パートの掛け持ち、社会保険はどうなるの?加入の要件や手続き先、保険証など疑問を解説

パートの掛け持ち、社会保険はどうなるの?加入の要件や手続き先、保険証など疑問を解説


 ※この記事は2017/11/4に執筆しました。

 

先日、知り合いの女の子から電話がかかってきまして、こんな質問を受けました。

 

「仕事を掛け持ちするつもりなのですが社会保険ってどうなりますか?」

 

話を聞くと昼間に新聞屋の営業をやって、土日と夜で工場の仕事をするらしい(というかすでに始めている)のですが、社会保険はどうなるのでしょうか。

 

というわけで今回は、仕事を掛け持ちした場合の社会保険の加入要件や社会保険料などがどうなるのかを解説します。

 

 

 

 

※この記事で書いてあること

 

まずは確認。パートの社会保険加入要件とは?
パートの掛け持ちした場合の社会保険、どんなケースが考えられる?
2つの会社どちらも社会保険の加入要件を満たしていない場合
1つの会社で社会保険の加入要件を満たし、もう1つの会社では満たしていない場合
【ひとやすみコラム:社会保険範囲の拡大でパート掛け持ち者にどんな影響が?】
2つの会社で社会保険の加入要件を満たしている(疑問ごとに解説)

 

 

 

 

まずは確認。パートの社会保険加入要件とは?

 

まずはパートの社会保険加入要件について確認しましょう。

 

社会保険の加入は平成28年10月、平成29年4月からそれぞれ要件の拡大がありました。

 

現在パートでお勤めの方でも、入社当初とは要件が変わっている可能性もあります。

 

常に現在の加入要件はチェックしましょう。

 

平成29年11月現在の社会保険は、下記5つのすべての要件を満たす方にまで範囲が広がっています。

 

1.1週間あたりの決まった労働時間が20時間以上であること

 

2.1ヶ月あたりの決まった賃金が88,000円以上であること

 

3.1年以上の雇用期間が見込まれること

 

4.学生でないこと

 

5.従業員数が501人以上の会社で働いていること
※500人以下の会社でも社会保険加入について労使合意がなされていれば対象になります。

 

「従業員数が500人以上なんて大企業だよね。そんな大きな会社で働いていないよ。」という方は

 

1週の所定労働時間および1ヶ月の所定労働日数が常時雇用者の3/4以上

 

です。

 

従来は「1日」の所定労働時間も算定基準に含まれていましたが、現在は週と月で判断します。

 

さらに、「おおむね3/4以上」という曖昧だったものが、「3/4以上」と明確化されました。

 

参照:厚生労働省HP

 

 

 

 

 

パートの掛け持ちした場合の社会保険、どんなケースが考えられる?

 

パートの掛け持ちした場合の社会保険は、下記のケースによって取り扱いが異なります。

 

2つの会社どちらも社会保険の加入要件を満たしていない

 

1つの会社で社会保険の加入要件を満たし、もう1つの会社では満たしていない

 

2つの会社で社会保険の加入要件を満たしている

 

まずは、さきほど紹介したパートの加入要件に照らし合わせ、ご自身がどのケースになるかを確認しましょう。

 

 

 

 

 

2つの会社どちらも社会保険の加入要件を満たしていない場合

 

 

ここからは、ケースごとに社会保険がどうなるかを解説します。

 

まずは、2つの会社どちらも社会保険の加入要件を満たしていない場合。

 

たとえば

 

A社 週10時間勤務 月の賃金60,000円

 

B社 週15時間勤務 月の賃金65,000円

 

のケース。

 

この場合は、A社B社で社会保険加入要件を満たしていないので、どちらでも加入しません。

 

2社に限らず、C社も掛け持ちとなった場合でも、C社で要件を満たさなければ加入しません。

 

自分で社会保険に加入しないということは、配偶者の扶養に入れるということ?

