国民健康保険料はどう決まる?社会保険みたいに4〜6月給与は関係ないから注意

国民健康保険料はどう決まる?社会保険みたいに4〜6月給与は関係ないから注意

 

 

社会保険から国民健康保険に切り替わると、会社員時代の認識が通じず驚くということがあります。

 

その中で今回解説していくのは、国民健康保険料の決定方法についてです。

 

社会保険も国民健康保険も公的制度なのでごちゃ混ぜにしがちですが、整理して覚えてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

会社員の社会保険料は4〜6月の給与で決まる

 

まずは会社の社会保険の基礎知識についておさらいです。

 

会社員として社会保険に加入しているとこんな話を聞いたことはありませんか?

 

「4月〜6月の給与によってその年の社会保険料が決まる。」

 

これは確かにその通りです。

 

サラリーマンやOLなど、会社勤めをしている人たちは、毎月保険料が変わるのではなくて、4月〜6月の給与によって1年間の保険料が決められます。

 

このことを「定時決定」と言います。

 

以下は定時決定の概要で、日本年金機構のHPからの引用です。

 

被保険者の実際の報酬と標準報酬月額との間に大きな差が生じないように、事業主は、7月1日現在で使用している全被保険者の3か月間(4〜6月)の報酬月額を算定基礎届により届出し、厚生労働大臣は、この届出内容に基づき毎年1回、標準報酬月額を決定し直します。

 

これを定時決定といいます。

 

決定し直された標準報酬月額は、9月から翌年8月までの各月に適用されます。

参照元:日本年金機構HP

 

「標準報酬月額」というのは、従業員がもらう給与を一定の幅ごとに分けたもので、保険料を計算するときのモトになるものです。

 

定時決定についての詳しい話はまた別の機会に行うとして、

 

「会社勤めをしていると、社会保険料は4〜6月の給与によって決まる」

 

ということがご理解いただければ大丈夫です。

 

細かく言うと随時決定や取得時決定など例外があるのですが、今回は通常の決定方法を説明させていただきますね。

 

 

 

 

国民健康保険も4〜6月の収入で決まるのか?

 

 

で、今回は国民健康保険の保険料の算定方法についてなのですが、会社勤めをしていたときの感覚が身についているとこんな風に考えます。

 

国民健康保険の保険料も4〜6月の収入で決まるんだよね

 

3月に退職して4月から無収入だから健康保険料も安くなるよね

 

この勘違いがけっこう痛い目にあう要因なので、まずはこう思っておいてください。

 

「会社勤めをしていたときの保険と、退職した後の保険は、そもそも制度が違う」

 

ですから、国民健康保険の保険料は4〜6月の収入とか関係ありませんし、特に退職したばかりは注意が必要です。

 

 

 

 

 

国民健康保険の保険料はどうやって決まる?

 

国民健康保険の保険料は、4月から翌年3月までの1年分について、前年の1月から12月までの所得をもとに計算されます。

 

ですから、2017年3月に会社を辞めた人が、無職になってから払うのは、2016年1〜12月の所得をもとに計算された保険料になります。

 

先ほどの「3月に退職して4月から無収入だから4月からの健康保険料も安くなるよね」は大きな間違いで、バリバリ会社員勤めをしていた頃の所得をもとに計算された保険料を支払うことになります。

 

なので「なんで無収入なのにこんなバカ高い保険料を払わなければならないんだ!」と思っても仕方がないことだとお分かりいただけると思います。

 

以前の記事

国民健康保険と任意継続保険、どちらが得?退職予定がある人は早めに確認を

でも国民健康保険の保険料の計算方法について触れているのでご覧ください。

 

ちなみに国保の保険料には条件つきで軽減できる方法もありますのでまた別の機会にご紹介していきます。

 

 

 

 

国民健康保険の保険料納付書はいつぐらいに届く?

 

 

退職したばかりで、国民健康保険料の支払はいつどうやってすれば良いのかと不安に感じている方もいると思います。

 

結論から言うと、待っていればちゃんと納付書が届きますから心配しなくて大丈夫です。

 

(もちろん、国民健康保険に加入する手続きを済ませてあることが前提ですが。)

 

私も不安になって区役所に確認したことがありますが、3月末退職で8月中旬に最初の納付書が届きました。

 

前年の所得で計算されていますし、1年分を8期で支払うよう計算されていたので、会社員時代の保険料と比べて高く感じ、驚いたのを覚えています。

 

ただ、この納付書が届くタイミングは自治体によって異なります。

 

なぜなら国民健康保険料は、各自治体が運営元だからです。

 

退職した次の年など、継続して国民健康保険に入っている場合の納付書が届く時期も自治体によります。

 

私が住んでいる自治体では毎年6月ぐらいが送付時期ですが、自治体によって5月とか7月とかあります。

 

何期に分けて納付するなどの納付方法も自治体ごとです。

 

例えば

 

・4〜6月は予定額で納付しておき、正式に保険料が決まった7月以降の保険料で過不足を調整する自治体

 

・正式に保険料が決まってから納付書を作成して送付する自治体

 

など。

 

なので、国民健康保険料について分からないことがあったら、まっさきにお住まいの地区の区役所など、国民健康保険担当窓口に電話しましょう。

 

ネット上で全国の人に聞くより早いし確実です。

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

まとめると

 

社会保険と国民健康保険はそもそも制度が違うので算定方法が異なる

 

国民健康保険料は前年の1〜12月分の所得を元に算定される

 

会社を辞めた直後は国民健康保険料が高くてもびっくりしないこと

 

納付書の送付時期や納付方法は自治体によって異なるから不明点は自治体に聞くべし

 

以上、「国民健康保険料はどう決まる?社会保険みたいに4〜6月収入は関係ないから注意」でした!

 

「へー、そうだったんだ!」と思っていただけたら幸いです。


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報