給与担当者が教えるお金のエトセトラ

お金が貯まる本棚の整理方法を徹底解説!無駄が減って資産が増えちゃうよ

 

 

「本棚を見ればその人の人と成りがわかる」と言われるぐらい、本棚には自分の中身を映し出すヒントがたくさんあります。

 

もしかすると、お金が貯まりやすい人かどうかもわかってしまうかもしれませんよ!

 

というわけで今回は、お金が貯まる本棚の整理方法についてお話していきます。

 

 

 

 

 

限りあるスペースには家賃が発生している

 

本棚がぐちゃぐちゃしていて整理できない...と悩んでいる方は、こんな風に考えてみてはいかがでしょうか?

 

本でもなんでもそうですが、物を置くときに家賃が発生していると考えてみるのです。

 

無駄な物を置いておくということはしなくなると思います。

 

特に本は重くて場所も取りますから、本棚の整理整頓をしていないという方は、無駄な家賃を払っているということにもなりかねません。

 

大昔に買ったままもう読んでもいない分厚い本があれば、そのために家賃を払う価値があるのかどうかを考えてみましょう。

 

それよりも、売りに出すなりしてお金に変えてしまった方が良いと思いませんか?

 

 

 

 

本棚を整理整頓することで無駄遣いが防げる

 

本棚をしっかりと整理整頓することで、お金が貯まりやすい「貯め体質」になることができます。

 

例えば、整理整頓がされていない本棚では、何の本がどこにあるか把握できないため同じ本を買ってしまうなんて失敗が意外とよくあります。

 

私も、昔何度か同じ本を買ってしまった経験があります。

 

きちんと整理整頓してあれば、同じ本を買うなんて無駄は防げますよね。

 

これって本だけでなく、家中に溢れ返るモノや食材についても言えることなんです。

 

無駄遣いってその名の通り無駄なものを買うことですよね。その無駄遣いをなくすことが資産形成の第一歩なんです。

 

本棚の整理整頓をきっかけに、無駄をなくしていくことのすごさに気づいちゃいましょう。

 

 

 

 

自分が何に興味があるのかわからないと何となく買いしてしまう。

 

 

自分のことは自分が一番よく分かっているつもり...でも、意外とわかっていないなんてことがよくあるんです。

 

例えば趣味や勉強したいことなどは、自分の中で一種のブームのようなものってありませんか?

 

昔は目指していたけれど今はもうやっていない勉強とか、友達に影響されて始めた趣味だけどやってみたらはまらなかったとか...。

 

ブームが去ったものの関連著書などは潔く処分すると、本当に今自分がやりたいことが見えてきます。

 

最近何だか目標も定まらず何もしたいことが見つからないという方は、本棚を整理してみると、自分の興味のある分野、すでに興味をなくした分野がよくわかりますよ。

 

でも、本棚がぐちゃぐちゃの人は、実は自分の頭の中も整理されていないんです。

 

つまり、自分が何が好きで、何に興味があるのかがわからないんですね。

 

「自分のことなのにそんなことあるの?」って思うかもしれませんが、自分の頭でも心でも、整理されていないで大量の物が詰まってしまっていると、そんな風になってしまいます。

 

本を買うときも、何となく買ってしまうことが多くなり、結果的にやっぱり読まずにタンスの肥やしならぬ本棚の肥やし状態に...。

 

 

 

 

お金が貯まる本棚を作るための3ステップ

 

では、本棚の具体的な整理方法について見ていきましょう。以下の簡単3ステップです。

 

1.家にある本を一箇所に集める
2.本をジャンルごとにわける
3.必要・不要にわける

 

まず、家にある本を一箇所に集めるところから始めます。雑誌でも辞書でも、本の形をしている物はとにかく集めてください。

 

集めることで、忘れていた本や、どうして買ったのかわからない不思議な本なんかもでてくることでしょう。

 

次に、それらの本をジャンルごとにわけましょう。ジャンルごとに分けることで、自分の興味がある分野が一目瞭然。

 

最後に、それらを必要・不要に分けて、必要な本だけを本棚戻します。ここで、興味のない分野の本はジャンルごと処分するという判断ができます。

 

必要・不要の仕分けの際に私が決めているのは、過去の栄光や見栄に縛られない判断を下すということ。

 

例えば、絶対にもう見ないと分かっている資格試験の教科書とか、超つまらなかったけれどかっこつけて買ったビジネス本とか。即処分です。笑

 

 

 

 

いつか読むは永遠に来ない

 

買ったはいいものの、なかなか気分が乗らずに読んでいない本はありませんか?

 

いつか読むし、新しい本を捨てるなんてもったいない!とずっと持っているのは家賃の無駄です。はっきり申し上げて...

