クレジットカードを賢くお得に使っていつの間にか資産形成

デビットカードって何?クレジットカードや現金との違いやメリット・デメリット

 

 

CMなどでもよく聞くデビットカード。

 

クレジットカードとの違いがよく分からない、デメリットはないのかなど気になる人もいるかもしれません。

 

今回は、デビットカードの特徴や、メリット・デメリットについてご紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

デビットカードって?

 

デビットカードというのは、クレジットカードと同じような方法で現金がなくても買い物できるカードです。

 

銀行口座からの即時引き落としのため、銀行口座残高が買い物金額分あれば利用が可能で、支払回数も1回のみとなっています。

 

クレジットカードと現金払いを合わせたようなカード払いの方法で、キャッシュカードやプリペイドカードと同じような感覚だという人もいます。
※キャッシュカードをそのまま支払に使えるJ-Debitというものもあります。

 

上戸彩さんのVISAデビット♪のCMが印象に残っているという方も多いかもしれませんね。あのCMでも、デビットカードのメリットを歌っています。VISAだけでなく他のブランドのデビットカードもあります。

 

 

 

デビットカードのメリットとは?

 

 

では、デビットカードにはどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

 

 

使い過ぎて請求が心配ということがない 

 

デビットカードがクレジットカードと大きく違うのは、「クレジットが発生しない」という点です。クレジットの意味は貸付とか信用とかの意味があって、言い方を変えるとあれは「前借り」のようなものですよね。

 

今現在お金がなくても、「来月入ってくるであろうお給料で先に買い物できちゃう」のがクレジットカードです。

 

しかし、デビットカードは今お金がなくては使うことができません。ただそのお金が現金である必要はないわけです。

 

銀行口座にお金があれば、デビットカードで支払すると口座から即時引き落としになります。

 

なので、後先考えず買い物でカード払いにして請求がきたときに困るというようなことがないのです。その点が現金と似ています。

 

家計管理がしやすいというのは大きなメリットですね。

 

 

クレジットカードと同じようにポイントがつく

 

今銀行口座にお金がなければ使えないなら、現金でいいじゃないかと思うかもしれません。

 

ただ、現金の場合は全くポイントや還元がありませんが、デビットカードであればポイントや還元を受けることができるのです。

 

現金払いよりもお得になるというわけですね。

 

 

 

 

現金の引き出し手数料がかからない

 

現金を引き出す際にはATMを使います。営業時間内であればいいですが、時間外に引き出す場合には引き出し手数料がかかります。

 

それが現金を引き出すときのデメリットの一つです。

 

その点、デビットカードであれば現金を引き出す必要がないため、ATM時間外の利用でも手数料がかかりません。手数料という無駄なお金を使わなくて済むというわけですね。

 

現金がなくても、クレジットカードと同じようにカードを提示して買い物をし、サインをして支払完了という流れです。

 

 

 

不正利用に気付くことができる

 

クレジットカードを使うときに不正利用などが分かると、カード会社から「やけに多い金額が請求されていますけれど、こういう買い物しましたか?」という問い合わせをしてくれることがあります。

 

私は以前カード会社からこういう問い合わせがきたことで不正利用に気づき、高額の引き落としを免れることができました。

 

デビットカードの場合、登録すれば使ったときにすぐ利用通知が登録アドレス宛てにくるため、身に覚えがない利用の場合は気づくことができます。※カードのブランドにもよる可能性があります。

 

また、デビットカードの支払は買ったそのときなので、クレジットカードの場合に比べて早めに不正に気付くことができます

 

クレジットカードは請求が起きてから確認という風に時間差が生まれてしまうので、「先月の何日頃にカードを使いましたか?」と聞かれてもなかなか思い出せないことがあるんですよね。

 

デビットカードは即時引き落としなのだから気づいたときには手遅れでは?と思うかもしれませんが、不正利用の分に対してはカード保有者が支払責任を負わないということが可能です。※金融機関の要件を満たせば

 

さらに支出の確認ができるという点でも利用通知がくるのはメリットが大きいですね。

 

現金の場合はレシートを捨ててしまえばそれまでですが、メール通知がくればそれを元に家計簿をつけることもできます。

 

 

 

