退職時に職場に贈るプレゼント。お金をかけずに選ぶコツとコスパのいいお店を紹介

退職時に職場に贈るプレゼント。お金をかけずに選ぶコツとコスパのいいお店を紹介


  ※この記事は2018/10/11に加筆・修正しました。

 

お世話になった会社を退職するとき、今までのお礼や、退職祝いのお返しを兼ねて、職場の人にプレゼントを贈る機会がありますよね。

 

管理人も複数の転職経験から、退職時には職場の方にプレゼントを渡してきました。

 

退職時のプレゼントで問題なのはお金のこと。

 

気持ちをしっかり伝えたいけれど、職場の人数が多かったり、自由になるお金が少なかったりする場合はどうすればいいのでしょうか。

 

今回は、退職する職場の人に贈るプレゼント選びのコツと、低予算でも素敵なプレゼントが贈れるコスパのいいお店を紹介します。

 

 

 

 

 

 

※この記事で書いてあること

「気持ち」が大切な退職時のお礼
お金がない場合のプレゼントは予算設定が重要
一般的には1人あたりどれくらいの予算をかけているの?
「とりあえず体裁だけ」派の箱菓子選びのコツ
超定番だけど絶対に外さない!低価格で配れる焼き菓子2ブランド
お金をかけなくても心のこもったプレゼントを贈るときの4つの工夫
コスパと見栄えばいい退職プレゼント選びにおすすめのお店(予算別)
退職時のプレゼントのマナーについて
退職時のプレゼント、管理人が辞めるときはどうしたか?
最後に

 

 

 

 

 

「気持ち」が大切な退職時のお礼

 

まずは、退職する側の人間が、職場の人にプレゼントをする必要はあるのかについてお話します。

 

「買わないといけないの?」と疑問を持たれる方もいますが、そもそも「いけない」ことはありません。

 

そんな法律も義務もありません。

 

マナーというのも、世間一般的に言われているだけの話なので、気にしないでもいいのです。

 

お金がないのなら、一人一人にお手紙を書いたり、丁寧に挨拶したりするだけでも十分。

 

「手紙しかくれないなんてケチくさいね。」というような人たちと、もう二度と交流を持たなければいいだけです。

 

管理人の考え方としては、職場の人が好きか嫌いかに関係なく、「仕事上何かしらのお世話になったのだから、何か贈り物をすることで感謝の気持ちを表したい。」と思っていました。

 

要するに、自分があげたかったからあげただけ、ということです。

 

「仕事で誰にも一切お世話になっていない」と感じるなら、それはそれで何もする必要はないと思います。

 

 

 

 

 

お金がない場合のプレゼントは予算設定が重要

 

 

「お金はあまりかけられないけど何か喜ばれるものを贈りたい。」

 

多くの方がそう考えるのではないでしょうか。

 

もっとも大切なのは、渡す人数を決めてから予算設定することです。

 

退職時に配るプレゼントは、職場の人数によっても変わってきます。

 

まずは、何人の人にプレゼントを贈るかリストアップしましょう。

 

そのうえで、一人あたりの予算を決めていきます。

 

あらかじめ予算を決めないと、買い物に行った際に迷って思った以上にお金をかけてしまうことがあります。

 

退職した後には、想像以上のお金が必要になります。

 

退職時のプレゼントを選ぶのはまだ在籍している間でしょうが、退職した後のことも見据えて予算設定しましょう。

 

※関連記事

 

 

 

 

 

一般的には1人あたりどれくらいの予算をかけているの?