 

いつか読むは永遠に来ません

 

私の経験では、買ってから1ヶ月以内に手をつけなかった本はその後も読むことはありませんでした。

 

本棚の肥やしにならないように、売るなり捨てるなり、誰かに譲るなりしましょう。

 

 

 

電子書籍でもOKならその選択肢もあり

 

 

私は本の「紙の感じ」がなんだか好きで落ち着くので、紙の本がいいのですが、スペースを取らないことを考えると電子書籍も大きなメリットはあると思います。

 

メリットという観点からすると、紙より電子書籍の方がメリットは大きいとも言えるので、電子書籍に抵抗のない方はいいですね。

 

ただ、電子書籍であっても、ジャンルごとにフォルダーを作るとか、整理整頓は紙の本と同じようにしないと結局無駄になってしまいます。

 

 

 

 

単にコレクターになりたいのか、それとも知識を得たいのか

 

本をずらーっと並べてあるのを見て満足するという趣味の方はいいのですが、そうでないのであれば、本を買う理由を考えてみることで、無駄な本を買うということが防げます。

 

単に知識を得たいのであれば、本よりも実際に経験することで得られることや、ネットで調べればすぐ済むことも。

 

試しに読んでみたい小説であれば、まずは図書館で読んでみるというのもいいですね。

 

実際に本棚に残る本は、何回も読む本や自分のバイブル的な本だけです。

 

一回きりの単なる情報収集用であれば、それこそ電子書籍で十分な気がします。

 

一回読んで満足してしまったという本は、新しいうちに売りに出してしまった方が、高い値段で売ることもできますから、本は絶対紙のものを買いたいという方は、読んだらすぐに売るという手もあります。

 

私の知り合いの読書家の方は、小説をとにかくたくさん読みたいので、中古で安く買って、読んだら捨てるということをしていると言っていましたよ。

 

 

 

 

無料買い取りが便利

 

不要な本は、売りに出すのがやっぱりおススメです。

 

ネットオフのような 無料買い取りであれば、登録するだけで段ボール箱も送ってくれるし、集荷にも来てくれるし、たくさん本があるお宅にはおススメです。

 

持ち込みよりも楽ですし、キレイに読んであれば高値で買ってくれますよ。

 

余談ですが、以前働いていた会社の上司が、年間300冊ぐらいは普通に本を読む方で、部下にも年間最低100冊以上は本を読むことをノルマにしていました。

 

私は上司に気に入られたくて、難しいビジネス本をたくさん買っちゃったんですね。

 

ハードカバーのビジネス本は、けっこう良い値で売れました。一回しか読んでいないからキレイでしたしね。苦笑

 

「専門書アカデミー」学参ブックスなどのように専門書や大学受験本などを専門に買い取ってくれるなど、今は種類豊富な買い取り業者さんがあるのでいいですね。

 

 

 

 

最後に:本棚のスペースは心のスペース?

 

 

小説家や特殊なお仕事でもしていない限り、ぎゅうぎゅうの本棚では、新しい感性や知識を入れるスペースがありません。

 

それは、心のスペースがないということでもあります。

 

本棚を整理してスペースをあけてあげるとともに、自分の心にも新たなものを取り入れてあげましょう。

 

 

きっと、そんな心に余裕を持つことが、結局楽しんでお金を貯めることにもつながるのかなという気がします。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

お金が貯まる本棚の整理方法を徹底解説!無駄が減って資産が増えちゃうよ 関連ページ

タンスの肥やしが多くて貯金できない人は参考にする人を間違えているかも
お金はきれい好きってホント!?その理由とすぐにやっておきたいこと
部屋を綺麗に保つには人を呼ぶのが一番!外食代も浮いて一石二鳥
掃除用品に家事代行の料金。部屋をきれいに保つにはお金がかかるのかという話
お金が貯まる人のクローゼットの片づけ・整理整頓方法
お金持ちになりたいなら、まずは財布をキレイにしよう。8つの心構えとは?
掃除と片づけは貯金の基本!部屋がきれいな人ほどお金がたまる6つの理由をご紹介
クローゼットをきれいにするとお金が貯まる5つの理由。お金もファッションセンスも手に入るよ
トイレ掃除と金運の関係。トイレは毎日ピカピカにして金運を招き入れよう!
玄関は徹底的にきれいにするとお金が入ってくる!お金持ちになれる玄関の作り方
片づけや掃除を楽しくやるとすべてがうまくいく!お金がないと嘆く前に掃除をしよう
住んでいる家を大切にするとお金が入ってくる
ストックはたくさん持たないのが鉄則。ストックを持たない方が良い3つの理由とは?
家の中に招き入れるのは本当に気に入った物だけにしよう。本気で実践するといいことあるよ
断捨離をしていて家族の物を捨てたくなったときに思い出してほしい5つのコト

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報