生命保険を賢くお得に利用する方法

生命保険を友人・知人のツテで入るべきではない理由。勧誘されたときの上手な断り方もご紹介

 

 

生命保険会社には営業担当がいて、それが友人や知り合いだったというケースは多いです。

 

保険加入を頼まれたことがあるという人もいるのではないでしょうか?

 

しかし、友人・知人のツテで入ることはリスクが高いのでおすすめしません。

 

というわけで今回は、生命保険に友人・知人のツテで入るべきではない理由についてお話していきます。

 

 

 

 

知り合いのツテで入るべきではないと感じたきっかけ

 

まずは私が「友人・知人のツテで生保に加入すべきではない。」と感じるようになったきっかけをお話させていただきます。

 

私の場合、たまたま加入していた生命保険の担当の方が亡くなってしまって別の担当の人が来たら、それが偶然にも知り合いだったということがありました。

 

そろそろ保険見直しを行おうと考えていた時期だったのですが、知り合いが担当になったことで変えにくいと感じてしまったことは事実です。

 

その営業担当の人はプライベートを知るほど仲がいいわけではなかったのですが、共通の友人がいたりして邪険にもできないという距離感でした。

 

ですが本人とは直接親しくはないので、勤務先を知られたり、同じ保険に入っている親に会われたりしたこともとても嫌でした

 

もちろん営業担当変更に関してはその人にとっても予想外のことなのでしょうが。

 

元々プライベートでは連絡先を交換していなかったのに、生保営業として電話をかけてきて個人的な話をしてきたりされるのも苦痛で...。

 

近々契約満了期がくるのでそれを機に別の保険会社にする予定ですが、こんなことをきっかけにして「やっぱり営業担当が知り合いって嫌かもな。」としみじみと感じたというわけです。

 

 

 

 

友人や知り合いのツテで生命保険に加入することのリスク

 

 

では、生命保険を友人や知人に頼まれて入ることにどんなデメリットがあるのかについてご紹介していきます。

 

生命保険の見直し時に解約しにくい

 

生命保険は一度入って終わりではなく、ライフステージに合わせてその都度見直しを行っていくのが基本です。

 

そしてときには、生命保険会社そのものを変えるということもあります。

 

特に最近はネット生保など安くて補償がしっかりしている優秀な生命保険も続々と登場していますから、同じ生命保険に入り続けて不要なお金を払い続けるということは、資産形成の観点からすると好ましくないと言えます。

 

友人や知り合いの営業担当を経由して生命保険に入る場合は、まずここがデメリットになります。

 

つまり

「いざ生命保険の見直しで解約するときにとてもしにくい」

 

「本当は解約して安い生保に変えたいけど担当が友人だから遠慮して変えられない」

ということです。

 

生命保険ぐらい入ってあげればいいと思う方は、生命保険が一体いくらの商品なのかを冷静に考えてみてください。

 

月々の支払なので気づきにくいですが、生命保険って生涯支払額を考えると非常に高価な買い物です。

 

例え月々3,000円程度の生命保険料であっても、年間36,000円、10年間で36万円の商品です。

 

それを、友人だから、知り合いだからといって入るのは慎重になるべきです。

 

あなたは、「何十万もの商品を単なる付き合いだけで買いますか?」ということです。

 

保険というものは分割購入を前提とした高額商品であるということをお忘れなく...。

 

 

 

 

個人情報を知られてしまうことになる

 

生命保険に加入するときは、営業担当にはかなりの個人情報を知られることになります。

 

住所はもちろん、勤務先もそうですし、加入している商品の種類によってある程度の資産状況も把握されることになります。

 

もちろん、だからこそ友人や知り合いが安心という人もいるでしょう。

 

しかし、その生保担当者である知り合いが、知人であることをいいことにお金を借りにくるといったことだって現実的に考えらえます。

 

知り合いであるがゆえに資産状況は知られない方がいいということがあるということです。

 

個人情報はときに知人に知られるほどに相手にとって価値のある情報になり、赤の他人の場合は興味の対象にすらされないで済むということもあるということです。

 