 

退職時のプレゼントは、「他の人はどうしてるのか。」が気になりますよね。

 

辞めるとはいえ、常識外れな人だとは思われたくないと感じるのが人間というものです。

 

一般的には、一人あたりの予算は300〜1,000円くらいのケースが多いようです。

 

贈る相手が30人なら、全員分で1〜3万円といったところでしょうか。

 

管理人がこれまで多数の退職者たちからいただいてきたプレゼントは、大体そのくらいの価格帯のものでした。

 

とはいえ、退職後の生活を考えると1〜3万円の出費はかなり痛いと感じる方も少なくありませんよね。

 

安く抑えようと考えるなら、せめて1万円以内には抑えたいところです。

 

 

 

 

 

「とりあえず体裁だけ」派の箱菓子選びのコツ

 

 

退職する人が職場にプレゼントを贈るときは、

 

しっかり一人一人にお礼を伝えたい派

 

とりあえず体裁だけ派

 

に分かれます。

 

一人一人にお礼を伝えたい派はそれなりの工夫をする必要があります。

 

とりあえず体裁だけ派なら、箱菓子で十分でしょう。

 

ここからは、お金をかけない箱菓子選びのコツを紹介します。

 

 

 

 

贈る相手に応じてメリハリをつける

 

箱菓子は、一気に渡せて楽ですが、贈る相手に応じて価格帯を変えないと、高価になってしまうことがあります。

 

デパートで箱菓子を買うと、小さな焼き菓子でも1つ300〜500円くらいするようなものもあります。

 

300円のお菓子を30人に配るとそれだけで9,000円してしまうので、箱菓子とはいえかなりの出費になりますよね。

 

メリハリをつけ、関係性が薄い人にはほんの気持ちの100円程度のものでもいいと思います。

 

 

 

 

箱菓子選びの鉄則

 

箱菓子を贈るときは、絶対的な鉄則があります。

 

それは、

 

日持ちする焼き菓子を中心に選ぶ

 

個包装で切り分け不要なお菓子を選ぶ

 

の2点です。

 

安く抑えたいからと、その日が賞味期限で切り分ける手間がかかる生菓子を選ぶのはやめましょう。

 

退職する以上、残された人たちに余計な負担はかけさせないことが大切です。 

 

 

 

 

 

超定番だけど絶対に外さない!低価格で配れる焼き菓子2ブランド

 

「やっぱり箱菓子が楽だしお金もかからなくていい!」

 

と思う方には、「味」で絶対に外さず価格も控えめな2ブランドをおすすめします。

 

どちらも、管理人が退職するときに配ったことがあるお菓子で、いただいた際にもテンションが上がった美味しいお菓子です。

 

 

 

年齢や性別問わず好まれる「ヨックモック」

 

「ヨックモック」は超定番ですが外しません。

 

ブルーの箱が高級感がありますし、とにかく「味」がいいからです。

 

単純にわたしが好きで食べたいので選んでいますが、いただく機会も多く、万人受けする味と言えます。

 

「ヨックモック」で一番有名なのは「シガール」。

 

予算は1人あたり70円前後です。

 

これです。

 

 

 

シンプルですが、めちゃくちゃ美味しいので、お洒落な割に美味しくないお菓子をもらうよりテンションが上がります。(個人的には

 

シガールは1本あたりの価格が控えめなので、お金がなくても選びやすいでしょう。

 

入っている本数に応じて1本あたりの単価が違います。

 

・14本入り 972円...1本あたり69.4円

 

・20本入り 1458円...1本あたり72.9円

 

・30本入り 2160円...1本あたり72円

 

・48本入り 3240円...1本あたり67.5円

 

と、なぜか20本入りの単価が一番高いです。

 

すごく細かいですが、人数によってどの本数入りを購入するか使い分けてもいいかもしれないですね。

 

大人数に配るなら、やっぱり48本入りが一番お得です。

 

ヨックモックはシガール以外のクッキーも人気で、さらに低価格。

 

たとえば、下記の「ビエ オゥ ショコラ オレ」 18枚入り 972円なら、1枚あたり54円です。

 

 

 

 

同じシリーズの「ビエ オザマンド ショコラ 」24枚入り1,296円も、1枚あたり54円で購入できます。

 

こちらもいただく機会が多いですが、味はとてもおいしいです。

 

ただ、かなり小さめで薄いタイプのクッキーで、ボリュームはありませんのであしからず。

 

 

 

見た目と味の総合得点が高いのは「アンリ・シャルパンティエ」

 

