態はどのように働くのか

 

といった点は、実際にやってみないとなかなかわからないことですので、勉強になります。

 

今は積立NISAもありますので、月々1,000円ずつなどに設定し、積立てしてみてもよいでしょう。

 

ただし、運用益という観点から見ると正直50万円ぐらいは運用資金がないとなかなか増えないのも事実です。

 

あくまでも個人的な感覚ですが、50万円ぐらいあれば増えていく様を感じやすく、投資・運用も楽しくなってくるのではないかと思います。

 

 

 

 

投資の前にやっぱり貯金から始めるべき理由

 

貯金ゼロでいきなり運用を始めるにはやはりリスクが伴います。

 

資金自体が目減りするリスクや、すぐに現金化できないというリスクです。

 

生活が予定通りにいかなくなったら現金がないと補えないですよね。

 

ローンの支払いが毎月必要なのに、株なんて買ってしまってローンの支払いが滞ってしまっては本末転倒というものです。

 

貯金がゼロという方は、まずは毎月5,000円でもよいので貯金をする癖をつけるところから始めましょう。

 

毎月の家計を工夫するということが、結局は投資・運用にも役立つお金の知識として身についていくのです。

 

貯金がゼロの方はこちらの記事も読んでみてください。

 

 

 

 

貯金がないのに運用を始めるのは精神的に影響が

 

貯金がないのに手元にある少ないお金で投資・運用をするのは博打のようなものです。

 

例えばFX。

 

「これしかお金がないから絶対に損できないよ!」という自分を追いつめた状態でやると、焦りがでてしまってうまくいきません。

 

なくなっても大丈夫というぐらいの余裕をもってやることで焦らずできますし、損がでたとしても潔く損切りができるため、大損失につながらないのです。

 

1日で何百万円も失ってしまうという失敗談はよく聞きますが、それは「損したくない」という気持ちが強すぎるからです。

 

「もうちょっと、もうちょっと...。」と損切りをあと倒しにし、結局損失が膨らんでしまった結果なんです。

 

 

 

ボーナスで運用を始めるのも手だが...

 

ローンの支払いなどでボーナスを利用しないのは基本ですが、月々の給与で生活でき、貯金もしっかりとできているのであればボーナスを運用資金として活用するのも手です。

 

そもそもボーナスは業績によって変動するものですし、場合によってはボーナス全カットなんて自体になることも考えられるものです。

 

つまり、あったらラッキー、なくても普通、ぐらいの位置づけとして考えるべきものです。

 

であれば、ボーナスはなくても大丈夫という生活スタイルを確立し、代わりにボーナスを運用に回すのは賢い方法だと思います。

 

ただし注意点があります。

 

それは、投資・運用初心者がいきなりボーナスの大半をつぎこむことはやめることです。

 

いくらボーナスが余剰金であっても、初めての投資・運用は少額からが基本です。

 

ボーナスの多くを投資にまわして失敗すると、「もう投資なんてこりごり」となりかねません。

 

その点、やはり少額の積立から始め、理解が深まってきた頃に積立額を増やしていく方法がローリスクです。

 

※関連記事

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?今回の内容をまとめると以下の通りです。

 

運用は余剰資金で行うのが基本。手元には普通預金150〜300万円は残しておこう
運用資金は最低50万円あると資産形成が加速する
貯金ゼロの人は運用の前に貯金方法を学ぼう
毎月の給与で貯金できるならボーナスを運用にまわすのも手だが少額から

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

お金の相談はプロにしよう

 

節約して貯金したいけれど、家計もどこから手をつけていいのか正直分からない...そんな方は一度プロの家計診断を受けてみるのもおすすめです。

 

保険マンモスは、日経BPコンサルティングによる「保険相談サービスに関する調査」で11項目で1位を獲得しているサービスです。

 

無料で相談できてしつこい勧誘もありませんから試してみる価値はあると思います。

 

生命保険で浮いたお金を投資・運用にまわすのも賢い選択ですね。

 

保険のマンモス無料相談はこちらからどうぞ↓↓↓
 


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報