8月の出費は比較検討と口コミ確認でコストダウン!暑さで金銭感覚麻痺に注意!

8月の出費は比較検討と口コミ確認でコストダウン!暑さで金銭感覚麻痺に注意!


※この記事は2017/7/15に執筆しています。

 

夏本番!

 

自分も家族も夏休みがあり、お出かけシーズンの到来ですね。

 

8月はレジャー、娯楽のほか、紫外線、暑さ対策など夏ならではの出費もありますよ。

 

今回は、8月にかかるお金と注意事項などを見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

8月の主なイベントは?

 

 

8月は、7月に引き続き、夏休みやお出かけなど、夏ならではのイベント満載ですね。

 

各イベントに関しては7月を参考にするとして、

 

※参考記事

7月はこまごました出費が多くなる。心も財布も開放的になりやすいから気の緩みに注意! 

 

今回はもう少し掘り下げてどんなお金がかかるかみていきます。

 

夏休みやお出かけとひとくくりにしましたが、内訳を細かく見ていくといろいろあると思います。

 

例えば...

家族旅行に行く宿泊費、交通費、飲食代

 

子供をプールに連れて行くお金

 

テーマパークに行くお金

 

お土産代

 

実家に帰省する際の交通費

 

 

などなど。

 

また、真夏であることに起因するエアコン、日用品、雑貨代なども意外と見逃せません。

 

例えば

 

自宅、車内の冷房

 

日焼け止め、美白化粧水などのコスメ関連

 

日傘、帽子など

 

熱中症、暑さ予防にクールダウングッズ

 

夏って何かとお金がかかるんですよね。

 

では、それぞれ費用捻出のコツや費用を安く抑える方法などを紹介していきます。

 

 

 

家族旅行

 

家族旅行とひとくちにいっても、お金がかかる部分が複数ありますので、それぞれわけて考えていきます。

 

宿泊費

 

まずは宿泊費。旅行代の中でも多くを占める部分ですが、旅行への価値観によってお金をかけるべきかどうかが変わります。

 

「観光がメインだから、寝ることさえできればどこでもいい。」

 

「ホテルや旅館でゆっくりするのがメインだから、宿泊施設にはこだわりたい。」

 

のか、ご自身の希望を明確にするのが何より大切でしょう。

 

前者の場合はとにかく安さにこだわるならいくらでも探しようがあります。

 

後者の場合は、質にこだわり過ぎるあまり金銭感覚がぱぁにならないようにだけは気をつけましょう。

 

ホテル検索サイトなどを上手に使って、質を落とさず価格を下げるという方法がいいでしょう。

 

参考までにホテル検索サイトには下記のようなところがあります。

 

検索・予約サイト 用途 特徴
世界中の最安値の旅行を検索する

月間3億人以上もの人が利用する世界最大級の旅行サイト。

 

口コミ情報や写真が多数掲載されているので実態を確認しやすい。

 

TripAdvisor (トリップアドバイザー) 

  国内、海外のホテル料金を一括比較

80万軒以上のホテル宿泊プランを一度に比較、最安値の宿泊プランを検索

 

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』 

  一流ホテル・旅館に会員限定価格で宿泊

厳しい審査基準を満たした旅館・ホテルを厳選し、最低価格の保証 

 

 業界最大級のポイント還元率「5%」

 

高級宿泊施設の予約ならRelux 

  世界中の格安ホテル、ホステルを検索する

ヨーロッパ発の格安ホテルサイト。

 

いま最も人気な格安宿泊施設を厳選して提供。

 

1回で5泊以上の予約をするとベネチアのホテル1泊無料プレゼント。

 

格安なヨーロッパ観光なら、【HostelsClub.com】 

  格安のアジア、国内旅行に行く

町の中心に泊まることができる低価格でお得なホテルサービス

 

タイ、インドネシア、フィリピンと日本に展開

 

【レッドプラネットホテルズ】

 

 

交通費

 

続いては交通費。

 

どこに行くか、何を使って行くかで大きく変わりますが、それぞれの節約方法はこんな感じ。

 

飛行機...LCC(格安航空会社)を利用する、早割を利用する(※ただし、予定変更によるキャンセルに注意)

 

新幹線...金券ショップで安く購入する、JRのぷらっとこだまを利用する(東京⇔新大阪間)

 

車...ETC利用、レンタカーを借りる

 

交通費についても料金比較ができる検索サイトがありますので、上手に使ってください。

 

比較・検索サイト 用途 特徴
  航空券の最安値を探す

自社開発のアルゴリズムにより多くの場合、市場で最安値の航空券の組み合わせをはじきだす。

 

長期フライトで特におすすめ。

 

格安航空券を探すなら【Skypicker】 

  国内の格安航空券を比較する

全12社の取扱航空会社を同時検索 。

 

国内の航空券を最安値を探しだせる。

 

格安航空券予約サイト【エアリザーブ】で快適な帰省の旅! 