続いてのおすすめブランドは「アンリ・シャルパンティエ」です。

 

こちらは、ヨックモックより、もう少しボリューミーなお菓子をあげたい方におすすめです。

 

予算は、1人あたり90〜150円といったところ。

 

アンリ・シャルパンティエは、パッケージがお洒落で可愛いので、センスがいいと思われたい方にも向いています。

 

アンリ・シャルパンティエはなんといっても「フィナンシェ」が有名です。

 

「焼き菓子なんてどこも同じ」と思っている方も多いですが、やっぱりここのは美味しいです。

 

定番のフィナンシェ。

 

 

 

アンリ・シャルパンティエのフィナンシェは、まとめ買いがお得になるようになっています。

 

・フィナンシェ 3コ入り 432円...1コあたり144円

 

・フィナンシェ 5コ入り 702円...1コあたり140.4円

 

・フィナンシェ 8コ入り 1,080円...1コあたり135円

 

・フィナンシェ 16コ入り 2,160円...1コあたり135円

 

ちなみに、「マドレーヌ」も同じ価格帯で購入できますし、フィナンシェとのセットもありますのでお好みで。

 

個人的にはマドレーヌよりフィナンシェの方が断然美味しいと思います。

 

アンリ・シャルパンティエでもう少し予算を抑えたいなら、「しあわせサブレ」(ハート型のクッキー)や「クレーム・ビスキュイ」もおすすめ。

 

1枚あたり90〜110円ほどで購入できます。

 

アンリ・シャルパンティエの詳細はこちらで確認してみてください。
 

 

 

 

 

 

 

お金をかけなくても心のこもったプレゼントを贈るときの4つの工夫

 

 

ここからは、「箱菓子はちょっと...」という方向けに、お金をかけない退職時のプレゼント選びの工夫を紹介します。

 

 

 

1.手作りにする

 

手作りのプレゼントを贈るのは、お金をかけずに気持ちが伝わる王道の方法です。

 

たとえば

 

お菓子

 

小物

 

ブリザーブドフラワー

 

などがあります。

 

管理人は、以前勤めていた会社で手作りの「ペーパーウエイト」をいただいたことがあります。

 

趣味で「押し花」をされている年配の方からでした。

 

ピンクの押し花が入った透明でハート型のペーパーウエイトはとても可愛くて、オリジナル性もあって、今までいただいたプレゼントの中でも3本の指に入るくらい気に入っています。

 

ペーパーウエイトとは、昔ふうの言い方だと「ぶんちん」「おもし」のことです。

 

あとは、ブリザーブドフラワーも嬉しかったと記憶しています。

 

お菓子作りが得意な方は、クッキーなどを作って可愛くラッピングすれば、箱菓子を購入するよりずっと安上がりで済むのではないでしょうか。

 

 

 

手作りのプレゼントを贈る際の注意点

 

職場の人に贈る手作りのプレゼントで注意が必要なのは、贈る相手との関係性です。

 

ある程度親しい間柄でないと難しいので、誰に対してもできるワザではないと思っておきましょう。

 

たとえば管理人の経験談だと、あまり親しくない職場の男性から、お菓子作りが趣味ということで手作りのチーズケーキをいただいたことがあります。

 

職場の女性全員に配っていたようで、とても喜んで食べている人もいましたが、正直わたしは気持ち悪くて食べられませんでした。(本当に申し訳ない...)

 

仲良しの先輩も同じことを言っていたので、異性への手作りの食べ物は注意が必要だと思います。

 

親しい間柄でかつ女性同士なら、手作りお菓子も比較的受け入れられやすいかもしれません。

 

※関連記事

 

 

 

 

2.100円均一や300円均一で小物を探す

 

一人あたりにかける値段が100〜300円でも、箱菓子の中の一つを渡されるより、一つ一つラッピングされた「小物」を渡される方が高く見えることがあります。

 

100円均一や300円均一で可愛い小物を買ってきて、ラッピングし、手紙を添えて渡すと「プチギフト風」になりますよ。

 

