アパレル店員は稼げる仕事?堅実な金銭感覚を持っている人が意外と多いから結婚相手にいいかも

アパレル店員は稼げる仕事?堅実な金銭感覚を持っている人が意外と多いから結婚相手にも!

 

アパレル店員とお金、この2つのキーワードがあったらどんなイメージを持ちますか?

 

「アパレル店員はお金にならない仕事」

 

「アパレル店員は金使いが荒そう」

 

「アパレル店員の仕事は離職率が高くて安月給」

 

などなど...?

 

もしかするとアパレル店員とお金には良いイメージがないという人も多いかもしれません。

 

管理人は大卒でアパレル企業に就職して正社員として働いていましたが、実は意外にもアパレル店員には堅実な金銭感覚を持っている人たちが多いということを知りました。

 

というわけで本記事では、アパレル店員という仕事にスポットライトをあてて、以下のようなお金との関係についてお話していきます。

 

・アパレル店員は稼げる仕事なのか?

 

・アパレル店員の金銭感覚は意外と堅実

 

・アパレル店員が貯金できるワケ

 

・アパレル店員をお嫁さんにすれば家計安泰かも

 

 

 

 

 

 

アパレル店員は稼げる仕事なのか?

 

 

まずはアパレル店員の給与水準についてお話していきます。

 

私は新卒で就職活動をしていたときアパレル系に絞っていましたが、はっきり言って給与水準は高くはありません。

 

なので、稼げる仕事ではないということです。

 

ここはイメージ通りという方も多いでしょう。

 

 

希望勤務地が関西圏だったので、大阪、兵庫、京都など比較的人が多く都会的な街での給与水準という点でご紹介します。東京よりは低いけど田舎よりは高めといった水準ですね。

 

アパレル店員の新卒の基本給は高いところで月収23万、低いところで18万円といった感じでした。

 

私が就職した企業は一応賞与もあったので、新卒一年目の年収は300万円ちょっとです。

 

もちろんすべてのアパレル企業を受けたわけではありませんし、もう10年以上前の話なので、今はもっと低いかもしれません。

 

アパレル業界は10年前より厳しくなっていますから。

 

ちなみにということで現在のアパレル関連の求人をいろいろ検索してみましたが...。

 

ショップ店員で年収200万円程度

 

プレス、デザイナーで年収250万円程度

 

マネージャークラスで年収400万円程度

 

営業企画で年収500万円程度

 

といった求人が見られました。

 

ブランドや職種によっても大きく異なるわけですが、今回の題材であるショップ店員の場合は、東京でも年収200万円という求人もあったりということで現在の給与水準はかなり低いということが分かります。

 

年収200万円ということは月収16万円ちょっと(しかも賞与なし)ということですから、一人暮らしの方にはなかなかに厳しい水準ですね。

 

 

 

 

アパレル店員の金銭感覚は意外に堅実

 

 

アパレル店員と聞くと、空調がきいたデパートの中で綺麗な服を着て...といった華やかなイメージを持たれる人も多いかもしれません。

 

華やかなイメージからか、アパレル店員はお金使いが荒そうという印象を持たれることがありました。

 

しかし、アパレル店員の皆さんは、意外にも?堅実な金銭感覚をお持ちでした。

 

正確には浪費派もいてすべてではないのですが、かなり高い確率で堅実でした。

 

私はアパレル業界を辞めて出版広告、医療業界と転職をしたわけですが、地味で堅実な金銭感覚という点では、意外にもアパレル店員さんはその中でも優秀でした。

 

特に小さなお金を大事にするという感覚の人が多くて、具体的にはこんな感じのことはよく見かけました。

 

・毎日お弁当を持参してくる

 

・休憩時間に100円のコーヒーを買うのは本当に疲れているときだけ

 

・午前中にたくさん売り上げて嬉しいときだけご褒美にパステルのプリンを1つだけ買う

 

ほんと、日々の節約を大切にするって感じでした。

 

 

 

 

 

アパレル店員が貯金できるワケ

 

 

アパレル店員の年収は低いですが、意外と貯金はしっかりできている人が多いです。  

 

一人暮らしなのに毎月5万円以上貯金しているという先輩もいました。

 

貯金の話をすることが好きな人も多くて、私もよく先輩から貯金のノウハウを教えてもらったりしていました。

 

では、アパレル店員が年収は低いのに貯金ができる理由は何でしょうか?

