水道光熱費を楽に節約する方法

水道代の節約って案外楽しいかも!習慣化してしまうのがコツ

 
 ※この記事は2017/9/24に加筆・修正をしています。

 

毎月かかる水道代はできれば安く抑えたいですよね。

 

ちょっとの工夫でけっこう節約できますから、コツを覚えて楽しく節水しましょう!

 

今回は、水道代の節約方法についてご紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

お風呂の水道代は最初の設定がキモ

 

お風呂の水道代は、水道代の中でもかなりの割合を占めますからぜひ意識したいところですね。

 

まず、湯量が多すぎていませんか?
 
最初の湯量の設定を多めにしてしまうと、それに慣れてしまって知らず知らずのうちに水道代がかかっています。

 

特に賃貸などの場合は、最初の設定がかなり湯量たっぷりに設定されていますのですぐに変更するようにしましょう。

 

さらにお風呂の場合にはガスや電気代もかかってきますから注意ですね!

 

体を湯船に入れたときに、ざばーんっとお湯が溢れるようでは勿体ないです。

 

好みにもよりますが、私は半身浴程度の湯量で十分なので、座ったときにおへその少し上ぐらいにお湯がくる湯量に設定しています。

 

水道代もガス代も最初の設定時と比べてかなり節約できました!

 

 

 

 

シャワーはエコモードか節水シャワーヘッド

 

たっぷりのお湯がでるシャワーは爽快感がありますが、出しすぎはとっても水道代がかかるので注意が必要です。

 

それほどシャワーを強めにしなくても気持ちよく洗い流すことができますから節水を心がけましょう。

 

毎回水量を弱めにするのは面倒なので、シャワーヘッドをエコモードに切り替えておくか、節水シャワーヘッドを使って強制的にシャワーの強度を弱めておくことをおすすめします。

 

ちなみに、楽天で1位の節水シャワーヘッドがこちらです。

 

節水 シャワーヘッド アラミック Arromic 節水シャワープロプレミアム 節水シャワープロ・プレミアム 止水 ストップ 増圧 水流調整 水圧アップ 低水圧 節水効果最大70% 赤ちゃん 敏感肌 ST-X3B 取付け簡単 日本製

価格:5,918円

(2016/11/18 07:48時点)
感想(716件)

 

他にもシャワーヘッドはいろいろありますが、相場は大体3,000円〜10,000円といったところでしょうか。

 

高めのものを買っても1年もあれば元が取れるので良いのでは?と思います。

 

我が家はエコモードがついていてそちらで十分節水効果があったので、カチっと回して終了です。

 

まずは備え付けのシャワーにエコモードがついていないかを確認してみて、なければ節水シャワーヘッドを検討するのが良いのではないでしょうか?

 

 

 

 

台所の洗い物もけっこうかかる水道代

 

台所の洗い物は少ないようにみえて案外水道代がかかるポイントです。

 

私はけっこう勢いよく水を出して洗ってしまっていたのですが、半分以下の水量で洗うようにしたらかなり節約になりました。

 

台所の水道も、シャワーででるように設定すると、同じように使ってもかなり節水できます。

 

台所用にも、こういった節水グッズがありますよ。

 

【普通郵便(追跡番号付)送料無料】ふりふりキッチンシャワー SV212 キッチン節水シャワーヘッド 首振り節水シャワー キッチン シャワー 水栓 キッチンシャワー 蛇口 シャワー 水栓 蛇口用 台所 節水 スイング

価格:2,000円

(2017/6/1 07:47時点)
感想(874件)

 

あとは、汚れが落ちにくいものは水に浸けておいて汚れが落ちやすくなってから洗うとか、汚れが少ない物から洗うなどは、当たり前のことのようですが大切です。

 

ちなみに、たるに水をためておいてつけ置き洗いするという方法もありますが、私は洗い物を放置しておくのがちょっぴり嫌なのでしません。

 

ご自身の性格などと合わせてストレスのない範囲で節約を試みることも大切かなと思います。

 

どんなときもストレスは良くないですからね!

 

 

 

 

洗い物は順番を変えるだけで超節水になる!

