母の日のプレゼント何にする?節約中でも低予算でも渡せる贈り物

母の日のプレゼント何にする?節約中でも低予算でも渡せる贈り物

 
 ※この記事は2018/4/14に加筆・修正しました。

 

母の日のプレゼント。

 

日頃の感謝の気持ちをこの日だけは表したいと考えている人も多いのではないでしょうか?

 

とはいえ家計が厳しい場合に高いものは買えないものです。

 

そこで今回は、節約中の場合の母の日のプレゼントについて考えてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

母は何をもらったら喜ぶのか

 

そもそも、お母さんたちはどんなプレゼントをもらうと喜ぶのでしょうか?

 

「YAHOO!ショッピング」が2016年に行ったアンケートによると、「母の日に子供からされて嬉しいこと」の上位3つは以下の通りだそうです。

 

1位 感謝の言葉をかけてもらう 59%

 

2位 家事を手伝ってもらう 42%

 

3位 花をプレゼントしてもらう 28%

 

(対象女性2000人 2016年2月スマートアンサー調べ)

 

参照:YAHOO!ショッピング 2016年母の日本音調査より

 

 

 

 

母はモノより気持ちが嬉しいがもらうなら「花」がいい

 

以下、その他のアンケート結果です。上記参照元より
 

 

 

 

お母さんたちは、モノよりもやっぱり気持ちが欲しいんだなと実感するアンケート結果ですね。

 

もしモノをもらうなら「お花」が一番うれしいということも分かりました。

 

 

 

 

夫からも感謝の言葉が欲しい

 

ちなみにモノをくれる相手が「夫」の場合は...

 

 

 

 

1位は感謝の言葉で41%、家事を手伝ってもらうが37%、家族での食事・旅行と自由時間が同率33%でした。

 

相手が夫であれば絶対高いモノが欲しいのでは?という意地悪な見方をしていましたが...

 

感謝の言葉を掛けてもらうのがやはり嬉しいのですね。

 

ちなみに、お花を含む「モノ」をプレゼントしてほしい人の割合は、子供82%に対して夫114%なので、やっぱり夫には多少モノを期待する傾向にあるのかもしれません。

 

 

 

 

そうはいってもモノをもらうと嬉しいのが女心

 

このアンケート結果から「母って感謝の気持ちを掛ければ十分なのね」と思うのは早計です。

 

なぜならこのアンケート、複数回答ありなのです。(合計割合が100%ではない)

 

そうなると「感謝の言葉プラス何かプレゼントがあるとなお嬉しい」というのがやっぱりお母さんたちの本音なのでしょう。

 

 

 

 

 

母の日のプレゼント相場ってあるの?

 

母の日コムが行ったアンケートで「今年の母の日のプレゼントのご予算は?」という質問に対しての結果、

 

母の日のプレゼント相場は「3,000円〜4,999円が全体の35.9%」、「3,000円未満が全体の33.4%」となりました。

 

※参照:母の日コム「贈る人」「もらう人」アンケート結果

 

ざっくりまとめると3,000円〜5,000円が大体の予算相場のようですね。

 

とはいえ、毎月のお小遣いが2万円しかないお父さんや、節約中なのに義母にも実母にもプレゼントをあげたいお嫁さんは、上記相場の金額を捻出するのは厳しいかもしれません。

 

そういう場合は何をプレゼントしたらいいでしょうか?

 

次項からは節約中に母の日のプレゼントを贈るコツや方法を紹介します。

 

 

 

 

 

心を込めて手作りにする

 

 

相手が家族であれば、手作りのものは心が込もっていて嬉しいですよね。

 

「毎日毎日食事の支度をしていてうんざり...」というお母さんも多いでしょうから、食事の支度を代わってあげるのも手。

 

簡単なものでもいいですが、手の込んだ料理であればより嬉しいと思います。

 

手料理だったら工夫次第で食材費を3,000円未満に抑えることは十分に可能です。

 

手料理をすると大変という場合は、手作りのお菓子も方法です。

 

100円均一などで売られている可愛いラッピングを利用すれば、見た目が豪華でプレゼントっぽくなります。

 