 

いえいえ、社会保険の扶養要件には主に年収130万円未満の壁があります。

 

この場合だと年収130万円以上となり扶養にも入れなくなります。

 

少し前までは、2つの会社の合算で年収130万円以上の場合でも、会社に「どちらも扶養範囲内で働いています。」などと言ってごまかし、扶養にはいってしまうなんてケースもありました。

 

本当は国民健康保険や国民年金を払わないといけないのに、実際には会社の社会保険の方で収入を把握しきれず、入れてしまうこともあったのです。

 

しかし現在はマイナンバー制度が始まっていて、個人の収入をごまかすことはできないと思っておいた方がいいです。

 

パートの掛け持ちでバリバリ働いて扶養要件を満たさなくなれば、自分で国民健康保険と国民年金保険料を支払うことになります。

 

参照:日本年金機構

 

 

 

 

 

1つの会社で社会保険の加入要件を満たし、もう1つの会社では満たしていない場合

 

次は、2つのパートを掛け持ちしており、片方だけで加入要件を満たしているケース。

 

この場合は、社会保険の加入要件を満たしている方の会社で、社会保険に加入します。

 

たとえば

 

A社 週20時間 月額賃金 90,000円

 

B社 週10時間 月額賃金 40,000円

 

B社での勤務は、社会保険上は存在しない扱いになります。

 

ほんとの副業みたいな感じですね。

 

A社で社会保険に入るので、当然ながら配偶者の扶養には入りません。

 

毎月のA社の給与から健康保険料も厚生年金保険料も引かれることになります。

 

 

 

 

【ひとやすみコラム:社会保険範囲の拡大でパート掛け持ち者にどんな影響が?】

 

平成28年の改正前は、パートの掛け持ちで2つ以上の会社で社会保険の加入要件を満たすことは、かなりレアケースでした。

 

社会保険の加入要件として「1日または1週間の所定労働時間及び1か月の所定労働日数が通常の社員のおおむね4分の3以上」があったからです。

 

たとえば週30時間の働き方を2つの会社で同時におこなうって、相当ハードですよね。

 

単純な労働時間だけでなく、掛け持ちだから移動時間もあります。

 

ほとんど休みなく働いているような人しか「2つ以上で社会保険加入を満たす要件に該当しなかったのです。

 

しかし、社会保険の加入要件が拡大されたことで、2つの会社で社会保険加入を満たす人が増えました。

 

それぞれの会社で1週間20時間ずつなら2つあわせて40時間だし、パートで月176,000円以上(88,000円×2箇所)人も、います。

 

とはいえ、従業員数500人以上の会社という要件もあるため(労使合意で500人以下と言っても、社会保険料は会社負担が発生するため、会社側が乗り気にならないかも。)まだまだ少ないと言えるでしょう。

 

 

 

 

2つの会社で社会保険の加入要件を満たしている(疑問ごとに解説)

 

 

さて、一番厄介なのは2つの会社で社会保険の加入要件を満たしているケースです。

 

厄介というのは、本人的にも会社の事務担当者にとっても、「手続きが面倒」だからです。

 

この場合、社会保険は二重加入となり、2つの会社で適用になります。

 

二重加入になると、気になる点がいくつかあると思いますので、それぞれの疑問ごとに解説します。

 

 

 

 

手続きは両方の会社でするの?

 

まずは手続きについて。

 

2つの会社で社会保険の加入要件を満たす場合は、自分でどちらの会社で手続きしてもらうかを選びます。

 

そして、年金事務所または健康保険組合に

 

「健康保険・厚生年金保険 所属選択・二以上事業所勤務届」

 

という書類を提出します。

 

実際には、会社の事務担当者に相談して手続きしてもらうことになります。

 

参照:日本年金機構

 

 

 

 

社会保険料はどうなるの?

 

社会保険料の計算は、事務担当者にやってもらわなくてはなりません。

 

複数の掛け持ち先で得ている報酬を合算して算出した保険料を、それぞれの会社の報酬月額で「按分」します。

 

たとえば、A社で15万、B社で10万円の報酬をもらっていた場合。

 

合計25万円をもとに保険料が決定され、それが3万円だったとしましょう。

 

A社とB社の報酬は3:2の割合なので、保険料もその割合にします。

 

A社では18,000円、B社では12,000円になります。

 

それぞれの会社の給与から保険料が引かれることになります。

 

結局は、それぞれの会社の事務担当者に報告、相談することになるわけですね。

 

 

 

 

健康保険証は2枚あるのか?

