プレゼントは積立して、気持ちよく渡そう

 

家族や恋人など、大好きな人達へのプレゼント。

お金がないという理由であげられないのは本当に悲しいことです。

臨時出費としてしまうと、お金がないときにプレゼントできないなんてことが起きてしまいます。

しかし、誕生日などは必ずあるイベントです。

プレゼント用に少しずつ積立をしておけば、収入が多くなくても、大好きな人達へ気持ちよくプレゼントを贈ることができます。

今回は、私が毎月行っているプレゼント用の積立をご紹介します。


 





毎月姪っ子貯金


毎月たった1,000円ですが、姪っ子のプレゼントのために貯金をします。

1年で12,000円。

これで誕生日プレゼントとクリスマスプレゼントをあげます。

厳密には、ほかにもちょこちょこ買ってあげてしまうのですが、その程度であれば月々の生活費の中からやりくり。

まだ5歳の姪っ子には満足のいくものを買ってあげることができます。

これから、大きくなってくるとプレゼントもお年玉も増えていくから...積立の金額を増やす予定です。




家族へのプレゼント


家族の誕生日プレゼントや父の日・母の日、敬老の日などなど、幸せなことにイベントがたくさん。

贅沢なものはあげられないけど、日ごろの感謝の気持ちを込めて、プレゼントを贈る機会が多いです。

家族用にも毎月1,000円ずつ積立て。

プレゼントをもって、実家に帰って顔を見せることがちょっとした親孝行かなぁなんて思っています。

※関連記事
お金持ちになって結局なにがしたいの?お金持ちになって良かったことを集めました 



恋人へのプレゼント


やっぱり一番お金をかけているのが毎日一緒にいる恋人へのプレゼント。

誕生日とクリスマス、バレンタインが3大イベントです。

私は安い服でも着られるけれど、サラリーマンの彼にはできる限り良いものを着て欲しいから、百貨店などで良いものを買ってあげようと決めています。

もちろん、贅沢なものという意味ではなく、大人ですから質の良いものを。

主に百貨店の友の会の積立てで購入します。

10,000円の積立をしているので毎年130,000円貯まります。(1ヶ月分プラスになる積立てです)

その中で、予算は誕生日とクリスマスが3〜4万、バレンタインが1万5千円くらい。

残った分は毎年1回、自分用に良いものを買います。


※関連記事
あげまんになって旦那・恋人の収入アップ
旦那は大事な資産!?男性のモチベーションをアップさせてお金持ちになる方法 


まとめ:イベントがくるのが楽しみになる


積立てでプレゼントを購入しているから、イベントがくるたびに慌てるなんてことがないです。

むしろ、イベントがくることを楽しみに毎月積立てをしています。

母の日にプレゼントをあげたくて、お小遣いを少しずつためてワクワク...。

小さな子供がママのために貯金箱に小銭を貯めている姿を思い浮かべてください。

プレゼントの積立はそんな小さな子供と同じ気持ちです。

いつもお世話になっている人、大切な人への贈り物。

コツコツと貯めておきたいですね。


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報