ネットスーパーのメリットとデメリットを検証。向き不向きを確認!

ネットスーパーのメリットとデメリットを検証。向き不向きを確認!


  ※この記事は2017/12/13に執筆しました。

 

ネットスーパーが随分浸透しましたね。

 

自宅まで届けてくれて楽であるほか、実は意外と節約になるといった声も多く、家計を助けてくれる可能性もあります。

 

管理人も毎週末の買い物が少し面倒に感じることがあり、ネットスーパーが気になっている今日この頃。

 

そこで、本当に利用価値が高いものなのかを考えてみました。

 

今回は、ネットスーパーのメリット、デメリットを紹介します。

 

 

 

 

 

 

※この記事で書いてあること

ネットスーパーのメリットは?節約効果以外に何があるの?
ネットスーパーデメリットは?実店舗の方がいいことも。
ネットスーパー利用に向いている人の特徴
ネットスーパー利用が向いていない人の特徴

 

 

 

 

ネットスーパーのメリットは?節約効果以外に何があるの?

 

まずは、ネットスーパーのメリットについて。

 

大きなメリットの1つの「金銭的メリット」があるかと思いますが、それについてはこちらの記事で書いています。

 

 

今回は、金銭的メリット「以外の」メリットを考えていきます。

 

 

 

 

買い物時間を大幅に短縮できる

 

お金と同様に大事なのが「時間」。

 

ネットスーパーはこれまでの買い物時間を大幅に短縮できます。

 

店舗までの移動時間、レジで並ぶ時間、外出準備の時間など。

 

仕事や家事育児に忙しい方にはメリットが大きいでしょう。

 

 

 

重くてかさばる食品を運ばなくていい

 

自宅まで宅配してくれるのはネットスーパーの大きなメリットですよね。

 

買い物に行くのは女性が多いでしょうから、たとえ車を使って買い物したとしても、玄関先まで運ぶのは大変です。

 

お米や水だけでなく、調味料や粉類、キャベツや大根、玉ねぎなどの野菜もけっこう重たいものです。

 

ちなみに、スーパーでの買い物くらいしか車を使っていなかった方もいますよね。

 

「買い物に行くときに車がないと行き帰りが大変。」という理由です。

 

この場合、ネットスーパーを利用することで車を手放すことも選択肢の1つに入ってきます。

 

車の維持費を考えると、手放すと大きな節約効果が期待できます。

 

 

 

 

悪天候時に外出しなくていい

 

ネットスーパーは悪天候時にも届けてくれます。

 

いつでも買い物に行ける人ならいいのですが、平日は夜遅くまで仕事をしていると、どうしても週末しか買い物チャンスがありません。

 

週末に悪天候だと、その日を避けるわけにもいきませんよね。

 

買い物袋に入っている野菜が濡れてしまうのも嫌ですから、玄関まで届けてくれるのは有り難いですね。

 

毎日のように雨が降る梅雨どきや、雪が降る地域などで暮らしている方もいいでしょう。

 

 

 

 

体調不良のときでも野菜などが食べられる

 

体調不良や疲れているときこそ、野菜やお肉などをしっかり食べることが大切です。

 

しかし、体調不良や疲れているときは、買い物自体に行きたくありませんよね。

 

家族にレトルト食品などを買ってきてもらったり、家にあるもので済ませてしまうことも多いはず。

 

ネットスーパーならパソコンやスマホで注文できるので、そのときの体調に合わせて食べたいものを注文することができます。

 

野菜やお肉もしっかり採ることができ、体調回復がはやまります。

 

 

 

 

子育て世代や介護中の方には利用価値が高い

 

時間はあるけど手が離せない家族がいる方にもメリットが大きいです。

 

新生児を育てている方や、自宅介護をしている方などがそうですね。

 

わたしの姉も子供が生まれたばかりでなかなか外出できないのでネットスーパーを使っています。

 

 

 

 

備考に入力すればわがままにも応じてくれる

 

ネットスーパーには「備考欄」「要望欄」といったものがあり、魚の下処理や梱包の希望などに応じてくれるお店もあります。

 