クレジットカードを作りたくない・作れないという人の不便を減らす 

 

現金は確かにポイントがつかないけれど、自分のずぼらな性格的に使い過ぎが気になる...という理由で敢えてクレジットカードを持たず現金払いのみで生活しているという人もいます。

 

それはそれでご自身の性格的なことも考慮されてのことなので、間違ってはいないと思います。

 

ただ、ネットで何か買いたいと思ったときに、現金派の人は損してしまうことも多いです。

 

代引きやコンビニ払いだと、手数料を取られることがあるからです。クレジットカードなら手数料無料、それ以外の支払方法は数百円の手数料あり、という場合はけっこうあります。

 

そういう人はデビットカードであれば、クレジットカードと同じように手数料なしでネットショップの利用ができ、さらに使い過ぎも防げるので安心です。

 

また、クレジットカードのように信用審査がないので、何らかの理由でクレジットカードが作れないという人もデビットカードなら作れます。

 

こういった人たちの、クレジットカード払いができないという不便をなくすという点でデビットカードが役立ちます。

 

 

 

 

デビットカードのデメリットって?

 

 

では、デビットカードを使うにはどんなデメリットがあるのでしょうか?

 

ポイントや還元率がクレジットカードと比べて低い

 

先ほど、現金にはつかないポイントがデビットカードではつくというメリットをお伝えしました。しかしクレジットカードに比べるとポイントや還元率が低いということがあります。

 

クレジットカードをきちんと管理ができて、使い過ぎたりしないという場合はクレジットカードの一括払いの方がメリットが大きいかもしれないですね。

 

ただし、家計管理のため現金払いをしていた日用品などをデビットカード払いにするのであれば、現金に比べてポイント還元などでお得になります。

 

クレジットカードの代わりではなく現金の代わりに使ってみるという選択がよさそうです。

 

 

 

ガソリンスタンドや高速道路で使えないことがある

 

デビットカードはガソリンスタンドや高速道路で使えないことがあります

 

車の運転をすることがあるという人にとっては、デビットカード1枚だけでは足りず現金やクレジットカードとの併用も必要になります。

 

もちろん、ガソリンスタンドや高速道路以外にも、各店舗によって利用できないということはあります。

 

支払前に利用が可能かどうか確かめることは必要ですね。

 

 

 

銀行口座残高があれば際限なしに使えてしまう

 

クレジットカード払いであれば利用限度額が決められているから逆に使い過ぎを防げるのでは?という意見もあります。

 

確かにデビットカードは銀行口座にお金さえあれば特に限度なく使えてしまうという点で、「現金でも使い過ぎちゃう人」にとっては使い過ぎを防げるとは言えないかもしれません。

 

そのレベルにまで達してしまっているという人は、利用限度額を設定しましょう。多くのデビットカードでは利用限度額を決めることもできますから。

 

万が一不正利用などの被害にあった場合も、被害額を最小限に抑えることができるので、利用限度額の設定が可能であればしておくと良いかもしれませんね。

 

 

 

まとめ

 

今回ご紹介したデビットカードのメリット・デメリットをまとめると下記のようになります。

 

【メリット】 

即時引き落としのためクレジットカードのように使い過ぎを防げる
ポイント還元などで現金払いよりもお得に買い物できる
現金のATM引き出し手数料を節約できる
利用通知で不正利用への気付きが早い
クレジットカードを持たない・持てない人の不便さをなくす

 

 

【デメリット】

クレジットカードに比べてポイント還元率が低いことがある
ガソリンスタンドや高速道路など一部使えないときがある
銀行口座の残高があればいくらでも使えてしまう可能性もある

 

デビットカードは日本で海外ほど浸透していませんが、ご自身の適性や使い方次第では安全にお得に利用できるよいツールだと思います。

 

個人的には、クレジットカードを使いこなせるほど家計管理ができる自信がない人や、クレジットカードを作れないけどポイントを得たいという人におすすめだと思いました。

 

自分に合いそうと感じる方は利用されてみてはいかがでしょうか?

デビットカードって何?クレジットカードや現金との違いやメリット・デメリット 関連ページ

リボ払いって何?デメリットだらけのリボ払いなのにクレジットカード会社が推奨する理由とは

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報