食費の節約は美味しく無理なく楽しくが長続きのコツ。お家で色々作っちゃおう

フライパン代をケチり過ぎると節約にならない!節約効果の高い正しいフライパン選びとは

 

 

今回は、毎日の調理で使うフライパンの節約についてのお話です。食材費ではないのですが、広い目で見て食事に関わるものとして考えてみました。

 

フライパンって、皆さんはいくらぐらいのものを使っていますか?

 

人によって調理器へのこだわりって大きく違うので相場が分かりにくいような気がします。高いものは1万円以上しますが安いものなら500円でおつりがきてしまうものもあります。

 

どんなフライパンを選べば節約になるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

安さ重視なら使い捨て覚悟が節約のキモ

 

フッ素加工やテフロン加工などのいわゆる焦げ付かないフライパンは、少量の油で調理ができてお手入れもしやすいのが魅力ですよね。

 

価格も低価格なものが多くて、ホームセンターやスーパーなどで数百円〜購入することも可能です。

 

私も以前、数百円のフライパンを使っていたことがあって性能には何の不満もなかったので、安さ重視でフライパンを買うのも全然アリだと思っています。

 

ただ、安さ重視のフライパン選びは、焦げ付くようになってきたら早めに買い換える、使い捨て感覚で使うのが節約のポイントです。フライパン代がもったいなくてなかなか買い替えをしないと、節約どころか逆に無駄になってしまうからです。

 

例えば、

油...フッ素加工やテフロン加工が剥がれてくると余分に油を使うようになる
洗剤...焦げ付きがひどくなってくると洗剤をたくさんつけてゴシゴシ洗うようになる
健康費...油をたくさん使うようになることで太りやすくなったり中性脂肪が多くなったりする

 

などが考えられます。細かいようですが、意外とやってしまいがちで油代や洗剤代、医療費などが増えてしまう可能性も。数百円で買い換えることができるなら、ケチらないで加工が取れてしまったら早めに買い換えるのが結局お得です。

 

 

 

 

 

焦げ付かないフライパンを長持ちさせるコツ

 

とはいえ、これらの焦げ付かないフライパンを少しでも長持ちさせることができれば節約につながりますよね。そこで日々の調理やお手入れで気を付けたいことを実践してみましょう。

 

まず焦げ付き防止の加工は、高温にしすぎることで剥がれやすくなってしまいます。調理の基本は中火を保つこと。強火の方がおいしく調理できるという考えは、プロの料理人にこだわってもらえば良いと思います。

 

家庭では、中火調理でも十分に美味しく家庭料理を作ることができますし、ガス代の節約も中火が基本です。

 

※関連記事

ガス代の節約は日々のちょっとした工夫でストレスなくできる!その方法とは
ガス料金を抑えるなら最初の設定が大事!都市ガスとプロパンガスの料金について 

 

そして、タワシなどでゴシゴシ洗わないこと。使ったあとはすぐにお湯につけておくなどして焦げを剥がれやすくしてから、優しくスポンジで洗うことを心がけましょう。食洗器なども傷つきやすいから良くないです。

 

どうしても焦げ付きが気になる場合は、シリコン製の傷つきにくいブラシを使うなどすると加工を保つことができます。便利な時代で、傷付けないタワシなるものもあります。

 

こういうの

【傷つけない コゲとりたわし ダブル】【楽ギフ_包装】[fs01gm]

価格:163円

(2017/1/23 07:11時点)

 

 

 

 

安全性重視ならPFOAフリーのものを

 

フッ素加工やテフロン加工にはPFOAやPFOAと呼ばれる物質が使われています。これらは発がん性があり350度ぐらいの高温になると有害性物質が発生するそうです。

 

フライパンの表面温度は中火を保てば270度程度なので、空焚きをしたり無駄な強火にしなければ問題はありません。ただ、気になるという場合はPFOAやPFOAフリーのものを選ぶと良いでしょう。

 

焦げ付かないタイプでPFOAやPFOAフリーのものだと高価なものも多いですが、その分やはり長持ちしますし、熱伝導に優れているのでガス代の節約にもなります。

 

ruhruというドイツ製フライパンはお値段ははりますが10年保証なので、安全性、ガス代などトータルで考えるとお得かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

安全性と価格をバランスよく見たいなら

 

フライパンにそこまでお金をかけるのはちょっと...という場合は、フッ素加工やテフロン加工を避けて鉄製やステンレス製のものを使うと良いですね。

 

鉄製のフライパンなら、女性が不足しがちな鉄分の補給にも効果が期待できます。昔の人って、鉄鍋とかやかんを使うのが当たり前だったから今のように貧血なんてなかったそうです。

 

個人的には、南部鉄器が味があって素敵だなとすっごく気になっています。今すごい人気だから予約待ちの商品も多いんですよね...。

 

【送料無料】岩鋳 南部鉄器 蓋付フライパン 24cm 24112 ★やっぱり南部鉄はいい!使って納得の一生もの!重いけど、貧血予防にもなるIWACHUの蓋付きフライパン24|鉄鍋|お祝い|Nanbutekki|日本製|8012z||

価格:8,964円

(2017/1/23 07:41時点)
感想(16件)

 

PFOAやPFOAフリーの加工フライパンに比べるとお値段も比較的手頃で買いやすいですし、焦げ付き防止加工の剥がれを気にすることなく使えるのが良いですね。

 

私の実家でも鉄製のフライパンをずっと昔から同じものを使っていましたからかなり長持ちするはずです。

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?今回は、定番の調理器具であるフライパンの節約方法についてご紹介しました。ケチりすぎると逆に節約にならないこともあるフライパンですから、じっくり慎重に選びたいですね。

 

ぜひ参考にしてみてください。


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報