自転車保険とは?補償内容やメリット・注意点など自転車保険の基本を解説

自転車保険とは?補償内容やメリット・注意点など自転車保険の基本を解説

 


 ※この記事は2017/8/26に執筆しました。

 

先日、姪っ子がじぃじに立派な自転車を買ってもらいました。

 

それにともない、自転車保険の加入について家族で話題になり、「そういえば知り合いも自転車保険をすすめていたなぁ」と思い出しました。

 

その人は、自転車に「ぶつけられてしまった」側の人で、事故相手が自転車保険に加入していて補償がスムーズに受けられたとのことです。

 

というわけで今回は、自転車保険についてのお話です。

 

下記のような、割と幅広い(わちゃわちゃした?)内容でお送りします。

 

自転車保険の商品比較などはしないので、自転車保険の全体像を把握していただくのにお役立てください。

 

自転車保険とは
なぜ自転車保険が話題に?
自転車の運転にいつもヒヤヒヤ
自転車事故をなくすのは大人の責任
自転車保険にはこんなメリットも
実は自転車だけじゃない自転車保険
自転車保険の保険料は?
自転車保険はコンビニでも加入できる
自転車保険義務化について
おまけコラム:管理人が見た大阪の自転車事情
自転車保険は自転車購入時に聞いてみても
自転車保険加入時の注意

 

 

 

 

 

 

自転車保険とは

 

 

 

 

まずは自転車保険とは何かをごく簡単に説明すると、自転車事故によって起きるさまざまなリスクに備えるものです。

 

主には

 

自分がケガをしたときの補償

 

自分の運転で人にケガをさせてしまったときの補償

 

自分の運転でモノを壊してしまったときの補償

 

示談交渉や法律相談、弁護士費用などを保証

 

となります。

 

保険料を支払っておくことで、いざというときに多額の費用の支払いに困って自己破産などをしなくて済むことになります。 

 

 

 

なぜ自転車保険が話題に?

 

自転車保険に興味をもつ人が増えたきっかけと言われているのがが、神戸における小学生児童と歩行者の女性との衝突事故です。

 

坂道を駆け下りてきた自転車が女性と正面衝突し、女性が寝たきりになってしまったというものです。

 

神戸地裁が児童の母親に命じた賠償金額はおよそ9500万円。

 

ほかにも、1億円近い賠償命令がでた自転車事故はあります。

 

スマホをいじりながら自転車を運転した、夜間に無灯火で運転していたなど、運転者に責任があると判断された場合に高額の賠償金になっています。

 

運転者が未成年の場合は、その親が責任を負うことになります。 

 

 

 

自転車の運転にはいつもヒヤヒヤ

 

わたしが住む地域は車社会ですが、自転車にはいつもヒヤヒヤさせられます。

 

一時停止しない、道路を自由に横切る、スマホをいじっているなど、危険すぎます。

 

いままでに何回か、急ブレーキをかけたことがありました。

 

車対自転車の事故だと高い確率で車に非があると判断されてしまいますが、対抗車線にいる車の影から急に飛び出てこられると、とても怖いです。

 

個人的には、自転車も車同様に免許制にしてほしいと思っています。

 

これについては賛否両論ありますが、マナーやモラルの問題と片付けてしまうには、あまりに危険な乗り物だからです。

 

 

 

 

自転車事故をなくすのは大人の責任

 

 

 

 

ただ、自分が高校生のときに自転車通学していたときのことを考えると、こうなんだろうなーとも思います。

 

自分が車を運転したことがないから車から見てどう危険なのかがわからない

 

免許制ではないから事故への意識が薄い

 

事故を起こしても自分に責任があるとイメージできない

 

若さゆえに自分の運動能力を過信している

 

学校や家庭で、大人たちがいかに教育、指導していくかが大切ですよね。

 

前述した1億円近い賠償責任を負った例や、事故にあってしまった人のその後の人生など、ヘビーな内容であっても伝えていくべきだと思います。

 

また、大人自身の自転車運転のマナー向上も求められます。

 

子供は大人を見て育つもの。

 

大人がいくら注意しても、「大人だってやってるじゃん!」と言われてしまえばそれまでです。

 

自分に子供がいるいないにかかわらず、社会人としての責任ではないでしょうか。

 

自転車保険加入を検討するときは、ぜひお子様と一緒に「なぜ加入する必要があるのか」を考えてほしいと思います。

 

 

 

 

自転車保険にはこんなメリットも

 

話を自転車保険に戻しますと、自転車保険には、ケガやモノを壊したときの補償以外にも、こんなサービスが受けられます。

 

事故の相手がいわゆる「当たり屋」だった場合に弁護士に相談できる

 

自転車が壊れてしまったときに運んでくれるロードサービスも

 

自転車事故が注目されてくると同時に、「自転車側にも賠償責任がある」という認識が浸透し、ちょっとした事故でも賠償請求されてしまう可能性もでてきました。

 

もちろん、自分側に落ち度があれば責任をとらなくてはなりませんが、相手が故意にぶつかってきて、不当な請求をされてしまうリスクも増えています。

 

そんなとき、頼りになるのはやはり弁護士さんですよね。

 

ただし、弁護士費用は高額なので、保険でカバーできれば安心です。

 

もちろん、弁護士さんは、何も相手が当たり屋の場合でのみ必要になるわけではありません。

 

相手が普通の人であっても、示談が難航する場合はあるので、その場合でも当然相談できます。

 

ロードサービスは、趣味で遠出する人や、車で迎えにきてくれる家族や知り合いがいない人にとっては有り難いサービスですよね。

 

 

 

 

実は自転車だけじゃない自転車保険

 

一般的には自転車保険と呼ばれることがありますが、実は自転車だけに特化した保険というわけではありません。

 

たとえば、自動車事故にあったときの補償や、ベビーカーや車いすを人にぶつけてしまいケガをさせたとき、駅構内で倒れてケガをしたときなど、幅広い補償がされます。

 

もちろん、補償幅については、保険内容やコースによってさまざまですが、多くの自転車保険と呼ばれるものは、自転車事故に限らないという点は、見逃せないポイントです。

 

 

 

 

自転車保険の保険料は?