 

前述したように小さなお金を大事にするという感覚もそうなのですが、それ以外で言うと以下の5つの理由があると考えます。

 

1.給与が低いから無駄遣いするという概念がそもそもない
2.仕事がハードで体力を使うため頻繁に飲みに行くということがない(次の日に影響する)
3.長期連休が取れない仕事なので旅行などで大金を使うことがない
4.長く続けられる仕事ではないため必然的に将来に備えるようになる
5.社割で自社製品を買うし一度買ったものを毎日のように着るため被服費は思っているよりはかからない

 

それぞれ解説していきます。

 

 

1.給与が低いから無駄遣いするという概念がそもそもない

 

前述したように、アパレル店員の給与水準は低いです。

 

そのため、ぱーっと使おうとか高いものを買いたいとか、そういう感覚になりにくいのです。

 

だって、そんな収入ないですからね。

 

アパレル店員はこのことを自覚しているため、金銭感覚が庶民的で堅実になるのです。

 

 

2.仕事がハードで体力を使うため頻繁に飲みに行くということがない(次の日に影響する)

 

アパレル店員の仕事はハードです。

 

1日中ヒールの靴で立ち続けなければいけないのはもちろん、在庫を保管している倉庫までの距離が遠くて頻繁に歩く、棚卸で高いところの商品を整理するなど、とにかく体力を使う仕事でした。

 

1日仕事をすると足腰がボロボロ、体力も気力もある20代前半でしたが毎日とても疲れました。

 

そうすると、仕事終わりに遊びに行こうとか、飲みに行って発散しようとかそういう気が失せます。

 

そんなことをすれば次の日の仕事がきつくなったり、お酒で顔がむくんで店長に怒られたりしますから。

 

 

3.長期連休が取れない仕事なので旅行などで大金を使うことがない

 

サービス業以外の仕事についていると、夏季休暇やらゴールデンウィークやら長期連休があるのが一般的ですよね。

 

アパレル店員にはこうした長期連休がありません。

 

世間が休みのときこそ働かなくてはなりませんし、シフト制の勤務形態なので長期連休が取れないんですね。

 

そうすると旅行でまとまったお金を使ったり、どこかに出かけて散財してしまうという機会がないのです。

 

 

4.長く続けられる仕事ではないため必然的に将来に備えるようになる

 

アパレル店員は離職率が高いというイメージを持たれるかもしれませんが、まさにその通りです。

 

関西圏の同期入社でも何十人かいましたが、一年後に残っていたのは3分の1以下でした。

 

そして、アパレル店員は結婚退職する人が多かったです。

 

10年前でもすでに結婚退職する人なんて少なかった時代なのですが。

 

これは、前述したようにハードな仕事であったり、女性社会で先輩たちがとても怖いので、早い段階で「長く続けられる仕事じゃない。」と気付くからです。

 

そうなると必然的に将来のことをよーく考えるようになります。

 

お金の心配もするようになって、節約したり堅実な金銭感覚になっていくのです。

 

 

5.社割で自社製品を買うし一度買ったものを毎日のように着るため被服費は思っているよりはかからない

 

アパレル店員と言えば被服費にお金がかかるイメージを持たれるかもしれません。

 

確かに、自社製品を購入して店頭で着ることで広告塔の役割も果たしますから、被服費がゼロというわけにはいきません。

 

ただ、社割で購入できるので安く服は手に入りますし、一度買ったら毎日のように同じ服を着ます。

 

よほど一般企業のOLさんの方が、毎日いろいろな服を買って着ていますよ。

 

一応販売期間しかその服が着れないというルールもあるのですが、実際には同型の去年商品とかも着ている先輩も多く、そのへんはあまり厳しいということもありませんでした。

 