ヘアアクセサリーや文房具、メモ帳などでデザインが素敵なものを選び、ラッピングするだけでも違います。

 

時間はかかりますが、低価格で済む方法です。

 

わたしの知り合いは100円で売っている造花を小さなブーケにして渡したことがあるそうです。

 

意外と可愛くて喜ばれたそうですよ。

 

 

 

 

3.まとめ買いで安くなるものを探す

 

まとめ買いでプレゼントを探すと下記のメリットがあります。

 

・単価が安くなる

 

・一つ一つラッピングされていて豪華に見える

 

・相手によって選ぶ手間を省ける

 

一人一人違うものを贈るのではなく、皆に好まれやすいものをまとめて買うのもコストを抑える方法です。

 

 

 

 

4.必ず手書きのメッセージを添える

 

心がこもっているかどうかは、手書きのメッセージがあるかに大きく左右されます。

 

ミニサイズの便せんや封筒も売っていますので、一人一人に書くといいでしょう。

 

それだけで、たとえお金はかけなくても気持ちが伝わりやすくなります。

 

メッセージを書くのが面倒だという場合は、渡す際に丁寧に挨拶しましょう。

 

 

 

 

 

 

コスパと見栄えがいい退職プレゼント選びにおすすめのお店(予算別)

 

 

ここからは、管理人自身が退職するときに調べまくった中で、コスパがよくておすすめできるお店を紹介します。

 

ラッピングしなくてもそのまま渡せるお洒落なギフトが買えるお店です。

 

予算別に紹介しますね。

 

 

 

1人あたり予算100〜200円台で退職のお礼をしたい方

 

予算100円台で可愛いプレゼントならPIARY

 

とにかく低予算がいい、でも箱菓子は避けたい、という方は「PIARY」という結婚式ギフトのお店がおすすめです。

 

結婚式用だけでなく、退職時のプレゼントも扱っていて、100円台で購入できるものがたくさんあります。

 

こちらは、年配の方にも贈りやすい和風もあり、パッケージも洗練されていてセンスがいいです。

 

結婚式ギフトのお店はほかにもたくさんありますが、センスと価格が光るお店だと思います。

 

リンク:PIARY

 

 

 

 

コストコのギフトは狙い目

 

コストコユーザーなら、コストコでお菓子や飲料などを買うのも1つです。

 

パッケージが外国のものだとそれだけでお洒落に見えるため、メッセージカードを添えれば素敵なプチギフトが作れます。

 

コストコ自体はすごくお得というわけではありませんが、プレゼントという目線で考えるとメリットが大きいです。

 

まとめ買いを基本として、かつお洒落なものがあるからです。 

 

職場の人に配るという観点からは少しずれますが、コストコは「生花」がかなりお得でした。

 

組み合わせも外国っぽくてお洒落でしたが、豪華に見えても1,000円くらいで購入できます。

 

尚、コストコは非公式で通販もあり便利ですが、店頭価格より高めで送料もかかります。

 

お得さは低くなってしまいますので、そのあたりは注意してくださいね。

 

 

 

 

PLAZAは若者向けギフトに

 

外国風のお洒落なギフトという意味では「PLAZA」もおすすめ。

 

外国っぽいアイテムが多数あり、カジュアルに渡せるプチギフトが多いです。

 

メイク用品から食料品まで幅広いラインナップ。

 

若い人が多い職場を辞める方におすすめです。

 

リンク:PLAZA

 

 

 

 

そのほか、可愛いプチギフトは100円台で選べる

 

ほかにも、可愛いプチギフトを購入できるお店は多数あります。

 

お菓子のような「消えもの」以外で考えている方は、もらったときに癒されるパッケージのものを選ぶと、金額の予想がつきにくく、それなりにお金をかけているように見えます。

 

以下、100円台で購入できる小物類で人気のものをピックアップします。

 

 

 

フレッシュムースタオル。

 

りぼんでラッピングしてあるので、そのまま配ることができます。

 