実店舗だと、店員さんが厨房に入ってしまったり忙しそうだったりすると声をかけるのがためらわれることがあります。

 

店員さんに声をかけるのが苦手な人見知りさんも、ネットで書くだけならできますね。

 

 

 

 

家計管理の効率化

 

ネットスーパーでクレジットカード決済にすれば明細を一括で管理することができスムーズ。

 

食品だけ現金購入という人も多いですが、ほぼ現金を使わない生活は慣れると非常に楽です。

 

クレジットカードのポイントもたまります。

 

 

 

 

ネットスーパーデメリットは?実店舗の方がいいことも。

 

 

さまざまなメリットがあるネットスーパーですが、デメリットもあります。

 

人によっては実店舗の買い物の方がいい場合があるため、トータルで見てどうかを考えてみましょう。

 

 

 

自分の目で見て選べない

 

「目利きができない」は、ネットスーパーの大きなデメリットです。

 

注文した食材は売り場のプロが選んでくれるわけですが、その人の腕を信じるしかないということですね。

 

実店舗だと自分の目で見て大きさや状態を確認しますが、ネットスーパーは届いたものにお金を払うしかありません。

 

中には状態の悪いものも。

 

ただ、売り場側も、状態の悪いものを敢えて選ぶことはしないはずです。

 

なぜなら、そんなことをしてもスーパーの評判が落ちるだけだからです。

 

評判が落ちれば従業員の給与に悪影響を与えないとも限りませんよね。

 

 

 

特売価格やタイムセールが適用されないことも

 

実店舗に行くと、その日限りの特売価格やタイムセールが実施されていることがあります。

 

ネットスーパーはこうした限定セールは対象外のことが多いため、お得感は減るかもしれません。

 

ただ、チラシ価格で販売するネットスーパーもありますし、そもそも「必要なものを買う」という基本に忠実に買い物すれば、さほど大きなデメリットとは言えないかもしれません。

 

特売だから買うというより、必要だから買うからです。

 

※関連記事

 

 

 

品揃えの点で実店舗に劣る

 

品揃えは実店舗の方が豊富な場合があります。

 

たとえば生鮮食品は日によって仕入れ状況が変わったりするため、「その日だけたまたま店頭に並ぶ」美味しそうな食材もありますよね。

 

ネットスーパーだとこうした食材を買うのがなかなか難しくなります。

 

ただ、イオンやイトーヨーカ堂で3万点の品ぞろえということですから、よほど特殊な料理を作るでもない限りは十分利用価値が高いと言えるでしょう。

 

 

 

 

パソコンやスマホが使える前提である

 

ネットスーパーは当然ながらネットで注文しますから、パソコンやスマホ、タブレットが使える前提です。

 

高齢の方でネットになじみがないという場合、操作方法を覚えるまでが大変でしょう。(というか、覚える気になれないかも。)

 

ネットが使える方にとっては何の問題もないはずです。

 

 

 

メンテナンス時に使えない

 

パソコンやスマホの操作方法は知っていても、ネットスーパー側の都合で注文できないことがあります。

 

メンテナンスの際や、注文が混みあう時間帯などにアクセスできないことが。

 

ネットスーパーに限らず、ネットの大きなデメリットですよね。

 

 

 

 

品切れの場合がある

 

品切れがあって注文できないことをデメリットだと感じる方もいます。

 

ただし、品切れは実店舗でも同じです。

 

管理人の近所のスーパーはもやし18円が人気すぎて午後に行くともうありません。

 

ネットだと品切れだと分かるけど、実店舗の場合は売り場にないから気づかないだけということもありますよね。

 

 

 

 

宅配待ちをする必要がある

 

ネットスーパーは自宅で受け取ることが基本。(一部宅配ロッカーなどもあります)

 

時間指定ができる場合でも、2〜3時間の幅はあるため、いつ配達されるかが分かりません。

 

育児中の場合、子供を寝かしつけた瞬間に玄関のチャイム音が鳴って子供が起きてしまうといった苦労も考えられます。

 

