お金の話は楽しいしすべきだけど相手は選ばないと足を引っ張られる話

お金の話は楽しいしすべきだけど相手は選ばないと足を引っ張られる話


  ※この記事は2018/2/13に執筆しました。

 

昔から「お金の話を人様の前ですることはいやしいこと」なんて言われることがあります。

 

清貧こそが美しいという考え方はいかにも日本人らしいですよね。

 

しかし最近では、「お金の話は汚くなんかない。むしろ素晴らしいことだ。」と主張する人も増えています。

 

わたし自身もそうで、お金の話がいやしいことなんて少しも思いません。

 

本当はお金が欲しくてたまらないのに「お金がなくても幸せです」と言う人より、「お金大好きです。」と笑顔で堂々と言う人の方が好きです。

 

ただ、一般社会では、お金の話を積極的にすると引いてしまう人がまだまだ多いのも事実。

 

お金の話を人の前でするときは、相手を選んだ方が、自分を守り、足を引っ張られることなく生きていける気がします。

 

今回は、人はなぜお金の話に批判的なのか、批判する人とはどう付き合っていけばいいのか、そんなお話です。

 

 

 

 

※この記事で書いてあること

お金の話をすると批判される理由
20代で1000万円貯めたIくんは批判の的だった
お金のことに限らず足を引っ張る人の前では沈黙を貫いた方がいい
足を引っ張る人=悪い人ではない
経験論か一般論か
足を引っ張る人とは縁を切るべきか

 

 

 

 

 

お金の話をすると批判される理由

 

 

お金の話は別に悪いことでもなんでもないし、むしろ夢もあって楽しいことのはずなのに、なぜ批判の的になるのでしょうか。

 

人は他人が自分と同じような環境でいることに安心し、他人が自分より一歩も二歩も先に行くことに焦りを覚えます。

 

お金の話をすると批判する人は、

 

「一人だけ抜け駆けはなしだよ。」

 

と心のどこかで思っているのです。

 

批判されがちなシーンとしては、会社の先輩や同僚の前でお金の話をするときです。

 

同じ会社に勤めていると、決められた給与テーブルの上で収入が成り立っているため、基本的な経済レベルは近いものがあります。

 

そのため、自分よりお金がありそうな人を見ると批判したくなるのです。

 

・節約より先に目の前の仕事を頑張れよ

 

・副業なんかして会社にバレたらどうするんだ

 

・お前の彼女はお金を使わなくても楽しいのか?

 

・実家暮らしなんだからもっと実家にお金を入れろよ

 

なんてことも言ってきます。

 

はっきり言って余計なお世話なのです。

 

しかし皆、同じ会社に勤めている人が一人だけお金持ちになることは許せないので、アドバイスをしているようなフリをして足を引っ張ろうとしてきます。

 

悪意はないのですが、心の底にある「みんな同じ経済レベルでいたい。」という気持ちに気づいていないのです。

 

 

 

 

 

20代で1000万円貯めたIくんは批判の的だった

 

以前の記事で紹介したIくんですが、彼は昼休みに休憩室で職場のみんなと昼食をとっているとき、よく先輩たちに批判されていました。

 

※Iくんの話はこちらです。

 

言われていた内容はこうです。

 

・そんなに節約して人生楽しい?

 

・もういい年だしいい加減に実家をでたら?

 

・いつまで親のスネかじってるんだ?

 

・わたしだったらお金を使わない彼氏なんて嫌だ

 

なかなかな批判ですね。

 

Iくんは穏やかでいつもニコニコしているので反抗もしていませんでした。

 

ここだけの話、実は悪口のようなもの(あいつ、ケチだよね。あいつみたいにはなりたくないよな。等)も言われていたのを知っています。

 

ケチも何も、誰にも迷惑かけていなかったし、職場の人の結婚や出産のお祝い、退職の飲み会等にもしっかり参加していたのですが。

 

特に、

 

・持ち家で毎月のローンが大変な人

 

・Iくんより年上なのに貯金がほとんどない人

 

・子育てがあり自分にお金をかける余裕がない人

 

たちは、Iくん批判をよくしていた気がします。

 

もちろん、彼らが大変なのはよく分かるし、仕事を一生懸命やっている人たちばかりでした。

 

でも、同じ会社で、収入に大きな違いがないはずのIくんが1000万円以上の貯金をしている現状に不満があったのでしょう。

 