広げるとボーダー柄のハンドタオルになり、ストラップつきでひっかけることも可能。

 

洗面台やキッチン周りに使いやすいですね。

 

1個140円ほどですが、大量買いするなら110円くらいに抑えることも可能です。

 

 

 

 

スヌーピーのソープは1個150円くらい。

 

なぜか管理人がこれまでいた職場はスヌーピー好きの女性が多かったです。

 

もらうと、ちょっと笑顔になりそうですね。

 

 

 

広げると割とシンプルなタオルハンカチ。

 

1個あたり100円を切る安さです。

 

タオルハンカチはデザインが気に入らなくても、水回りの掃除などに使ってもらえるのがいいですね。

 

 

 

 

予算300〜500円くらいの方向け

 

男性向けにコーヒーを選ぶならINIC coffee

 

男性が多い職場なら、紅茶よりコーヒーがおすすめ。

 

年配の方でもコーヒーは喜ばれやすいです。

 

【INICコーヒー】はコーヒーの専門店ですが、パッケージが可愛いのでギフトにぴったりです。

 

↓このパッケージが特徴。

 

 

 

コーヒー好きな方には本格的なコーヒーを手軽に贈ることができ、妊婦さんやコーヒー嫌いの方用にデカフェやジュースも購入できます。

 

予算は1人あたり350円〜で、お洒落なコーヒーを贈れます。

 

リンク:かわいいコーヒーギフトあります【INICコーヒーストア】 
 

 

 

 

 

退職時にぴったりのメッセージが選べるエール・エル

 

ワッフルケーキの店エール・エルは店舗数が多いため、生タイプのワッフルは食べたことがある方は多いかもしれませんね。

 

退職時のプレゼントにおすすめなのは「コロコロワッフル」です。

 

「お世話になりました。」など、退職時にぴったりのメッセージが選べるからです。

 

1箱299円のキューブタイプと、378円の筒タイプのものがあります。

 

下記は、筒タイプのもの。


 

こちらは、10個以上からの購入ですので、まとめ買いの方が対象になります。

 

個数に応じて手提げ袋がついています。

 

 

 

 

予算500〜700円くらいの方向け

 

ここからは、少しだけ予算をかけられる場合の退職プレゼントが買えるお店を紹介します。

 

と言っても、デパートで個別に購入するより格段に安く済みますよ。

 

 

女性受け抜群のロクシタン

 

ロクシタンのプチギフトシリーズは、1つあたり450〜700円くらいで購入でき、きれいにラッピングされているのが特徴です。

 

こんな感じのパッケージ。

 

 

ラッピングでボリュームアップされているので、見た目が豪華に見えます。

 

ハンドクリームやボディケア品などロクシタンの商品がミニサイズになってラッピングされており、女性受けが抜群にいいです。
 
特に女性が多い職場にお勤めの方におすすめです。

 

ただ、プチギフトシリーズは人気で売り切れになることも多いので、早め&こまめにチェックしてみてください。

 

特に3月は退職する人が多いので早めの方がよいと思います。

 

リンク:【ロクシタン オンラインショップ】 

 

 

 

 

人とは違うアイテムを贈りたいならフランフラン

 

プチギフトセットが多数あるのがフランフランの特徴。

 

可愛らしい小物が500〜1000円くらいで購入できます。

 

お洒落なキッチンアイテムやバスアイテム、可愛いマグネットなど、人とは違う退職時のプレゼントを贈りたい方におすすめです。

 

リンク:フランフラン

 

 

 

 

選択肢が幅広いアフタヌーンティー

 

 

プチギフトといえばのアフタヌーンティーは、小物から紅茶、お菓子までさまざまなタイプの贈り物が選べます。

 

価格帯も400円くらいからで、非常に幅広いです。

 

アフタヌーンティーは、「イニシャルシリーズ」がおすすめ。

 

紅茶やクッキーもイニシャルシリーズがあるので、予算500円ほどでも、少し特別感のあるプレゼントが贈れます。

 

