秘書検定取得にかかるお金はいくら?教材代、受験費用など検定費まとめ

秘書検定取得にかかるお金はいくら?教材代、受験費用など検定費まとめ

 


※この記事は2017/7/2に執筆しています。

 

こちらの記事が安定して人気なので、

秘書検定を持っていると就職に有利?お金になる資格? 

 

みなさん秘書検定に興味があるのかなと、そもそも秘書検定取得にかかるお金って?ということをお話していきます。

 

管理人の受験経験と調査結果をもとに、秘書検定にかかるお金をまとめました。

 

教材代や受験費用、交通費など意外とお金の準備が必要ですよ。

 

秘書検定にかかるお金の総額は? 

 

 

 

 

 

 

受験料

 

まずは受験料。

 

秘書検定は、公益財団法人 実務技能検定協会というところが実施していて、受験料は下記のとおりです。

 

1級 6,100円

 

準1級 4,900円

 

2級 3,800円

 

3級 2,600円

 

参照:公益財団法人 実務技能検定協会

 

準1級と2級、2級と3級は併願できますが、併願しても料金はそれぞれの級を足した額になります。

 

私は準1級と2級をもっているので、受験料は合計8,700円かかりました。

 

こういう民間の検定試験は、受験料は基本自由なので比較のしようもありませんが、

 

いろいろな検定試験を受けてきた感覚を言うと、比較的良心的で、相場にあった受験料設定だと言えると思います。

 

何の役に立つのかナゾな民間資格でも、やけに受験料が高いことがありますので...。

 

 

 

テキスト代

 

 

続いてはテキスト代

 

秘書検定はスクールに通わずとも、テキストと問題集があれば十分に合格できる部類の試験です。

 

少なくとも準1級までは...。1級は私自身持っていないのでわかりません。

 

秘書検定のテキストは書店などに行っても種類が多くありませんので、ほとんどの方がこちらを押さえてあるはずです。

 

テキストと

秘書検定集中講義(2級)改訂版 ケーススタディで学ぶ [ 実務技能検定協会 ]

価格:1,404円

(2017/7/2 09:55時点)
感想(8件)

 

問題集
 

秘書検定2級 2017年度版実問題集 [ 公益財団法人 実務技能検定協会 ]

価格:1,296円

(2017/7/2 09:56時点)
感想(0件)

 
上記は2級のものですが、各級あります。

 

検定実施元が出版している、いわば公式テキストと問題集なので、これだけはやっておくべきですね。

 

問題数が少なくて不安だったので、私は追加でこれも購入しました。

 

秘書検定2級・3級頻出ポイント&実戦問題 これで合格! [ 横山都 ]

価格:1,188円

(2017/7/2 10:01時点)
感想(9件)

 
検定元以外が出版しているテキストや問題集を購入するときは、実際に手にとってみて「わかりやすさ」「問題の多さ」などを重視するといいと思います。

 

追加で購入するなら、テキストではなく問題集の購入がおすすめです。

 

秘書検定の問題集は問題数があまり多くないので、いくつかのパターンを解いておくと出題傾向が把握しやすくなるからです。

 

級レベルが上がると少しテキスト代もアップしますが、大体似たようなもの。

 

上記のテキスト、問題集合計で合計3,888円で、準1級でも大体同じぐらい使ったので、準1級までのテキスト代合計は約8,000円です。

 

 

 

交通費(筆記試験日)

 

 

意外と忘れてはならないのが交通費です。

 

ここでは、参考までに、私が2級、準1級を取得するまでにかかった交通費を紹介します。

 

当然ながら、お住まいの住所によってかかる交通費は変わってきます。

 

秘書検定は全国各地で試験が行われていますが、地方に住む場合にはお住まいの市区町村には受験地がないこともあるでしょう。

 

私は同じ県内ではありましたが、自宅からそれなりに遠い場所に受験会場がありました。

 

筆記試験を受けるときにかかった交通費は下記のとおり。

 

自宅〜市駅 バス往復640円

 

市駅〜受験地駅 電車代往復 2,640円

 

筆記試験当日の交通費合計は、3,280円です。

 

で、2級受験と準1級受験とあるので、筆記試験日の交通費は合計6,560円です。

 

 

 

交通費(面接日)

 

つづいては、準1級の面接受験にかかった交通費。

 

面接は、筆記試験に通らないと受験資格がないため、筆記試験とは別日におこなわれることになります。

 

