有給?無給?生理休暇を取得する女性が少ない理由

有給?無給?生理休暇を取得する女性が少ない理由

 

 

女性ならわかる生理の辛さ。毎月くるその辛い時期でも、男性と同じように仕事をする...。

 

これって本当に大変なことです。

 

そこで設けられたのが「生理休暇」。

 

聞いたことがあるという方も多いと思います。

 

でも、実際に取得する人は多くないのです。なぜなのでしょうか?

 

というわけで今回は、生理休暇を取得する女性が少ない理由について解説していきます。

 

 

 

 

 

 

生理休暇はちゃんと法律で認められた休暇です

 

勘違いしている方も多いのですが、生理休暇は会社や周りの同僚の温情で自由に作られたものではなく、

 

きちんと法律で認められた休暇です。

 

労働基準法という、労働者を守るための法律があるのですが、その中でも

 

使用者は、生理日の就業が著しく困難な女性が休暇を請求したときは、その者を生理日に就業させてはならない”(労働基準法第68条)

 

と、明記してあります。これが通称生理休暇と呼ばれる根拠条文です。

 

生理休暇を請求したいという女性に対して、「は?そんなものうちの会社にはない!」と言ってはいけないんですね。

 

いまだにこんな社長さんがいるので注意が必要です。

 

 

 

あくまでも請求が先にあるが、有給か無給かは会社の自由

 

 

条文にも「女性が休暇を請求したときは」とあるように、女性の請求がなければ発生しない休暇になります。

 

その代わり、請求されれば会社は拒めないということですね。

 

勝手に、「有休が残っているから有休に変更しておく」とはできないんです。(本人の希望であればもちろん可能です。)

 

そしてこちらも勘違いされがちなのですが、有給か無給かは会社が決めることができます。

 

その都度自由に決めれるのではなく、就業規則という会社の法律であらかじめ決めておく必要があります。

 

生理休暇を取得したはずなのに給料に反映されていない!という方は、就業規則を確認してみてください。

 

生理休暇が無給と定められている場合は、生理休暇ではなく有休休暇を取得する方がメリットがある場合もあります。

 

 

 

 

実際のところ、実に取りづらい生理休暇

 

実際に生理休暇を取得する女性はそれほど多くありません。

 

理由としては次のことなどが考えられます。

 

1.無給の場合は有休休暇が残っていればそちらを取得した方がいい

 

2.男性の上司に言いにくい

 

3.毎月のことなのでその都度生理休暇を取得するのは気がひけるから我慢する

 

 

1の場合は労働者が選択すれば良いと思うのでいいのですが、2と3の場合は、職場環境的に我慢せざるを得ないということになるので、理解のある上司や周囲だといいなと思いますね。

 

実際のところ、男性の上司でなくても女性の理解がない職場もあります。

 

生理痛は個人差がありますので、女性であっても辛さを理解できないことがありますから。

 

生理休暇を取得した女性のことを陰で「また生理休暇取っている...。」と言っていた女性もいました。

 

 

個人的には、生理が非常に重い人間なので、こうした陰口を聞くと辛いですね。

 

こうした経験もあり、生理休暇を取得したことはなく、どうしても辛いときは有給休暇を使っていました。


 

 

 

生理休暇を乱用する女性も中にはいる

 

生理休暇を取得する多くの女性が本当に生理痛に苦しんでいる人です。

 

しかし中には、生理休暇が有給なのをいいことに、生理でもないのに生理休暇を請求する人がいるようです。

 

生理かどうかは自己申告ですし、調べるわけにもいかないので、判断がつかないことではありますが。

 

これは難しい問題だと思うのですが、こういう人がいる限りは生理休暇の取りづらさはなくならないと思います。

 

生理休暇って、モラルの元成り立っているものなんだと実感しています。

 

 

 

 

生理が辛い人は就業規則の確認から

 

 

毎月の生理が辛いという方は、精神的にも憂鬱になりやすいので生理休暇について就業規則を確認しておくことをおすすめします。

 

有給か無給か調べておくだけでも、いざというときにどちらを選択するべきか分かって安心感につながります。

 

ただ、残念ながら生理休暇の取得に関しては理解が薄いのが実情なので、普段の仕事の中で周囲としっかりと人間関係を築きあげておくことが大切です。

 

女性社員には、自分の生理がきついということをそれとなく伝えておくと良いと思います。

 

 

 

 

最後に

 

法律で認められている生理休暇。

 

実際には取得しにくい面が大きいとは思いますが、当然の権利として認められているものですから是非知っておきましょう。

 

女性の生理は本当に辛いので、我慢することなく取得できる環境が必要ですし、女性の方も常識を持って取得を請求することが大切ですね。

 

以上「生理休暇を取得する女性が少ない理由」でした!


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報