婚約・結婚指輪を離婚した後に処分する方法のメリット・デメリット。世間の主流や買取相場

婚約・結婚指輪を離婚した後に処分する方法のメリット・デメリット。世間の主流や買取相場

 

離婚すると思い出もモノもすべて新しくやり直したいと思う人も多いでしょう。

 

その中でも、特別な意味を持つ指輪を捨てるべきか取っておくべきかを迷うという方もいるはずです。

 

今回はそんな、離婚後の指輪の処分方法に悩んでいる方のために、離婚後の指輪を処分する方法とメリット・デメリット、世間の指輪の処分方法や売るときの相場などをご紹介していきます。

 

 

 

 

離婚して指輪をどうするかの問題

 

離婚して指輪の処分に悩んでいるという方は、まずは選択肢を考えていきましょう。

 

大枠で言うと手放すか手元に残すかの二択です。

 

手放す方法としては、売る、捨てる、あげる、旦那に返すという方法があります。

 

手元に残す方法としてはリフォームして使う、思い出の品として使わずに取っておくという方法があります。

 

価値観や状況は違いますから、どれが良いということではありません。

 

それぞれのメリット・デメリットについて整理していきましょう。

 

 

 

 

売る

 

 

売るという方法のメリットは、何といっても現金が手に入ることです。

 

以前の記事

離婚を考えている女性が旦那に知られずコツコツ準備しておきたいコト 

でもお伝えしましたが、離婚をするとその後のお金が大変です。

 

これは男女ともにそうなのですが、特に女性の場合は稼ぐ力が弱かったり、子供を引き取ることも多くシングルマザーとして大変になるので、現金はいくらでも欲しいものです。

 

現金が不要という方でも、ダイヤモンドという資源を有効活用できるという点では世の中に還元して貢献しているとも言えます。

 

デメリットは、査定をしてもらって売りに出す際に手間がかかるという点です。

 

 

 

 

捨てる

 

捨てることのメリットは、思い出とともに何もかも捨てることができるという点です。

 

現金すら残りませんから、「捨ててやった!」という解放感のようなものは得られるでしょう。

 

「旦那からもらったものをお金にすら変えたくないぐらい、旦那のことを忘れたい」という方には、思い切って捨てるのも良いかもしれません。

 

デメリットは、一銭にもならないことです。

 

 

 

 

あげる

 

どうせなら誰かのために...と思うならば人に無料であげるのも手です。

 

あげるならば数秒で済むので手間はかかりません。

 

ただし、「買い取って業者に売ろう」という計画がある人でなければ、他人の結婚指輪・婚約指輪を欲しがる人はまずいません。

 

そして、人にあげるのに相手が売りに出して現金を得たと聞いたりイメージすれば、「自分が売りに出せばよかった」と後悔するかもしれません。

 

お子様がいる場合なら、お子様が大きくなったときにあげるのは一つです。

 

夫婦は離婚しても、その子供は夫婦の愛の結晶なわけですから、両親の思い出の品をもらって喜ぶお子様もいるでしょう。

 

 

 

 

旦那に返す

 

元は旦那が買った指輪なのだから、旦那に返すのも一案です。

 

しかし一度もらったのですから、返す義務も義理もありません。

 

返された旦那は恐らく売りに出し、現金を手にするだけです。

 

自分が嫌な想いをして離婚に至ったという女性ならば、旦那が簡単に現金を手にすれば腹が立つかもしれません。

 

お金がない旦那を不憫に思うならば、指輪を返して少しでも生活の足しにさせてあげることはメリットと言えばメリットです。

 

 

 

リフォームして使う

 

 

せっかくのダイヤモンドならば、リフォームして別のデザインの指輪にする、ネックレスなどに変えるなどすれば有効活用できます。

 

ただし、リフォームするにもかなりお金がかかります

 

デザインやものによっては10万円以上かかることもあります。

 

離婚の場合は、そこまでしてまで使いたいかという問題もあります。

 

前述したお子様にあげる場合にも、リフォーム代はかかると思っておきましょう。

 

死別ならば別です。

 

お金を払ってまで思い出の指輪を近くに感じていたいと思うのは自然であり、その価値はあるでしょう。

 

 

 

 

使わずに取っておく

 

離婚したのはそれなりの理由があるのでしょうが、新しい人生を踏み出すために指輪を取っておく必要があるという人は多くはないはずです。

 

「生活が困ったら売りに出そう」と思っていても、そのときには指輪がどこにあるのか、そもそも指輪を売りに出すという選択肢すら忘れてしまっているかもしれません。

 

手放すならば思い立ったうちに実行するのが吉です。

 

 

 

 

指輪処分方法のメリット・デメリット一覧

 

ここまでご紹介した方法のメリット・デメリットを簡単に表にしました。

 

ご自身の状況と照らし合わせて比較検討してみましょう。

 

方法 メリット デメリット
売る 現金が手に入り生活の足しにできる、資源を世の中に還元できる 売る際の手間がかかる
捨てる 「捨ててやった!」という解放感を持てる 一銭にもならない
あげる 手間暇がかからない、相手が子供なら思い出になる 誰も欲しがらない、他人が売ると惜しいことをしたと感じる
旦那に返す お金がない旦那の生活の足しにしてあげられる 旦那が現金を手に入れると腹が立つことがある
リフォームして使う 有効活用できる リフォーム代がかかる
使わずに取っておく いざというときのための資産とすることができる 指輪の在りかや売るという選択肢を忘れて無駄になる可能性がある

 

 

 

 

世間の人は離婚したら指輪をどうしている?