 

余談ですが、連続で同じ服を着ることもあって、服が臭いということをネタにしている先輩が多かったです。ワキのあたりとか...。

 

関西ならではのネタかもしれませんが。

 

というわけで、まとめると

 

給与が低いのでお金に対してシビアになりやすい職業

 

仕事がハードで意外とお金を使う機会が少ないので出ていくものも少ない

 

という理由でアパレル店員は貯金ができるというわけです。

 

 

 

アパレル店員をお嫁さんにすれば家計安泰かも

 

 

婚活中の男性でしたら、お嫁さん候補にアパレル店員はおすすめだなと思います。

 

理由は

 

お金に堅実でしっかりしているから家計安泰

 

見た目に気を遣う職業柄、少ない給与の中でもきれいを保つ努力ができる

 

からです。しっかりもので、そこそこきれい、これかなり重要じゃないでしょうか?

 

派手なイメージをもたれがちなアパレル店員ですが、ここまでご紹介したようにお金に対して堅実な価値観を持っています。

 

そして、女性が多い職種なので、女性の先輩たちからお金のお得な情報とか、いろいろと入手しやすいというのもあります。

 

皆しっかりしていますよ。

 

私もよく先輩に「将来のために絶対毎月貯金しときーやー。」って、よく言われていました。

 

ランチタイムとかは一種の富女子会みたいなもんだなと思います。

 

 

もちろん私が勤めていた会社にそういった先輩が多かったのかもしれません。

 

世間のイメージ通り散財してしまう人も中にはいるでしょう。

 

でも、横のつながりで他の会社のアパレル店員さんの話を聞いたときなんかも「しっかり者」が多いという印象を受けましたし、けっこう当たっている気がします。

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

今回のお話を一言でまとめると、

 

「アパレル店員は稼げはしないが貯金体質になりやすい職業である」

 

ということです。

 

皆さんの持つイメージと違いはあったでしょうか?

 

以上、「アパレル店員とお金との関係について」でした!

アパレル店員は稼げる仕事?堅実な金銭感覚を持っている人が意外と多いから結婚相手にも! 関連ページ

栄養士の年収や独立可能性は?女性人気が高い食のプロのお金事情に迫る!
秘書検定取得にかかるお金はいくら?教材代、受験費用など検定費まとめ
社会保険労務士資格取得の費用はいくら?通学やテキスト代だけじゃない!
社労士試験に2000時間勉強して合格したのに私が社労士にならない理由
FPは稼げる資格と聞くけど本当?FPの現実と資格の特徴について
資格の勉強を独学や通信ではなく通学で行うことのメリットは合格後にこそある
私が社会保険労務士資格を取った理由
社労士は苦手科目を作らないことが必須!作らないためのコツとは
社労士試験合格は過去問題攻略が最大の鍵
社労士テキストの賢い作り方。全部覚えるのは無理だから優先順位をつける
社労士試験の過去問題集をやったあとに絶対にやってほしいこと
夜型→朝型に変えたら難関の社労士試験に合格できました。
社会保険労務士資格を取得して良かったなと思ったコト
社会保険労務士資格を持っていると面接官の反応はどうなのか?
医者はお金持ち職業の筆頭なのに貯金体質になれない理由とは?
社労士は実務経験が豊富だからと言って安易に手を出さない方がいい資格
教育訓練給付金で資格の受講資金が戻ってくる
社会保険労務士試験に何年も不合格で嫌になっているあなたへ
社会保険労務士はお金になる資格か
社労士の試験勉強中に眠気が襲ってきたらやったことをまとめました。
簿記2級・3級はお金になる資格?社労士との違いは?
秘書検定を持っていると就職に有利?お金になる資格?
秘書技能検定準1級面接試験体験談
部屋の掃除をしたら難関試験に合格しました。
お金がなくて習い事ができないと嘆く前に
お金がなくても何かを学びたいと思ったらやっぱり
通学で社労士を合格するための王道必勝法とは?
看護師と看護助手の給料と待遇の違いとは?

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報