イオンネットスーパーを節約と時短のために実際に使って感じた良かった点悪かった点

イオンネットスーパーを節約と時短のために実際に使って感じた良かった点悪かった点


  ※この記事は2017/12/20に加筆・修正しました。

 

「食費の節約や、時短によって仕事効率が上がり収入も増えたらいいな。」

 

こんなふうに感じてネットスーパーを使ってみました。

 

今回管理人が紹介するのは、イオンネットスーパー。

 

実際に使ってみて、どんな点が節約や時短になったのか、ネットスーパーとして価格や品質はどうだったのかなど、良い点、悪い点を含めて紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

※この記事で書いてあること

イオンネットスーパーを使ってみて良かった点
イオンネットスーパーを使って悪かった点
イオンネットスーパーの全体的な印象はどうなのか
では、「ネットスーパー」を実際に使ったメリット、デメリットは?
イオンネットスーパーはどうやって使うの?
最後に

 

 

 

 

イオンネットスーパーを使ってみて良かった点

 

まずは、イオンネットスーパーを使ってみて良かったと感じたことを紹介します。

 

 

 

 

 

 

今回購入したのは画像のとおり、かなり大量で、1週間分をまとめ買いです。

 

今回は頼まれたお菓子などもあったため、全部で7,000円ほど。

 

実際に1週間の食材として利用するのは4,000〜5,000円程度です。(我が家は二人暮らし)

 

近所の激安スーパーで買い物するときは、買い物カゴに何とか入る量って感じですが、イオンネットスーパーでも同じくらいの量が買えましたよ。

 

イオンネットスーパーは「担当店舗」というものがあり、お店によっては一部品揃えが異なるようです。

 

管理人宅の配達を担当してくれる店舗はかなり規模が大きい店舗だったので、他の店舗と比べて品ぞろえがすごく悪いということはないようにも感じます。

 

 

 

 

 

量り売りの食材がお得に買えた!

 

では、早速良かった点を紹介していきます。

 

まずは、イオンネットスーパーを使ってみて初めて分かった利点ですが、量り売りの食材がお得に買えることがあるんですね。

 

どういうことかというと、下記画像の長いもとれんこん、購入価格はそれぞれ168円×2パックと、200円でした。(税込み)

 

 

 

で、実際に届いた商品は写真の価格で、税込みだと長いもは259円と239円、れんこんは238円でした。

 

ただし、決済は注文時の価格でされます。

 

つまり、店頭で全く同じものを買うより、ネットで買った方が安く買えたことになります。

 

合計すると、決済価格は536円なのに、届いた商品は736円のものだったので、200円お得に。

 

量り売りの食材はぴったり同じ量を選ぶことが難しいため、こうした措置になっているのだと予想されます。

 

我が家は長いも消費量が多い家庭で、毎週長いもを購入するのですが、意外と高いんですよね。

 

今回イオンネットスーパーを利用したことで、近所のスーパーで購入するより格段に安く長いもを購入できてラッキーでした。

 

これからもイオンネットスーパーで量り売り野菜を買おうと決めた瞬間です。

 

 

 

【欠品の場合はどうなるの?】

 

ちなみに、欠品の場合、代替品が届くのですが(代替品を希望した場合)、このときも同様の措置があります。

 

代替品の価格が注文した商品の価格を上回っても、もともと注文した商品の価格で決済されます。

 

では、代替品が、注文商品価格を下回るものしかなかったら?

 

代替品の価格に修正されますので、どちらにしても消費者が損はしない仕組みになっています。

 

・注文した商品価格<代替品の価格 ちょっとラッキー

 

・注文した商品価格>代替品の価格 損はしない

 

ということですね。

 

 

 

 

 

「お買い得」マークがついている商品がかなりお買い得

 

イオンネットスーパーだと、こんなふうにお買い得マークがついている商品があるのですが、これが狙い目です。

 

 

 

特に、お肉はかなり安くて良質のものがあって、良かったなと感じました。 

 

 

 

 

トップバリュ商品が買える

 

せっかくイオンを使うなら、やっぱり低価格のトップバリュ商品はいいですよね。

 

特に冷凍食品や加工肉などは低価格でいいものがありましたよ。

 

管理人はOL時代、会社の近所にマックスバリューがあってよく利用していたので、トップバリュ商品にはなじみが深いです。

 