日持ちする焼き菓子であれば離れた場所に住んでいるお母さんにも渡しやすいですね。

 

お菓子の材料費ならラッピング代を入れても1,000円以内にすることも可能です。

 

 

 

 

お菓子作りは苦手だけどスイーツを贈りたい方は

 

お母さんはいつも疲れているはずなので、基本的にスイーツは喜ばれます。

 

わたしのようにお菓子作りが苦手な方は、買ったものをあげてもいいと思いますよ。

 

安くておいしいお取り寄せスイーツをいくつか紹介します。

 

 

 

ラ・ファミーユの「真っ黒チーズケーキ」

 

これは、母ではなく父に贈ったらとても喜ばれたものです。

 

いつもは電話なんてかけてこない父ですが、チーズケーキがとても美味しかったと、わざわざ電話をくれました。

 

  

 

販売元:ラ・ファミーユ 

 

価格:Sサイズ1,200円   Mサイズ1,800円 (各税抜)

 

Sサイズは1,200円なので、お金をかけられない方にもおすすめですし、パッケージがお洒落で可愛いので、ギフトにも向いています。

 

量は、Sサイズでも1人だとかなり多くて、1度では食べきれないかもしれません。

 

ラ・ファミーユは、味がとても美味しいことと、お取り寄せスイーツのお店の中では価格帯が良心的で、オンラインショップ会員になるととてもお得な割引が受けられることが多いので、よく利用します。

 

 

 

 

伊藤久右衛門の「みどりあはせ」

 

女性は高い確率で抹茶スイーツが好きです。

 

わたしの母も大好きでした。

 

抹茶スイーツは京都の伊藤久右衛門が有名で、学生時代京都に住んでいたわたしには馴染み深いお店。

 

伊藤久右衛門は本当にどれも美味しいのですが、今回は宇治抹茶バターサンド「みどりあはせ」をおすすめします。

 

 

販売元:【伊藤久右衛門】 

 

価格:972円(5個入り)

 

こちらは、5個で972円というお手頃価格と、高級感のある見た目がおすすめポイントです。

 

抹茶スイーツはいろいろありますが、バターサンドは珍しくてあまり見かけないのもいいです。

 

中に黒豆が入っていて食感を楽しめ、抹茶の深くていい香りが広がります。

 

伊藤久右衛門は毎年母の日ギフトに力を入れていて、送料無料のセットが多いので、いろいろなものを贈ってあげたい方はこんなセットもあります。

 

 

 

販売元:【伊藤久右衛門】 

 

価格:4,199円(税込)

 

 

 

 

 

ルタオの「ドューブルフロマージュ」

 

有名なので食べたことある方も多いかもしれませんが、やはり一度は食べておきたいのが北海道のルタオです。

 

チーズケーキ好きの友人に贈ったらとても喜ばれました看板商品のドューブルフロマージュは、実は意外とお手頃価格。

 

単品だと以下の価格ですが、ショコラとのセットでも3,000円台です。

 

 

 

販売元:小樽洋菓子舗ルタオ 

 

価格:1,728円(税込)

 

ルタオも母の日ギフトが充実しています。

 

こんなお花とのセットもあるので、予算がもう少しかけられそうな方や、スイーツかお花かを選べない方にはおすすめです。

 

 

 

価格:4,600円(税込)

 

母の日ギフトは、ものによって送料無料や送料割引になっています。

 

上の画像のタイプは送料無料です。

 

 

 

 

 

一緒にランチならディナーより低予算で済む

 

手作りよりやっぱり食事に連れていってあげたい...でも、外食ってやっぱりお金がかかりますよね。

 

それもちょっといい場所で、お母さんの分だけでなく、一緒に行く家族の分もとなると何万円もが一気に吹き飛びます。

 

であれば、やっぱりランチがおすすめです。

 

ランチならディナーに比べてかなり価格は控えめですし、そんなに高いお店でなくても、お洒落なカフェでも良いと思います。

 

お店探しで利用するなら、無料登録キャンペーン実施中【ぐるなび】は低価格路線のお店、一休の記念日レストラン は特別感のあるお店を探すならおすすめです。

 

