社会保険労務士資格を取得して良かったなと思ったコト

社会保険労務士資格を取得して良かったなと思ったコト

 

 

私は社会保険労務士試験に合格するまでに2年かかりました。あの2年間はほぼ勉強一色で、仕事と勉強の反復でした。

 

そこまで大変な思いをして取得した資格ですが、実際には私は社会保険労務士として社労士事務所に就職しているわけでもありません。

 

では取得した意味はなかったのかと言うと、決してそんなことはありません。

 

今回は、私が社会保険労務士を取得して良かったと思ったコトをお話します。

 

 

 

 

 

 

 

父の年金が戻ってきた

 

父が年金をもらえる年齢になったのですが、父が「あまり年金がない」と漏らしていたことがありました。

 

私たちの世代はほぼ年金はないだろうと予想しているのですが、父はまだ60歳から年金がもらえる生年月日だったため、おかしいなと思って、自分なりに計算してみたんですね。

 

年金の計算は複雑ですし、父の過去の給与額も正確にはわかりません。実際どれぐらい正しい計算だったのかわかりませんが、私は社労士の資格で勉強した知識をフル動員させました。

 

そうしたら、さすがにこの金額はおかしい・・・ということになって、父と一緒に年金事務所に問い合わせしました。

 

そうしたら、何十万単位で払われていなかった年金が戻ってきたんです。父は非常に喜んでいました。

 

なぜ払われていなかったのかは正直よくわからなかったのですが、母の遺族年金や父の共済年金も絡み、手続きがきちんとされていなかったそうです。(こんなことって意外とあるみたいです・・・。)

 

私は社労士として働いているわけではありませんが、一番身近な家族の役に立てたということはとても嬉しかったです。

 

 

 

 

友人の個別労働紛争の代理人になった

 

個人と会社で何かトラブルになったときに、裁判にまでいく前の紛争解決の方法として、労働局のあっせんというものがあります。

 

個別紛争を公的にさせてもらえるあっせんですが、費用が一切かからないものです。

 

私は友人に頼まれてこの個別紛争の代理人になったことがあります。

 

私は友人と労働基準監督署に相談に行き、友人が会社から受けた不当な扱いについて調書のようなものを書いて提出を何度か繰り返し、(これがなかなか大変でした。)最終的には二人で労働局に出向いてあっせんに参加しました。

 

結果としては、予定していた以上のお金を相手方が払ってくれるということで、無事和解が成立し、友人には非常に感謝されました

 

正直、けっこう大変でしたが、友人はお金がなくて専門家に頼めないということだったので、多少なりとも知識のある私の存在は大きかったらしいです。(友人は払おうとしてくれたのですが、専門家じゃないので報酬はもちろんお断りしました。)

 

先ほどの父の件もそうですが、身近な人の役に立てるって何より嬉しいことかもしれません。

 

 

 

 

仕事ですぐに役立つことがあった

 

これこそが本来の目的だったのですが、仕事のスキルを上げるには資格というよりは勉強したことが大いに役立ちました。

 

実際にやったことはない仕事であっても、知っているというのは大きかったように感じますね。

 

何かを詳細に調べるときでも、全く知識がない状態だと、「どこで何を調べたら良いのかわからない」ですが、知識だけでもあれば「これは多分ここに聞けばわかるな」っていうのがすぐ判断できるので、スムーズに仕事を進めることができるんですね。

 

社労士資格を取って社労士として働かないと勿体ないと言う方もいますが、資格そのものを生かさなくても学んだことは仕事に生かすことはできます。

 

 

合格率が全国平均を上回る勉強法の正体とは? 

 

 

職場の人の相談に乗ることが増えた

 

専門家に聞けば分かるとは承知してはいるものの、面倒だったりハードルが高いこともありますよね。その点、職場という身近な場所に専門知識がある人がいるのは良かったみたいです。

 

職場の人に社会保険や労働法令のことなどで相談されることが増え、頼られている感じがしたのは、仕事のやりがいにつながりましたね。

 

特に出版社に勤務していた頃は、求人広告を扱っている会社だったので、労働基準法のことについてはよく聞かれました。

 

私は社労士の試験科目の中で労働基準法が得意科目だったので、自分自身の勉強にもなってモチベーションはアップしました。

 

 

 

 

 

大企業に就職できた

 

※関連記事

社会保険労務士資格を持っていると面接官の反応はどうなのか?