ラッピング自体は女性向けですが、食べ物や飲み物なら男性からも喜ばれやすいので、いろいろな年齢や性別が混在する職場にお勤めの方に向いています。

 

リンク:アフタヌーンティー 

 

 

 

 

 

退職時のプレゼントのマナーについて

 

 

ここからは、退職時のプレゼントで気になるマナーについて触れていきます。

 

 

 

「贈ってはいけないもの」の考え方

 

退職時に贈る品物で、

 

・ハンカチ

 

・靴下

 

・下着

 

・日本茶

 

・くし

 

など、贈ってはいけないとされているものもあります。

 

年配の方が多い職場の場合は、昔からの言い伝えを気にする方もいますから、避ける方が無難と言えるでしょう。

 

ただし、個人的には言い伝えを気にするより、実用性や、本当は喜ばれるものを贈った方がいいとも思います。

 

これについては、それぞれのアイテムについて贈るべきかどうかを見ていきます。

 

 

 

ハンカチ

 

ハンカチは縁を切る意味がありプレゼントに適さないと言われてきましたが、今はそんなこと気にする人はほとんどいません。

 

これまで何十人もの退職者から退職時のプレゼントをいただきましたが、7割以上の割合でハンカチでした。

 

毎日使うものなので傷みますし、傷んだ後は掃除に使えるので何枚あっても助かります。

 

 

靴下

 

踏みつける意味がある靴下なども、いただいて重宝した経験があります。

 

特に女性は冷え性で靴下が手放せない方も多いですし、布物は割と喜ばれます。

 

 

 

下着

 

下着は、「下につけるもの」だからマナー違反なのだそうですが、マナー以前の問題な気がします。

 

退職する人から下着をもらってどう思いますか?

 

わたしは、「ちょっと気持ち悪い」と思います。

 

相手が異性だったらなおさらです。

 

難しいマナーより、シンプルに考えてみて下着はナシだと分かるのではないでしょうか。

 

 

 

 

日本茶

 

弔事の際に贈られることから縁起が悪いと言われる日本茶。

 

でも、お茶が大好きな方に贈るのは間違っていないと思います。

 

特に日本茶にこだわる必要がないなら避け、紅茶などにするといいのでは?

 

紅茶をいただいた機会は多数ありますよ。

 

日本茶も紅茶も、もとは同じお茶の葉からできているのに、日本茶がだめというのもおかしなものですね。

 

 

 

 

くし

 

苦(く)、死(し)を連想させることから縁起が悪いと言われるくし。

 

そもそも、自分が退職するときに、職場の人にくしを贈ろうと思う方は少ないと思います。

 

何本も持っていても仕方がありませんし、好みのタイプのくしも分かれます。

 

意外と高価なので、退職する側にとっては選びにくいですよね。

 

 

 

 

定時後に挨拶まわりをしよう

 

最終勤務日に退職の挨拶まわりをする方も多いと思いますが、定時後にするのが基本です。

 

役職についている方は勤務時間内にまわることも「仕事のうち」とみなされやすいですが、平社員は絶対に定時後に。

 

管理人が以前働いていた会社で、退職する子が定時前に挨拶まわりをはじめてしまい、上司からきつーく怒られているのを見たことがあります。

 

マナー的にもそうですが、最後の最後に嫌な思いをしないように、という意味も込めて、仕事はしっかり終えてから挨拶しましょう。

 

 

 

 

 

退職時のプレゼント、管理人が辞めるときはどうしたか?

 

わたしは現在フリーランスで働いていますし、何度か転職も経験していますから、退職時に職場の方へプレゼントを渡す機会がありました。

 

というわけで、ここからは、管理人が退職した際に贈ったものを、参考までに紹介します。

 

当時は貯金が少ないという事情もありましたが、それなりにお金をかけてきました。

 

ただ、下記のように、お金をかける人とかけない人のメリハリはつけましたよ。

 

・特にお世話になった人...個別の趣味を考慮してそれぞれに合った贈り物

 

・同じ部署でも関わりが低かった人...1,000円くらいのブランドハンカチで統一

 

・他部署で少し関わった人...みんなでまとめてお菓子

 

 

 

 

ハンカチの「ブランド」はどうした?