お店と価格をしっかり比較検討しながらお店探しをしてみてください。

 

 

 

 

 

 

女性はやっぱりお花が好き

 

お母さんに贈るならやっぱりお花が喜ばれそう...これは、先ほどのアンケート結果を見る前から思っていました。

 

自分も女性なので、お花は嬉しいと想像ができます。

 

特に日持ちする鉢植えや、ブリザーブドフラワーが喜ばれるそうですよ。

 

私の姉や友人ママたちもそう言っていました。

 

というわけで、ここからは母の日の王道ギフトであるお花について少し掘り下げていきます。

 

 

 

 

 

可愛くて喜ばれる!おすすめのお花ギフトを紹介

 

まずは、3,000〜5,000円の予算内におさまり、個人的に素敵だと思ったお花ギフトをピックアップして紹介します。

 

 

お手入れ不要のガラスドーム入り

 

こういうガラスドームに入っているプリザーブドフラワーなら、ホコリがつかずお手入れが楽なのでもらう側としては嬉しいポイントです。

 

 

 

 

このシリーズは誕生日カラーを選べるのがおすすめポイント。

 

お母さんの誕生日カラーや好きな色を選んであげると喜ばれると思います。
 
販売元:プリザーブドフラワーの通販サイト「お花ソムリエ」 

 

価格:2,400円(税抜)

 

 

 

 

動物好きのお母さんにはお花でできた動物

 


こちらは動物のプリザーブドフラワー。

 

 

 

販売元:ギフトデお花屋さん

 

価格:4,095円(税抜)

 

このお店は動物やキャラクターのお花アレンジ専門店で、生花とブリザーブドフラワーを扱っています。

 

動物好きなお母さんには喜ばれると思います。

 

生花の母の日バージョンはこんな感じ。

 

 
 
販売元:ギフトデお花屋さん

 

価格:4,000円(税抜)

 

  

 

 

 

シンプルで大人っぽいものが好きなお母さんにはフラワーボックス

 

もう少し大人っぽいタイプを贈りたい方はフラワーボックスがおすすめです。

 

箱の中に生花のアレンジメントが入っているので、箱をあけた瞬間の驚きがあります。

 

以下の標準版シリーズは、ちょうど母の日予算で買いやすい価格。

 

  

 

販売元:フラワーボックス【フローリストクラウン】 

 

価格:2,800円(税抜) ※通常は3,500円ですが、今は20%オフです。

 

ほかにも、4,000円、5,000円、10,000円セットがあります。

 

ただし、1日10セット限定なので、母の日に贈りたい場合は早めに予約した方がいいと思います。

 

 

 

 

 

 

お金がないけどお花を渡したいという人は

 

 

お金がない、でもお花をあげたい...という方もいますよね。

 

そんなときに意外とおすすめなのが、墓地の近くにあるお花屋さんでお花を買うことです。
 
墓地近くのお花屋さんは大量仕入れしているためお花の価格が低めで、スーパーなどに比べても比較的状態の良いものが売っています。

 

それを、100円均一で売っているラッピングで花束風にすると、数本でも可愛く仕上げることができますよ。

 

墓地近くのお花屋さんと言っても、別にお墓にお供えしたお花を渡すわけでないですしね。

 

わたしはけっこう自宅に飾るお花を買ったりもしますよ。

 

もちろん、菊だけではなくて、カーネーションやバラ、チューリップなどの人気のお花も普通にたくさん売ってますよ。

 

※関連記事

お金をかけずに花束を!トータル1000円以内で不器用でも簡単お洒落なラッピング 

 

 

 

 

 

ところで母の日にカーネーションを贈る理由って?

