外貨預金について考えよう

 
 
 
資産の一部を外貨預金で持つことを本気で考えましょう。
 
 

 

外貨預金とは?

 

外貨預金とは、米ドルなどの外国の通貨で預金をすることです。

 

 

円預金ではいけないの?

 

円預金は安全と言われます。

 

確かに、日本は世界の中でも治安が非常に良く紛争なども起こらないです。治安が良いと相場が暴落するなんてことが起こりにくいのです。日常の安全が通貨の安全にもつながっているのです。

 

しかし、手持ちの資金がすべて円預金であるということは、それなりにリスクを伴います。金利が低いため資産が増えないというリスク、今後円安が進み、円の価値自体が下がってしまうというリスクです。

 

100%安全な預金というのはありません。今ある100万円、30年後にも同じ価値があると言えるでしょうか?

 

将来的に備えるには資産の何割かは外貨で持っておくといざというときに安心です。

 

 

 

外貨預金のメリットとは?

 

外貨預金には以下のようなメリットがあります。

 

円預金より金利が高いです。
円預金と外貨預金を持つことで分散投資になります。
高金利+為替差益のダブルメリットがあります。

 

 

外貨預金のデメリットとは?

 

一方、外貨預金には以下のようなデメリットもあります。

 

為替手数料がかかります。
預金保険の対象ではありません。
為替レートによって預金の価値が変動します。
払い戻し時に円高だと、為替差損が発生します。

 

 

 

外貨預金を行うときの注意事項

 

外貨預金をおこなうときは、以下の5つに注意しましょう。

 

リスクが伴うため余裕資金で始めましょう。

円預金がある程度貯まった人から始めるのが無難です。

 

時間をかけて何回かにわけて預入れましょう。

毎月の積立にすることでリスクを分散させます。

 

円高になっても焦らずじっくり考えましょう。

利息を受け取り目減りした分を補える場合もあります。

 

ニュースなどでこまめに為替レートをチェックしましょう。
少額の積立からはじめましょう。

 

 

 

 

分散投資の一つとしてとらえよう

 

個人的には、がっつり外貨預金をしましょうというスタンスではなく、分散投資の一つの選択肢という位置づけです。私は、積立分の一部を外貨預金で行うという、生命保険に加入しています。

 

為替レートによって保険料も変動がありますが、長い目で見て分散投資になると思い続けています。

 

いきなり外貨預金を始めるとハードルが高いという方は、生命保険などの商品で、プロのアドバイスが受けられるものから始めてみてはいかがでしょうか。

 

外貨預金は、あくまでも分散投資のためのひとつの手段です。

 

 

 

 

外貨預金ができる生命保険の相談はプロにしよう

 

最近は生命保険商品でも一部を外貨預金の積立にすることができるものがあります。興味のある方は保険のプロに相談してみましょう。

 

保険マンモスなら、夫婦での相談で6000円分の商品券をもらえます。相談は無料ですし、しつこい保険勧誘もありませんから安心です。

 

生命保険の他、ライフプラン全体のアドバイスをもらうことができますので、家計を何とかしたいという方におすすめです。

 

  ↓↓↓↓↓

 

 

 


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報