自動車保険は毎年見直しをおすすめする理由。見直し方法もご紹介

自動車保険は毎年見直しをおすすめする6つの理由。見直し方法もご紹介

 

 

自動車保険は一度入って更新を続けていませんか?

 

同じ保険会社にずっと入り続け、更新を繰り返しているなら、毎年見直すことで大幅な節約が叶うことがあります。

 

管理人は長い間、同じ保険会社で更新を続け高い自動車保険料を払い続けていましたが、現在は毎年見直しをすることでかなり低い保険料で済んでいます。

 

毎年の更新で少しずつ安くなっているよと思うかもしれません。

 

でも、節約には更新よりも都度見直しが大切です。

 

ではなぜ毎年見直しすることで、自動車保険料を節約できるのでしょうか?

 

というわけで今回は、自動車保険を毎年見直しをすすめる理由と、見直し方法についてお話していきます。

 

 

 

 

理由1.走行距離ごとの保険料が各社異なるから

 

自動車の走行距離は生活環境によって変わってきます。例えば

仕事が変わって通勤距離が短くなった

習い事や学校に毎週通うようになって運転機会が増えた
子供が生まれてお出かけ回数が増えた

 

など。人生約80年、毎年毎年生活環境が全く同じという人はそうはいませんよね。

 

自動車の保険料は走行距離によって変わるので、毎年見直しすることで、その走行距離に合った保険料になります。

 

この走行距離は契約期間中であっても保険会社に申告することで、走行距離に合った保険料率が適用されることがあります。

 

ならば毎年見直す必要はないのでは?と思うかもしれません。

 

しかし、走行距離による保険料の設定は各保険会社で異なっていて、

 

「細かい区分がある」
「走った分だけ」
「走行距離無制限」

 

など、それぞれに特徴があり、その走行距離ならどの保険会社が一番お得になるのかが違うということです。

 

また、保険会社や商品によって随時走行距離の適用がされるかは異なる可能性がありますから、毎年見直してみることが必要です。

 

 

 

理由2.年齢ごとに保険料が変わるから

 

 

自動車保険料は年齢によって変わります。

 

「30歳以上補償」とか「35歳以上補償」とかあるので、34歳と35歳とでは保険料のランクが変わってくるんですね。

 

年齢が若い方が運転に不慣れだったり無謀な運転をするなどして事故が多いので、若い方が保険料が高いわけです。

 

もちろんこれは自動更新でも適用されることがありますが、この年齢によるランクや割引率は保険会社によって異なります。

 

なので、今の年齢ならA社の方が安いけれど、次の年には再見積するとB社の方が安くなる可能性があるのです。

 

例えば、「1歳刻みの保険料体系」になっている保険があります。

 

この場合、毎年見直すことで、「5歳ごと」「世代別」など、保険料体系の刻みが広い保険よりもお得になる可能性があります。

 

こういった各社の特性を毎年確認することで、年齢によっては他会社よりも安い保険に入ることができるんですね。

 

 

 

 

 

理由3.運転免許の色によっても保険料が変わるから

 

ブルーからゴールドになるなど、運転免許の色に変化があることもあります。

 

ランクがアップした方などは毎年見直しをしていると保険料が安くなることがあります。

 

なら、ランクがダウンした場合は1年超の長期契約の保険に入っていた方が良いのかと思うかもしれません。

 

基本的に免許の色は契約時にどうかによって保険料が決定されるので、契約途中で免許のランクがダウンしても、元の色のランクが適用されるからです。

 

その場合は、運転免許証以外の変更がどう保険料に影響するのかという点を踏まえて、判断されると良いでしょう。

 

 

 

 

理由4.運転する家族の環境が変わるから

 

 

「本人限定」「家族限定」など、誰が運転する可能性があるのかによって自動車保険料は変わってきます。

 

「限定」がついている場合ほど、特定の人しか運転する機会がないため保険料は割安です。

 

保険会社によっては本人限定がなかったり、「夫婦限定」などが設けているなど、サービスがそれぞれ異なります。

 

さらに家族の状況は毎年変わりますよね。

 

ですから、家族の状況によってもどの保険会社が一番お得になるのかが違ってくるというわけです。

 

 

 

 

 

 

理由5.新しい保険商品がどんどんでてきているから

 

各社自動車保険商品の内容にはそれぞれ個性があります。

 

最近はダイレクト型のネット保険が浸透しましたが、その中でも商品は全然違いますし、大手保険会社からも次々に新しい保険商品がでてきています。

 

毎年見直しをすることで、より自分にあった商品や保険料の適用を受けることができ、場合によってはかなりお得になるというわけです。

 

「どの会社も同じ」にはならないのが自動車保険の特徴ですね。

 

 

 

 

理由6.長期契約は実は安くないこともあるから

 

