お金持ち男性がするファッションの特徴。成金ファッションとの違いや選ぶスーツは?

お金持ち男性がするファッションの特徴。成金ファッションとの違いや選ぶスーツは?


 ※この記事は2018/8/13に加筆・修正しました。

 

・お金持ち男性とお近づきになりたい

 

・玉の輿に乗りたい

 

・お金持ち男性に見えるファッションをしたい

 

今回は、こんな方に向けてのお話です。

 

お金持ちの男性はどんなファッションをしているのか、本物とお金持ちファッションと成金ファッションとの違いはあるのかなど、お金持ち男性のファッションについてお話します。

 

 

 
 

 

※この記事で書いてあること

お金持ち男性のファッションを3つに分類
お金持ち男性のスーツスタイルについて
お金持ちの人が着るスーツはどんなもの?
男性のファッションで本物のお金持ち男性か成金かの違いは?

 

 

 

 

お金持ち男性のファッションを3つに分類

 

 

私がアパレル販売員としての経験や、これまで出会ったお金持ち男性の傾向から、お金持ち男性のファッションは大きく分けて以下の3つに分類されると考えています。

 

1.いつも同じファッションをしている

 

2.奇抜系ファッション

 

3.シンプルシックなモノトーン系

 

それぞれ見てみましょう。

 

 

 

 

1.いつも同じファッションをしている

 

いつも同じ服と言うと語弊があるかもしれませんが、会うたびに同じように見える服装をしているのが、お金持ち男性がするファッションの特徴の1つです。

 

系統は、カジュアルが多めですが、何より色や形、アイテムがほぼ同じなのです。

 

たとえば、同じブランドや形で揃えるケース、見た目は同じように見えても微妙に形の違うTシャツを何枚もそろえるといったケースなど。

 

クローゼットの中にはずらりとよく似たアイテムが並んでいます。

 

流行のファッションに興味はなく、自分の好きな形や着心地を重視します。

 

お金持ち男性がこのファッションをする理由は、服を選ぶ時間があるなら、ビジネスのことや他のことをやりたいという人が多いからです。

 

 

スティーブジョブズ氏に代表される大富豪の方が、朝に服を選ぶことによる「決定疲れ」を避けるため、いつも同じファッションをしていたことは有名な話ですよね。

 

【いつも同じファッションをしているお金持ち男性の特徴まとめ】

 

・お気に入りの組み合わせがある

 

・同じアイテムを何着も購入する

 

・1点は決して安くない

 

・ぱっと見はお金持ちに見えない

 

・ラフな感じの人も多い

 

 

 

2.奇抜系ファッション

 

奇抜系ファッションの代表は、芸能人やセレブ、スポーツ選手などです。

 

お金があまるほどあり、華やかな世界で人前に出る機会が多いことから、ファッションにも興味があるタイプです。

 

芸能人やセレブの男性がするファッションは、一般人からすると「?」がつくことが多いです。

 

奇抜なデザインや派手な色で、ゴツゴツしたアクセサリーや、スカル、ヒョウ柄なども好みます。

 

「なぜその服を選んだの?」と思ってしまうこともありますし、女性目線からするとセンスがいいとは言えません。

 

しかし、1着の価格はとんでもなく高価で、ニット1枚で数十万円とかします。

 

また、デニムやTシャツ、ダウンなどのカジュアルアイテムが多いのも特徴です。

 

ただ、難しいのが、一般の人の場合です。

 

一般人で、かつ経営者などではない奇抜系ファッションをしている人は、お金持ちだけでなく、むしろカツカツの生活を送っている人もいうことです。

 

元々ファッションにものすごく興味があると奇抜系にいきやすいのですが、稼ぎのすべてをファッションにつぎこむくらい、のめり込んでしまいます。

 

たとえば、アパレル関係の仕事をしている人は、意外と生活が厳しいことも多いです。

 

稼ぎと買う服の価格帯やアイテム数が見合っていないのですね。

 

いつも着ている服が違うお洒落好きで、奇抜なファッションが多い方は、それなりにリスキーな生活をしている可能性もあると覚えておきましょう。

 

 

【奇抜系ファッションのお金持ち男性特徴まとめ】

 