生命保険の営業は、当然契約者の個人情報を誰かに漏らすということはしないよう教育されていますが、他人に漏らさないからいいということでもありません。

 

知り合いに個人情報の詳細を知られるということが嫌だという人は知り合いのツテで入るべきではありません。

 

 

 

知り合い営業する人はいずれ稼げなくなるからその人のためにもならない

 

友人・知人が生命保険の営業担当だった場合、「その人の成績になるなら」と、相手のためを思って入ってあげるという人はいると思います。

 

しかし、最終的にはその人のためにもならないことがあるので、安易に考えるのは禁物です。

 

これは私の周りの人を見ていてそう思ったからです。

 

私の昔の職場の営業だった人で、その職場を辞めて生保営業に転職した人がいました。

 

たまに「あの人は今」的な話を昔の職場の人から聞くことがあるのですが、生保営業ではかなり苦戦しているようです。

 

というのも、その人は生保営業に転職した直後から、知り合いや友人のツテで契約をどんどん取っていきました。

 

最初のうちは契約が取れていたそうですが、知り合い営業ばかりしていたため肝心なその業界での営業力がつきませんでした。

 

知り合い数が頭打ちになってから急激に契約件数を落としていき、今はクビ目前になっているそうです。

 

そして、けっこうしつこいぐらいに昔の職場の人たちにも連絡をしてくるらしく、前の職場の人からもかなり警戒される存在になってしまいました。

 

「その人のためになるから契約してあげよう。」は、短期的には生活できるかもしれませんが、一時しのぎに過ぎず長期的に見ては本人の意欲や能力を応援することにはなりません。

 

もし相手が友人であればなおさら、その人のためを思って加入しないという選択肢も必要なのではないでしょうか?

 

 

 

友達の場合はいろんな意味で友人関係が壊れる

 

知り合い程度ならまだ何とでもなる場合がありますが、厄介なのは友達が保険の営業担当で勧誘をしてくるケースです。

 

生命保険会社に就職すると、まずは家族や友人、知人を中心に勧誘をしてこいと会社に言われるのが一般的なので、一度ぐらい聞かれるのは仕方のないことだと言えるでしょう。

 

ただ、断っても二度三度を勧誘してくるしつこい場合は友人関係に亀裂が入ります。

 

勧誘される側は

「なぜ断ってるのにしつこく営業してくるのか?」

 

「友達を営業対象にするなんて...。」

 

「友達だと思うならば勧誘などしてこないのではないのだろうか?」

などと感じます。

 

そして契約したらしたで心のどこかに「友達だと思うから助けになればと契約してあげた。」と、恩を売ったことを覚えています。

 

だから契約後にその友達から保険以外のことで連絡がない場合に恨みに思うのです。

 

一方勧誘する側は「なぜ友達なのに助けると思って契約くれないのか。」とこちらはこちらで相手への不信感を抱きます。

 

「良い商品だと思うから友達に勧めているだけなのに。」と、盲目的に相手の立場に立って考えているとすら思いこむこともあります。

 

双方の気持ちはすれ違うケースが多いので、友達の勧誘で友人関係が壊れるもしくは友達ですらなかったことに気付くということです。

 

 

 

 

友人や知人からしつこく保険勧誘を受けた場合にどうするべきか

 

 

では、友達と思っている人から保険の勧誘を受けてしまった場合にはどうすれば良いのでしょうか?

 

ネットで「保険勧誘 友達」などと検索すると、友達からの保険勧誘にとても困っている投稿などが多く見られます。

 

多くの方が「本当は友達から勧誘など受けたくなかったのに受けてしまった」という悩みを持っているのです。

 

これは、勧誘の頻度や関係性などを含めて下記のように段階的に考えていくべきだと考えます。

 

1.詳細は伝えずはっきりと断る
2.納得してもらえる理由を探してはっきりと断る
3.不快感を示した上ではっきりと断る
4.友達ではないと理解する

 

1〜3はすべてはっきりと断るという点で共通していますが、友人であることを考えていきなり3や4に行くのはおすすめしません。

 