管理人が以前加入していた自動車保険は、3年契約の長期のものでした。

 

3年契約だから毎年の保険料が安くなる、更新手続きも3年に1回でよくてラクだったからです。

 

でも、「長期契約だから保険料が割安」は実はそうでもなくて、1年更新のネット保険の方がはるかに安いということはあり、管理人の場合もそうでした。

 

手続きの手間が少なくてラクな長期契約ですが、毎年見直しする方がお得になることがあるのですね。

 

 

 

 

 

保険料の見直し方法は「無料一括見積」がだんぜん便利

 

 

自動車保険の見積もりをするときには1社ずつ見積もりを取るのではなく、断然「一括見積」が便利です。

 

車種や年齢など指定の項目を入力することで各社への一斉見積依頼ができ、今はどの保険会社が一番お得になるのかを一気に比較できます。

 

保険会社も保険商品も数多くあるので、一括見積をもとに、ある程度目星をつけておくのが効率的です。

 

もちろんどの保険に加入するかは、保険料だけで決まるものではありません。

 

絶対に安いのが一番という人もいれば、補償内容の充実も気になるという人もいるでしょう。

 

そのあたりのバランスを、一括見積で目星をつけた会社について個別に調べていき、総合的に判断するという方法が良いでしょう。

 

 

 

 

再見積もりにもメリットが

 

一括見積は初めてされる方にはとてもメリットが大きいものなのですが、「毎年」一括見積を出す場合でもメリットがあります。

 

例えば、去年だした見積もりの内容を今年バージョンに一部修正して再見積もりを依頼する。

 

この場合でも図書カードやギフト券などの特典を受けられることがあります。

 

毎年見直しするだけで「一括見積会社からの特典」を受けることができるので、その点でも毎年見直しする意味があるということです。

 

また、一括見積をすると、毎年契約更新時期が近づいてくるとメールで教えてくれるので、更新を忘れてしまったり、早割が適用できるタイミングを逃さないというメリットもあります。

 

 

 

無料見積もりをすると保険会社から勧誘の電話がかかってくるのか?

 

 

一括見積なんてしたら、各社から勧誘の電話がかかってきて大変では?と思うかもしれません。

 

しかし、少なくとも管理人に関しては1社も勧誘の電話がかかってくることはありませんでした

 

生命保険などの無料見積の場合は資料送付や電話がかかってくることもあるのですが、自動車保険の見積もりに関してはメールですべて情報が送られてきました。

 

また、一括見積会社自体も、特定の保険会社をすすめてくることはないので、勧誘がうっとおしいという方でも良いサービスじゃないかと思います。

 

 

 

 

無料一括見積会社は複数利用がおすすめ

 

管理人は以下の2社を使って無料の一括見積を出しました。

 

一括見積を行っている会社によって「この会社は見積もり出せません。」というものがあるので、2〜3社使って見積を出されると良いと思います。

 

 

SBIホールディングス「インズウェブ」

 

 

 

SBIホールディングス「インズウェブ」のメリットは以下の通りです。

 

・最大20社からの見積もりが依頼できる

 

・利用者900万人突破

 

・初めての利用で30,035円のコストダウンに成功

 

・他保険会社からの切り替えで平均17,920円節約実績

 

・自動車見積一括比較サイトの満足度等各ランキングで第1位を獲得

 

※SBIホールディングス「インズウェブ」の無料一括見積はこちらから
↓↓↓
 

 

 

 

ウェブクルー「保険スクエア bang!」

 

 

ウェブクルー「保険スクエア bang!」 のメリットは以下の通りです。

 

・大手保険会社を含む最大19社からの見積もりが取得できる

 

・利用者数310万人突破の信頼感

 

・平均25,000円以上保険料の軽減に成功した実績

 

・見積結果が届くのが早い

 

・毎年契約更新時期が近づいてくるとメールでお知らせしてくれる

 

・再見積もりで特典ゲット(H29年は図書カードでした。)

 

※ウェブクルー「保険スクエア bang!」 の詳細確認はこちら
保険スクエアbang!/自動車保険

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

今回は自動車保険料を毎年見直すべき理由と、見直し方法をご紹介しました。

 

毎年見直すことで節約が叶う理由としては

 

1.走行距離ごとの保険料が各社異なるから

 

2.年齢ごとに保険料が変わるから

 

3.運転免許によっても保険料が変わるから

 

4.運転する家族の環境がによって保険料が変わるから

 

5.新しい保険商品がどんどんでてきているから

 

6.長期契約は実は安くないこともあるから

 

ということでした。

 

無料の一括見積を取得すると、今の自分に合うもっともコスパの良い保険を効率良く探すことができます。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

※関連記事 

車両手当って本当にお得?マイカーを仕事に使うと大損すると知ってほしい! 

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報