クレジットカードを賢くお得に使っていつの間にか資産形成

リボ払いって何?デメリットだらけのリボ払いなのにクレジットカード会社が推奨する理由とは

 

 

「リボ払いも可能」「リボ払いでお得に買い物しましょう」など、やけにリボ払いを推奨するような文言って多く見られます。

 

これだけリボ払いが推奨されているんだから良い制度なのでは?と感じる人もいるかもしれません。

 

でも、リボ払いってそもそも何?リスクはないの?など、リボ払いのデメリットと推奨される背景についてお話していきます。

 

 

 

 

 

 

リボ払いって簡単に言うと?

 

リボ払いというのはクレジットカードの支払方法の一つです。

 

買い物をするときの支払方法は何にしますか?と聞かれたときに、「一括で」「分割で」とか言いますよね。それらと同じく支払方法の一つとしてリボ払いというものがあるのです。

 

リボ払いの特徴は、「毎月一定の額を払うことができる」ことで、例えば3万円の買い物をしたときに毎月5000円程度の少額にして支払うことなどもできます。

 

リボ払いのメリットは「毎月一定額の支払で良いので買い物が計画的にできる」「返済計画が立てやすい」などと言われます。

 

少しずつ払えばいいならお金がなくても買い物できるってこと?と、安易に考えてはいけません。リボ払いには「手数料」があるので、トータルでの支払額は一括払いに比べて多くなってしまうのです。

 

買い物してリボ払い、また別の買い物してリボ払いを繰り返していくと、支払期間がどんどん長くなり、その期間中はずっと手数料を取られていってしまいます。

 

 

 

 

リボ払いの手数料ってどれぐらい?

 

リボ払いの手数料はクレジットカード会社によって違いますが年金利15%程度のものが多いようです。

 

今って銀行の定期預金、ネット定期など高金利と言われるものにお金を預けても0.1とか0.05とかのレベルで1%に満たないものばかりです。

 

その時代に15%って、どれだけ高い手数料になるのか想像できると思います。

 

全然お得な支払方法じゃないですよね?

 

 

 

 

支払額が毎月同じのはずなのに...?

 

 

リボ払いのメリットって、支払額が毎月同じで支払計画が立てやすいという点がありました。

 

しかし、リボ払いの種類によっては、途中から支払金額が増えていくものがあります。それは買い物の支払残高に応じて金額が変わっていく「残高スライド方式」と呼ばれるものです。

 

例えば1回目の買い物の支払途中に2回目の買い物をしてトータルでの支払残高が増えたことで、月々の返済額も増えていくという仕組みです。

 

こうなると計画が途中で崩れてしまって支払計画が立てやすいというメリットはなくなります。

 

では、残高スライド方式ではなく毎月の支払が同じになる方法を選べばよいのでは?と思うかもしれませんが、その場合は支払期間がどんどん長くなっていきます

 

期間が長引くほど手数料も同時に取られますので、どちらが良いということは一概には言えないのです。

 

 

 

 

クレジットカード会社がリボ払いを推奨するのはナゼ?

 

「リボ払いならポイントがついてお得!」「月々の支払が少なくなるリボ払いがおすすめ!」などなど、クレジットカード会社からリボ払いをすすめるダイレクトメールや広告がいっぱい入ってきませんか?

 

利用者にとってみるとリスクが高いリボ払いなのに、クレジットカード会社はなぜこんなにリボ払いを推奨してくるのでしょうか?

 

理由はとても簡単で「クレジットカード会社が儲かるから」です。

 

クレジットカード会社は、買い物先のお店から加盟店手数料とカード利用者からの手数料という2つのところから利益を得ています。

 

しかし一括払いのように手数料を利用者からとれない場合、クレジットカード会社の利益はお店からもらう加盟店手数料のみになってしまいます。

 

そのため、リボ払いや分割払いで利用者から手数料を取ることでクレジットカード会社が儲けようとしているのです。

 

「計画的に買い物できますよ」「毎月一定額の支払で済みますよ」は、利用者のためのことを考えた優しい言葉のように聞こえて、自分たちが儲けようとしているだけなんですね。

 

 

 

「リボ払いにすればポイント付与しますよ!」には注意

 

 

クレジットカードなどによっては、「リボ払いならポイントがついてお得ですよ」という広告が入ってくることがあります。

 

近年はポイント社会で、ポイントがつくならラッキーと、気軽に飛びつきやすいのですが、前述したようにリボ払いには手数料がかかりますから場合によってはポイント付与額を簡単に上回ります

 

ポイント付与は魅力的かもしれませんが、リボ払いってつまりは借金です。

 

借金をしてまでそのポイントが必要なのかは考えてみてもいいと思います。

 

 

 

 

リボ払いって絶対に使わない方がいいの?