・奇抜なデザインや派手な色を好む

 

・柄はスカルにヒョウ柄、花柄、水玉、なんでもアリ

 

・デニムにはこだわりが高く、高価なヴィンテージ収集家も多い

 

・1点がとにかく高級

 

・サングラス好き

 

 

 

 

3.シンプルシック系ファッション

 

女性人気が一番高いのはこのタイプのファッションです。

 

ジャケットやシャツとデニムを合わせたり、シャツとニットを重ね着したりして、好感度の高い感じでまとめています。

 

シンプルだけど上質そうなアイテムを選び、色味を抑える傾向に。

 

黒、白、ネイビー、ベージュ、ときどきブルー系も着ます。

 

派手な色や柄物はあまり着ませんが、ワンポイントや小さな水玉、ストライプ、小花などシンプルな柄なら着ます。

 

上場企業の社員やITベンチャーの役員など、いわゆる「意識高い系」の人に見られます。

 

このタイプのファションをする男性は、奇抜系ファッションの男性より年収は低い可能性もあります。

 

シンプルシック系の年収は1,000万円〜2,000万円前後がひとつの目安です。

 

奇抜系ファッションを好む人は桁が違い、億を稼ぐ人もいます。

 

つまりは、見るからに「お金もってそう!」と思うキラキラオーラの男性は、しっかりサラリーマンとして働き、堅実な生活をしている「小金持ち」なのかもしれません。

 

【シンプルシック系ファッションのお金持ち男性特徴まとめ】

 

・上場企業社員、ベンチャー役員に多い

 

・見た目を大切にする意識高い系の人に多い

 

・私服でもジャケットやシャツなど襟つきアイテムを好む

 

・ベーシックカラーや好感度の高いブルー系がメイン

 

・スタイルがよく爽やかなモテタイプも多い

 

 

 

 

お金持ち男性のスーツスタイルについて

 

 

お金持ちの男性はビジネスをされていることも多く、その場合はスーツを着ています。

 

会うたびにスーツという方もいるくらいですね。

 

スーツが見るからに上質なものなので、そこからお金持ちかどうかを判断することもできます。

 

言い換えると、スーツにこだわることで「お金を持っている=成功している人」に見えるため、大切なポイントだということですね。

 

とはいえ、とんでもないお金持ちの中には、そもそもスーツすら着ていない人もいます。

 

Tシャツにデニムなどのラフな格好で歩いていても、どこかただモノでないオーラを出している人がいたら、資産家や、不労所得で楽しく生活している大金持ちなのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

お金持ちの人が着るスーツはどんなもの?

 

スーツを着ない大金持ちは別にして、男性はどんなスーツを着るのでしょうか。

 

男性のスーツは、どこで買うかによって年収が大体予想できます。

 

ここでは、年収別に選ぶスーツブランドを紹介していきます。

 

 

 

 

年収200〜400万円の男性が選ぶスーツ

 

年収200〜400万円は、昨今、ごく普通のサラリーマンでもあり得る年収です。

 

夫婦共稼ぎが基本の時代ですから生活は十分やっていけますが、「百貨店は高くて手がでない場所」と思うことがあるため、百貨店でスーツを買うことは多くありません。

 

プチプラスーツを購入します。

 

スーツの価格帯 

2〜3万円

 

ブランド例 

ユニクロ、Gu、ZARA、青山、スーツカンパニーなど

 

 

 

年収400〜600万円の男性が選ぶスーツ

 

家族を養っていける十分な稼ぎがある年収ゾーンですが、仕事着であるスーツにそこまでお金をかけられるわけではありません。

 

比較的お手頃なものも好みますが、ユニクロや青山はちょっと...と、見栄がある人もでてくる層です。

 

価格帯の幅が広いけれど意外と購入しやすいお手頃スーツもある、セレクトショップ系が人気です。

 

スーツの価格帯 

4〜8万円

 

ブランド例 

ユナイテッドアローズ、アーバンリサーチ、ナノユニバースなど

 

 

 

 

年収600〜1,000万円の男性が選ぶスーツ

 

この年収層は、一般的には高年収の部類に入りますが、「一般庶民の上の方」というくくりになります。

 

