今月何にお金がかかる?月別イベントにかかる費用の節約方法まとめ

5月は前半に気を緩めると後半ピンチになりやすい月。余裕をもって乗り切りたい

 

 

3月・4月のバタバタ出費時期を乗り越えてやっと5月で一息つける...と思いきや、意外とイベントがあるのが5月です。

 

特に前半に出費が重なりやすいので、事前の予算組で余裕をもって乗り切るのがポイントです。

 

というわけで5月のお金が絡むイベントをご紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

5月の主なイベントは?

 

5月の主な出費につながるイベントは下記の通りです。

 

ゴールデンウィーク
子供の日
母の日
自動車税
衣替え

 

もちろん人によってはこれだけではありませんが、比較的大金が動きそうな気になるイベントがありますね。

 

 

 

 

ゴールデンウィーク

 

4月に引き続きゴールデンウィークは出費に注意したい期間です。

 

残業続きや休日返上で働いているという人にとっては「ゴールデンウィークだけはいいでしょ?」と、お財布の紐も緩くなりますね

 

仕事を頑張ったご褒美的にお金を使うのは全然いいことだと思います。ここでお金が回ってくれないと日本経済も活性化されません。

 

ただし、やっぱり計画性がなさすぎると後々の家計を苦しめてしまうことになりますから、計画的に、かつしっかりとお金を使うのがポイントです。

 

4月のイベント紹介記事でもお伝えしましたが、ゴールデンウィークにかかる費用は平均して4〜5万円。それだけならなんとかなるのでは?とお思いかもしれませんが、それだけではないのが5月の怖いところです。

 

 

 

 

 

子供の日

 

 

子供の日はゴールデンウィーク中にありますが、「端午の節句」でもありますから、男の子のがいるご家庭では、いきなり大金が必要になることもあります。

 

昔に比べて随分減ってしまいましたが、地方ではまだまだ五月人形や鯉のぼりを飾る家庭も多くあります。

 

ライフメディアが2015年に行ったアンケートによると、端午の節句に五月人形を飾る家庭は44.9%という結果でした。半数にはいかないものの、いまだに多くの家庭で飾るようにしているようです。
参照元:ライフメディア(端午の節句について)

 

ちなみに、皆大好き楽天で人気の五月人形は、下記のようなコンパクトなものが中心で、五月人形ランキング上位5位の平均価格は約33,000円でした。※2017.3時点

 

>五月人形 コンパクト 兜ケース飾り 兜飾り アクリルケース オルゴール付 端午の節句 5月人形 【2016年度新作】

価格:29,800円

(2017/3/26 11:53時点)
感想(440件)

 

>五月人形 上杉謙信 兜ケース飾り 兜飾り 藤翁作 翠雲 オルゴール付 【2017年度新作】 h295-fn-165-710 あす楽対応

価格:30,599円

(2017/3/26 11:43時点)
感想(369件)

 

お子さんやお孫さんに買ってあげたいという場合は、3万円程度の予算は必要になるというわけですね。

 

これらの飾り物がなくても、子供の日ぐらいは祖父母の家を訪ねたり家族皆でそろってごちそうを食べたりと、食費にもお金をかけやすい日となります。

 

 

 

 

母の日

 

母という存在は子供にとって特別なもの。普段は照れくさくて言えない感謝の気持ちも、この日ばかりはきちんと伝えたいところです。

 

母の日のプレゼントの平均予算は3,000円〜5,000円が圧倒的に多いそうです。自分の母だけならそれで済みますが、結婚している場合には義理の母へも必要です。

 

ただし、これだけは金額云々ではなく、気持ちを込めて贈るのが大切ですね。

 

※母の日のプレゼント費についてはこちらの記事で詳しく書いています。

母の日のプレゼント何にする?節約中でも低予算でも感謝の気持ちが大切です 

 

 

 

自動車税

 

車をお持ちの方は5月の自動車税の支払は大きな出費の一つです。

 

自動車税の金額は種類や排気量によって異なりますが、私はごく普通の国産コンパクトカーに乗っているので、34,500円です。

 