相手がどんな人かによっては(少々鈍感なタイプの場合など)、1を飛ばして2からスタートさせるのはアリです。

 

それぞれ解説していきます。

 

 

 

1.詳細は伝えずはっきりと断る

 

まずは前述したように、保険の営業マンが会社から「家族や友人を勧誘してこい」と言われているということに一定の理解は示すべきです。

 

なぜなら、ほとんどの保険の営業マンが悪意なく会社からの指示に従っているだけだからです。

 

相手が例え昔からの親友であっても。

 

その上で「今は入れないんだ、ごめんね。」と、詳細は伝えなくていいのではっきりと断りましょう

 

この時点でもう何も言ってこない友達であれば、「友達なのに勧誘してきた。」などと恨みに思わず、保険の話はなかったこととしましょう。

 

 

 

2.納得してもらえる理由を探してはっきりと断る

 

二度目以降の勧誘は、誰かのツテで入っているという理由を挙げるなど、相手が納得できる理由を探してはっきりと断ります。

 

特に「親戚のツテで入っている。」という風に血のつながりがある人を匂わせるのが効果的な方法です。

 

親戚というところがポイントで、下手に「親が保険の営業をやっている」などばれやすい嘘をつくより、親戚という微妙な距離の血族が何とでもごまかしがきくし余計な詮索もされずに済みます。

 

親ほど近い関係ではないけれど友人・知人よりも血のつながりという点で説得力がある親戚はちょうどいいのです。

 

同じように、親や配偶者の「知り合い」も有効です。

 

 

 

 

3.不快感を示した上ではっきりと断る

 

それでもまだしつこく勧誘してくる場合、相手にこちら側の気持ちを理解させるような言い方をすることが必要になってきます。

 

少し強めの口調で良いので「あなたのことを友達だと思っていて壊したくないから無理」と言います。

 

曖昧にしたり笑顔を作ったりせず、不快感を示すのがポイントです。

 

よほど鈍感な人でない限りは相手が不快に思っていることに気づきますし、ここで「友達だから勧誘してやってるのに!」などと怒るような人であればしばらく距離をおくべきです。

 

今は受け止められなくてもときが経てば分かってくれる人もいますから、「あのときはごめんね」と謝ってきたら許すのもアリだと思います。

 

本当の友達だと相手も思っていたのであれば、いつか気づいてくれるはずです。

 

もし永遠に連絡がなかったら、それは相手が友達だと思っていなかったということです。

 

 

 

 

4.友達ではないと理解する

 

何度断ってもしつこいという人は、はっきり言って相手は友達だと思っていない可能性が大きいです。

 

残念ながら友達のことを心底思えばしつこく勧誘をかけるということは考えにくいからです

 

自分は友達だと思っていても相手にとってはそうではなかった、ショックかもしれませんがそう自分自身も受け止める勇気が必要になります。

 

「親しくない人ほど勧誘される傾向にある」と言っていた人がいましたが、それはある意味真実なのだと思います。

 

 

 

自分の保険を人間関係と連動させるべきではない

 

 

生命保険会社の営業マンは大変かもしれませんが、私は自分の保険と人間関係とを連動させるべきではないと思います。

 

もし相手のことを思って本当に良い商品を勧めるにしても、それが相手が考えて不要だと判断したのであれば無理に勧めるものではありません。

 

相手が全く興味のないことを無理強いすることは、相手にとって結果的によい保険であったということ以上に相手のためにならないことなのです。

 

また、知り合いや友達のツテで入ったところで、その営業担当がずっと同じ会社にいるとは限りません。

 

今は転職が当たり前の時代、あっという間に退職して担当が変わり、「一体なぜこの保険に入ったのだろう?」という疑問を持つことになります。

 

単なる付き合いで加入した「それほど魅力的ではない商品」は自分にとって何の価値も持たないことに気づいても、それは毎月の高い保険料の支払は完了していて大事な資産の一部を取り崩した後なのです。

 

 

 

 

生命保険は商品ありき

 