 

 

 

 

自転車保険は、生命保険などのように、毎月の保険料が高額で生活を圧迫するということがありません。

 

月々数百円から、高くても1000円くらいまでのものが主流です。

 

毎日食べてるお菓子を数回やめてみたり、お昼のランチを1回だけお弁当にしてみたりする、そんな程度で払えてしまう保険料です。

 

いわゆる「保険ビンボー」にならなくて済むため、自転車を使うご家庭は特に加入を検討されるといいと思います。

 

※関連記事

 

 

自転車保険はコンビニでも加入できる

 

生命保険などは、保険屋さんが説明に来てくれたり、月額保険料が高額のため、かなり時間をかけて保険を選ぶ必要があります。

 

けっこう面倒ですよね。

 

自転車保険単体で加入する場合、コンビニで申し込みができたり、スマホで簡単に手続きできたりと、加入そのものの手軽さも売りとなっています。

 

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどで加入できるようです。

 

通勤で自転車を使う方なども、お仕事帰りにさくっと加入しちゃえるのはすごいですね。

 

 

 

 

自転車保険義務化について

 

自転車保険なんてもったいないから入る必要がないという方に、義務化が進んでいるというお話を。

 

たとえば、大阪府にお住まいの方は、平成28年7月から、「大阪府自転車条例」ができたのはご存じだと思います。

 

自転車利用者の自転車保険加入義務化を含む4本を柱とした条例です。

 

もともと、全国で最初に兵庫で条例が施行されたこともあり、自転車事故全国トップの大阪としても義務化を進めざるを得なかったのかもしれません。

 

東京都では現在努力義務ですが、これから義務になる可能性は大いにあります。

 

ほかにも、大都市を中心に義務化が進んでいて、今後は全国に広がるかもしれません。

 

 

 

おまけコラム:大阪の自転車事情

 

わたしは20代の頃大阪に住んでいたことがありましたが、たしかに大阪の方の自転車利用はいろいろと問題が指摘されていました。

 

駅の自転車置き場はけっこうぐちゃぐちゃだったし、運転マナーも決していいとは言えませんでした。

 

自転車に傘を設置させる「傘スタンド」も、実際に使っている人たちを何度も何度も見たことがあり、あれは、両手があいていても危険だと感じました。

 

みなさん、けっこうふらふらしていて周りが見えていないんです。

 

ちなみに、府外の方からすると大阪人みんながやっているイメージかもしれませんが、若い方はまずやりません。

 

大阪の方って、品がないとか他人おかまいなしとか言われがちですが、全員がそうではありません。

 

礼儀正しく秩序を守り、品よく洗練された雰囲気の方も大勢いらっしゃいます。

 

テレビなどでは「おもしろオバちゃん」がよく取り上げられていますが、大阪の一部に過ぎないとお伝えしておきます。(オバちゃんは好きですが)

 

大阪を愛する府外人として...。

 

 

 

自転車保険は自転車購入時に聞いてみても

 

 

 

 

自転車を購入するタイミングで保険に加入しちゃうという手もあります。

 

たとえば、自転車屋さんと言えばで有名な「あさひ」ではオリジナル自転車保険があり、本人タイプは月150円で、個人賠償責任1億円をカバーしてくれます。

 

保険加入忘れを防ぐためにも、ついでに聞いてみてもいいですね。

 

 

 

自転車保険加入時の注意

 

さきほど、自転車保険の補償は「自転車だけじゃない」とお伝えしましたが、これは自転車で他人をケガさせたりすることが「個人賠償責任」の一つからです。

 

個人賠償責任というのは、日常生活の中で他人にケガを負わせたり、他人のモノを壊してしまったときなどの補償責任のこと。

 

自転車事故はもちろん、飼い犬が歩行人に噛み付いてケガをさせた、買い物中にお店の商品を落として壊してしまったなど、さまざまなリスクに対して賠償しなくてはなりません。

 

ですから、正しくは「自転車保険に入りましょう」ではなく「個人賠償責任保険に入りましょう」です。

 

注意点としては、この「個人賠償責任保険」は、自分では気づかないうちに、すでに入っているケースもあるということ。

 

たとえば

 

自動車保険のオプションでつけていた

 

火災保険のオプションでつけていた

 

クレジットカードのサービスについていた

 

といった可能性があります。

 

ちなみに、わたしが入居している賃貸物件では、個人賠償責任保険がカバーされている物件だったため、保険料を払うことなく補償されます。(実質的には家賃に込みなのでしょうが...

 

慌てて自転車保険を探す前に、すでに加入していないか確認しましょう。

 

個人単位ではなく、家族が誰か入っていれば補償がカバーされることが多いので、家族みんなで確認してみてください。

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

今回は、自転車保険についてあれこれとお話しました。

 

自転車保険が気になっている方、ご家族が自転車を乗る予定があるといった方の参考になれば幸いです。

 

以上「自転車保険とは?補償内容やメリット・注意点など自転車保険の基本を解説」でした!


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報