やさしい社会保険と労働基準法の話。お金のことは覚えておこう

 

 

このコーナーでは、社会保険や労働関係の制度や法律について、これまでの経験や知識を活かして説明していきます。

 

経験や知識の根拠となるものは

 

一般企業で総務、労務実務を10年以上行ってきた経験
会社を退職して自分で手続きを行った経験
社会保険労務士試験などの勉強で得た知識

 

です。※所有資格などについてはプロフィールをご覧ください。

 

参考にしているのも、厚労省やハローワークなどの公的機関、専門家のサイトのみで、信憑性を確認した上で参照元としています。

 

できる限り専門用語を使わずかみ砕いて説明し、役に立つ知識としてご提供することを目指していますので、ぜひご覧ください。

やさしい社会保険と労働基準法の話。お金のことは覚えておこう記事一覧

「夫の扶養に入る」は2種類あるって知ってる?税扶養と社会保険扶養の違いを解説!

※この記事は2017/12/11に執筆しました。夫が正社員として働き、妻はパートとして家計を支える。このケースの家庭は非常に多いのではないでしょうか。ここで問題になるのが「夫の扶養に入るかどうか」。「夫の扶養に入る」ってよく聞く言葉ですが、実はよく分かっていない人も多いと感じています。事務職として...

≫続きを読む

退職した後にも「傷病手当金」がもらえる!制度の概要と注意点を解説

※この記事は2017/12/9に執筆しました。ケガや病気で働けなくなったとき、会社員なら「傷病手当金」という制度があります。健康保険からお金をもらいながら会社員としての身分を存続できる有り難い制度ですが、実は退職後にも引き続きもらえることができるのです。今回は、いざというときのために知っておきたい...

≫続きを読む

パートの掛け持ちは残業代がもらえず損だからしない方がいい?理由や実態を解説

 ※この記事は2017/11/5に執筆しました。今回は、パートの掛け持ちをされている方の「残業代」についてのお話です。※こちらの記事パートの掛け持ち、社会保険はどうなるの?加入の要件や手続き先、保険証など疑問を解説では、パートの掛け持ちで2つ以上の会社で働いた場合の社会保険の加入要件などについて紹介...

≫続きを読む

パートの掛け持ち、社会保険はどうなるの?加入の要件や手続き先、保険証など疑問を解...

 ※この記事は2017/11/4に執筆しました。先日、知り合いの女の子から電話がかかってきまして、こんな質問を受けました。「仕事を掛け持ちするつもりなのですが社会保険ってどうなりますか?」話を聞くと昼間に新聞屋の営業をやって、土日と夜で工場の仕事をするらしい(というかすでに始めている)のですが、社会...

≫続きを読む

厚生年金保険料率の段階的引き上げの話。平成29年度で一区切りだよ

  ※この記事は2017/9/27に執筆しました。先日、知人からこんな質問を受けました。「知り合いから聞かれたんだけど、厚生年金って上がるんだよね?いつからいくらあがるの?」いろいろナゾが多い質問ですが、どうやら厚生年金の、「保険料率」の段階的引き上げについての話題を、何かで見聞きしたようです。とい...

≫続きを読む

4〜6月に働き過ぎると社会保険料が高くなるのは間違いです!無駄なことしないでね

4〜6月に残業すると社会保険料が高くなるという噂を聞いたことがありませんか?ネットでもこのまんまのことが書かれているので少し注意です。結論から言います。これ、違ってますよ!正確に理解しておかないと無駄なことしてしまうので、ちゃんと覚えておきましょう。噂の根拠を「定時決定」といいますまずはこの噂の根拠...

≫続きを読む

国民健康保険料はどう決まる?社会保険みたいに4〜6月給与は関係ないから注意

社会保険から国民健康保険に切り替わると、会社員時代の認識が通じず驚くということがあります。その中で今回解説していくのは、国民健康保険料の決定方法についてです。社会保険も国民健康保険も公的制度なのでごちゃ混ぜにしがちですが、整理して覚えてみてくださいね。会社員の社会保険料は4〜6月の給与で決まるまずは...

