「実はお金持ち」はこんな人。本当のお金持ちは意外と質素だった

「実はお金持ち」はこんな人。本当のお金持ちは意外と質素だった

 

 

お金持ちと言ったらどんなイメージがありますか?高級車に乗り、高級時計を身につけているでしょうか?

 

実は大富豪と言われるような本当のお金持ちは、意外と質素な生活を送っていると言います。

 

今回は、見た目ではわからない「実はお金持ち」な人はどんな人かを解説していきます!

 

 

 

 

 

 

意外と質素な生活を送っているお金持ちもいる?

 

お金持ちというと、高級な物を身につけたり、華やかな場所に出向いたりというイメージがありませんか?

 

でも、一部の本当のお金持ちは実は意外と質素な生活を送っているとも言われています。

 

家も古くて小さな借家に住んでいたり、洋服もいつも同じ服を着ていたり。

 

私たちが持つお金持ちイメージと真逆だったりします。

 

でも、別にケチなわけでもなんでもなく、家や洋服などの自分を着飾る物に大きな価値を見出していないだけ。

 

その代わり、自分の好きなこと、自分にとって価値の高いものにはきちんとお金を使っているんです。

 

 

 

 

見た目は普通でも言葉遣いが美しい

 

 

 

言葉遣いが丁寧で洗練されている。

 

見た目が普通でも言葉遣いでお金持ちだと分かることもあります。

 

成金ではなく本当のお金持ちは、きちんとした教養を身につけているものです。

 

こんなことがありました。

 

私の友人と、とある飲み会に参加したときの話です。

 

友人は家柄が良いのに決してひけらかさない、いわゆる「実はお金持ち」のタイプです。

 

お箸を落としてしまった人がいたため、店員を呼びお箸を持ってきてもらうように依頼しました。

 

その店員は決して接客態度が良いとは言えない横柄な感じだったのですが、友人は「お箸を二膳いただけますか?」と、優しく伝えました。

 

店員は「二膳」の意味が理解できない様子でしばらく固まっていましたが、やっと理解すると、バツの悪そうな顔をして下がっていきました。

 

その店員の家柄については判断できかねますが、圧倒的な「育ち」の差を感じた瞬間でした。

 

言葉遣いが美しいというのは、言葉そのものの使い方にもありますが、相手に対する態度や気遣いなど、すべてにおいて現れるものだと思います。

 

あなたの周りにも、どこか品が漂う言葉を身にまとう方っていませんか?

 

実はお金持ちかもしれません。

 

 

 

 

株や不動産情報に詳しい

 

 

お金持ちの方は多くが投資を行っています。

 

お話をしてみないとわからないですし、見た目でも判断できないことなのですが、「実はお金持ち」と言える要素だと考えます。

 

株や不動産など、常に情報収集を行っているような方は、お金持ちである可能性が高いです。

 

お金持ちの人ってお金の話を積極的にします。

 

なぜなら、お金の話をすることが決して悪いことではなく、有益なことなのだと分かっているからです。

 

人前でお金の話をするのは恥ずかしい、そう思っているのは貧乏人体質が染みついている証拠かもしれませんね。

 

 

 

 

地理や建造物、歴史などに詳しい

 

 

お金持ちは見た目以上に経験にお金をかけます。

 

 

フットワーク軽く、旅行好きな人も多いのが特徴。

 

そもそも旅行は交通費に宿泊費と、趣味の中でもお金がかかるので、旅行好きな人に貧乏な人は少ないとも言えます。(バックパッカーでなければ

 

地理や建造物、歴史などに興味を持ち、実際に行ってみる人が多いので、この手の話の引き出しが多い方はお金持ちの可能性が高いかもしれません。

 

繰り返しになりますが、服やバッグなどの見た目だけではお金持ちかどうかは判断できないことがあります。

 

 

 

クラシック音楽が好き

 

 

 

家柄が良い人は、小さい頃からクラシック音楽に慣れ親しんでいるケースが本当に多いです。

 

クラシックコンサートに行くにしても、楽器を習うにしてもお金がかかりますよね。

 

クラシック音楽が好きな人が多いのは、自然なことでしょう。

 

服やバッグなどの見た目よりも、心が豊になるものにお金をかけたいのが「実はお金持ち」なのかもしれません。

 

好きな音楽の話は下手に職業を確認するよりも聞きやすいので、聞いてみてもいいかもしれませんね。

 

クラシック以外の音楽が好きだという方も、クラシックに詳しいケースはよくあります。

 

私が以前勤めていた会社の同僚はお金持ちのお嬢様でしたが、会社自体にはそういう人は少なかったためか、いつも控えめにしていました。

 

お嬢様だということも仲良くなってから知りましたから。

 

クラシック音楽に少し興味があった私がおすすめの音楽を教えてもらおうと思って聞いたみたら、目をキラキラさせて好きな作曲家とか曲とかたくさん教えてくれましたよ。

 

クラシック音楽の話を本当はしたかったのかな、と思いました。

 

 

 

本当のお金持ちはSNSでお金持ちアピールはしない

 

 

お洒落なレストランや高級外車をSNSでアップする。

 

一見すごくお金があるような振舞いですが、実際はSNSのために無理してお金を使ったり、借りてきたものであることも多いのだとか。

 

本物のお金持ちは見た目の華やかさをアピールしたりする必要もなく、自分の好きなことだけに没頭するもの。

 

大切な時間をSNSで忙しく消費したりしません。
 
あまりにお金持ちアピール感のするSNSの投稿は怪しいかもしれないですね。

 

 

 

 

近場のフレンチレストランには普段着で行ってしまう

 

 

ドレスコードがあるような場所であれば別ですが、フレンチレストランだからと言って構えず、普段着で気軽に行ってしまう。

 

これが本当のお金持ちかもしれません。

 

フレンチって言ったって行き慣れている場所だから気負いがないんですね。

 

私はフレンチなんてドキドキしてしまうし、お洒落して行ってしまいますよ!(THE 庶民です...)

 

ただ、行き慣れていない人が何を着ていいのかわからず、普段着で行っている場合もあります。

 

同じ普段着でも、目が泳いでいないか、リラックスして食事の時間を楽しんでいるかどうかで、お金持ちなのかが見抜けると思いますよ。

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

見た目は質素でも実はお金持ちな人。

 

自分の価値観で物を見つめ、周りに流されない素敵な生き方をしている人のことかもしれませんね。  

 


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報