バレンタインの予算と節約ポイント。本命、義理、自分チョコの費用はどう抑える?

バレンタインの予算と節約ポイント。本命、義理、自分チョコの費用はどう抑える?

 
 ※この記事は2018/2/16に加筆・修正しました。

 

2月の一大イベントと言えばバレンタインですね。

 

本命チョコに義理チョコ、友チョコに自分チョコまで...。

 

チョコを買わせるための流行語が出回っています。

 

イベントなので楽しむことも大事。

 

とはいえ節約家計は「雰囲気に流される」ことだけはしないで堅実な楽しみ方をしていきたいですね。

 

今回は、バレンタインの予算と節約ポイントについてご紹介していきます。

 

 

 

 

 

◆この記事で書いてあること

バレンタインの本命チョコの予算と節約ポイント
バレンタインの義理チョコの予算と節約ポイント
自分チョコの予算と節約ポイント
バレンタインにお金をかけすぎるのはおすすめしない理由
最後に

 

 

 

 

バレンタインの本命チョコの予算と節約ポイント

 

 

まずは本命チョコについて。

 

恋人や旦那さま、片思い中のお相手など、本命チョコをあげる機会はありますよね。

 

予算や節約のポイントを見ていきましょう。

 

 

本命チョコの予算はいくら?

 

本命チョコの予算はある調査によると、

 

チョコ 2,000〜3,000円

 

チョコ以外のプラスのプレゼントで3,000〜5,000円

 

合計 5,000〜8,000円

 

が平均値なのだそうです。

 

これに加えてディナーを用意するなど、さらにお金をかけているという方もいるかもしれませんね。

 

プレゼントはあげる人とあげない人が大体半々ぐらいだそうです。

 

お付き合いがない場合は、プレゼントは重荷になってしまうので、チョコだけの方がいいと思います!

 

 

 

 

本命チョコは手作りが節約になる

 

今どき手編みのマフラーは嫌がられる可能性もあるので、手作りするならプレゼントではなくチョコの部分に限ると思います。

 

本命用に高級チョコを選ぶと2,000〜3,000円は軽くします。

 

手作りなら材料費やラッピング代も含めて1,000円以内に抑えることができるので、大幅な節約が可能です。

 

本命と言っても、手作りにするなら、お互いに本命であることが前提になります。

 

片思いの相手がいる場合、自分にとっては本命でももらった側が手作りが苦手とも限りません。

 

特に最近は、他人が作った手作りの食べ物を嫌がる人も増えてきているようです。

 

友人などにお願いして手作り肯定派かどうかくらいは確認しておくといいと思います。

 

※関連記事

 

 

 

 

お菓子作りの用具がないなら無印良品がおすすめ

 

普段お菓子作りをしないためお菓子の用具などがそろっていない方もいるでしょう。

 

バレンタインのたびに用具をそろえるとお金がかかりますし、頻繁に使わない物が増えるのも嫌ですよね。

 

多少割高に感じるかもしれませんが、無印良品の手作りキットなどを使うと結局安上がりです。

 

卵やバターなどの基本の材料をそろえる必要はありますが、それ以外の材料とラッピングが全部入っています。

 

価格帯は600〜900円ほどで、お洒落で可愛いチョコやケーキが作れますので、チェックしてみてください。

 

 

 

 

安い、時短、美味しいチョコができるのはホットケーキミックス

 

また、お菓子作りをするけどなかなかうまくできないという方は、頼れるホットケーキミックスを使いましょう。

 

ホットケーキミックスと市販の板チョコを使ってマフィンやドーナツ、クッキーなどが作れます。

 

非常に安上がりで、時間もかからず、かつ失敗しない方法です!

 

ここだけの話、男性はホットケーキミックスを使ったかどうかなんて一切わかりません。

 

ホットケーキミックスの販売会社HPやクックパッドなどで、レシピは山ほど紹介されています。

 

 

 

男性はチョコより優しくされたい!?

 

バレンタインだからと言って必ずチョコやプレゼントをあげる必要はありませんが、日頃の感謝の気持ちを表す一つの機会として利用するのであればアリなのかなと思います。

 

付き合いが短い場合やお金がないのに無理する必要は全くないと思います。

 

それよりも、「いつもありがとう」と優しく笑顔で接する方がよっぽど大切。

 

男性は物やイベントよりも、とにかく優しくされたい生き物...らしいですよ。

 

※関連記事

 

 

 

 

バレンタインの義理チョコの予算と節約ポイント

 

 

続いては、義理チョコについて。

 

管理人もOL時代、「会社の人にあげる義理チョコ」を何度となく経験しました。

 

本命ではない分、ここで節約したい!と考える方も多いでしょう。

 

 

 

義理チョコの予算はいくら?

 

一方義理チョコは、1人あたり相場は500〜1,000円程度。

 

私が勤務していた会社では、どの社員規模の場合でも、一人あたりの金額は大体これぐらいでした。

 

これ以上安いと大人向けチョコは買えませんし、高価な義理チョコをあげるのは常識的どうかとの問題もあります。

 

500〜1,000円ぐらいの価格が、高すぎず安すぎず無難なところかもしれません。

 

 

 

 

「義理チョコなし協定」を結ぶのが一番の節約!