≫続きを読む

離婚しても旦那の年金半分もらえるんでしょ?と安心している人は注意

離婚時年金分割制度は離婚した場合の年金を分割できるという制度で、合意分割と3号分割と呼ばれるものがあります。※離婚時年金分割制度については日本年金機構、厚労省HPをご覧ください。日本年金機構HP厚生労働省HP社労士の受験生を悩ますわかりにくい制度でもあって、一般の人がすべてを理解するには難易度が高い...

≫続きを読む

残業代は正しく計算されている?覚えておきたい端数の計算方法

今回は、給与計算のお話なのですが、皆さん残業代の計算方法は把握されていますか?割増賃金の計算ぐらいはできるよという方でも、意外と「端数」については何が正しいのか分からないという方がいます。頑張って残業したつもりなのに残業代が少ない気がする...そう感じたらタイムカードと給与明細で確認することが大切で...

≫続きを読む

会社をやめるときに気を付けたいお金の話。最後の月の給与はほとんど手元に残らないよ...

会社をやめようとお考えの方、会社をやめるときにこれだけは肝に免じてください。それは、「最後の月のお給料はあまり残らない」ということです。今回は、その理由についてご紹介していきます。ぜひ知らなかったなんてことのないようにしたいですね。理由1.住民税が大きくのしかかるから住民税は、かなり注意が必要です。...

≫続きを読む

国民年金保険料を何とか安く払いたい!おすすめの支払方法とは

自営業やフリーランスの方は会社勤めの方と違って国民年金保険料を自分自身で納める必要がありますが、金額の高さがネックですよね。そこで今回は、国民年金保険料を安くお得に払える方法をご紹介します。国民年金保険料っていくら?国民年金保険料の金額は、毎年度若干金額が異なります。計算の元になる基本額は段階的に値...

≫続きを読む

子供がいて離婚が決まったら真っ先にするべきこと

※この記事は2017/6/1に加筆・修正しています。今や離婚は珍しくない時代です。お子さんがいて離婚というケースもよくあることではあります。もしあなたがお子さんの親権を獲得し、元旦那と極力距離を置きたいと思うのであれば、離婚が決まったらすぐにやってほしいことがあります。もちろん、やらなければいけない...

≫続きを読む

サラリーマンの妻が一番お得?社会保険料がゼロでも年金がもらえるカラクリとは?

サラリーマンの妻で旦那の扶養に入っている方。実はこの立場の方が社会保険的には一番お得です。同じ妻という立場でも自営業者の妻や正社員で共働きの妻と比べてもその差は歴然。一体どういうことなのでしょうか?第3号被保険者とは?社会保険では、その立場や年齢によって下記のように名前がついています。第1号被保険者...

≫続きを読む

再就職までの命綱、解雇予告手当とは?

一生今の会社で働くつもりだったのに、もし自分が突然解雇の対象になったらどうしますか?今は大企業だって倒産、合併、吸収等何が起きるか分からない時代です。絶対にないことだとは限りませんよね。いざというときのために知っておくことで、不当な扱いを受けたときに主張することができます。というわけで今回は解雇予告...

≫続きを読む

失業手当の申請は退職前の準備が大切。退職から実際の支給開始までの流れとは?

退職したあとにいわゆる失業手当をもらうという人は、実は退職前に色々と準備しておくと退職後すぐに手続きに行けてスムーズです。そして退職後すぐに失業手当がもらえるわけではないという点も注意です。というわけで今回は、失業手当をもらうために退職前に準備しておきたいことから、実際の支給開始までの流れについてお...

≫続きを読む

国民健康保険と任意継続保険、どちらが得?退職予定がある人は早めに確認を

「国民健康保険と任意継続、どちらが得ですか?」この質問はお勤め先を退職される方からよく聞かれる質問です。今回はこの質問についてできる限りかみ砕いてお答えしていこうと思います。国民健康保険料は自治体によって異なるまず、国民健康保険料の計算方法について簡単に解説します。国民健康保険、いわゆる国保(こくほ...

≫続きを読む

有給?無給?生理休暇を取得する女性が少ない理由

女性ならわかる生理の辛さ。毎月くるその辛い時期でも、男性と同じように仕事をする...。これって本当に大変なことです。そこで設けられたのが「生理休暇」。聞いたことがあるという方も多いと思います。でも、実際に取得する人は多くないのです。なぜなのでしょうか?というわけで今回は、生理休暇を取得する女性が少な...

≫続きを読む


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報