 

 

では、上記の選択肢を踏まえ、世間の人は離婚したら指輪をどうしているのでしょうか?

 

こんな調査結果があります。

 

結婚指輪・婚約指輪の高価買取り専門店を運営する、株式会社 リングオフが行った「離婚後の生活に関するアンケート調査」によると、

 

 

「売った」57%

 

「捨てた」10%

 

「リフォームした」3%

 

「どうしていいか分からず持っている」10%

 

「元夫に返した」9%

 

「どこにあるか忘れた」11%

 

という結果だったそうです。

 

どこにあるか忘れたの11%が個人的には気になるところですが...。

 

(婚約指輪なの?結婚指輪なの?つけてすらいなかったの?)

 

管理人の個人的興味は置いておいて、売った人が57%と、圧倒的に多いことが分かります。

 

さらに、離婚して子供のいない人を対象にした調査では、「捨てた」7%に対し、「売った」が72%と7割以上の人が指輪を売っているという結果になりました。

 

世間の主流は「離婚後の結婚指輪・婚約指輪は売りにだす」ということですね。

 

参照元:リングオフによるアンケート調査(ニュースリリース配信サービスPR TIMESより)

 

 

 

 

婚約指輪を売るときの相場はいくら?

 

現金を手にすることができるという点で、指輪はやっぱり売りに出す方が良いと管理人も考えます。

 

特に婚約指輪はダイヤモンドがついていることが多いですから、売りに出せば生活費の足しにすることができます

 

もちろんカラット数や質にもよりますが、ダイヤモンド自体に価値があるので、古い指輪やノーブランドのものであっても十分に高値で買い取ってもらうことができます。

 

ただし、ブランド買取で有名な「大黒屋」によると、やはりノーブランドよりもブランドジュエリーの方が付加価値がつくため高値で買い取ってもらえる確率が上がるそうです。

 

具体的にはハリーウィンストンなら30万円前後、ティファニーなら15万円前後、ノーブランドなら13万円前後(いずれも2015年2月時点)という大黒屋の買取価格が例として挙げられています。

 

ダイヤモンドは為替や景気によって大きく変わるものなので、実際にはそのときの相場によって異なります。

 

結局は鑑定士に査定してもらうことになりますが、査定にも踏み切れないという方は、大黒屋のHPなどで自分でチェックできる方法が丁寧に紹介されていますので、ご覧になってみてもよいかもしれませんね。

 

とても勉強になります。※参照元:大黒屋HP

 

 

 

結婚指輪は婚約指輪よりは高くない

 

結婚指輪の場合は、一般的な購入価格は婚約指輪より低いというケースが多いです。

 

婚約指輪と違って、いつでもつけているという点で機能性の問題もありますしね。

 

買ったときの値段が安いなら、売りに出すときも当然安くなります。

 

結婚指輪はプラチナという人も多いと思いますので、参考までにプラチナの国内公表価格は3,653円(税込み)です。※2017/4/23時点

 

で、基本的には相場と重量を元に買取価格が決定されることが多いのですが、指輪の重量を大体2〜4gとすると、

 

シンプルなプラチナリングであれば1万円前後といった程度とみておくのが無難です。

 

結婚指輪の場合は婚約指輪と違い、生活の足しというよりは、お小遣い程度というぐらいですね。

 

 

 

 

見積は絶対に取ってから売るべし

 

指輪は高価なものなので、売るならば絶対に見積をとってから売りましょう。

 

見積が有料だったり、査定後のキャンセルができない業者は避けて、安心できる業者を選ぶのがコツです。

 

業者の選び方次第で手元に残るお金が大きく変わる可能性があります。

 

宝石・ジュエリー買取専門店のリファウンデーションならば、査定だけでも無料なので買取価格に納得できない場合はキャンセルもできます。

 

スマホなどで現物を撮影した簡単見積もできるので、「まずはどんなものかな?」と考えている場合も見積だけでも取っておくと良いでしょう。

 

チャットで不明な点も気軽に聞けるので、疑問点を解決してから査定、売りに出せばよいのです。

 

※リファウンデーションの詳細はこちらをご覧ください。↓↓

 

 

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

指輪はあんなに小さいものですが、二人の思い出がつまっていたり、はたまた売りに出すことで大きなお金を手にすることもできます。

 

結婚指輪・婚約指輪を離婚後にどうするかは人によって異なりますが、何も考えずに引き出しの中にしまっておくのだけは、今後どうするのかの観点からもおすすめできません。

 

離婚をきっかけに新しい人生を歩みだしたいのか、それとも思い出を大切にして生きていきたいのか、ぜひご自身を見つめてみるためにも指輪について考えてみてください。

 

以上、参考になりましたら幸いです。

 

 


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報