節約するならスーパーのはしごをやめるべき8つの理由。自己満足を回避!

節約するならスーパーのはしごをやめるべき8つの理由。自己満足を回避!


 ※この記事は2017/8/27に執筆しました。

 

特売チラシを見比べてスーパーのはしごをする。

 

節約の定番のようですが、節約できない人がやりがちな失敗でもあります。

 

節約したいなら、今すぐはしごをやめましょう。

 

というわけで今回は、節約のためにスーパーのはしごをやめるべき理由を紹介します。

 

 

 

 

 

1.交通費の無駄

 

スーパーをはしごするには、交通費がかかります。

 

バス、電車代、車のガソリン代...もっと細かいことを言えば、車を使う分車体が傷みやすくなるし、靴底だってすれてきます。

 

そんな小さなお金と思うかもしれませんが、もしかして、そのスーパーの特売、さらに小さなお金かもしれませんよ。

 

 

 

2.時間の無駄

 

徒歩など交通費が一切かからない場合でも、時間は必ずかかっています。

 

移動時間、店内を歩く時間、レジで並ぶ時間。

 

お金では買えない貴重な時間を無駄にします。

 

はしごすることで30分いつもより時間がかかるなら、30分バイトした方がよほどお得です。

 

東京都の最低賃金は平成28年度で932円。

 

30分バイトすれば466円の収入です。

 

 

 

 

3.いろいろな商品を目にすることで無駄なモノを買っている

 

 

人は選択肢が多いとあれこれと悩み、結局1つに決められずに2つ、3つと手にとってしまいます。

 

選択肢が多い方が納得いく買い物ができる気がしますが、選択肢が多いことで、選択を間違えるリスクも上がります。

 

この場合のリスクは、「買う予定がなかった無駄なモノを買うこと」です。

 

はしごをすればするほど、視界に入ってくる商品数が多くなり、誘惑度も高くなります。

 

「そんなに余計なモノ買わないよ!」と思いますか?

 

人は自分が思っているより誘惑に勝てない生き物ですよ。

 

選択肢はある程度限られている方が、余計なものを買わなくて済みます。

 

 

 

4.行き慣れた店の方が目的に直行できる

 

同じチェーンのスーパーでも、A町とB町で商品陳列の場所や方法、店内の広さは違いますよね。

 

さきほど、選択肢が少ない方がいいと言いましたが、行き慣れた店の方が圧倒的に節約効果があります。

 

それは、どこに何が陳列されているのかがわかるため、目的の商品まで「他のものに目をくれず」直行できるから。

 

わたしは買い物するスーパーが固定されていますが、いつも見るコーナーは決まっていて、それ以外は見向きもしません。

 

そうすると、買おうと思っていたものだけを買うことができます。

 

どこに何が陳列されているのかがわからないお店だと、あちこち探しまわるため、余計なものが目に入ります。

 

買う予定のなかったお菓子や美味しそうなお惣菜をつい買ってしまうのです。

 

 

 

ひと休みコラム:節約企画の影響があると思う

 

テレビ番組で1ヶ月〇円生活といった企画が人気でしたが、あれを見ると大抵スーパーのはしごをしていますよね。

 

ああいう番組の影響もあって、「はしごすればお得なんだ!」と思ってしまうことがあるのでしょう。

 

言うまでもありませんが、あくまでも番組の企画であり、芸能人の方は仕事でやっています。

 

企画ものは一時的なものですが、わたしたちの生活は一生続きます。

 

企画の真似ではなく、一生使える節約習慣を身につけましょう。

 

 

 

5.「せっかくこのお店に来たから買おうかな」をする

 

 

行き慣れた店がいい理由はもう一つあって、スーパーをはしごすると、その都度新鮮味を味わうことになります。

 

特に肉、魚コーナーやお惣菜コーナーは、お店の特徴が反映されているため、「このお店でしか売ってなさそうだから買おうかな。」と思ってしまうのです。

 

はしごをするより、お気に入りのスーパーを見つけましょう。

 

その方がよほど節約になります。

 

激安食材を買うために他のものを買うことに

 

激安食材は、他の買い物額の下限が設定されているのです。

 

わたしの近所のスーパーでも、たまご9円とかありえない価格をごくたまにやりますが、「2000円以上ご購入の方」などと書かれています。

 

たまご9円だけを買うことができないのです。

 

スーパーをはしごして激安食材を手にしても、その食材を買うために他のものを買うことになれば、結局割高なものを買ってしまう、不要なものを買ってしまうといった残念な結果になります。

 

 

 

6.疲れるわりに大きな節約にならない

 

はしごって、あちこち動き回るので疲れます。

 

移動時はもちろん、スーパーはコンビニと違って店内が広いため、店内でもけっこう歩いています。

 

で、そのわりに節約できても数十円、数百円。

 

交通費であっというまに消えてしまったり、1つ余計なものを買えば何の意味もないのです。

 

疲れるわりに大きな節約にならないので、「あんなに頑張ったのに!」と落胆につながるでしょう。

 

結果的に節約そのものが嫌になってしまい、リバウンドしてしまうかも...。

 

 

 