 

ハンカチは、ブランドによっていただいた方のテンションが変わるようです。

 

自分がもらう立場でも、好きなブランドのハンカチなら、何となくうれしいですよね。

 

管理人も年代や性別に応じてブランドはわけました。

 

男性は男性向け、女性は20代、30代、40代とそれぞれの年代で好まれやすいブランドにしました。

 

たとえば、20代ならジルスチュアートなどの可愛らしい系、30代はアンテプリマなど大人女子系、40代以降はセリーヌなどブランドもので。

 

男性は趣味がよくわからないので無難なところでラルフローレンにしました。

 

 

 

 

大企業と中小企業でも贈る場面が異なる

 

管理人は、中小企業と大手とそれぞれ勤務経験があります。

 

中小企業を退職するときは一人一人にお礼を言いながら配りました。

 

大手に勤務しているときはそんな時間的な余裕がなかったので、部署の代表者に箱菓子を渡し、適当に分けてもらうようにしました。

 

なんだかんだで関わりある部署が多いので、たくさんお菓子を買った記憶があります。

 

特に大手を辞められる方は、誰も退職者が配ったものを覚えていないので、形だけでいいという考えもありますね。

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

今回は、お金をかけない退職時のプレゼントについて、選び方のコツやおすすめのお店を紹介しました。

 

退職するときは、お世話になったお礼としてプレゼントを贈ると、自分自身がすっきりと前に進める気がします。

 

ただし、退職後に無収入になる方は、退職後の生活も考えて、ぜひバランスを見極めたプレゼントを選んでみてください。

退職時に職場に贈るプレゼント。お金をかけずに選ぶコツとコスパのいいお店を紹介 関連ページ

左利きの人へ贈るおすすめのプレゼントと選び方のコツや考え方を紹介!
退職する人が喜ぶプレゼント選びのコツ。退職経験の中で嬉しかった贈り物はこれ!
おさがりのお礼は必要?欲しいと言っていない中古品に金品のお礼は不要
もらって本当に困った8つのプレゼント。困る理由と贈るときのアドバイス
お金持ちに贈るプレゼント選びのポイントと8つの提案
不要品を勧められたときの断り方。相手を傷つけずはっきり断るには?
ママ友宅へ手土産は何がいい?価格相場やママ友という存在について
節約中やお金がないときに手作りの食べ物を贈るときの注意事項
お金の話は楽しいしすべきだけど相手は選ばないと足を引っ張られる話
お金持ちの友人からの誘いを断る方法。お金持ちとの付き合い方はこう考えよう!
ユニクロのギフトカードを贈った感想。お祝いやお礼に気軽に渡せて喜ばれる!
親しくない人から結婚式に呼ばれたときのお金の問題と上手な断り方
今年のお歳暮は何贈る?お歳暮人気アイテムごとの贈るポイントと注意点を紹介
お歳暮とお金の関係。節約方法や最新のお歳暮事情にマナーなどお歳暮のあれこれまとめ
お金をかけずに花束を!トータル1000円以内で不器用でも簡単お洒落なラッピング
出産祝いの相場や贈り物選びのポイントは?辛口だけど大切なことを言うよ
新築祝い何贈る?予算やアイテム選び、注意点など新築祝いに関するお金事情を紹介
父の日のプレゼント何にする?世間の動向予算、低価格おすすめ品など父の日まとめ
白髪染めならLa Sana(ラサーナ)がコスパ抜群。母の日や誕生日の贈り物にも!
母の日のプレゼント何にする?節約中でも低予算でも渡せる贈り物
お金を貯めたいなら飲み会は一次会までが鉄則。その理由とは
バレンタインの予算と節約ポイント。本命、義理、自分チョコの費用はどう抑える?
お年玉の相場や費用の捻出方法を解説。子供に貯金させるかなどお年玉との付き合い方も!

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報