給与担当者が教えるお金のエトセトラ

女性必見!タイツやストッキングを無駄なく使う方法

 

 

 

すぐに伝線したり毛玉ができてしまったり・・・。
コスパの悪さを感じている人も多いタイツやストッキング。

 

でもこのまま「こういうもの」と諦めてしまうのはもったいない。

 

少しの工夫で長持ちさせて、更に
最後までお役目を全うしてもらえる方法があるんです。

 

今回は、管理人が実際に行って良いと感じている方法をお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

買ってきたときに冷蔵庫で冷やす

 

都市伝説のように言われることもある方法ですが、
冷蔵庫で冷やすという方法は試す価値があります。

 

なんでも、ストッキングの素材であるナイロンが冷やすことによって
きゅっと縮まって密度が濃くなり丈夫になるのだとか。

 

冷蔵庫派と冷凍庫派と分かれるらしいのですが、
急激に冷やしすぎると逆効果と聞いたので、私は冷蔵庫派です。

 

これ、実際にやってみて確かに伝線しにくいような気がしましたので、
ストッキングを買ってきたときはやっています。

 

特にストッキングって春夏に履く機会が多いので(冬はタイツ)、
履くときにひんやりして気持ちいいです

 

長持ち云々は抜きにしてやってみても損はないんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

ストッキングを冷蔵庫に入れるときの注意事項

 

誰かと一緒に暮らしている方は、あらかじめ冷蔵庫に入れてもいいか確認した方がいいです。

 

冷蔵庫を開けていきなりパンストが入っているとびっくりしますし、
新品であっても食材を入れる冷蔵庫に足に履くパンストを入れるのは許せない!
という方もいますから。笑

 

私の場合、新品であることを伝えた上で目立たない場所に入れるという、
ラインを設けました。

 

※関連記事

お金が貯まる家の冷蔵庫に共通する7つのコト 

 

 

 

 

洗うときは柔軟剤を入れて洗う

 

確かに、硬い物は衝撃に弱いけれど、元々柔らかい物は、
衝撃を受け流すので壊れにくい・・・って聞いたことがあります。

 

ガラスだったらボールが当たって砕けますが、ゴムだったら伸びてくれますもの、ね。

 

というわけで柔軟剤を入れて洗うのは効果的。
 

 

タイツもストッキングも本当は手洗いするのが一番

 

でも忙しくて大変・・・正直面倒ですし。
という方は柔軟剤を入れて洗うだけならできそうですね。

 

私も手洗いは挫折しましたが、柔軟剤は意識して入れるようにしています。
もちろん洗濯ネットに入れて。

 

 

 

 

 

 

 

手足の爪には注意を払う

 

超基本的なことですが、ずぼら女子はおろそかにしがちな爪のケア。
また、美意識が高くてネイルをしている女子も逆に注意ですね。

 

手足の爪が伸びているとかなり伝線のリスクが上がります。

 

足の爪が長いとつま先部分が弱くなりますし、
ネイルをしていると長さやラインストーンで、ビリってことも多い。

 

爪を短く整えるのが一番ですが、

 

長めのネイルが欠かせないって方は手袋をしたり、
できる限り猫手で慎重に履くようにしたいですね。

 

 

”Soluzgelジェルネイルキット<Basic>12,800円” 

 

 

 

 

自分に最適なサイズを知る

 

当たり前のようで実は意外と見落としがちなサイズ感
これは、私が実際にやっていた間違いなんです。

 

私は身長168センチあって、適正サイズはLサイズ。
でも、若い頃ってLサイズって響きがどうしても嫌でMサイズを履いていたんです。

 

だって、レジでLサイズって思われたくないし、みたいな。
私身長はあるけどスリムなんですよアピールですね。今考えるとアホらしい・・・。

 

パンストってすごい伸縮性があるから、Mサイズでも入るし
きゅっとした感じが引き締まった気もしていいと思っていたんです。

 

でも、やっぱり伝線しやすいですよ。
そりゃそうです、無理してウエストパンパンのパンツ履いたらボタン飛びますものね。

 

だから、ちゃんと自分に合ったサイズの物を選ぶ
自分を等身大に捉える。これ、すごい大切です。

 

Lサイズにしてから、長持ちはするし、腰は楽だし、いいことづくめ。(どんだけ無理してたの?)

