給与担当者が教えるお金のエトセトラ

金運アップに欠かせないお花を長持ちさせる方法

 

 

お部屋が浄化されて良い気が巡るようになるから、金運をアップさせるためにも積極的に飾りたいお花。

 

でも、「すぐ枯れてしまって勿体ないから買わない。」という声もあります。

 

ちょっと待ってください。

 

実はお花って、きちんとお手入れすればかなり長持ちして非常にコスパの良い、癒し・金運アップアイテムなんです。

 

世の中にはたくさんの長持ちさせる方法がありますが、今回は私が実際にやって効果のあると感じたシンプルな方法だけをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花瓶に飾る前が最大の勝負!まず初めにやりたいお手入れ方法

 

お花を買ったりもらったりしたらすぐに飾りたい!

 

その気持ちはよーくわかります。

 

でも、花瓶に飾る前が長持ちするための最大の勝負所なんです。

 

具体的な方法はこちらの3ステップ。

 

 

新聞紙でお花を包む。
 
1時間ぐらい水につける。
 
茎を切れ味の良いハサミで斜めにカットする。
(これを水の中で行う)

 

これをやって初めて花瓶に飾りましょう。

 

最初の少しの手間をやるかやらないかでぐんと長持ちします。

 

お花を買うとき、茎の長さを聞いてくれるお店であれば花瓶の深さよりずっと長めにカットをお願いすると良いですね。

 

 

 

 

 

冷暖房の風に当てないよう特に気を付ける

 

金運アップとしてはお花を飾りたい方角は「西」ですが、冷暖房の風が直接当たらない場所かどうかには注意を払いたいところです。

 

私も以前、買ってきたお花を冷暖房の効いているリビングと洗面所に分けて活けたとき、リビングに活けたお花の方が持ちが悪かったという経験があります。

 

夏と冬は特に冷暖房の風が直接当たらないように気を付けたいですね。

 

よく言われる「お花は生き物」は全くその通りで、私たちも冷暖房の風が原因で風邪を引いたり乾燥したりするようにお花も影響を受けやすいのですね。

 

 

 

 

 

 

超シンプルだけど最も大切なお手入れ方法

 

特別なことは何もしていないけれど、お花は長持ちしますよーという方が絶対にやっていること、それは

 

水を毎日換えること

 

これさえやっていれば、夏場でも10日〜2週間は持ちます。

 

花瓶や茎のぬめりも同時に取ってもらうとより良いですね。

 

水が濁ってきたら替える、というよりも日課として毎日換えてあげるとわかりやすくていいと思います。

 

中には面倒だと言う方もいらっしゃいます。

 

私は極度の面倒くさがりなのでよくわかります。

 

でも、「お花は生き物だ」と思うようになってからは、水を換えてあげないとかわいそうになって換えるようになりました。

 

ペットと同じです。

 

エサをあげないとかわいそうですよね。

 

お花に話しかけてあげると愛着がわくので、水換えは苦になりません。

 

面倒くさがりの方は試してみてください。

 

※関連記事

お金をかけずに花束を!トータル1000円以内で不器用でも簡単お洒落なラッピング 

 

 

 

 

もっと長持ちさせるために。少しずつ茎を短くしていく

 

水替えの際に、一緒にやってもらうと更に長持ちできる方法は

 

 

茎をよく切れるハサミで斜めにカットする

 

 

つまり、買ってきたときと枯れてしまうまでの間にお花の高さが変わるということです。

 

私がお花を活けるときは、最初は背の高い花瓶、次は標準な花瓶、最後は背の低い花瓶、という風にしています。

 

表情の変化を楽しみながら、かつ長持ちさせる良い方法だと思います(花瓶がそんなにたくさんなくても、可愛い空き瓶などを使えば十分です。)

 

毎日という方もいますが、個人的にはときどきで良いと思います。

 

水を吸いやすくなるのでできればやった方が長持ちします。

 

 

 

 

 

勿体ないから捨てないは長持ちも金運も逃げていく

 

花瓶に活けたお花の中でも、1本だけ枯れてしまったとか、葉の部分だけ黒くなってきてしまった、ということがあります。

 

そのときは潔く枯れた部分をカットしたり処分することを心掛けましょう。

 

他のお花が元気だし、勿体ない・・・と処分を怠ると、元気な他のお花まで長持ちしなくなります。

 

それに、枯れたお花は運気を下げてしまいますから、金運という面から見てもこまめにカットしたり処分することが大切です。

 

買ってきたときと比べてお花の本数が減りボリュームがでないことに寂しさを感じる方もいると思いますが、

 

少ないお花はそれはそれで素敵に見える方法を工夫しましょう。

 

一輪挿しに挿したり、小さな丸い入れ物にお花の部分を浮かべるだけでも可愛いですよ。

 

最初と最後でお花の活け方を変えてみるということもお花を最後まで楽しむという意味では大切です。

 

 

 

 

 

 

 

世の中に出回っている長持ちの方法

 

本当か嘘か・・・世の中には裏技的にお花を長持ちさせる方法が存在します。

 

その中で私がやってみて効果があったと思ったのはこの2つ。

 

花瓶に10円玉を入れる

 

延命剤を入れる

 

10円玉は無料ですが、延命剤はお金がかかりますから、節約女子的には10円玉でしょうか。

 

でも、透明の花瓶だと10円玉が見えてしまうことと、何となく10円玉に悪いような気がして今はやっていません。

 

基本的なお手入れはほんの数分で済むことばかりですから、裏技よりも基本のお手入れをおススメします。

 

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしょうか。
私はお花の専門家ではありませんが、この方法で随分長持ちできるようになりました。

 

毎日幸せに感じたり生活が潤うと、精神的にも影響が大きく
いつのまにか運気も上がってきます。

 

甘い物を食べたり買い物をしたりすることで気分を上げることも良いのですが、
甘い物は食べている一瞬のことだし、買い物は浪費する可能性もあります。

 

それに比べてお花は少しあるだけで数習慣もの間気分を上げることができますから、
かなりコストパフォーマンスが高いアイテムと言えると思います。

 

 

 

お花はお金持ちになってから・・・と言わずに、
金運を上げるためにも積極的に取り入れていってはいかがでしょうか。

 

※関連記事

お花を飾って金運アップしよう 

 

お花を飾ることでいつのまにかお金が貯まっている・・ことも夢ではありません。

 

 


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報