やっぱり安さが魅力なので、「〇〇を食べたいけどお金がない!」ってときに特にメリットが大きいですね。

 

 

 

 

状態のいいものを届けてくれた

 

野菜は今はどのスーパーも価格が高騰しているので、価格面での比較は難しい面もありますが、品ぞろえはボチボチ良かったです。

 

それほど悪い感じはしませんでした。

 

かぼちゃが冷凍しかないのが残念でしたが、きのこ類は比較的安かったです。

 

届いた商品がとても綺麗だったのは嬉しかったですね。

 

自分で選ぶと目利きが上手にできないのですが、ちゃんとプロの方が選んでくれるので、状態のいいものを届けてくれました。

 

ネットスーパーは、自分で目利きができないことをデメリットに挙げる方も多いですが、ネットスーパーは「お店が選んだもの=お店の評判」に直結するため、しっかりいいものを選んでくれます。

 

大きさが分からないのはネックかもしれませんが、鮮度や状態の良し悪しはやっぱりプロの方の見る目を頼った方がいいと思います。

 

 

 

 

お菓子類の総合点が高かった

 

今回、彼に会社の人に配る用のお菓子の購入を頼まれたため、イオンネットスーパーで袋菓子を購入。

 

飛びぬけて安いというわけではないものの、お菓子類は品揃えも豊富で、価格的にも近所の激安スーパーに負けないくらいでした。

 

メーカーのお菓子はどこで買っても同じだからこそ、少しでも安く買いたいですよね。

 

姪っ子の習い事のお迎え時にお菓子を渡すこともあるので、子供が好きなお菓子が安く買えると知れたのは良かったです。

 

 

 

 

乳製品、チルドデザート、アイスが安かった

 

牛乳やチーズなどの乳製品や、チルドデザートやアイスは低価格で購入できました。

 

管理人が好きなプリンやカップのチーズケーキなどは近所のスーパーであまり売っていないのですが、イオンだと低価格のものが比較的そろっていたのは嬉しかったです。

 

イオンネットスーパーではアイスや冷凍食品も買えるので、車で買い物に行ったとき溶けないように暖房を気にしないでいいのも良かったですね。

 

ちゃんと溶けないように配慮して届けてくれます。

 

 

 

 

 

お惣菜も買える

 

スーパーって、お惣菜コーナーでお気に入りかどうかが決まったりしませんか?

 

イオンのお惣菜コーナーはかなり充実しています。

 

イオンネットスーパーではお惣菜も購入できるので、当日配達なら、できたてのお惣菜を食べることも可能です。

 

美味しそうですね。

 

 

 

 

 

 

届けてくれた人が感じのいい人だった

 

イオンネットスーパーを届けてくれたおじさまが、とても感じのいい優しそうな人でした。

 

もちろん、担当の方によって差があるのでしょうが...。

 

届けてくれる人の対応がいいのは、女性やお年寄りにとっては安心できるポイントではないでしょうか。

 

 

 

 

ネットWAONポイントが貯まる

 

イオンのネットスーパーで買い物すると、ネットWAONポイントが自動的に貯まります。

 

200円で1ポイント貯まり、貯まったポイントは次回の買い物に使えます。

 

不定期で、ネットWAONポイントが5倍になるキャンペーンがあったりしますので、メルマガには登録してお得なキャンペーン時を使うのも賢い方法です。

 

ネットスーパー利用から1週間後に正式取得なので、最初の買い物から再度買い物する場合は気をつけてください。

 

有効期限がありますが2年間なので問題なく使えるのではないでしょうか。

 

ちなみに、ハピタス経由で買い物するとハピタスポイントも貯まります。

 

期間限定で2%にアップしているので、忘れずにハピタスを経由しましょう。(2017年12月現在の情報

 

※関連記事

 

 

 

 

 

イオンネットスーパーを使って悪かった点

 

 

続いては、イオンネットスーパーを使って「いまいちかも。」と思った点を紹介します。

 

スーパーには各店利点が異なるため、デメリットも含めて総合的に選ぶようにするといいでしょう。

 

 

 

 

魚、刺身系の品ぞろえが悪いと感じた

 

我が家は魚、お刺身が大好きなのでよく購入するのですが、イオンネットスーパーではあまり魅力的な魚類が購入できませんでした。

 

特に刺身系の品ぞろえが良くない印象でした。

 