 

母の日にカーネーションを贈るのってそもそも何でだろうね?と家族で話題に上ったのでインターネットで検索したところ...。

 

以下はベルメゾンネットからの引用です。

母の日にカーネーションを贈るきっかけを作ったのは、アメリカ人の少女アンナ・ジャービスです。
亡き母のために白いカーネーションを配ったことから、母の日にカーネーションを贈る習慣ができました。

 

(中略)

 

日本に母の日の習慣が伝わった当初は、赤と白のカーネーションを区別して贈っていました。しかし、母がいる子といない子とで区別することにも配慮すべきとの声もあり、赤いカーネーションを贈る習慣が一般化していきました。

 

参照:ベルメゾンネット公式HPより

 

母の日にカーネーションを贈るのは日本が発祥じゃないということと、健在の母親に白いカーネーションを贈ってはまずいということが分かりました。

 

最近はいろんな色のカーネーションがありますが、白は避けるのがよさそうです。

 

 

 

 

 

 

いいものをあげたいなら兄弟姉妹共同で

 

ここから、節約中のギフト選びのコツに話を戻します。

 

私はよく姉夫婦と一緒に父の誕生日プレゼントを選ぶことがあります。

 

予算的になかなかよいものをあげられないという方は、複数人でお金を出し合ってまとまった金額にするのがおすすめです。

 

3,000円〜5,000円という金額だと、買えるものが限られていつも同じようなものになってしまうこともありますよね。

 

そのときは、兄弟姉妹に聞いてみてもよいと思います。

 

義母へのプレゼントなら、配偶者の兄弟姉妹たちとも協力すればかなりの金額になります。

 

 

 

 

共同ならたとえばどんなアイテムが贈れる?

 

たとえばこんな華やかなお財布は母の日っぽくて素敵です。

 

共同ならば一人あたりの負担を少なく渡せます。

 

 

 

 

販売元:AETHER(エーテル) 

 

価格:各27,000円(税抜)

 

 

車を運転するお母さんならキーケースは良いものでも気軽に渡しやすいです。 

 

 

 

 


販売元:AETHER(エーテル)

 

価格:11,000円(税抜)

 

※関連:日傘も母の日のプレゼントにおすすめです。

今買うべき日傘比較。日傘選びのポイントと遮光率100%のコスパ抜群日傘を紹介 

 

 

 

 

 

成人男性の肩たたきは実は嬉しい

 

「でもマジでお金がなくてお花もプレゼント買えないし、料理も作れないし...」という男性の方は、肩たたき券がおすすめです。

 

子供かっ!という突っ込みはさておき、「力がある成人男性の肩たたき」の威力は絶大です。

 

お母さんが毎日エステ三昧、家事も仕事も何もしてない、という人でなければ、大抵の人は肩は凝っているはずです。

 

女性の肩たたきは力がなくて物足りないことがあるので、男性の肩たたきは、肩こりお母さんにはとても喜ばれるはずです。

 

もちろん、力に自信があるなら女性でもOKです。

 

 

 

 

 

 

お金も時間もないなら手紙一つでも

 

 

お金もない、料理も肩たたきをする時間もないなら、手紙一つでも母は喜びます。

 

特に普段離れて暮らしていてなかなか顔を合わせる機会がない人、照れ屋で感謝の気持ちを伝えるのが苦手な人は効果絶大でしょう。

 

わたしはもう母がこの世にいないので、彼のお母さんに何が嬉しいか聞いたことがあります。

 

子供からの感謝の手紙はメモでぐちゃぐちゃっと書かれたものであっても嬉しい」とのことでした。

 

普段手紙など書かない人にとってはけっこう勇気がいることだと思いますが、その勇気が愛情ではないでしょうか。

 

 

母の日とは関係ないのですが、以前、父が私の誕生日に「生まれてきてくれてありがとう。」と書かれたメモを渡してきたときは驚き&感動でした。

 

そういうことする人じゃなかったので、とても照れくさく、勇気がいったことだろうと思いました。

 


 

 

 

旦那さんは絶対贈りましょう

 

ところで、プレゼントをもらう立場である母からすると、子供以外でプレゼントをもらいたい相手は圧倒的に旦那さんが多いとのことです。

 

他に母の日にプレゼントする理由がある人がいないので必然的にそうなるのでしょうが...。

 

個人的にも、旦那さんは絶対に絶対に贈るべきだと思います。

 

母云々というより、普段感謝の気持ちを表す機会がなかなかないと思うので、いい意味で乗っかることも必要かなと。

 