スーツを選ぶ際も、百貨店などに入っているメジャーなブランドのものを選びます。

 

スーツの価格帯

 8〜12万円

 

ブランド例

ポールスミス、セオリー、JOSEPH、バーバリーブラックレーベルなど

 

 

 

 

年収2,000万円以上の男性が選ぶスーツ

 

このクラスになると、ちょっとでているオーラが違ってきたりします。

 

選ぶスーツも価格の桁が違います。

 

一般の人が気軽には入りにくいお店で買うことが多いです。

 

スーツの価格帯

 30〜70万円

 

ブランド例 

バーバリー、Kiton、dunhill、Zegna、Brioniなど

 

また、既製品は選ばず、オーダーメイドで選ぶ方も多数います。

 

年齢が上がってくるほど、ブランドよりもオーダーメイドスーツに魅力を感じる傾向にあります。

 

 

 

 

 

男性のファッションで本物のお金持ち男性か成金かの違いは?

 

 

成金は本来、一代で大金を手にした人のことを指しますが、それ自体は何も悪いことではありませんよね。

 

要するに、自分一人で頑張ったのですから。

 

人から成金だと揶揄されてしまうのは、お金があることを見せびらかしているように感じられるからです。

 

ファッションにも、どうしても見栄がでてしまうのが成金の特徴ですね。

 

ここからは、本物のお金持ち男性のファッションと、成金ファッションの違いを紹介します。

 

 

 

 

成金は見るからに分かるブランド物を身につける

 

これは女性のお金持ちにも共通していますが、わかりやすいブランド物を身につけると成金ファッションだと思われてしまいます。

 

ハイブランドのロゴがこれでもか!と主張しているバッグや服は定番です。

 

特に、お金持ちになって年数が浅い人は、庶民でも知っているブランド物の知識しかありません。

 

「知る人ぞ知る」老舗高級ブランドや、オーダーメイドを選ぶより、先に分かりやすいブランドを選びます。

 

結果的に、一般の人からも成金だと分かることになります。

 

分かりやす過ぎて、高いアイテムであることは分かりものの、「お洒落だね」とはなりません。

 

本物のお金持ちは、庶民からはどこのブランドか分からないアイテムを身につけています。

 

でも、とても質がよさそうでセンスもいいです。

 

 

 

 

成金ファッションが許されるのは野球選手?

 

成金ファッションのイメージとしてわかりやすいのは、野球選手です。

 

野球選手は自分の実力だけで稼いでいる素晴らしい才能と努力の持ち主ですが、正直ファッションセンスが抜けている人は多いように思います。

 

ゴールドのごついネックレス、サングラス、ダイヤがたくさんついた腕時計...。

 

まさに「THE 成金」という感じです。

 

ただ、野球選手は夢を売る仕事ですから、分かりやすいファッションをすることで、後輩や全国の野球少年へのいい影響もあります。

成功者としての象徴的な感じがするのも、悪くありません。
 
ただし、一般の人が同じファッションをすると、ただの痛い人として敬遠される可能性もありますね。

 

 

 

 

高級腕時計のチョイスに違い

 

本物のお金持ちも成金も、時計にお金をかけることは多いです。

 

特にビジネスをされていると時間を気にしますので、時計を重視するのは自然だと言えるでしょう。

 

※関連記事

 

ただ、本物のお金持ちと成金が持つ時計には違いもあります。

 

成金は実用性よりファッション性やブランドにこだわりますが、本物のお金持ちは実用性が高いものも持っています。

 

普段はセイコーの一番いいのを使い、時間を気にせず過ごすオフの日などは、デザインが気に入っているものを使ったり、時計すら持たなかったりします。

 

 

 

 

歩き方が違う

 

 

姿勢や歩き方もファッションの一部だと考えるのであれば、本物のお金持ちと成金には違いがあります。

 

成金は、ガニマタで偉そうに歩いていて、本物のお金持ちは、姿勢よくスマートに歩きます。

 

 

 

 

スタイルが違う

 

本物のお金持ちは太っていません。

 