 

2つの会社で社会保険の要件を満たしても健康保険証は1枚のみです。

 

さきほど選んだ、「メインで手続きしてくれる会社」から保険証を発行してもらうことになります。

 

 

 

 

今までは1つの会社で適用だったけど、もう1つの会社でも適用になった場合

 

A社のみで社会保険に加入しており、B社では適用外だった、でも、働き方や要件変更によってB社でも適用になってしまうことがあります。

 

この場合、A社で健康保険証をもらっていたはずですが、2つ以上で適用になったことで、保険証番号が変わります。

 

たとえA社を選択して手続きをおこなってもらうとしても、いったん保険証を返して、また発行してもらうという手間が発生します。

 

 

 

 

パートの掛け持ちで2つ以上の会社で社会保険に加入するのは損?

 

ここまでご紹介したように、パートの掛け持ちで2つ以上の会社で社会保険に加入するのは少々面倒ですが、社会保険料が損するとか、そういったことはありません。

 

単純に総務課に報告する手間があるくらいです。

 

とはいえ、掛け持ちする場合でも、できれば1つの方では加入要件に満たない働き方をされる方が無難。

 

さらに言えば、掛け持ちする時間と体力があるなら、1つの会社でがっつり働いた方がいいかもしれません。

 

理由は、「本当はもらえるはずの残業代がもらえなくなる可能性がある」からです。

 

詳細はこちらの記事で解説しています。

 

また、お金が欲しいなら、パートの掛け持ちではなく、パートと雇用されない働き方の掛け持ちがおすすめです。

 

たとえばパートをやりながら、

 

ブログ収入を得る

 

得意な手作りの品をネットで販売する

 

ランサーズクラウドワークスなどのクラウドソーシングでパソコンを使ったお仕事をする

 

ココナラ などのモノを売らないフリーマーケットでスキルや知識を売る

 

といった方法があります。

 

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

今回は、パートを掛け持ちした場合の社会保険がどうなるのかのお話でした。

 

パートの掛け持ちを検討されている方、すでに掛け持ちしていて社会保険がどうなっているのか知りたい方は参考にしてみてくださいね。

 

以上「パートの掛け持ち、社会保険はどうなるの?加入の要件や手続き先、保険証など疑問を解説」でした!

パートの掛け持ち、社会保険はどうなるの?加入の要件や手続き先、保険証など疑問を解説 関連ページ

「夫の扶養に入る」は2種類あるって知ってる?税扶養と社会保険扶養の違いを解説!
退職した後にも「傷病手当金」がもらえる!制度の概要と注意点を解説
パートの掛け持ちは残業代がもらえず損だからしない方がいい?理由や実態を解説
厚生年金保険料率の段階的引き上げの話。平成29年度で一区切りだよ
4〜6月に働き過ぎると社会保険料が高くなるのは間違いです!無駄なことしないでね
国民健康保険料はどう決まる?社会保険みたいに4〜6月給与は関係ないから注意
離婚しても旦那の年金半分もらえるんでしょ?と安心している人は注意
残業代は正しく計算されている?覚えておきたい端数の計算方法
会社をやめるときに気を付けたいお金の話。最後の月の給与はほとんど手元に残らないよ!
国民年金保険料を何とか安く払いたい!おすすめの支払方法とは
子供がいて離婚が決まったら真っ先にするべきこと
サラリーマンの妻が一番お得?社会保険料がゼロでも年金がもらえるカラクリとは?
再就職までの命綱、解雇予告手当とは?
失業手当の申請は退職前の準備が大切。退職から実際の支給開始までの流れとは?
国民健康保険と任意継続保険、どちらが得?退職予定がある人は早めに確認を
有給?無給?生理休暇を取得する女性が少ない理由

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報