食費の節約は美味しく無理なく楽しくがコツ。お家で色々作っちゃおう

ALL100円以下!家計を助ける節約食材ベスト10


 ※この記事は2018/1/14に加筆・修正しました。 

 

安いのにボリュームがあって家計がピンチのときに助けてくれる節約食材。

 

今回は管理人が選ぶ節約食材ベスト10を、近所のスーパーの底値&超簡単なおススメ料理とともにご紹介します。

 

王道から意外なものまでありますよ。すべて100円以下で買えます!

 

 

 

 

 

 

@もやし

 

 

節約食材のトップを独走中のもやし。

 

ダントツの安さですね。

 

味があまりありませんが、その分何に入れても邪魔をしない存在感です。

 

シャキシャキ感とボリューム感が特徴です。

 

おススメ料理は、「もやしとえのきのオイスターソース炒め」。

 

私の家族はこれだけでご飯3杯食べれると言っていました。

 

お父さんでも作れる簡単さ。オイスターソースで炒めるだけです。

 

もやし&えのきのコンビは相性がよく、他にもめんつゆで炒め煮して卵を混ぜるとすきやき風の味がして評判が良いです。

 

底値:1袋14円 

 

 

 

Aカイワレ大根

 

 

スーパーでは人気で意外とすぐに売り切れてしまうカイワレ大根。

 

色味だけでなく辛めの味が料理のアクセントになります。

 

値段の割にボリュームがあるので使い道が豊富です。

 

おススメ料理は「納豆とカイワレ大根の和風パスタ」。

 

ゆでたパスタに粉末だしとめんつゆで味付けし、炒めた豚肉と、納豆・カイワレ大根を混ぜれば完成です。

 

豚肉の脂をカイワレの辛味が引き締めます。

 

他にはカイワレ大根を生ハムで巻くだけのオードブルはお誕生日などのお祝い事に向いています。

 

底値:1パック17円 

 

 

 

 

Bえのき

 

 

もやし同様、ボリュームアップ食材としてトップクラスの活躍。

 

低カロリーでダイエットにも良い他、最近は美白効果も立証されているとの話もあります。

 

おススメ料理はお弁当おかずの王道「えのきの豚肉巻」。

 

えのきを豚肉で巻いて、照り焼きにするだけです。

 

少量の豚肉でメインのおかずにもなるので、給料日前のお助けメニューです。

 

底値:1袋68円 

 

 

 

 

C豆腐

 

 

ヘルシー&ボリュームありで人気の豆腐です。

 

濃い味付けからデザートにまでできる変貌自在の優秀食材。

 

おススメ料理は「細かく切った揚げ出し豆腐

 

普通の揚げ出し豆腐を作る要領で、豆腐をサイコロ状に細かく切ってから揚げるのがポイントです。

 

細かく切ることで表面の総面積がアップしボリュームがでるのと、口に入れたときのカリカリ感がより感じられます。

 

底値:1丁35円

 

 

 

 

 

D豚バラ肉、豚こま肉

 

 

お金がなくても肉は食べれます!

 

王道の鶏むね肉よりも脂があって個人的好み。

 

多分、男性も鶏むね肉より好きじゃないかと思います。 

 

おススメ料理は「野菜生姜焼き丼

 

ただの生姜焼きなのですが、一緒に野菜を炒めることでボリューム&栄養アップ。

 

玉ねぎだけじゃなく、ナスやきのこ類を一緒に炒めるのがおススメです。

 

ごはんと一緒に食べる定食型ではなく、丼にしてしまうことで少ない肉でもごまかせます。

 

底値:100g78円 

 

 

 

 

 

Eキャベツ

 

値段の変動が激しいが、スーパーでは目玉商品として安売りすることも多いキャベツ。

 

当然安売り時期を狙います。ボリューム満点、最強の野菜。

 

尿酸値の値が最悪だった私の家族はキャベツを毎日食べ続けて、医者も驚くほど改善しました。

 

おススメ料理は「ほぼキャベツのお好み焼き」

 

お好み焼きを作るときは、これでもかっていうほどキャベツを入れて、小麦粉を減らします。

 

豚肉を数枚入れれば味もお腹も大満足のお好み焼きは、数ある節約料理の中でもトップクラスに安く済むかも。

 

底値:1玉98円

 

補足

 

2018年1月現在、キャベツは高騰により1玉400円前後の場合があります。

 

早くモリモリ食べれるようになってほしいですね。

 

※関連記事

 

 

 