でもお話した通り、

 

そこで求められているのかどうかにもよるのですが、事務系の就職では特に大きい会社に評価されることが多かったです。

 

独身アラサー女性でこのご時世、何の実務経験もないのに大きな会社に転職できたのは社労士の資格のおかげかもしれません。

 

 

 

周りから褒められた

 

子供みたいなことを言ってすいません。笑

 

でも、大人になるとなかなか「褒められる」ってないですよね。社労士を取った後は、家族や友人に褒められ、
転職してからは、自分で言ったわけでもないのに、(履歴書には書きましたが...。)職場全員が知っていて、よく「すごいね」と褒められました。

 

あまりに褒められるとあとあとプレッシャーになるのですが、苦笑 それでも努力が評価されるというのは嬉しいことでした。

 

 

「知識や時間がない」方でも短期間で社労士に合格できる今話題の勉強法とは?

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?今回は私が社会保険労務士を取って良かったと思ったことをご紹介しました。

 

こうして見ると、身近な人の役に立てて、その人の喜ぶ顔が見えたことが、一番良かったことかもしれません。
そして、資格自体を生かさないとしても、学んできたことは絶対に生かされます。

 

これから社労士を取得しようと頑張っている方、取得したけど資格を生かせていないと悩んでいる方、参考になりましたら幸いです。

社会保険労務士資格を取得して良かったなと思ったコト 関連ページ

「労基法が一番面白いのになぜ得点が伸びないの?」と思う社労士受験生へ
初学の社労士受験生に読んでほしいのは真島さんシリーズ。特に労基法がおすすめ
医療機関で事務職として働く本当のところ。残業や給与、医療事務とは違うの?
栄養士の年収や独立可能性は?女性人気が高い食のプロのお金事情に迫る!
秘書検定取得にかかるお金はいくら?教材代、受験費用など検定費まとめ
社会保険労務士資格取得の費用はいくら?通学やテキスト代だけじゃない!
社労士試験に2000時間勉強して合格したのに私が社労士にならない理由
アパレル店員は稼げる仕事?堅実な金銭感覚を持っている人が意外と多いから結婚相手にも!
FPは稼げる資格と聞くけど本当?FPの現実と資格の特徴について
資格の勉強を通学で行うメリット。独学や通信にはない魅力は合格後にこそある
私が社会保険労務士資格を取った理由
社労士受験で苦手科目を作らない方法と科目別克服法。苦手科目を作ると命取りだから重要!
社労士試験合格は過去問題攻略が最大の鍵
社労士テキストの賢い作り方。全部覚えるのは無理だから優先順位をつける
社労士試験の過去問題集をやったあとに絶対にやってほしいこと
夜型→朝型に変えたら難関の社労士試験に合格できました。
社会保険労務士資格を持っていると面接官の反応はどうなのか?
医者はお金持ち職業の筆頭なのに貯金体質になれない理由とは?
社労士は実務経験が豊富だからと言って安易に手を出さない方がいい資格
教育訓練給付金で資格の受講資金が戻ってくる
社会保険労務士試験に何年も不合格で嫌になっているあなたへ
社会保険労務士はお金になる資格か
社労士の試験勉強中に眠気が襲ってきたらやったことをまとめました。
簿記2級・3級はお金になる資格?社労士との違いは?
秘書検定を持っていると就職に有利?お金になる?秘書検定取得を迷っている人向けに解説
秘書技能検定準1級面接試験体験談
部屋の掃除をしたら難関試験に合格しました。
お金がなくて習い事ができないと嘆く前に
お金がなくても何かを学びたいと思ったらやっぱり
通学で社労士を合格するための王道必勝法とは?
元総合病院の給与担当者が語る看護師と看護助手の給料と待遇の違いとは?

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報