水道光熱費を楽に節約する方法

電力自由化で電気代が半分以下に?自由化のメリット・デメリット

 

電力自由化という言葉はよく聞くけれど、いまいちよくわからない、デメリットはないの?と気になっている方もいると思います。

 

そこで今回は、電力自由化のメリット・デメリット、リスクはないのかなど、実際の電気料金への影響をご紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

電力自由化ってどんなこと?

 

電力自由化は2016年4月から始まった電力会社を自由に選べる制度のことです。

 

これまでは大手電力会社が電力を独占して販売していましたが、契約先の幅が広がったことでそれぞれ会社のお得プランやサービスなどを比較検討した上で、節約効果が高い契約にすることが可能になりました。

 

 

 

電力自由化によるメリットは?

 

電力自由化によるメリットは、なんといっても電気代が減るということです。

 

これまでは選択肢がなかったため、電気代の節約というと、電気をつけないようにしたりこまめにコンセントを抜いたり...日々の生活の中で気を付けるぐらいしかありませんでした。

 

でも、契約先を変えただけで、これまでと同じ電気の使い方をしても電気代が変わるという嬉しい現象が起きるのです。

 

 

 

電力自由化によるデメリットは?

 

自由化ということなので、電力会社同士の競争が激しくなって電気代が安くなるだけではなく、高騰する可能性もあります。ただその場合は、相場そのものが高くなるわけなので、その中で安いものを選ぶという方法になると思います。

 

あと、現時点ではまだ自由化とはいえ選べる会社がそれほど多くはありません。お住まいの地域によってはこれまで利用していた電力会社しか選べないためメリットを感じられないということがあります。

 

その場合でも、プランの変更はできますので、ぜひ一番お得になるプランを選ぶことをおすすめします。

 

 

 

電力会社を変えると電気の質に影響する?

 

電力会社を変えるのは電気の質に関係するのでは?と思う方もいるかもしれませんが、自由化と言っても、電力の送電網自体は地域の電力会社のものを使いますから、質が落ちることも逆に良くなることもないと言われています。

 

飲食店のように質で勝負というよりは、プランの多様化やガス代とのセットなどサービスの仕方に違いがあるというイメージを持っています。

 

また、万が一新しい電力会社が倒産した場合でも、地域の大手電力会社が代わりに送電してくれるというバックアップ体制があるため停電になることもないです。そのまま大手電力会社と契約するか、可能な地域なら別の電力会社を探すのかということになるんですね。

 

 

 

電力自由化のおかげ?電気代が減ったよ

 

私は大和ハウスの賃貸物件に住んでいるのですが、こちらの子会社である大和リビングユーティリティーズという会社が電力配給サービスを開始するということで...。半ば強制的?ではありましたが電力会社を切り替えることになりました。(賃貸物件での電力会社の変更は任意ではあるようです。)

 

これはもちろん、電力自由化によってできることです。正直なところを言うと、電力自由化が開始されるまでは、あまりイメージができていなかったので電気代がこんなに減ると思っていなかったんですね。

 

ところが、自由化が開始されてから電気代を見たらとても減っていて、嬉しくなってさらに電気代に気を付ける意識を持ったら、「安っ!」というぐらい電気代が安くて驚きました。

 

我が家の電気代は、夏冬の高い時期で大体6,000円弱ぐらいでした。ところがこの間の12月の電気代は2,700円ほどでした。冬場の電気代としてはなかなか優秀だと思います。笑

 

確かに最近電気代の節約に努めていましたし、大和物件のサービスが良かったということもあると思うので、すべての方が電力会社を変えることで電気代が半額になるわけではないはずです。

 

ただ、電力自由化の威力を知り、日々の意識をプラスすることで電気代を格段に抑えることは十分可能だと実感しました。

 

※関連記事

ガス料金を抑えるなら最初の設定が大事!都市ガスとプロパンガスの料金について
冬の就寝時の暖房は湯たんぽが一番!湯たんぽのお得な魅力とは 

 

 

 

電力会社・プランの選び方

 

電力会社ってどうやって選べは良いのかわかりませんよね?各会社も個性あってサービスの内容やどういう家庭だとお得になるのかが違ってきます。

 

タイナビスイッチというサイトを利用すると、郵便番号や電気の契約状況などを入力するだけでお得になるプランを教えてくれます。

 

あと、この会社を使うとこれだけ節約できますよとか、ガス代とセットで考えるとこんな風にお得になりますよとか、シミュレーションできるので便利ですよ。

 

何でもそうですが、安いものを選ぼうと思ったら、「可能な選択肢を知り比較検討する」ことですね。

 

入力の際はお手元に「電気ご使用量のお知らせ」という、毎月送られてくるであろう電気代の明細書があると良いです。

 

 

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?今回は、電力自由化についてお話しました。消費者にとっては選択の幅が広がるのは良いことだと思います。あとは賢くその中から選ぶことができるのかどうか...。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報