分かりやすくいえば、嫉妬心です。

 

同じ経済レベルでいてほしい、仲間でいてほしいのですよね。

 

だって、自分が今お金のことで大変な思いをしているのに、同じ会社の人がたくさんお金を持っていたら、うらやまし過ぎて自分が辛くなってしまいますから。

 

 

 

 

 

お金のことに限らず足を引っ張る人の前では沈黙を貫いた方がいい

 

 

これはお金のことに限ったことではないのですが、自分以外の人が持つ夢ややりたいことに対して、足を引っ張ろうとする人がいます。

 

・そんなのやめておいた方がいいよ

 

・コツコツ働くことが一番だよ

 

・失敗したらどうするの?危ないよ!

 

これらの批判に対して一切動じることなく、「でも、僕はこうしたいんだ!」と強く思える人はいいのです。

 

そういう人はもう覚悟を決め、実際に行動にも起こしているはずなので、周りの雑音など気にせず突き進めばいいのです。

 

でも、すごく傷ついてしまったり、周囲のアドバイスに不安になったり、やりたいことを躊躇してしまう癖がある人は少し注意が必要です。

 

Iくんの場合、環境が許されている中で実家暮らしをしているのに、周囲が下手にけしかけることで一人暮らしを始め、お金が貯まりにくくなってしまう可能性だってあります。

 

そのとき、親切なフリしてアドバイスをしてくれた人たちは、お金を援助してくれるでしょうか?

 

答えはもちろんNoで、誰も助けてはくれません。

 

批判する人は、批判したその後に相手が陥った状況について、責任をとってはくれません。

 

自分が決めた目標が、周囲の人によって引き戻されると、結局は「あのとき頑張っていれば...」といった後悔につながりかねないのです。

 

批判をどう受け止めるかは、結局は自分で責任を取る覚悟を取れるかということなのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

足を引っ張る人=悪い人ではない

 

お金の話を批判する人や、夢を諦めさせようとする人の中には本当に心配してくれている人もいて、(特に家族や恋人)それはまさに愛情です。

 

あなたが失敗して困っている姿、泣いている姿を見たくないのです。

 

他人でアドバイスしてくる人も、決して悪い人たちではありません。

 

ただ、せっかく自分に夢ややりたいことがあるのに、保守的な人たちの根拠のないアドバイスで諦めてしまうのは勿体ないことでもあります。

 

 

 

 

 

経験論か一般論か

 

 

お金の話を批判したり、夢を諦めさせようとしている人の意見に耳を傾けるべきかどうかは、経験論か一般論かで判断するのも1つの方法です。

 

人のやろうとしていることを引き留める人の中には、それを実際にはやったことがない人も多いです。

 

たとえば転職の話ですが、転職を考えていると同級生に相談したところ

 

今は転職しない方がいいよ。景気もよくないだろ?

 

といった一般的な話をされることがあります。

 

しかし、その話は聞かなくてもいいです。

 

一般的な話は自分でも知っているし、その人は、転職して今よりレベルアップする友人の姿を見たくないだけかもしれません。

 

同級生であればなおさら置いていかれたくないでしょう。

 

実際に同じ状況下での転職を経験し、良かったこと、悪かったことを言ってくれ、自分の場合はこうだったよと、事実をもってアドバイスしてくれる人の方が親切です。

 

転職するメリット、デメリットを冷静に見比べて、今動くべきか判断すればいいでしょう。

 

この場合は、事実に基づくデメリットをあらかじめ理解し、自分の頭で考えて動いているので、たとえ失敗に終わったとしても納得できる失敗とも言えます。

 

次は同じ失敗を繰り返さないでしょう。

 

自分が実際にやって失敗した話をしてくれる人がいれば、それは「考えられるリスクの話」としてしっかり聞いておくといいでしょう。

 

「ごもっともな意見だな。」と思った場合にも、それを受け入れ、修正するヒントとすればいいでしょう。

 

 

 

 

 

足を引っ張る人とは縁を切るべきか

 

やたらと批判してくる人と縁を切るべきかどうかですが、悪意なく足を引っ張ろうとする人たちは、いい人たちの場合も多いので、縁を切るまではしなくてもいいこともあります。

 

何かにつけて批判をするなら、あなたにとって何のメリットもない人間関係ですので、思い切って距離を置くことをおすすめします。

 