面接は筆記試験と異なり、試験会場がかなり限定されます。

 

東京、大阪、名古屋などの主要都市がメインなので、地方在住の私は名古屋を選択。

 

普通電車で行けない距離でもないのですが、面接で緊張していて、できるだけ負担をかけたくなかったため新幹線にしました。

 

名古屋で行われた面接会場の名称は覚えていませんが(けっこう変なところにあってかなり歩いた記憶があります。)確か地下鉄を使って移動。

 

名古屋の地下鉄は片道200〜330円なので、往復で400〜660円ですね。ざっと600円としておきましょう。

 

面接日の交通費

 

自宅〜市駅 バス往復640円

 

市駅〜名古屋駅 往復 3,880円

 

名古屋市内移動 往復 600円

 

面接日当日の交通費合計5,120円

 

というわけで、秘書検定準1級、2級取得にかかったトータルの交通費は11,680円でした。

 

こうしてみると、交通費だけでぼちぼちかかっていますね。

 

 

 

 

セミナーに参加する場合の料金は?

 

 

秘書検定受験対策用のセミナーなども開催されています。

 

私はいっさい受けませんでしたが、合格を確実に手にしたい場合は参加するのも一つ。

 

特に面接対策は受けておいてもいいですね。

 

私が今後1級を目指すことがあれば、面接対策だけは受けておくと思います。

 

理由はこちら

秘書技能検定準1級面接試験体験談 

 

セミナーに参加するときの料金を調べてみました。

 

 

 

 

早稲田ワーキングスクール

 

早稲田ワーキングスクールは、秘書検定の実施元である公益財団法人 実務技能検定協会と同住所にあります。

 

学校を選ぶならまずはここですよね。

 

まずは筆記講座から

 

東京講座

 

1級 50,000円

 

準1級 45,000円

 

2、3級 40,000円

 

大阪講座

 

1級 24,000円

 

準1、2級 18,000円

 

他にも、名古屋や福岡で講座があります。

 

実施会場によって金額が異なるのは授業時間や内容の違いによるものです。

 

 

 

つづいては面接講座

 

面接講座は一律、1級26,000円、準1級21,000です。

 

1級の筆記講座を東京で受け、面接講座も受けたとしら、76,000円かかる計算になります(!)

 

しかも、なんとテキスト代は別で発生します。

 

参照:早稲田ワーキングスクール

 

その他の講座料金

 

その他の会社等が実施する講座料金はこんな感じでした。

 

株式会社 ラ・デタント

 

1級面接対策クラス 27,000円

 

1級筆記対策クラス 41,000円

参照:株式会社 ラ・デタンド

株式会社 ビジネスラポール

 

準1級、1級の面接の個人指導

 

横浜 1時間 4,200円

 

大阪 1時間 3,150円

 

※2時間単位より

参照:株式会社 ビジネスラポール

日本秘書クラブ関東支部

 

準1級面接対策講座

 

非会員8,000円

 

会員5,000円

参照:日本秘書クラブ関東支部

 

民間の検定試験である秘書検定なので、対策費用もバラバラですね。

 

簡単に言えば、実施元の言い値です。

 

可能な限り口コミなどを確認して良し悪しを調べてからいくようにしましょう。 

 

 

秘書検定を独学ではなく勉強するといくらかかる?

 

 

自分でテキストを書店で購入して独学で学ぶのではなく、通信講座などを使って学びたい場合はいくらかかるのでしょうか。

 

秘書検定は通信・Web講座などがほとんどですが、有名どころを調べてみました。

 

資格の大原

 

準1級、2級コース29,100円(別途入学金6,000円)

 

ユーキャン

 

準1〜3級までまとめて35,000円

 

LEC

 

準1級 通信DVD講座 25,720円

 

日建学院

 

2・3級Web講座 22,000円

 

もちろん学校によって内容や対象級が異なりますが、相場は25,000〜35,000円ですね。

 

 

 

 

秘書検定取得までにかかった総額は?

 

ではまとめます。

 

私が実際にかかった費用は

 

2級 10,968円

 

(内訳)

 

受験料 3,800円

 

テキスト 3,888円

 

交通費 3,280円

 

準1級 17,300円

 

(内訳)

 

受験料 4,900円

 

テキスト 4,000円

 

交通費 8,400円

 

準1級、2級合計 28,268円 という結果になりました。

 

これは、かなりシンプルな勉強方法で対策した場合ですので、講座などを利用すればさらにかかります。

 

 

 

 

おまけ:秘書検定取得にかかるお金を節約するには?