値段もあまり安くなく、「普通」という感じ。

 

好きな魚をたらふく食べたいというときは、やっぱり近所のスーパーに行こうと思いました。

 

魚系の充実を切に願います。

 

ただし、管理人が利用している近所のスーパーは肉と魚に非常に強いスーパーで、かなり力を入れています。

 

魚系の品ぞろえや価格については、そのスーパーとの比較なので、他の一般的なスーパーと比べてすごく見劣りすることはなかったです。

 

今回はサーモンのお刺身とねぎとろ、鮭の切り身を購入しましたが、品質に関しても問題なく、美味しくいただけました。

 

 

 

 

 

果物が高いと感じた

 

イオンネットスーパーでは、バナナやりんごなど定番の果物が比較的高い印象でした。

 

バナナやりんごは近所のスーパーでも、ドラッグストアなどでも購入できるくらい定番品で大抵低価格で売っています。

 

イオンネットスーパーでの価格は倍くらいしたので、購入を控えました。

 

ほかの果物も品揃え、価格の点でいまいちな印象でした。

 

 

 

 

 

お買い得品はその日にしか買えないことがある

 

これは悪かった点というより、スーパーの仕入れ上仕方がない点ですが、生鮮食品などは、「当日配達限定」の商品もあります。

 

そのため、気に入った商品を「明日届けてもらおう。」と思っても、それが「当日配達限定」の品の場合、当日配達指定でなければ買うことができません。

 

その分お買い得なことが多いですが、気に入った商品が限定対象だと、お届け日の調整をしなくてはならないのは残念でした。

 

実店舗のスーパーであっても仕入れ上その日しかないことはあるので、イオンネットスーパーだから悪いということにはなりません。

 

 

 

 

 

イオンネットスーパーの全体的な印象はどうなのか

 

ここまで、イオンネットスーパーを利用して良かった点、悪かった点を紹介しましたので、全体的な印象をまとめます。

 

安さ...やや良い
品ぞろえ...普通
品質...良い
サイトの使いやすさ...やや良い
お店の対応...良い
利便性...良い

 

全体的には、パーフェクトとまではいかないまでも、品質や部分的な安さで言えば高評価です。

 

魚と果物がやや残念な印象でしたが、全体的には良かったですよ。

 

また使うかどうかで言うと、「高い確率でまた使う」です。

 

 

 

 

 

では、「ネットスーパー」を実際に使ったメリット、デメリットは?

 

以前の記事

 

では、ネットスーパーのメリットデメリットを書きましたが、この記事で書いた「以外」に感じた点を紹介します。

 

ここで述べるのは、イオンに限らず、すべてのネットスーパーで共通して言える点になります。

 

 

 

 

単価を電卓で計算しながら買い物できる

 

管理人は計算があまり得意ではないため、いつも暗算が得意な彼に買い物に同行してもらい、買い物カゴに入れるたびに計算してもらっていました。

 

計算しながらでないと、予算オーバーしてしまうからです。

 

でも、どうしても一人で行かないといけないときは、「単価の計算」がぱっとできないのですよね。

 

たとえば、スライスチーズを購入するとき、

 

7枚入りで158円のチーズ

 

12枚入りで258円のチーズ

 

一枚あたりの価格がどちらが安いかって、電卓なしですぐに計算できないのです。(恥ずかしい...

 

正解は12枚入りの方がお得なのですが、こうした計算は暗算ができる人にとっては簡単でも、私のように計算が苦手だと難しいのではないでしょうか。

 

ネットスーパーだと、電卓片手にすぐ計算ができるので(電卓を叩くのは大得意)便利。

 

よりお得な方を比較しながら買い物できましたよ。 

 

 

 

 

数字を視覚で認識するため、無駄使いをしない意識が働く

 

実店舗での買い物だと「大体このくらいかな?」と、何となく計算しますが、ネットスーパーだと税込み価格の数字をダイレクトに見るため、かなり慎重な買い物につながります。

 

本当に無駄がないかをじっくり考えることができるため、普段の買い物より安く抑えることができました。

 

管理人が使っているスーパーは安くて優秀なので、全体的な価格面ではやっぱり実店舗の方が良かったですが、

 

それでもトータルでの買い物額はイオンネットスーパーを使ったことで、普段より1,000円ほど低く抑えることに成功。

 