 

洗い物をやっている時間も短縮でき、節水にもなるためのポイントでぜひやっていただきたいのが、洗い物の順番を変えることです。

 

コツは、大きいものと油汚れがないものから先に洗うこと。

 

たとえば、一番最初に鍋やボウルを洗い(まだ洗い流しません)、その中に洗った食器やお箸などをポイポイと突っ込んでいきます。

 

鍋の中に洗い物(洗剤がついた状態のもの)がある程度たまってきたら、今度は小さなアイテムから洗い流していきます。

 

このとき、鍋の上で洗い流すので、自然と下にある洗い物も泡が流れていきます。

 

要は、その日に洗う鍋を「洗い桶」の代わりに使うということ。

 

で、鍋を洗い流すときになったら、いよいよ油汚れがあるフライパンなどの登場です。

 

フライパンの上で鍋を洗い流すことで、鍋を洗った泡水でフライパンの仮洗いができます。

 

1つのアイテムを洗うときに必ず別のアイテムの洗浄も兼ねることで、水を重ねて使うことができるのです。

 

 

 

 

油汚れは予備洗いをしましょう

 

油汚れのフライパンや食器についてもう1つポイントが。

 

それは、予備洗いとして、大きな汚れはさっと落としておくことです。

 

たとえば、わたしは大根おろしが好きなので大根をよく使うのですが、大根の皮をいったん捨てずに洗い物までとっておきます。

 

そして、その皮で油汚れをすりすりしてから本洗いすると、水の量を減らせますよ。

 

大根は台所以外の掃除でも使えるので気に入っている方法です。

 

大根に含まれる酵素がいいらしく、シャツの襟汚れやぬいぐるみの黄ばみなども白くなりますよ!(ほんとに

 

大根以外にも、野菜の皮は食べられなくてもその日の洗い物や掃除に使う分には適しています。

 

 

 

 

水道代30%減は意外と簡単!

 

我が家の水道代は、シャワーと洗い物を気を付けるだけで30%ぐらいは楽に減ったように思います。

 

水道代は意外と効果がでやすい節約なので意識してやってみると楽しいですよ!

 

こまめに電気を消して電気代の節約をちまちまするよりも、よっぽど節約効果が大きいです。

 

本当は、水道の元栓をきゅっと締めて水が出にくくするのが良いのですが、賃貸なので下手にいじるのが怖いので、我が家では諦めました。

 

持ち家の方などは元栓を工夫されても良いのではないでしょうか?

 

 

 

 

トイレの大小も使い分けて

 

トイレの水を流すとき、大と小をしっかり使い分けていますか?

 

大した節約にならないと言う人もいますが、大と小では使われる水量に違いがあることは確かです。

 

そもそも十分に流れるのにわざわざ大量の水を流す必要はないのでは?という気持ちで、普段のトイレのときにちょっとだけ意識して、使い分けることを習慣にしてみましょう。

 

慣れておくと、災害時などで節水を余儀なくされたときなども精神的に強いですよ!

 

 

 

 

洗顔や歯磨きのときは出しっぱなし注意

 

洗顔や歯磨きなどの日課の際、ついつい水を出しっぱなしにしていませんか?

 

特に洗顔は泡立てている最中などに出しっぱなしにしているという人が案外多いと思います。

 

洗顔料を泡立てるときは、水を少しずつ加えていきながら泡立てますが、おすすめなのが清潔なカップに水をためて、それを少しずつつけながら泡立てる方法です。

 

そうすればゆっくり丁寧に洗顔料を泡立てることができますし、不必要に水を出すことがなくなります。ぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

 

そのほかにも色々ある節水方法

 

そのほかにも、お風呂のお湯を洗濯に使うとか、トイレを節水モードにするとか色々方法はありますよね。

 

お風呂のお湯を洗濯に使うのはどうも衛生的でないような気がするなど、性格的にできないというものもあると思うので、やれそうなところから取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

ちょっとした工夫でご家庭でしたら月数千円単位で節約できるはずなので大きいと思います!

 

 

 

 

最後に:住めば都。慣れればなんてことない

 

いかがでしたか?今回は、水道代の節約方法についてご紹介してきました。

 

いつも水をじゃばじゃば使っていた人にとっては、水量を減らすことに最初は物足りなさを感じるかもしれません。

 

でも、住めば都と言いますし、慣れてしまえばその状況はなんてことのないことです。

 

こういうのは習慣化してしまって慣れることが一番のコツだと思います。慣れてしまえばストレスも溜まらないですし。

 

水道代の節約は効果がでやすくて案外楽しいものですから、ぜひ色々と工夫してみてくださいね。

 

 


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報