 

 

受験料だけは節約できませんが、それ以外は節約できる方法があります。

 

テキスト・問題集を中古で購入する

 

秘書検定は法改正などの影響をほとんど受けないため、中古のテキスト・問題集でも十分です。

 

中古のテキスト・問題集はネットなどでも1冊200円ぐらいで売られているので、利用すれば大幅に節約できますね。

 

現地まで家族に送迎してもらう

 

交通費の節約です。

 

家族なら送迎を頼んでもいいかもしれませんね。

 

友人・知人に頼むとけっこう迷惑、ガソリン代なども払うのが常識なので、タダで送迎を頼もうとするのはやめておきましょう。

 

独学を貫く

 

講座は受けておくと安心ですが、お金はかかります。

 

とにかく独学を貫きましょう。

 

面接がない2級までなら、なんならネットに出回っている問題を解きまくるだけでも合格できるかもしれません。

 

社会人ならそれなりに知っていることも多いので。

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

今回あらためて秘書検定取得の費用を計算してみましたが、意外とお金がかかっていることがわかりました。

 

資格取得を目指すときは、かかるお金と、資格取得後に得られるものを比較して、そのバランスを考えてから受験に臨むのも一つですね。

 

秘書検定については約3万円かかりましたが、個人的にはそれ以上のものは得られたと思っています。

 

私は事務畑を渡り歩いてきたため、仕事でかなり役に立ちました。

 

ただ、人によってはどう使うのかが異なるため、見極めは大切ですね。

 

秘書検定に興味がある方は、こちらの関連記事もぜひご覧ください。

 

 

以上、「秘書検定取得にかかるお金はいくら?教材代、受験費用など検定費まとめ」でした。

 

秘書検定取得にかかるお金はいくら?教材代、受験費用など検定費まとめ 関連ページ

「労基法が一番面白いのになぜ得点が伸びないの?」と思う社労士受験生へ
初学の社労士受験生に読んでほしいのは真島さんシリーズ。特に労基法がおすすめ
医療機関で事務職として働く本当のところ。残業や給与、医療事務とは違うの?
栄養士の年収や独立可能性は?女性人気が高い食のプロのお金事情に迫る!
社会保険労務士資格取得の費用はいくら?通学やテキスト代だけじゃない!
社労士試験に2000時間勉強して合格したのに私が社労士にならない理由
アパレル店員は稼げる仕事?堅実な金銭感覚を持っている人が意外と多いから結婚相手にも!
FPは稼げる資格と聞くけど本当?FPの現実と資格の特徴について
資格の勉強を通学で行うメリット。独学や通信にはない魅力は合格後にこそある
私が社会保険労務士資格を取った理由
社労士受験で苦手科目を作らない方法と科目別克服法。苦手科目を作ると命取りだから重要!
社労士試験合格は過去問題攻略が最大の鍵
社労士テキストの賢い作り方。全部覚えるのは無理だから優先順位をつける
社労士試験の過去問題集をやったあとに絶対にやってほしいこと
夜型→朝型に変えたら難関の社労士試験に合格できました。
社会保険労務士資格を取得して良かったなと思ったコト
社会保険労務士資格を持っていると面接官の反応はどうなのか?
医者はお金持ち職業の筆頭なのに貯金体質になれない理由とは?
社労士は実務経験が豊富だからと言って安易に手を出さない方がいい資格
教育訓練給付金で資格の受講資金が戻ってくる
社会保険労務士試験に何年も不合格で嫌になっているあなたへ
社会保険労務士はお金になる資格か
社労士の試験勉強中に眠気が襲ってきたらやったことをまとめました。
簿記2級・3級はお金になる資格?社労士との違いは?
秘書検定を持っていると就職に有利?お金になる?秘書検定取得を迷っている人向けに解説
秘書技能検定準1級面接試験体験談
部屋の掃除をしたら難関試験に合格しました。
お金がなくて習い事ができないと嘆く前に
お金がなくても何かを学びたいと思ったらやっぱり
通学で社労士を合格するための王道必勝法とは?
元総合病院の給与担当者が語る看護師と看護助手の給料と待遇の違いとは?

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報