社労士・FP・簿記・・・何を取るべき?お金になる資格や職業とは

FPは稼げる資格と聞くけど本当?FPの現実と資格の特徴について

 

 

 

どうせ資格を取るなら稼げる資格がいいと思いますよね?「稼げる資格」で検索してみると、色々なサイトや資格の学校などでFP(ファイナンシャルプランナー)の名前を目にします。

 

独学で学ぶ人も多く、比較的始めやすいのが特徴なのですが...。稼げるという点においてはどうなのでしょうか?

 

というわけで今回は、FP(ファイナンシャルプランナー)が本当に稼げる資格なのかについてお話していきます。

 

 

 

 

FP(ファイナンシャルプランナー)って?

 

FP(ファイナンシャルプランナー)は個人の人生に関わるお金の(金融、税務、不動産、相続など)の材料を元に、一緒に資金計画を立てたりアドバイスをしながら、個人の資産形成や夢を実現に導くサポートをする人のことです。

 

必要に応じて、弁護士や税理士、社労士などの専門家を紹介するなどして窓口的な役割も果たします。そのため、各専門家の職域や幅広い分野の理解が求められる仕事になります。

 

 

 

 

 

広く浅くがFP試験の特徴です

 

FPはお金の専門家と言われることがありますが、資格のことで言うと試験内容は「お金のことを広く浅く学ぶ」という一言にまとめることができます。

 

税務や社会保険、生命保険に住宅のこと...私たちが生きていく上で必要になるお金のことを「基本的なことを中心に」勉強する試験となります。

 

例えばFP科目にはライフプランニングというのがあって、公的年金や社会保険などについても学びます。私は社労士を取得してからFPを取得しましたが、公的年金や社会保険については全く勉強することなく合格できました。

 

なぜならFPで学ぶ公的年金や社会保険は、社労士試験の基礎中の基礎の部分だからです。これは社労士だけでなく税務や不動産、相続などの科目についても言えます。

 

基礎すぎて各専門試験の試験問題にすらならない、それぐらい基本的な内容をひろーく勉強していくことになります。

 

なので本当は、FPを取得してから専門性を深めるためにいずれかの専門試験を受ける人の方が多いですね。社労士の他は税理士、司法書士、行政書士などの士業がそれにあたります。

 

資格の難易度も、専門性がある各専門試験の方が高いのは言うまでもありません。

 

 

 

 

 

稼げる仕事と言われることが多いけれど...?

 

FPは冒頭でもお話した通り、稼げる仕事と言われることがあります。しかしその情報元の多くは資格の学校で受講生を集めるためのものだったり、FPの資格についてあまり知らない人のイメージであったりすることがあります。

 

結論から言うと、FPは決して稼げる仕事ではありません。少なくとも、この資格を取得したからと言ってすぐに収入につながる仕事ではないことは明らかです。

 

独立開業ができる仕事とも言われますが、FPが行う相談業務はそもそも一般的・抽象的なものしかできないため、各専門家たちとの連携や人脈が必須となります。

 

 

 

 

投資や資産運用のプロだから稼げる?

 

現実とは裏腹にFPが稼げる仕事だと言われるのは、アメリカの影響が大きいのでは?という考え方があります。アメリカのFP業界は日本の何十年も先を行っていて、高収入FPも多いと言われています。

 

その点では日本もFPが将来的に稼げる要素はあるとも考えられるのですが、日本とアメリカでは背景が全く違います。

 

アメリカのFPビジネスは投資や資産運用がベースにあって、その相談業務などがメインになります。そしてしっかりと顧客の資産を増やし守ることで、その中から報酬を受け取れるというわけです。

 

日本のように、「リスクがある投資や資産運用よりも節約、とにかく費用を抑える方法を教えて」という人が多い社会では、アメリカと同じように高収入のFPがでにくいんですね。

 

FPの質についても両国では違いがあります。アメリカでは投資や運用に関してFPの知識も非常に高いですし、医者や弁護士と同じぐらい稼ぐ人がいる専門性が高い仕事です。

 

一方で日本人はリスクがある投資や資産運用には消極的なため、ニーズが低くFP自身の知識も高くはないという風になるのです。

 

日本でも投資や資産運用が活発化すればFPのニーズも高まるのかもしれませんが、それも当分先のことなのかもしれません。

 

 

 

 

法律相談ができない?

 

FPは税理士や社会保険労務士などが勉強する法律について学ぶことがあるのですが、あくまでも専門家ではありませんから、法律相談はできません。

 

例えば税理士法では

 

"税理士又は税理士法人でない者は、この法律に別段の定めがある場合を除くほか、税理士業務を行つてはならない。"(税理士法52条)

 

と定められていて、社労士などでも同じような条文があります。

 

FPはここでいう"税理士又は税理士法人でない者"にあたりますから、税務相談や書類の手続きなど専門的な仕事はできません。

 

あくまでも「一般的にはこう言われていますが、詳細の法律相談は税理士にしてくださいね。」と言うしかできないのです。

 

FPは「こういう内容はこの専門家に相談した方がいい」ということを知るために、それぞれの専門家の職域を理解する必要があります。すごく簡単に言うと、デパートの総合受付みたいなものだと個人的には思っています。

 

 

 

 

金融系や保険会社で取得することも多い

 

FPの資格は、日本では直接的に収入に結びつけるのが難しいですが、仕事に役立てることはできます。特に事務系の仕事で幅広い知識を身につけたいと感じている場合は取ってみるのも良いでしょう。

 

金融系や保険会社では社員に取得させることもよくあって、私の周りの銀行員の友人や保険会社の営業をしている人なんかもFP2級程度は持っている人は多いですよ。

 