やっぱり実店舗だと無駄使いしていたのだなぁと反省しました。

 

我が家は一週間に一回の買い物が基本なので、毎回1,000円節約できると、月の食費を4,000〜5,000円節約できることに。

 

年間だと5〜6万なので大きいですよね。

 

 

 

 

決済前にもう一度無駄や買い忘れがないかを確認できる

 

実店舗の場合、最初に買い物カゴに入れた商品は下の方に埋もれてしまうため、入店直後に買ったものを把握しにくく、購入を迷っても棚に戻しに行くのは面倒でもあるため、一度カゴに入れたものは大抵買ってしまいます。

 

ネットスーパーだと、レジに行く前にずらーっともう一度カゴの中身を確認できるため、

 

「やっぱりこれはやめよう。」

 

「これで1週間分の食材として足りるかな?」

 

とよく考えることができます。

 

無駄もないし、買い忘れもないため、一度の買い物でしっかり完結させることができると感じました。

 

 

 

 

 

レパートリーが増えた

 

管理人はいつも同じスーパーを使っていたので、大体購入するものが固定されていました。

 

「またこれかぁ。でも他に欲しいものないしなぁ。」といった感じで買うこともしばしば。

 

ネットスーパーを利用することで、普段見ない食材にも目が行きやすくなりメニューを工夫するようになったため、レパートリーも増えましたよ。

 

普段食卓に並ばないメニューをだすと、彼はやっぱり喜んでくれます。

 

 

 

 

検索機能がついているのでダイレクトに商品を探せる 

 

お店だと、どこの棚にあるのか探したり、店員さんに聞いたりが手間ですよね。

 

ネットスーパーだと検索機能を使って探せば一発なので、商品を探す時間が少ないのが良かったです。

 

やっぱりネットって素晴らしいですね。

 

 

 

 

ネットスーパーで本当に時短になった!

 

初めてイオンネットスーパーを使ったときは、ログインから買い物完了まで、最初に1時間くらいかかってしまいました。

 

最初なので慣れないのと、じっくり価格比較をしたかったからです。

 

ただ、これは慣れてくれば改善される問題なので、今後使ううちにお買い得商品も分かってくるとどんどん時短になります。

 

管理人は、これまで実店舗で買い物していた時間をネットスーパーにしたことで、こんなメリットができました。

 

・買い物に行くためのメイクや準備をする時間がまるまるなくなった

 

・買い物時間の短縮分を仕事時間に充てたから収入が増えた

 

・毎週土曜日に買い物に行かなくても良くなったため時間を自由に使えるようになった

 

 

 

 

ネットスーパーを使って感じたデメリットは?

 

ネットスーパーを使ってみて、想像以上に良かったので特別なデメリットはありませんが、しいて挙げるとすれば、今まで好きで購入していた商品が買えないことです。

 

スーパー自体を変えたので当たり前なのですがね。

 

管理人の場合は、刺身とチルドピザで、近所のスーパーで毎週買う「お気に入り」があったのですが、それがネットスーパーでは買えなかったのが残念でした。

 

この点は、ネットスーパーと近所のスーパーとを使い分けていこうと思います。

 

 

 

 

 

イオンネットスーパーはどうやって使うの?

 

イオンネットスーパーを使ったことがない方のために、使い方を簡単に説明します。

 

1.イオンスクエアメンバーに登録 

 

イオンネットスーパーを使うには、まず何より「イオンスクエアメンバー」に登録しないと始まりません。

 

「イオンスクエアメンバー 新規登録」で検索するとすぐ登録画面に行けますよ。

 

このとき、ポイントサイト経由で登録できる場合がありますので、利用しているポイントサイトでイオンスクエアメンバーの登録サービスがあるなら使ってみてください。

 

ポイントサイトのポイントが貯まります。

 

管理人が使っているハピタスは残念ながらできませんでした(ネットだとできるという情報もありましたが、今はないということかもしれません。)

 

 

 

 

2.買い物画面で「カートに入れる」を選択するだけ

 

買い物方法はいたって簡単で、商品画像のすぐ下に表示された「カートに入れる」を選択するだけです。

 

数量も「+」「−」で調整できますし、後で変更も可能です。

 

 

 

3.最終確認をして支払画面へ

 

好きな商品をカートに入れたら、中身をチェックして支払画面へ進みます。

 