F納豆

 

 

意外と何にでも合うし冷凍保存しても味が落ちない優秀な納豆。

 

そのまま食べても調理しても美味しいので冷蔵庫には欠かせません。

 

おススメ料理は「納豆オムレツ」。

 

オムレツ作るときに混ぜた後の納豆を入れるだけです。

 

仕上げにマヨネーズをかけて紅ショウガを乗せると尚◎です。

 

納豆を入れることでかなりボリュームがでるし、サブおかずや夜食にもおススメです。家族からもよくリクエストがでる一品。

 

底値:3パック入り68円 

 

 

 

 

G卵

 

 

ほとんどの家庭の冷蔵庫に入っていると思われる卵。他に代えがきかない食材ですね。

 

卵は低価格食材というより、どの家庭でも必須食材のため、赤字覚悟の「目玉商品」として売られていることが多いです。

 

おススメ料理は「親子丼」。金運を上げてくれる最強の料理です。

 

理由はこちら※関連記事

 

底値:1パック78円

 

 

 

H青のり

 

 

あおさとも言います。

 

最近気づいたあおさの節約効果と優秀さ。

 

何に入れても、「ちょっと凝った感じ」の料理になるところがポイント。

 

安い上に思ったより日持ちします。 

 

おススメ料理は「海鮮2色丼」。

 

少ないお刺身でも、ご飯の半分を生の青のりで埋め尽くし、残り半分に刺身を乗せます。

 

真ん中に卵の黄身を乗せると、安いのに超豪華な海鮮丼になります。

 

これを出しておけば文句は言われません。

 

山芋が安いときはあわせて3色丼にしても。

 

底値:1パック100円

 

 

 

 

 

I小松菜

 

 

柔らかい葉の部分とシャキシャキの茎の部分が楽しめる小松菜は、葉もの野菜の中では安定して安さを保っている食材。

 

女性に嬉しい鉄分豊富な野菜で、同じく鉄分野菜のほうれん草よりかなり安いのでおススメです。

 

おススメ料理は「小松菜とベーコンのバター炒め

 

ほうれん草で使われるメニューを小松菜に置き換えただけです。その他パスタやグラタンにもほうれん草の代わりに使える優れもの。

 

底値:1袋88円 

 

補足

 

2018年1月現在、小松菜も高騰しています。

 

小松菜は冷凍野菜も多く出回っているため、上手に使って乗り切りましょう。

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

ご紹介した10の食材をすべて買っても1,000円以下。

 

上手に使えば食費を今の半分に抑えることも可能です。節約しながら新しいレシピを生み出すのも楽しいですよね!

 

以上、節約食材ベスト10でした!

ALL100円以下!家計を助ける節約食材ベスト10 関連ページ

野菜が買えない!献立が偏る!野菜高騰を乗り切る方法7選と代用品レシピ
スシローをお得に食べる方法。お金と時間を効率的に使って二度おいしい!
イオンネットスーパーを節約と時短のために実際に使って感じた良かった点悪かった点
ネットスーパーのメリットとデメリットを検証。向き不向きを確認!
ネットスーパーで食品を買うのは本当にお得?金銭的メリットを徹底検証!
食品の値引き商品、買って得するモノ損するモノ。選び方のコツを紹介します!
業務用スーパーが食費の節約にならない9つの理由。節約初心者さんは要注意!
節約するならスーパーのはしごをやめるべき8つの理由。自己満足を回避!
節約中でも大満足なアボカドマグロとろろ丼レシピ。美味しいものが食べたいときに
フライパン代をケチり過ぎると節約にならない!節約効果の高い正しいフライパン選びとは
食費の家計管理はどうやっている?ざっくり家計簿のススメ
冷蔵庫の残り物レシピこれだけ覚えればあっという間ラクラク節約
食材の買い出しは計算しながらじゃないと予算オーバーしちゃうよの話
節約食材はダイエットにもなる!食費も減らせて美容代も浮くからお得
美味しい手土産は節約中でも買えるものを選ぼう。安くてお得感あるスイーツとは
安いお肉を柔らかくて高いお肉に変身させる方法
卵の白身を捨てるなんてもったいない!残ったらどうする?
クレープを買い食いしたくなったら家で作ってみると1人分の値段で4人分できちゃう
お餅は正月の残り物どころか積極的に活用したい食材。お餅の活用レシピと地方の食べ方を紹介
食べ放題好きな人が貯金できない5つの理由。「お得だから」行く人は注意ですよ!

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報