交際費とお金の関係

お金を貯めたいなら飲み会は一次会までが鉄則。その理由とは

 

 

 

仕事の付き合いで飲みに行く機会は社会人であれば多いと思います。

 

また、なかなか断れない飲み会というものも存在しますよね。

 

でも、全部の飲み会に参加し、さらに二次会以降までノリノリに参加しているという方はお金がなかなか貯まりません。

 

飲み会に行くのは良いけれど、一次会で十分なのです。その理由についてご紹介します。

 

 

 

 

 

 

「付き合いが大事」は一次会で果たされる

 

会社の飲み会はなかなか断りづらいことってありますよね。

 

断ってもいいんだけど、断ったら「付き合いが悪い人」って思われて仕事にも影響でないかな?とか、考えちゃうと思います。

 

私が働いていた職場は、飲み会を断ったから仕事の話もできなくなる、そんな変な人はいなかったので良いですが、中にはいろいろ言ってくる人もいるようですね。

 

確かに会社の飲み会には、普段話ができない人とも話すことができたり、交流を深めて仕事にも良い影響を与えることができるというメリットがあります。

 

すべてを断るのはできれば避けた方が良いかなと思います。

 

でも、このメリットは一次会で十分すぎるぐらいに果たされます

 

一次会を参加すれば嫌味な人に「付き合いが悪い」と言われることもないですし、飲み会の次の日に「昨日はお疲れさまでした。楽しかったですね。」という会話を社内ですることだってできます。

 

本来の目的である「仕事を円滑に行うためのコミュニケーション」は十分に取れるのです。

 

 

 

 

二次会以降は酔っ払いばかりで覚えていない人も

 

反対に、会社の飲み会で二次会に行くメリットってほとんどないと思います。

 

単純に楽しい、夜遊びしたい、そういうことを除いては。

 

もちろん、仲の良い友達同士などの集まりでは別です。

 

だって大好きな人たちと長くいる時間そのものが大切ですものね。

 

二次会ともなると、大抵酔っぱらってくる人が多くなって、仕事に必要なコミュニケーションという枠からは外れています。

 

酔っぱらって覚えていない会社の人を相手にして、一体何のメリットがあるというのでしょうか?

 

 

 

飲み会代以外のお金がかからない

 

飲み会に参加すると当然お金がかかりますよね。

 

一次会も二次会もすべて会社負担、そんな太っ腹な会社であれば別ですけれど。

 

大抵飲み放題コースなどで3,000〜5,000円ぐらいはかかるのではないでしょうか?

 

一次会だけの参加であればこの金額だけで済みますが、二次会以降に参加するとそれ以外にもかかるお金があります。

 

まず二次会の飲み代、カラオケ代などですね。少なくとも2,000円〜はかかると思います。

 

次にバスや終電がなくなります。

 

終電に間に合ったとしても、二次会でヘロヘロになった状態で乗るのが面倒でタクシーを選んでしまう、という場合もあります。

 

会社の定期や数百円の交通費で済んでいたのが数千円プラスかかるんですね。

 

さらに、酔っぱらって理性がなくなると、駅やコンビニでスイーツなどを買ってしまうという人も割と多いです。

 

普段だったら節約のために我慢している高めのスイーツも、酔っぱらっていると買ってしまうんですよね。

 

酔っぱらって家に帰って、ネットショッピングしちゃうなんて人もいますよ。これはかなり危険ですね。ある日知らないものが届く恐怖...。

 

これらをすべて合わせると、一次会だけの参加に比べてかなりのお金がでていくことがわかります。

 

 

 

 

一次会で失礼すれば次の日も朝から時間が有効活用

 

一次会で21時とか22時ぐらいには帰宅することができれば、酔いもほどほど、しっかり寝支度をして、次の日の朝もしっかり起きることができます。

 

特に金曜日の夜に飲み会があるという場合が多いですが、次の日の土曜日も朝から時間が有効活用できます。

 

平日は仕事で忙しくてできない好きなことに時間を使えますし、副業で収入をプラスにすることだってできちゃいます。

 

一方二次会以降も参加した場合、次の日は昼まで寝ているという人も多いです。

 

下手したら夕方まで?時間は有益なので、とっても勿体ないですね。

 

 

 

 

 

飲みすぎは健康に悪いから医療費もかかってしまう

 

二次会まで参加してベロベロになるのが好きという方は、お酒が大好きなのかもしれませんね。

 

お酒は適量であれば良いのですが、ご存じの通り飲みすぎは体に毒です。

 

健康診断などで異常があって再検査、を毎年繰り返していませんか?

 

放っておくと仕事を休職して療養しないといけないなんて症状がでてくる可能性があります。

 

休職中は経済的に厳しくなります。

 

健康保険では賃金のすべてをまかなうことはできませんし、休職中であっても社会保険料は引かれますよ。手元に残るお金のそれはそれは少ないこと、貯金を切り崩すしかありません。

 

※関連記事

絶対に禁煙したくなる!お金を得たいならまずタバコをやめよう
お金がないほど太っていくのはナゼ?その不思議を解明
良い眠りがお金を呼ぶ!?お金と睡眠の関係とは 

 

 

 

 

一次会だけに行く人と二次会以降も行く人の貯金額は大きく違う

 

毎月1回の会社の飲み会を、一次会だけで済ます人と二次会以降も行く人では貯金額に大きな差が出てきます。

 

出費はをまとめると、例えばこんな感じです。

 

二次会以降も参加していたのを、一次会だけに抑えれば、毎月5,000円〜9,000円も貯金にまわすことができます。

 

年間では10万円以上も。

 

しかも健康的でストレスもなく、です。

 

  飲み代、カラオケ代 その他 合計
一次会のみ参加 5,000円 定期のため交通費0円 5,000円
一次会、二次会に参加 7,000円 タクシー 3,000円、スイーツなど1,000円 11,000円
三次会まで参加 10,000円 同上 14,000円

 

 

 

 

一次会も行く行かないを判断しよう

 

ここまで会社の飲み会は一次会だけにするべき理由をご紹介しましたが、貯金体質の人って、一次会ですらすべては参加しません。

 

もちろん、歓迎会や送別会など参加すべき飲み会はしっかりと参加し、あとは惰性でやっているような飲み会などを不参加にします。

 

回数で言ったら、2回に1回は参加すれば十分、3回に1回でも良いような気がします。全部不参加だと「人付き合いをする気がない」と思われる可能性がありますが、たまに参加すれば、参加する意志を示すことができるからです。

 

※関連記事

1月は出費のオンパレード!ケチケチしたくないけど散財に要注意 
わたしがLINEをやらない理由。今だから考えたいLINEとの向き合い方 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?今回は、会社の飲み会は一次会までが良い理由をご紹介しました。

 

もちろん、会社の人付き合いが大好きで、会社の人とずーっと一緒にいたいぐらい仲良し、それを取ったら何の楽しみもないという方は別に良いと思います。

 

でも、もっと大切なプライベートがある、そしてお金もしっかりと貯めたい、そんな風に感じている方は、まずは二次会をやめてみる、そして一次会も参加不参加を見極める、そうして上手に交際費を管理していきましょう。

 

1回あたりの金額が大きい飲み会代ですから、貯金への効果は大きいですよ!ぜひ参考にしてみてください。


HOME プロフィール ご挨拶 最新情報