国債のこと

運用の方法として、聞いたことのある国債ってどんなもの?と、気になる方もいらっしゃると思います。そこで今回は、国債のことを少しだけお話します。
 

 
 
 

 

国債って何?

 

国債とは、国庫債券の略で日本国が発行する債券のことです。近年個人向けに力を入れているようです。

 

 

債券って何?

 

債券とは、国や地方公共団体、企業などが一般の投資家からまとまった資金を調達することを目的として発行されるものです。

 

あらかじめ利率や満期日が決まっていて、債券を購入すると利子を受け取ることができます。そして、満期がくると額面の金額を受け取ることができます。

 

 

 

国債のメリットとは?

 

安全性が高い

日本国が発行する債券ですから、安定性は高いと言えます。元本われのリスクが基本的にはありません。
また、ペーパーレス化によって紙の国債というものがないため、 紛失や盗難の心配がなく安全です。

 

低額から始めることができる

 運用初心者にも向いています。

 

ほとんどの金融機関で購入できる

 最近はネットでも購入することができますので、便利ですね。

 

 

 

国債のデメリットとは?

 

中途解約するとペナルティがある

 受け取った利息を返さないといけないことがあります。

 

金利が下がる場合がある

 変動金利を選択すると、当然、金利が下がる場合もあります。

 

金利が低い

 あくまでも、ローリスク、ローリターンの運用方法です。

 

 

 

 

おすすめの買い方

 

おすすめはゆうちょです。国債の口座開設料金が無料となります。また、買うならキャンペーン期間中の方が金利面でメリットがあります。

 

財務省のホームページでシュミレーションが簡単にできますので一度試してみてください。

 

 

 

 

最後に:国債のおススメ度は?

 

金利面も安全面も定期預金と少し似ているところがある国債ですが、定期預金の方が商品の数が多くて、自分にあった商品が見つかるかもしれません。

 

金利面では定期預金と同じかそれ以上の場合もあるためメリットはあります。当分使う予定のないまとまったお金がある方は検討してみても良いかもしれません。

 

ただ、個人的には預入期間の選択肢が少ないため定期預金の方が良いかなという印象です。

 

 

 


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報