全員がそうではないのでしょうが、男性は感謝の気持ちを伝えるのが苦手ですよね。

 

で、そういうところが女性にとっては不満の原因になったりもします。

 

夫婦円満だけでなく、人と人が付き合っていくためには、感謝の気持ちを「形にすること」が重要だと思います。

 

 

 

 

ミニマリストな奥さんにはモノ以外の時間をプレゼント

 

「旦那さんは絶対に贈りましょう。」とは言いましたが、奥様がミニマリストの場合、実はモノが喜ばれないことがあります。

 

一緒に生活しているので、どんなタイプの奥様かは分かりますよね。

 

家の中をすっきりさせたい人にモノを贈ると迷惑になることがあるので、時間をプレゼントしましょう。

 

家事を代わってあげて自由な時間をあげる、一緒に旅行に行く、食事に行く、はたまたエステ券をプレゼントする...など、いろいろな選択肢があります。

 

 

 

 

 

 

最後に

 

 

いかがでしたか?

 

当たり前ですがこういうイベントって、何より気持ちが大切です。

 

節約中とか、お金があまりないときだと、「母の日にプレゼントすらしてあげられない...。」と、自分が情けなくなってしまうこともあるかもしれません。

 

でも、お母さんって気持ちが込もっている贈り物ならどんなものでも嬉しいんですよね。

 

きれいごとじゃなくて、多くのお母さんはそうなのだと思います。

 

それが唯一無二の母性愛...でしょうか?

 

管理人は母を20代のときに亡くしています。だからこそ母の日が素敵なイベントだと思うし、毎年の母の日にもっともっと感謝の気持ちを伝えておけば良かったなという気持ちもあります。

 

もしあなたのお母さんや義理のお母さんが健在であれば、ぜひ日頃の感謝の気持ちを伝えてあげてほしいなと思います。

 

以上、「節約中の場合の母の日プレゼント」についてでした。

母の日のプレゼント何にする?節約中でも低予算でも渡せる贈り物 関連ページ

退職する人が喜ぶプレゼント選びのコツ。退職経験の中で嬉しかった贈り物はこれ!
おさがりのお礼は必要?欲しいと言っていない中古品に金品のお礼は不要
もらって本当に困った8つのプレゼント。困る理由と贈るときのアドバイス
お金持ちに贈るプレゼント選びのポイントと8つの提案
不要品を勧められたときの断り方。相手を傷つけずはっきり断るには?
ママ友宅へ手土産は何がいい?価格相場やママ友という存在について
節約中やお金がないときに手作りの食べ物を贈るときの注意事項
お金の話は楽しいしすべきだけど相手は選ばないと足を引っ張られる話
お金持ちの友人からの誘いを断る方法。お金持ちとの付き合い方はこう考えよう!
ユニクロのギフトカードを贈った感想。お祝いやお礼に気軽に渡せて喜ばれる!
退職時に職場に贈るプレゼント。お金をかけずに選ぶコツとコスパのいいお店を紹介
親しくない人から結婚式に呼ばれたときのお金の問題と上手な断り方
今年のお歳暮は何贈る?お歳暮人気アイテムごとの贈るポイントと注意点を紹介
お歳暮とお金の関係。節約方法や最新のお歳暮事情にマナーなどお歳暮のあれこれまとめ
お金をかけずに花束を!トータル1000円以内で不器用でも簡単お洒落なラッピング
出産祝いの相場や贈り物選びのポイントは?辛口だけど大切なことを言うよ
新築祝い何贈る?予算やアイテム選び、注意点など新築祝いに関するお金事情を紹介
父の日のプレゼント何にする?世間の動向予算、低価格おすすめ品など父の日まとめ
白髪染めならLa Sana(ラサーナ)がコスパ抜群。母の日や誕生日の贈り物にも!
お金を貯めたいなら飲み会は一次会までが鉄則。その理由とは
バレンタインの予算と節約ポイント。本命、義理、自分チョコの費用はどう抑える?
お年玉の相場や費用の捻出方法を解説。子供に貯金させるかなどお年玉との付き合い方も!

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報