私が知っているお金持ちのおじさまは、50歳を過ぎてもすらーっとしたスタイルを保っていて、上質な服やスーツが本当に似合っています。

 

成金は、今までできなかったこと(いいものをたくさん食べる、豪遊する)などを一気にやろうとするため、太っていたり、肌が荒れていたりします。

 

本物のお金持ちはそんなことはもう興味がなく、健康第一。

 

もちろん、いいものを食べたり贅沢をしたりすることはありますが、それらに人生を占拠されることはないのが特徴です。

 

※関連記事

 

 

 

 

ファッションに余裕があるかないかの違い

 

全身のオーラに余裕があるのが本物のお金持ちです。

 

自分に自信があるので、ブランドをアピールしなくても、シンプルなアイテムを身につけて、ただそこにいるだけでいいのです。

 

成金の場合、上から下までブランドもので固めて完璧にしていても、決め過ぎ感がして、頑張ってるオーラがでています。

 

 

 

自分に合うファッションをするかどうかの違い

 

本物のお金持ちは物を見る目に優れており、オーダーメイドで「自分に合うこと」を重視します。

 

本物のお金持ちも成金も、同じ高級ブランドを身につけることはありますが、違いは似合っているかどうかです。

 

たとえば、急に売れた芸能人の方のファッションなどを見ると、

 

1つ1つがとても高級でお洒落なのに、組み合わせがちぐはぐで自分の体型や雰囲気に合っていないことがありますよね。

 

あれは、お金をたくさん持てるようになり、ファッションにも気を使うようになったけれど、まだ自分に合う物がよく分からないからです。

 

ずっと稼ぎ続けると、次第に自分に合うファッションを知るようになるので、本物のお金持ちになっていきます。

 

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

今回は、お金持ち男性のファッションについてのお話でした。

 

もちろん、お金持ち男性で全く違うファッションをしている方もいると思いますので、あくまでも1つの傾向として考える必要はあります。

 

とはいえ、あながち間違っていないのではないでしょうか。

 

お金持ち男性を見分けたい、お金持ち男性に見られたいという方の参考になれば幸いです。

お金持ち男性がするファッションの特徴。成金ファッションとの違いや選ぶスーツは? 関連ページ

プチプレゼント習慣でお金持ちに近づく?お金と贈り物、豊かさの循環の話
お金持ちの友人との付き合い方。お金持ちの友人と価値観があわなくて辛いなら?
お金持ちの性格がいい7つの要因。お金持ちの性格が悪いと思われる理由とは?
お金持ち女性のファッションは3タイプ!真似するコツや成金ファッションとの違いは?
お金持ちは朝食に何を食べる?お金持ちと朝食との相関関係を調査
お金持ちの1日を真似しよう。お金持ちになるためのタイムスケジュールとは?
お金持ちになって結局なにがしたいの?お金持ちになって良かったことを集めました
お金持ちが腕時計にお金をかける理由。時間はスマホでわかるのにナゼ?
お金持ちって本当に幸せ?お金持ちならではの苦労や失敗を9つ紹介
お金持ちが好む趣味って?この趣味をすればお金持ちに会えちゃうかも!
お金持ちの人が絶対に買わない「本当に無駄」なものとは?
家柄が良い女性の特徴は?これまで出会ったお金持ち女性を分析してみた
お金持ちが夜寝る前におこなう5つの習慣。お金持ちは1日の終わりに何をする?
できる人はスメハラにも気を付ける!お金持ちを目指すなら臭いも注意
「お金持ちが靴にお金をかける」の本当の意味は?お金持ちが靴にこだわる理由を考察
「普段使う物にお金をかける」がお金持ちの信条!お金を使うべきアイテムと選ぶ基準
成金と本物のお金持ちとの違いとは
お金持ちが早起きを好む6つの理由とは?絶対に早起きの方がお得だよ!
お金持ちが寝る前に絶対にやらない7つのNG行動とは?
お金のかけどころが違う?お金持ちがお金をかけるのはこんなところ!
「実はお金持ち」はこんな人。本当のお金持ちは意外と質素だった
お金持ちの7割近くが1日1時間以内しかテレビを観ない理由
首から上が印象を左右する!お金持ちの首上はどうなっているのか?

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報