多い人は4万とか5万とか軽く超えてしまいますが、逆に軽自動車ならば自動車税も1万円ちょっととかなり抑えることができます。

 

軽自動車税は平成28年度分から変わっていますから、詳細は総務省HP等で確認してください。
総務省HP

 

一度に払うと大きな出費になってしまうので、「車費」として月割で約3,000円分を積立てあります。実際には自動車税、車検代、ガソリン代で、月々15,000円が私の車費です。

 

車はたまに大きな出費があるので計画が崩れがちです。余裕をもって積立にしておくのがやっぱりおすすめです。

 

 

 

 

衣替え

 

 

マクロミルが行ったアンケート結果によると、衣替えをするシーズンは4月にする方が圧倒的に多い一方で、半数近くが「寒くて困った経験がある」ということです。
参照元:HONOTE by マクロミル

 

地域によっては4月ぐらいまではかなり寒くて、夜など冬物のコートがまだまだ活躍するというケースもあります。

 

先走りしすぎない衣替えとしては5月がいいところではないでしょうか?ゴールデンウィークなどもあって時間的な余裕がある5月は衣替えがしやすい月とも言えます。

 

衣替えの出費と言えば代表的なのがクリーニング代ですね。冬物コートやスーツなどはクリーニング代も高めなので、家族全体で出す場合にはけっこうな金額になってしまいます。

 

※クリーニング代の節約についてはこちらの記事でも書いています。

クリーニング代の節約どうしてる?馬鹿にならないから情報収集が大切 

 

また、衣替えをきっかけに「もう今年は着れないかも...。」と思った服を捨てて新しい服を購入するということもありますよね。

 

そのときこそ、慌てて買わずに慎重に衣類購入に踏み切りましょう。

 

 

 

 

 

5月は節約習慣をいかにして取り戻せるかが大切

 

イベントというわけではないのですが、5月の家計管理で注意したいポイントがあります。

 

それは、3月・4月という大出費時期の直後だということです。

 

3月・4月は「引越しだから仕方ないよね。」「年度替わりだから心機一転、新しいものに買い替えよう。」といった具合にどうしても出費が増えてしまいます。

 

実際にお金がかかりやすい季節でもありますから。

 

このときに緩めた財布の紐は締めるのがなかなか難しく、「買い癖」がついてしまうことがあるんですね。

 

「4月はいっぱいお金を使っちゃったからいつも以上に気をつけよう。」とできる人であれば良いのですが...。

 

一旦下げた買うためのハードルは上げるのが難しいということです。ダイエットと同じですね。お菓子を食べる習慣は簡単にはやめることができないというわけです。

 

 

 

 

コラム:5月は出かけるよりも大掃除に適している?

 

5月はゴールデンウィークで旅行に買い物にと出かける機会も多いと思います。気候も穏やかになって外に出たい気分になりますよね。

 

しかし、今回ご紹介したように5月は意外と出費が多い季節でもあります。

 

そこで5月の出費を乗り切るためにおすすめしたいのが、出かける代わりに年末の大掃除の前倒しを行うことです。

 

前倒しって...さすがに早いでしょ!と思いますか?実は大掃除は年末よりも暖かい5月にこそやるべきなんです。

 

布団やシーツ類もよく乾くし、寒くないから窓全開で掃除をしても平気です。雑巾を絞る手が冷えて辛いということもありません。

 

これがもう少し先の夏休みともなると、暑くてこれまた掃除が大変です。梅雨を迎える前の5月がベストというわけです。

 

年末は、大掃除をしてもしなくても結局お金を使います。だったら5月は外出をやめて大掃除でお家の中を綺麗にすることに目を向けてみませんか?

 

これは、お掃除大好きの先輩から教えてもらったことですが、理にかなっていてとても良い方法だと思います。

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

5月も意外と出費がある月だということが分かりました。ただし、5月の出費はあらかじめ想定できるものがほとんどです。

 

この月に何とかしようではなく、月割して積立ておくなどして、計画的に乗り切りましょう。

 

以上、5月の「今月何にお金がかかる?」でした。


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報