ただ、就職や転職に有利と言えるほどの資格ではありませんので、熱意を伝えるための一つの手段というぐらいの位置づけとして考えておくと良いと思います。

 

FPの資格がなければできない仕事というものはありませんので、転職・就職対策として取得するのはおすすめしません。

 

色々なことを幅広く知りたいという、向上心がある方には良いと思います。お金のことに興味がでてきて専門分野の勉強へのきっかけともなりますし、お金に関する一般常識的なことは網羅できるはずです。

 

 

 

 

稼ぐには強みと営業力が必要

 

FPは稼げない仕事だと言いましたが、FPとして活躍している人がいるのも事実です。

 

しかしそれはごく一部のメディア出演をはたしている方たちなどであって、実際に採用されるのはとても大変だそうです。それぐらいFP単独で営業するには相当な強みが必要になります。

 

抜群の営業力があるとか、専門家たちとの人脈が広いとか、あるいはずば抜けたコンサル力があるとか...。FPとして開業していても、実は何かの士業の資格を持っていたりと、深い専門性があるという人も多いですよ。

 

ここまでご紹介したように、FPは簡単に稼げる資格ではありません。しかし逆に言うと、FPとして成功されている方はかなりのビジネス上手なのだと思います。

 

色々と工夫をされているはずなので、そういう方の話は稼ぐ力を学ぶという意味でとても参考になるのではないでしょうか。

 

 

 

 

何か資格を取りたい...そう考えているなら下調べをしてから

 

漠然と資格を取りたいと感じている場合は、いきなりやり始めるのではなくしっかり下調べをしてから取り掛かることをおすすめします。

 

学生時代の勉強と違って、忙しい中での勉強になりますから、勝算の高い方法で取り組みたいですよね。今は色々なタイプの講座があるので、無料の資料請求などを利用してじっくり検討してみましょう。

 

特徴別に講座をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

会社、講座名 取り扱い資格 特徴
KIYOラーニング 簿記、宅建、税理士、FP、中小企業診断士など事務系スペシャリスト

通勤時間にスマホで勉強できるオンライン講座。時間を効率よく使いたい人におすすめ。

 

=>「通勤講座」のコース一覧やキャンペーン情報、無料お試しはコチラ!

がくぶん

ボールペン習字、野菜コーディネーター、
食育インストラクター、建築模型など今すぐ仕事&生活に役立つ講座多数

自宅で取れる資格が多く、在宅ワークにつながるものも。楽しみながらできるのが魅力。

 

無料資料請求はこちらから★在宅ワーク技能を習得しよう! >>> 通信教育90年のがくぶん 

通信教育のフォーサイト  社労士、行政書士、宅建など国家資格

通信教育専門校。
eラーニングも利用可能。すべての教材をパソコンやスマートフォンで利用できる。通学に比べて低価格なのが魅力。

 

詳細はこちら
合格率が全国平均を上回る勉強法の正体とは? 

RIZAPイングリッシュ TOEIC(R)アップに特化したコース・英会話に特化したコース

結果にコミットするでお馴染みのRIZAPが英語版。肉体改造と同じく専属トレーナーが1対1で英語力を鍛えてくれるため短期間で英語力が身につく。

 

詳細はこちら
【無料カウンセリング】ライザップがTOEICにコミット! 

東京法経学院  司法書士、土地家屋調査士、社会保険労務士、行政書士など法律系の難関資格

法律系資格取得のための通信・通学講座、書籍・参考書などの出版物や各種教材

 

資格で人生のネクストステージへ!
有力資格試験の合格指導専門校 東京法経学院
 

日本スキンケア協会 スキンケアアドバイザー

美容部員、エステティシャン、ネイリスト、アロマセラピストなどのスキルアップに。将来独立の武器にもなる。

 

詳細はこちら
日本スキンケア協会公認!【スキンケアアドバイザー資格通信講座】 

 

 

FPは稼げる資格と聞くけど本当?FPの現実と資格の特徴について 関連ページ

社労士試験に2000時間勉強して合格したのに私が社労士にならない理由
アパレル店員は稼げる仕事?堅実な金銭感覚を持っている人が意外と多いから結婚相手にも!
資格の勉強を独学や通信ではなく通学で行うことのメリットは合格後にこそある
私が社会保険労務士資格を取った理由
社労士は苦手科目を作らないことが必須!作らないためのコツとは
社労士試験合格は過去問題攻略が最大の鍵
社労士テキストの賢い作り方。全部覚えるのは無理だから優先順位をつける
社労士試験の過去問題集をやったあとに絶対にやってほしいこと
夜型→朝型に変えたら難関の社労士試験に合格できました。
社会保険労務士資格を取得して良かったなと思ったコト
社会保険労務士資格を持っていると面接官の反応はどうなのか?
医者はお金持ち職業の筆頭なのに貯金体質になれない理由とは?
社労士は実務経験が豊富だからと言って安易に手を出さない方がいい資格
教育訓練給付金で資格の受講資金が戻ってくる
社会保険労務士試験に何年も不合格で嫌になっているあなたへ
社会保険労務士はお金になる資格か
社労士の試験勉強中に眠気が襲ってきたらやったことをまとめました。
簿記2級・3級はお金になる資格?社労士との違いは?
秘書検定を持っていると就職に有利?お金になる資格?
秘書技能検定準1級面接試験体験談
部屋の掃除をしたら難関試験に合格しました。
お金がなくて習い事ができないと嘆く前に
お金がなくても何かを学びたいと思ったらやっぱり
通学で社労士を合格するための王道必勝法とは?
看護師と看護助手の給料と待遇の違いとは?

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報