生命保険を決めるときは担当の営業マンの存在は重要に感じるかもしれません。

 

生命保険という大事なものを決めるのに、信頼できない営業マンから購入したくないのは当たり前のことです。

 

ただしそれは、営業マンというフィルターを通して生命保険会社の信頼性を判断するということに過ぎません。

 

「信頼できる会社の信頼できる商品だ」と思わないのであれば、例え営業マン自身が素晴らしい人であっても契約すべきではないと思います。

 

もちろん、営業マンが信頼できない人物であっても別にいいじゃないかとは言いません。

 

信頼できない営業マンをよこしてくる会社は信頼できる会社とは言えませんから。

 

なので、営業マンをきちんと見極めようとするのはいいですが、もっとも大事なのはやはり自分にとってその保険商品が適切で有益なものであるかという視点です。

 

これは当たり前のことのようですが見逃している人も多いように感じます。

 

昔の日本は、家に来た営業マンと信頼関係を築いて契約に至るという風景がよく見られましたが、それは保険の種類も今ほど多くなく、選択肢が限られている時代のことです。

 

今は情報量も多く選択肢も多数あるのですから、営業マンありきではなく、あくまでも商品ありきで選ぶべきなのだとぜひ忘れないようにしてください。

 

 

 

 

保険相談は会社を横断的に比較できるものがおすすめ

 

保険を決めるときには各社を横断的に比較することが重要です。

 

特定の保険会社に相談したら、その保険会社の保険を提案されるに決まっています。

 

限られた商品の中では必ずしも相談者にとってメリットのあるとは限らないのです。

 

最近は各社の保険を比較できるサービスとしてFP(ファイナンシャルプランナー)の無料相談を提供している企業が多くあります。

 

相談は無料でしつこい勧誘等もありませんし、保険業界全体の話やその人の資産状況に合わせた保険アドバイスをしてくれます。

 

相談したからといって保険契約する義務はありませんし、保険会社に所属しているわけではないので様々な保険会社の商品を紹介してくれるのがメリットです。

 

こういったサービスを利用して保険比較すれば、自分の生命保険の知識も深めた上で保険を選べるでしょう。

 

保険見直しで毎月の保険料も減らせますし、最近は相談完了で商品券をもらえるサービスも多いのでその点でもダブルでお得です。

ただし、商品券などの特典目的での無料相談はやめましょう。FPもボランティアではありませんし、企業によってはFPに特典の質問をしただけで特典目的だと判断されて特典対象外になることがあります。生命保険の見直しを真剣に検討している人はぜひ利用してください。

 

以下、FPによる無料相談を提供している業者を挙げましたので参考にしてみてください。

 

 

会社・サービス名 特徴 公式HPへのリンク
保険マンモス  日経BPコンサルティングによる「保険相談サービスに関する調査」で主要3部門を含め、 11項目で1位を獲得 保険マンモスの無料保険相談 
みんなの生命保険アドバイザー 

老舗の保険相談会社。全国無料対応(※対応できない地域あり)
しつこい勧誘はなくストップコールも設置されている。

みんなの生命保険アドバイザー 
ほけんのFP  子育て世代・新婚世帯・子供が独立した夫婦など、ライフステージが変わるタイミングでの相談が多い  【ほけんのFP】 
保険GATE 株式会社ディノス・セシールが運営母体なので安心感がある。全国対応。 保険見直し 無料相談 

 

 

 

 

最後に

 

 

いかがでしたか?

 

今回は、友人・知人のツテで生命保険に加入すべきではない理由と、友人に勧誘されたときの断り方をご紹介しました。

 

私の周りでも友人や知人の勧誘で気軽に生保に加入してしまい「解約しににくなった」「後悔している」という人も多いのでぜひ慎重になってください。

 

生命保険は高い高い買い物なので、相手が誰であろうと冷静に自分の頭で考えることが大切だと思います。

 

特に大事な友人相手だと悩んでしまう人も多いでしょうが、何が相手にとって良いことなのかを考えてあげれば、それはきっと間違ってはいないはずです。


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報