住まいとお金、最上の選択とは

「持ち家は資産」は幻想。持ち家について一回冷静に考えてみませんか?

 

 

「持ち家は資産」という言葉は今だによく聞かれます。私の周りでもこの言葉を口にする人が多いこと...。実際は持ち家を買った以上そう思わないとやっていられないのかも、と思わなくもないですが。苦笑

 

ともかく、一回冷静になって考えてみてほしいのです。持ち家って本当に資産でしょうか?

 

今回は持ち家が資産という考えが幻想だと思う理由を挙げていきます。

 

 

  
 

 

 

「持ち家が資産」だと思う理由は将来売れるからという幻想

 

「持ち家資産説」を唱える方は必ずこう言います。「将来売ったり貸したりすれば収入になる。」

 

確かに、将来「売ることができれば」「貸すことができれば」収入になります。

 

しかし、その「将来」持ち家は老朽化しているはずです。老朽化している家は売れないし借り手もつきません。
老朽化を正すにはリフォームするしかありません。

 

そして、考えてもみてください。今、車にも興味がない、さとり世代などと言われる若者たちが、将来家を買ってくれるでしょうか?さらに加速する少子化で買い手や借り手の母数が減ることは確実視されています。

 

今、地方の空き家がすごい勢いで増えていっているそうですよ。

 

 

 

 

売れて貸せてもプラスの収入にならなければ意味がない

 

仮に売れた貸せたとしても、その時点でマイナスだったらどうでしょうか?例えば、まだ住宅ローンが残っている段階で持ち家を手放すことになったら、入ってきたお金はローンの残高と相殺されて手元には残らないのです。

 

住宅ローンの支払が厳しくて持ち家を売りに出し1,000万円で売れたとしても、住宅ローンの残高が2,000万円あれば相殺されて1,000万円のローン分は引き続き払い続けることになります。

 

安い賃貸に移り住んだとしても、1,000万円の借金を背負いながら賃貸料を払うのは相当な負担です。

 

 

 

 

自宅にずっと住み続けることができるという幻想

 

 

持ち家があれば住む場所に困らず住み続けることができるから安心という考え方があります。確かに年齢が高くなると賃貸が借りにくいということを考えると安心感があるのでしょう。

 

ただ、自宅に住み続けるには、自分で自分のことは何でもできるという元気さが必要です。持ち家って大きい分、管理も掃除も大変なのでさらに元気な体である必要があります。

 

持ち家購入を決める20代、30代はまだ体が元気で自分のことなどできて当たり前。年を取ったときに家事が重労働になることは想像できないですよね。でも、今の状態だけでなく未来の姿を想像する努力は必要だと思うのです。

 

ちなみに私の父は将来老人ホームに住みたいと言っています。まだ60代ですが、一軒家に住むメリットをすでに感じていない様子で早く手放したいみたいですね。

 

 

 

 

取られるものが多いのは資産とは言えない

 

資産ってお金を生むもののことを言います。例えばこのサイトは私にとって資産です。皆さまのおかげで多少の広告収入があり、維持費であるサーバー代は年間で数千円なのでそれを上回る収入になります。

 

では持ち家はどうでしょうか?お金を生むどころか、税金や保険代など支出がメインのはずです。持っているからと言ってお金が入ってくることはないでしょう。マンション経営のように、維持費と収入を考えてプラスになるなら資産と言えるかもしれませが、普通に暮らすための家は費用がかかります。

 

もちろん、賃貸物件だって家賃がかかります。でも、賃貸物件を資産だと思う方はいませんがなぜか持ち家を資産だと思う方は多いのです。

 

 

 

 

安全な資産であるという幻想

 

 

では、持ち家を将来的に売れるのを前提として資産だとしましょう。

 

よく、投資とか資産を持つときの考え方として「卵は一つのカゴに盛るな」と言われます。投資や資産運用のサイトなどを見ると必ずと言っていいほど挙げられる有名なことわざです。

 

これは、卵を一つのカゴに盛っていると、カゴを落としたら全部の卵が割れてしまうけど、カゴを分けておけば一つカゴを落としても全部の卵が割れることがないという教えです。

 

つまり、投資や資産は分散させるのが基本ということです。

 

話を戻して持ち家が資産だった場合、大きな大きな資産ですよね。人によっては持ち家以外に資産がないというケースもあります。それは資産を一つに集中させているということなので高いリスクがあります。

 

不動産の相場や買い手市場の状況などは将来的にどうなるのかはプロでも予想が難しいもの、不動産価値が暴落するなどした場合、持っている資産が一気に失われるというわけです。

 

 

 

持ち家を買ってこそ一人前という親の意見は無視すれば良いと思う

 

持ち家を買うにはローンを組む必要があるので、定職についてしっかりと収入があって、ということが大前提です。持ち家を買うことが社会人として自立した証だと思う年配の方は多いのかもしれません。

 

でも、すごく失礼を承知で言うと、今と昔とでは時代が違うので、その価値観を若い世代に押し付けるのは違うと思います。

 

昔のように終身雇用が当たり前の時代ではなく、安定して働き続けることができる保証はどこにもありません。激動のこの時代、不動産価値だってどうなるのか分からないもの。

 

親からそう言われている方は無視すれば良いとすら思うのです。持ち家があるから一人前だなんて、決してそんなことはありません。

 

一人前だと思われているいい大人がメディアやSNSなどで誹謗中傷をする時代です。何が一人前かなんてもはや崩壊している気もします。

 

大切なのは自分の価値観。将来持ち家をどうするかを決めるのは自分なのですから。

 

 

 

持ち家を資産にしたいならリスクを許容した上で念入りな下調べを

 

持ち家には自分の住まいがあるという安心感、自分の城を持つという夢などがあります。それらを持ち家に求めるのであれば、持ち家には大きなメリットがあります。

 

ですから、持ち家を否定するというわけではなく、「賃貸料を払うなら持ち家の方が得。」「持ち家は資産だから投資だ。」という考えには冷静さが必要だということが言いたいのです。

 

資産運用にはどんなものにもリスクが伴います。持ち家を資産とするならば同じことで、リスクを知って許容することは必要です。

 

また、持ち家を買うにしても、人気のエリアや駅近など不動産価値が比較的安定している物件というものもあります。安いからといって安易に駅から遠い郊外の家を購入するのではなく、将来的に売りやすい場所を選ぶということも必要です。

 

それには豊富な知識と念入りな下調べが大切です。そこまでやってはじめてリスクを軽減することができ、資産となる「確率を上げる」ことができるのです。

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

今回は持ち家が資産であることは幻想だというお話をさせていただきました。持ち家を否定する気はなく、資産であるという考えを見つめなおしてほしいということです。

 

高い買い物だからこそ、多角的な視野で検討していきましょう。ぜひ参考にしてみてください。

 


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報