 

おすすめは「バレンタインの義理チョコはなし協定」を女子社員全員と結ぶことです。

 

はっきり言って、会社の義理チョコは、女性側からの押し付け的な部分もあると正直思います。

 

なぜなら、

 

男性の中には甘いものが苦手な人も多い

 

たくさんの女性社員からもらうことでホワイトデーにお返しをしないといけない雰囲気になる

 

男性という立場上、もらったものよりも高めのものを返さなくてはいけないと思う

 

からです。

 

もちろん、もらったら嬉しいと思ってくれる男性も多いですよ。

 

でも、男性の本音をこっそり聞いてみると、

 

くれるのはいいけどお返しが大変だからくれなくていい

 

と話してくれます。

 

「義理チョコはなし」と決めてしまうことは、お互いのためにも良い方法かなと思います。

 

 

 

 

自分チョコの予算と節約ポイント

 

 

自分チョコについても触れてみます。

 

自分チョコとは、その名のとおり自分から自分へあげるチョコのことで、いわゆる「自分へのご褒美」ですね。

 

 

 

自分チョコの予算はまさかの本命超え?

 

近年は自分チョコにお金をかける方が多いようです。

 

予算は3,000〜4,000円とまさかの本命超えとのデータも。

 

自分の時間を楽しめる大人の女性が増えた今、男性にあげるチョコにお金をかけるより、自分自身が至福の時間を過ごしたいのかもしれませんね。

 

女性は趣味がグルメという方も多いですから、単純にいろいろな種類のチョコを食べたいとの願望もあるでしょう。

 

 

 

自分へのご褒美多くない?

 

自分チョコの節約ポイントは、浪費かどうかを見極めることです。

 

自分チョコに高級チョコを買う方は、「自分へのご褒美」が好きな人かもしれませんね。

 

でも「自分へのご褒美」が多い人は少し注意が必要です。

 

本当にご褒美なのか、浪費をしてしまう後ろめたさへの言い訳なのか、一度振り返ってみましょう。

 

※自分チョコについてはこちらの記事をどうぞ

 

 

 

 

 

バレンタインにお金をかけすぎるのはおすすめしない理由

 

バレンタインはイベントなので、純粋に楽しめば良いとは思います。

 

ただ、資産形成の観点からすると、あまりここでお金をかけすぎることはおすすめしません。

 

なぜなら、2月はお金を貯めるチャンスの月だからです。

 

お金を使わず耐えるべき月と言った方が良いかも...。

 

というのは、1年の中で出費が多い月は1月、3月、4月、12月が上位です。

 

1月はお正月や帰省で、3月や4月は引越しや進学祝いで出費がかさむ月。

 

12月のクリスマスから続いた出費ラッシュはどこかで調整しないと、毎月「突発的な出費」に悩まされることになってしまうのです。

 

冬はどうしてもイベントが多いですが、せめて2月だけはしっかり気を引き締めていかないと、年の後半は息切れしてしまうかもしれません。

 

 

※月ごとのお金がかかるイベントはこちらのカテゴリーで紹介していますので、チェックしてみてください。

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?今回は、バレンタイン予算と節約ポイントを紹介しました。

 

バレンタインはお金をかけなくてもしっかりと楽しむことができるイベントです。

 

3月以降の出費に備えるためにも、しっかりと気を引き締めて乗り切りたいですね。

 

ぜひ参考にしてみてください。

バレンタインの予算と節約ポイント。本命、義理、自分チョコの費用はどう抑える? 関連ページ

おさがりのお礼は必要?欲しいと言っていない中古品に金品のお礼は不要
もらって本当に困った8つのプレゼント。困る理由と贈るときのアドバイス
お金持ちに贈るプレゼント選びのポイントと8つの提案
不要品を勧められたときの断り方。相手を傷つけずはっきり断るには?
ママ友宅へ手土産は何がいい?価格相場やママ友という存在について
節約中やお金がないときに手作りの食べ物を贈るときの注意事項
お金の話は楽しいしすべきだけど相手は選ばないと足を引っ張られる話
お金持ちの友人からの誘いを断る方法。お金持ちとの付き合い方はこう考えよう!
ユニクロのギフトカードを贈った感想。お祝いやお礼に気軽に渡せて喜ばれる!
退職時に職場に贈るプレゼント。お金をかけずに選ぶコツとコスパのいいお店を紹介
親しくない人から結婚式に呼ばれたときのお金の問題と上手な断り方
今年のお歳暮は何贈る?お歳暮人気アイテムごとの贈るポイントと注意点を紹介
お歳暮とお金の関係。節約方法や最新のお歳暮事情にマナーなどお歳暮のあれこれまとめ
お金をかけずに花束を!トータル1000円以内で不器用でも簡単お洒落なラッピング
出産祝いの相場や贈り物選びのポイントは?辛口だけど大切なことを言うよ
新築祝い何贈る?予算やアイテム選び、注意点など新築祝いに関するお金事情を紹介
父の日のプレゼント何にする?世間の動向予算、低価格おすすめ品など父の日まとめ
白髪染めならLa Sana(ラサーナ)がコスパ抜群。母の日や誕生日の贈り物にも!
母の日のプレゼント何にする?節約中でも低予算でも渡せる贈り物
お金を貯めたいなら飲み会は一次会までが鉄則。その理由とは
お年玉の相場や費用の捻出方法を解説。子供に貯金させるかなどお年玉との付き合い方も!

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報