他の点では尊敬でき、一緒にいて楽しいと思えるなら、知り合いでいてもいいでしょう。

 

Iくんのように会社の人が相手であれば縁を切ることなんてできませんしね。

 

ただし、批判する人の前では、お金の話、夢ややりたいことの話はしない方がいいです。

 

その件に関しては沈黙を貫きましょう。

 

※関連記事

 

 

 

お金の話や夢の話は口にした方がいいけど、相手は選ぶべき

 

「夢ややりたいことは口にした方が叶う」

 

と言います。

 

言葉にすることで行動力が身についたり、その話を聞いた誰かが橋渡しになってくれたりするからです。

 

お金の話も同じで、お金の話を楽しくする人の方が、ビジネスチャンスに恵まれたり、お得な情報をゲットできたりして、お金が入ってきやすい状況になります。

 

ただ、お金の話や夢を語る相手は選ぶべき。

 

前述したような足を引っ張る人たちの前で語ると、批判や引き留めにあい、自分の中での覚悟も揺らいでしまいます。

 

夢ややりたいことは口にした方が叶う

 

は、

 

・やってみたらいいじゃん!

 

・その話、もっとすごいこと聞いたから教えてあげるね

 

・へぇ、面白そうだね!

 

・応援するよ!

 

そう言ってくれる人たちの前で実行した方がいいです。

 

たとえば、会社の中にも

 

・お金がある人

 

・夢ややりたいことがある人

 

・節約をしっかり楽しんでいる人

 

・資産形成に興味があることを恥ずかしがらない人

 

はいるはずです。

 

そういう人とならお金の話を積極的にし、情報交換してもいいでしょう。

 

社外の起業家や知り合いのお金持ちと話をすることもいいですね。

 

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

今回は、お金の話をすることはいいことだけれど人を選ぶべきというお話でした。

 

わたし自身、

 

お金の話は楽しいしたくさんしていいこと

 

だと思っている一方で、

 

お金の話をすると過敏に反応する人もいる

 

という事実も知っています。

 

さらに、

 

人から批判されると傷つきやすい弱い自分

 

も分かっています。

 

だから、お金の話をするときは人を選ぶようにしています。

 

弱い自分を守り、目標達成まで誰にも邪魔されない状況で進んでいくための、最適な方法ではないかと思います。

お金の話は楽しいしすべきだけど相手は選ばないと足を引っ張られる話 関連ページ

おさがりのお礼は必要?欲しいと言っていない中古品に金品のお礼は不要
もらって本当に困った8つのプレゼント。困る理由と贈るときのアドバイス
お金持ちに贈るプレゼント選びのポイントと8つの提案
不要品を勧められたときの断り方。相手を傷つけずはっきり断るには?
ママ友宅へ手土産は何がいい?価格相場やママ友という存在について
節約中やお金がないときに手作りの食べ物を贈るときの注意事項
お金持ちの友人からの誘いを断る方法。お金持ちとの付き合い方はこう考えよう!
ユニクロのギフトカードを贈った感想。お祝いやお礼に気軽に渡せて喜ばれる!
退職時に職場に贈るプレゼント。お金をかけずに選ぶコツとコスパのいいお店を紹介
親しくない人から結婚式に呼ばれたときのお金の問題と上手な断り方
今年のお歳暮は何贈る?お歳暮人気アイテムごとの贈るポイントと注意点を紹介
お歳暮とお金の関係。節約方法や最新のお歳暮事情にマナーなどお歳暮のあれこれまとめ
お金をかけずに花束を!トータル1000円以内で不器用でも簡単お洒落なラッピング
出産祝いの相場や贈り物選びのポイントは?辛口だけど大切なことを言うよ
新築祝い何贈る?予算やアイテム選び、注意点など新築祝いに関するお金事情を紹介
父の日のプレゼント何にする?世間の動向予算、低価格おすすめ品など父の日まとめ
白髪染めならLa Sana(ラサーナ)がコスパ抜群。母の日や誕生日の贈り物にも!
母の日のプレゼント何にする?節約中でも低予算でも渡せる贈り物
お金を貯めたいなら飲み会は一次会までが鉄則。その理由とは
バレンタインの予算と節約ポイント。本命、義理、自分チョコの費用はどう抑える?
お年玉の相場や費用の捻出方法を解説。子供に貯金させるかなどお年玉との付き合い方も!

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報