7.頑張ってる自分に満足してしまう

 

はしごしていると、せかせかと体を動かすため「わたし、頑張ってる!」って感じがします。

 

節約をしている自分を褒めてあげたくなり、だんだんやみつきに。

 

最終的には「はしごをする」ことが目的みたいになり、節約ができているかどうかを忘れてしまうなんてことも。

 

自己満足で終わってしまうとしたら、節約とは言えませんよね。 

 

 

 

 

8.はしごするとポイントがばらけてしまう

 

 

スーパーをはしごするということは、別々のお店で買い物するということ。

 

ポイントカードがある場合、ポイントがばらけて貯まりにくくなります。

 

毎回同じスーパーならポイントが気づくと貯まっているため、はしごする分くらいは楽にポイントで買い物できますよ。

 

 

 

皆やってる?そうでもないよ!

 

いつからスーパーのはしごが当たり前になったのか、「皆がやってるから節約の定番」と思っている人もいます。

 

本当の節約効果がどうかより、他人がやるから「やった方がいいのかな?」といった感じ。

 

はっきり言ってそうでもありません。

 

節約上手で楽しくいつのまにか貯まってしまう人は、スーパーのはしごをしないのです。

 

 

 

 

その日買いたい商品が高いとどうする?

 

はしごをしない方がいいと言うと、「その日買いたい商品が高かったら節約にならない。」と言う人がいます。

 

当たり前ですが、買おうと思っていた商品は、安い方がいいに決まっています。

 

で、これも大切なポイントですが、スーパーで食材を買うときに、「その日に絶対買わなきゃいけない」ものはあまりありません。

 

せいぜい、毎日必ず使う調味料がもうないときくらいじゃないでしょうか。

 

調味料は1日でなくなることはないので、多少割高でも、1ヶ月、2ヶ月もつなら、割高具合も微々たるものです。

 

キャベツを買うつもりだったけど高かった、なら、キャベツはやめてもいいんです。

 

キャベツ以外の安い野菜で代用しますし、なんなら、献立を変えます。

 

その料理を作るときに特定の食材が絶対必要ということは、お料理に「凝って」るんですね。

 

節約のためには「凝り過ぎない」ことも大切です。

 

 

 

はしごしてもいい場合

 

 

ここまでスーパーのはしごをやめるべき理由をご紹介しましたが、中にははしごして全然OK!という場合もあります。

 

たとえば、わたしの祖母は、1袋19円の焼きそばの麺を買いにいくためだけに、少し離れたスーパーに行きます。

 

実は1袋20円を切る焼きそばは、他の近くのお店でも見かけたことがあります。

 

しかも、たとえ他店より安くても、せいぜい1袋10円単位。

 

大きな節約になるとは言えないでしょう。

 

でも、祖母の場合は一人暮らしで時間を持て余しており、運動も兼ねて少し足をのばして買い物に行くことは悪いことではありません。

 

少しでも得になることを楽しんでいるみたいだったので、それはそれでいいのだと思います。

 

あと、祖母の場合は、本当にやきそばの麺しか買いませんし、高齢ということもあり市営バスが「月に〇回まで無料」となるらしく、交通費もかかっていません。

 

これだけ条件がそろっていれば、はしごもアリですよね。

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

食費の節約は、1つ1つがどうかというより、全体で見てどうなのか、という視点が重要です。

 

食材を買うスーパーも、1つ1つが安いからはしごをするのではなく、結局節約になるかはよく考えたいですね。

 

以上、「節約するならスーパーのはしごをやめるべき8つの理由。自己満足を回避!」でした。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

節約するならスーパーのはしごをやめるべき8つの理由。自己満足を回避! 関連ページ

ネットスーパーのメリットとデメリットを検証。向き不向きを確認!
ネットスーパーで食品を買うのは本当にお得?金銭的メリットを徹底検証!
食品の値引き商品、買って得するモノ損するモノ。選び方のコツを紹介します!
業務用スーパーが食費の節約にならない9つの理由。節約初心者さんは要注意!
節約中でも大満足なアボカドマグロとろろ丼レシピ。美味しいものが食べたいときに
フライパン代をケチり過ぎると節約にならない!節約効果の高い正しいフライパン選びとは
食費の家計管理はどうやっている?ざっくり家計簿のススメ
冷蔵庫の残り物レシピこれだけ覚えればあっという間ラクラク節約
食材の買い出しは計算しながらじゃないと予算オーバーしちゃうよの話
節約食材はダイエットにもなる!食費も減らせて美容代も浮くからお得
美味しい手土産は節約中でも買えるものを選ぼう。安くてお得感あるスイーツとは
安いお肉を柔らかくて高いお肉に変身させる方法
卵の白身を捨てるなんてもったいない!残ったらどうする?
ALL100円以下!家計を助ける節約食材ベスト10
クレープを買い食いしたくなったら家で作ってみると1人分の値段で4人分できちゃう
お餅は正月の残り物どころか積極的に活用したい食材。お餅の活用レシピ&地方の食べ方を紹介
食べ放題好きな人が貯金できない5つの理由。「お得だから」行く人は注意ですよ!

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報