四隅に残ったパウダーファンデーションを最後まで使いきる方法は?節約中の女性におすすめ

四隅に残ったパウダーファンデーションを最後まで使いきる方法は?節約中の女性におすすめ

 
 ※この記事は2019/5/15に加筆・修正しました。

 

女性なら一度は経験したことがあるかもしれません。

 

パウダーファンデーションを使うときに、ファンデーションが四隅に残って取れないということ。

 

あれって、けっこう勿体ないですよね...。

 

そこで今回は、ファンデーションを最後まで使いきるための方法を解説します。

 

 

 

 

四隅に残ったファンデーションを再生させて使う

 

まずは、四隅に残ったファンデーションを使いやすい状態に再生させたうえで使いきる方法をご紹介します。

 

1.容器に残ったファンデーションをはがす

 

四隅に残ったファンデーションをピンセットやカッターなどでほじくりだします。

 

そしてそれを袋ジップロックやラップなどの中に入れます。

 

あとで粉々にするので、とにかく容器に残ったファンデーションは割れてしまって大丈夫です。

 

 

2.袋に入れて粉々につぶす

 

袋やラップに包んだ先ほどのファンデーションをつぶします。

 

棒やスプーンなどでギュギュっとつぶして粉々にしましょう。

 

きれいに粉々になってダマにならないように頑張りましょう。

 

 

3.乳液や美容液を垂らす

 

頑張って粉々にしたファンデーションの上に、お手持ちの乳液や美容液を少量垂らします。

 

滑らかになるようによく混ぜてみましょう。

 

 

4.容器に戻す

 

混ぜたファンデーションを容器に戻します。

 

戻したファンデーションの上にラップをひいて、指や小さな棒状のもので表面が平らになるようにならします。

 

しばらくするとファンデが固まって使える状態になります。

 

あとは普通のパウダーファンデと同じように使うだけです。

 

いつも同じ種類・色のファンデを使っている方は、使い残りをいくつかとっておいて、まとめてこの処理を行うことも方法ですね。

 

しかし、ファンデーションといえど時間が経ちすぎは良くないので、あまり昔のものを使わないようにしたいですね。

 

お肌が荒れてしまっては節約もなにもありません。

 

 

 

ファンデーションを使いきる方法のまとめと問題点

 

使い残りのパウダーファンデを粉々につぶす
乳液や美容液を混ぜる
ラップをのせてきれいにならす

 

この工程だけで、四隅に残ったファンデが生き返ります。

 

ファンデーションケースを落として粉々になってしまったときの対処法としても向いています。

 

問題点としては、崩れやすいので、持ち歩きには向かないことです。

 

また、お伝えしたとおり、古くなってしまったものはあまりおすすめできませんし、けっこう面倒だともいえます。

 

本当にお金がない人向けといっていいかもしれません。

 

 

 

 

 

最後はブラシでとって使う方法

 

あまり面倒なことをせずに普通に使いきりたい...。

 

そんな方は、ブラシを使うとスポンジよりもきれいに使いきることができます。

 

四隅に残ってしまった状態のまま、ブラシでささっととってお顔に乗せていくだけ。

 

簡単です。

 

ただし、粉が少ない状態であることに変わりはないので、ある程度何度もお顔に乗せないと、しっかりとカバーできない点が難点かなと思います。

 

個人的には、少し近所のスーパーへ行くときのファンデーション用、といった位置づけならよいと思っています。

 

 


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報