少しだけ分かりにくいのは、クレジットカードで初めて決済する場合、カード番号の入力が買い物確定の後になることです。

 

「カード番号の入力→買い物確定」ではないので、「あれ?いつカード番号入力するのかな?」と一瞬思います。

 

最後にカード番号入力画面がでてくるので安心してください。

 

 

 

届けてもらうときのコツ

 

イオンネットスーパーで商品を届けてもらうときは基本的に玄関で受け取ることが多いと思いますが、(玄関先に置いておいてもらうサービスもあります。)

 

受け取るときは、玄関先に箱かなにかを置いておくことをおすすめします。

 

というのも、玄関で渡されるとき、何かのケースにドーンと入っているわけではなく、スーパーの買い物袋に入った状態で個別に渡されるのです。

 

肉や魚類はまとめて袋に入っていますが、他の単品購入したものは手渡しなので、「バケツリレー」状態です。

 

冷蔵庫まで一度に運べるように、買い物カゴや袋を用意しておくとスムーズかと思います。

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

今回は、イオンネットスーパーを使って良かった点、悪かった点を紹介しました。

 

どのスーパーでも同じですが、イオンネットスーパーでも、安いものと高いものがありますので、何回か使ってみて特徴を知ることが大切です。

 

管理人は、「週末忙しくて買い物に行く時間がなさそうな週」はイオンネットスーパーで、「ゆっくり買い物して好きな魚料理を堪能したい」ときは近所のお気に入りのスーパーで、使い分けています。

 

大体一週おきに交互で使っている感じですが、月トータルの食費を抑えることに成功しましたよ。

 

もし「使ってみたいけど迷っている。」という方は、試しに使ってみたとしても、食費を一回分イオンネットスーパーに充てるだけなので、大きく損することはないと考えてみてください。

 

やっぱり使ってみないと分からないことも多いですし、他のサービスと違って食材は必要経費なので無駄使いということにはならないです。

 

というわけで、以上、「イオンネットスーパーを節約と時短のために実際に使って感じた良かった点悪かった点」でした。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

おまけ:イオンネットスーパーはイオンカードがあればさらにお得

 

 

イオンネットスーパーの決済にイオンカードセレクト を使うことで、さらにポイントが貯まりお得に買い物できます。

 

感謝デーなども、イオンカードがあれば全品5%オフになります。

 

まだ持っていない方はイオンネットスーパーの利用とあわせて検討してみましょう。

 

↓イオンカードセレクトの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ↓

 

イオンネットスーパーを節約と時短のために実際に使って感じた良かった点悪かった点 関連ページ

野菜が買えない!献立が偏る!野菜高騰を乗り切る方法7選と代用品レシピ
スシローをお得に食べる方法。お金と時間を効率的に使って二度おいしい!
ネットスーパーのメリットとデメリットを検証。向き不向きを確認!
ネットスーパーで食品を買うのは本当にお得?金銭的メリットを徹底検証!
食品の値引き商品、買って得するモノ損するモノ。選び方のコツを紹介します!
業務用スーパーが食費の節約にならない9つの理由。節約初心者さんは要注意!
節約するならスーパーのはしごをやめるべき8つの理由。自己満足を回避!
節約中でも大満足なアボカドマグロとろろ丼レシピ。美味しいものが食べたいときに
フライパン代をケチり過ぎると節約にならない!節約効果の高い正しいフライパン選びとは
食費の家計管理はどうやっている?ざっくり家計簿のススメ
冷蔵庫の残り物レシピこれだけ覚えればあっという間ラクラク節約
食材の買い出しは計算しながらじゃないと予算オーバーしちゃうよの話
節約食材はダイエットにもなる!食費も減らせて美容代も浮くからお得
美味しい手土産は節約中でも買えるものを選ぼう。安くてお得感あるスイーツとは
安いお肉を柔らかくて高いお肉に変身させる方法
卵の白身を捨てるなんてもったいない!残ったらどうする?
ALL100円以下!家計を助ける節約食材ベスト10
クレープを買い食いしたくなったら家で作ってみると1人分の値段で4人分できちゃう
お餅は正月の残り物どころか積極的に活用したい食材。お餅の活用レシピと地方の食べ方を紹介
食べ放題好きな人が貯金できない5つの理由。「お得だから」行く人は注意ですよ!

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報