 

ただし、一つ注意点が。

 

やみくもに楽ちんなサイズアップをすると、パンストのつま先ゆるゆるの
おばちゃん化現象が起きてしまいます。

 

あくまでも自分にあったサイズを選びましょう。
商品の説明書きを参考に。

 

※関連記事

お金もお洒落センスも残らない?ファストファッションの落とし穴
お金をかけずに靴をピカピカに磨く方法
勝負は足元から!高く見える靴を選ぶ方法とは? 

 

 

 

履き倒したら潔く履くことを諦めて

 

なんとか持たせたものの、最後はやっぱり伝線したり生地が薄くなったりします。
そんなときは潔く履くことは諦めましょう

 

よく、毛玉がついていたり、タイツやかかとが薄くなってまで履いている人がいますが、
お金持ちになりたいのであればやめてくださいね。

 

お金持ちに見えないその行動は、あなたを更にお金持ちから遠ざけます。

 

※関連記事

3,000円の服を買う女性はお金が貯められない話
毛玉だらけのカシミアより美しい化学繊維を着た方が良い理由 

 

 

 

 

 

再利用じゃなくて使いきる

 

世の中にはタイツやストッキングの色々な再利用方法が出回っています。
入浴剤入れやイスの足カバー、冬のみかん入れ!?なども。

 

でも、私の基本的な考えは再利用ではなく、その特性を使いきるということ

 

タイツやストッキングの特性として静電気をためやすくて生地の目が細かいというものがあります。

 

実はこれお掃除にぴったり。ほこりをとりやすくて、床を傷つけない。
靴磨きなんかにも最適です。

 

※関連記事

お金をかけずに靴をピカピカに磨く方法

 

なので、伝線したタイツやストッキングは捨てる前にお掃除に使うことがおススメ。
お掃除までやって使いきった!と満足した時点でちゃんと捨てます。

 

 

 

 

貧乏くさいと思う使い方はしないこと

 

入浴剤入れやイスの足カバーも使えるかもしれませんが、私はやりません。

 

理由は貧乏くさいから。

 

大切なのは、あくまでも自分が貧乏くさいと思うかどうかということと、
人目につく行為は他人から見て貧乏くさいと思われる危険性があるからやらないということ。

 

私にとって、お掃除に使うのは、捨てるところまでは特性を使いきっているので、貧乏くさいじゃなくて賢い使い道。
更に、お掃除に使うだけなら人目につかないので、人から貧乏くさいとは思われない。

 

私にとってはお掃除がボーダーラインなんですね。

 

中にはお掃除に使うのが貧乏くさいと感じる人もいるでしょうから、その人はやらないでください。

 

自分が貧乏くさいと思ってしまう方法は、それだけで自分に対してお金がないイメージを植え付けてしまう行為なので絶対にやりません。

 

また、人から見て貧乏くさいと思われる行為をしないのは私の信念です!笑
貧乏くさいと楽しそうじゃないですもん。
楽しそうなお金持ち、が私の目指すところなので・・・。

 

※関連記事

絶対にやってはいけない節約術の話。
勇気を出してショップの紙袋をサブバックにするのをやめよう 

 

 

 

 

最後の最後はアリガトウ

 

そして、使いきったタイツやストッキングを処分するときに絶対にやってほしいのは、

 

「ありがとう、よく頑張ったね」と感謝の気持ちを込めて捨てること。

 

だって、毎日臭い(!?)足に履かされて、挙句の果てにはお掃除道具にされ、
ボロボロになって頑張ってくれたんですもの。

 

きちんとお礼を言って処分しましょうね。

 

このアリガトウの習慣を持つことで、物を大切に扱うようになるし、本当に必要な物しか買わないようになります。

 

※関連記事

お金が貯まる人のクローゼットの片づけ・整理整頓方法
クローゼットをきれいにするとお金が貯まる

 

 

 

まとめ

 

タイツやストッキングを無駄なく使うには

 

自分に合ったサイズの物を買い、

 

長持ちさせる3ステップ

 

@冷蔵庫で冷やし、
A柔軟剤で洗い、
B履くときは慎重に

 

を行って

 

お掃除と靴や鞄の皮磨きなど特性を使いきること。

 

そして、最後にきちんと感謝の気持ちを込めて捨てること。

 

以上が、私が実際にやっていて、効果を感じている方法です。
参考になりましたら幸いです。

 

※関連記事

勝負は足元から!高く見える靴を選ぶ方法とは?
女性のための金運アップ靴

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報