 

リボ払いって欧米では一般的とか、上手に使えば大丈夫とか、利用者を安心させるような文言が並びます。でも、要は金利が高い借金と同じなのでかなりリスクが高い支払方法だと思っておくのが無難です。

 

個人的には絶対に使わない方が良いと思っています。

 

ただ、数万円の買い物をたった1回リボ払いにしたからと言って即借金地獄ということではありません。

 

リボ払いを利用して支払が終わるまでの間に、クレジットカードを一度も使わなければ、手数料を払いながらも支払残高は減っていくでしょう。

 

問題なのは、1度リボ払いをした人が、それから一度もクレジットカードを使わないということが果たしてどれぐらいあるのかということです。

 

恐らく、使わないという人の方が少ないのではないでしょうか?

 

 

 

 

リボ払いをいつも利用するという人の借金地獄

 

リボ払いが癖になっていていつも利用するという人は借金地獄に足を踏み入れています。

 

毎月の支払額が一定だとしばらく生活は安定して安心できるかもしれませんが、その支払が終わるまでに別のリボ払いを利用すれば、永遠に支払が終わることはありません。

 

定額であっても支払期間が延びれば、元々の支払分が終わっても手数料だけは残って払い続けることになりますし、残高に応じて支払額が増えていくスライド方式のリボ払いであれば日々の生活を圧迫します。

 

たった10万円だったらすぐに返せるだろうと安易に考えて、一向に返済が終わらないという人はお金を貯めるどころではなくなってしまいます。

 

 

 

リボ払い残高があると他にもデメリットが

 

 

リボ払い残高があると、支払が続くということの他にもデメリットがあります。

 

新しくクレジットカードを作るときにはカード会社の審査が入りますが、個人のクレジットカード支払状況などを調べて「リボ払いをしている人」「リボ払いの残高が利用枠に達している人」が分かるそうです。

 

リボ払い専用カードであれば一発で分かりますし、毎月定額の支払履歴などから判断することもできるようですよ。

 

リボ払いをしていてもきちんと支払っていればカード審査に即落ちるということはないのでしょうが、支払残高が多く収入に見合わない買い物をしていると判断されれば、新しくクレジットカードを作ることは難しくなるでしょう。

 

他にも住宅ローンを組むときはリボ払いは一括で払い終わってからでないと銀行からお金を借りることができないということもあります。

 

よくよく考えれば当たり前ですよね。借金がある人にお金を貸すことのリスクは高すぎます。

 

 

 

リボ払いをしている人は今すぐ繰り上げ返済を

 

便利だと思ってリボ払いをしてしまった...という方は、今すぐ繰り上げ返済をすることをおすすめします。

 

例え一旦貯金がなくなっても、トータルでの支払額を抑えて無駄な手数料を支払わない方が結果的にお得です。

 

支払残高が多すぎて貯金だけでは繰り上げ返済ができないという、「まずい状態」の方は、親や兄弟から借金してでも払ってしまった方が良いです。

 

そして今後はリボ払いをしないと払えないようなものは買わないで、お金が貯まってから買うんだという目標を立てるようにしましょう。

 

 

 

最後に

 

 

いかがでしたか?

 

今回は、リボ払いのデメリットと推奨される背景についてご紹介しました。

 

リボ払いのメリットって「計画的な利用ができること」と言われますが、個人的にはそんなとってつけたようなメリットは何のメリットでもないと思っています。

 

そもそも計画的に買い物できる人が、お金がないのに高いものを買うのかとも思いますし、無駄な手数料を支払うということをするとは思えないからです。

 

クレジットカード会社の人だって、「自分たちは絶対にリボ払いを使わない」ようにしているのです。でも利用者には勧めるのは「会社から勧めるように言われているから」なのです。

 

その背景を知れば、リボ払いという選択はしないということができるのではないでしょうか?

 

というわけで、資産形成の道はリボ払いをやめるところから。一歩ずつ歩き出していきましょう。

リボ払いって何?デメリットだらけのリボ払いなのにクレジットカード会社が推奨する理由とは 関連ページ

デビットカードって何?クレジットカードや現金との違いやメリット・デメリット

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報