とはいえ、子供が小さい場合、買い物に連れて行くにしても大変なので、通常の買い物でも別の苦労がありますよね。

 

 

 

 

送料がかかる

 

ネットスーパーは送料があります。

 

送料無料にする場合はまとめ買いが前提となるため、こまめに買い物したい派はその都度送料がかかってしまうことになります。

 

ただし、5,000円以上買い物すれば送料無料になるお店が多いので、冷凍などをうまく使ってまとめ買いをするといった工夫が可能です。

 

二人以上の家庭で自炊を毎日するなら、送料無料のラインは比較的簡単にクリアできるでしょう。

 

 

 

 

 

ネットスーパー利用に向いている人の特徴

 

 

ネットスーパーには向き不向きがあります。

 

ここまでご紹介したメリット、デメリットを踏まえ、ネットスーパーに向いている人と向いていない人の特徴を解説します。

 

向いているタイプの特徴は、たとえば...

 

・子供が小さくて買い物が大変な人

 

・介護をしていてなかなか外出できない人

 

・重たい荷物を運べない女性やお年寄り

 

・仕事が忙しくて買い物に行く時間が取れない人

 

・体調が悪いとき

 

・日々の時間効率をアップさせたい人

 

など。

 

これ以外にもピンポイントで使ったり、実店舗と併用したりして使う方法もあります。

 

入会費用などはかからないことがほとんどなので1回使ってみるのは1つですね。

 

 

 

 

ネットスーパー利用が向いていない人の特徴

 

反対に、ネットスーパーに向いていないのは...

 

・外出することが多く留守がちな人

 

・自炊しない人

 

・買い物することが楽しみな人

 

・自分の目で選んだものしか信用できない人(食材へのこだわりが強い人)

 

・スーパーの値引き品が大好きな人

 

・まとめ買いをするほどではない人(一人暮らしとか)

 

など。

 

ネットスーパーは、節約効果や時短効果が期待できる一方で、生活スタイルや性格によってはあまり向きません。

 

自己分析も必要になりますね。

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

今回は、ネットスーパーのメリット、デメリットを紹介しました。

 

自身の生活スタイル、性格などまで含めて向き不向きを判断したいですね。

 

以上「ネットスーパーのメリットとデメリットを検証。向き不向きを確認!」でした!

 

 

 

ネットスーパーのメリットとデメリットを検証。向き不向きを確認! 関連ページ

野菜が買えない!献立が偏る!野菜高騰を乗り切る方法7選と代用品レシピ
スシローをお得に食べる方法。お金と時間を効率的に使って二度おいしい!
イオンネットスーパーを節約と時短のために実際に使って感じた良かった点悪かった点
ネットスーパーで食品を買うのは本当にお得?金銭的メリットを徹底検証!
食品の値引き商品、買って得するモノ損するモノ。選び方のコツを紹介します!
業務用スーパーが食費の節約にならない9つの理由。節約初心者さんは要注意!
節約するならスーパーのはしごをやめるべき8つの理由。自己満足を回避!
節約中でも大満足なアボカドマグロとろろ丼レシピ。美味しいものが食べたいときに
フライパン代をケチり過ぎると節約にならない!節約効果の高い正しいフライパン選びとは
食費の家計管理はどうやっている?ざっくり家計簿のススメ
冷蔵庫の残り物レシピこれだけ覚えればあっという間ラクラク節約
食材の買い出しは計算しながらじゃないと予算オーバーしちゃうよの話
節約食材はダイエットにもなる!食費も減らせて美容代も浮くからお得
美味しい手土産は節約中でも買えるものを選ぼう。安くてお得感あるスイーツとは
安いお肉を柔らかくて高いお肉に変身させる方法
卵の白身を捨てるなんてもったいない!残ったらどうする?
ALL100円以下!家計を助ける節約食材ベスト10
クレープを買い食いしたくなったら家で作ってみると1人分の値段で4人分できちゃう
お餅は正月の残り物どころか積極的に活用したい食材。お餅の活用レシピと地方の食べ方を紹介
食べ放題好きな人が貯金できない5つの理由。「お得だから」行く人は注意ですよ!

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報