  海外の格安航空券を比較する

世界643路線・123社の航空会社の海外格安航空券が検索できる。  

 

業界最速で最安値検索ができ、会員登録も不要

 

海外格安航空券予約サイト-skyticket.jp- 

  レンタカーを格安で借りる

大手、地方問わず全国のレンタカー格安プランが検索できる。

 

国内最大級のレンタカー予約販売サイト。

 

格安レンタカー予約 スカイチケットレンタカー 

 

 

飲食代

 

美味しい食事をするのは旅行の醍醐味の一つ。

 

飲食代を節約するのも寂しいですよね。

 

旅行での飲食代は、節約するのではなく「そこでしか食べられないものにはお金をかける」と、メリハリをつけることが大切です。

 

例えば移動の車や新幹線での飲食。

 

コンビニや駅構内であれもこれもと買えば割高ですから、事前に準備しておく、おにぎりなどを作って持参するなどしましょう。

 

旅行に行くとなんだかんだでコンビニに立ち寄ることも多く、なぜか普段食べられるホットスナックやお菓子などを買ってしまいます。

 

旅行だから金銭感覚がマヒしますが、余計なものにはお金を使わないと徹底しましょう。

 

その代わり、現地でいただく美味しい食事はケチらず堪能したいですね。

 

 

 

テーマパーク、プールなど

 

 

子供が夏休みに入りますから、テーマパークやプールに連れていくこともありますよね。

 

入園料が高いので、事前に計算しておきましょう。

 

人気のテーマパーク、プールなどはこれくらいのお金が必要です。※2017/7/15現在の情報です。

 

東京ディズニーランド 1day 

 

大人7,400円、12〜17才6,400円、4〜11才 4,800円、3才未満無料

 

ユニバーサルスタジオジャパン 1day

 

大人(12才以上) 7,600円 シニア(65才以上) 6,830円 子ども(4〜11才)5,100円

 

ナガシマスパーランド 1day

 

入園プラス乗り物 大人 5,000円、小学生 3,900円、幼児2,300円、シニア(60才以上窓口)2,600円

 

ジャンボ海水プール 大人 3,500円、小学生 2,700円、幼児1,500円

 

横浜・八景島シーパラダイス 1day(水族館とアトラクション)

 

大人 5,050円、小中学生 3,600円、幼児 2,050円、シニア 3,600円

 

例えば両親と小学生の子供二人でディズニーランドに行けば、24,400円かかり、別途宿泊代、交通費、飲食代、お土産代がかかります。

 

ディズニーランドに行って1泊するだけで4人家族なら10万円かかっておかしくないですね。(!)

 

 

 

真夏の日用品

 

 

では話題を変えて、真夏であることに起因する生活、日用品費。

 

どんな意識が必要でしょうか。

 

 

自宅、車内の冷房

 

冷房はケチると熱中症にもなりますから、適度に使うべき。

 

私が思う冷房費節約のポイントは、早起きと温度です。

 

夏場での早朝は涼しいこともあるので、早起きして仕事や家事を前倒しでおこないます。

 

冷房は1度スイッチを入れると、こまめに切るよりつけっぱなしの方が結局お得なので(動き出すときに一番電力をつかいます。)

 

いかにスイッチを入れる時間を後にできるかがポイント。

 

温度も電気代に関わってきますから、27、28度に保つのがいいでしょう。

 

車の場合は、駐車時に遮熱シートなどを面倒でもこまめに使って車内の温度が上がりすぎないようにすることが大切です。

 

 

 

日焼け止め、美白化粧水などのコスメ関連

 

日焼け止めも化粧水もぴんきりですが、高いものより、こまめにつける、手で温めながらつけるなど、「つけ方の工夫」が重要です。

 

日焼けしたと思ったら、保冷材などで冷やすのも効果があるので試してみてください。

 

お肌が炎症しているので、まずは抑えることが大切なのです。

 

美肌についてはこんな記事もありますのでよかったらご覧ください。

お金をかけずにキレイになる方法(美肌編) 

 

 

 

日傘、帽子など

 

日傘や帽子は1つあればいいので、どんな服装にもあわせやすいものを選ぶのがコツ。

 

また、日傘はあまりに安いものを選んでも結局長持ちしない、日除け効果が少ないなんてこともあるので、質はしっかり吟味しましょう。

 

日傘についてはこちらの記事もどうぞ

今買うべき日傘比較。日傘選びのポイントと遮光率100%のコスパ抜群日傘を紹介 

 

 

 

熱中症、暑さ予防にクールダウングッズ

 

巷ではいろいろなクールダウングッズがあります。

 

昔から暑がりの私なのでいろいろ試した経験がありますが、どれもいまいちでした。

 

ひんやりするシートとか、暑がりさんには効き目がないんですよね。

 

こういうグッズを選ぶときは、口コミなどで効果をしっかり確認してから購入しましょう。

 

むしろ、保冷材を持ち歩くとかした方がよほどクールダウンになります。

 

 

 

最後に

 

 

いかがでしたか?

 

8月はどうしても外出や日用品にお金がかかりますが、数ある選択肢の中で比較検討しながら賢く費用を抑えることが大切です。

 

以上「8月の出費は比較検討と口コミ確認でコストダウン!暑さで金銭感覚麻痺に注意!」でした。

 


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報