心を上手に扱えばお金は自然と貯まる。お金の心理学

転職する人は入社時の給料を上げてもらえる裏技がある!?

 

 

転職するときになんといっても気になるのが転職後の給料。

 

実はこれ、あなた次第で額が変わることがあるんです。

 

今回は、転職するときに入社時の給料アップになる方法について解説していきます!

 

 

 

 

アンカリング効果は商売以外にも影響を与える

 

※参考記事

アンカリング効果によって私たちは物の価値を見ているようで見えていない

でお話したように、私たちは物の価値を提示された特徴や数値によって決定することがあります。

 

販売価格8,800円よりも希望小売価格10,000円→販売価格8,800円の方がお得感があって買ってしまいやすい傾向にあるということです。

 

これはアンカリング効果と呼ばれるもので商売などでよく使われているのですが、商売以外にもあてはまるものなんです。

 

 

 

 

 

転職時に前職給与を聞かれたらチャンス

 

転職するときに人事採用者に前職の給与の提示をすることがあるかと思います。

 

その場合、実際にもらっていた給与より高めに伝えるのと低めに伝えるのとで、今後の給与の額に違いが生じることがあるんです。

 

 

 

例えば「前職の給料はいくらでしたか?」「17万円でした。」の場合の転職後の給料と、
「前職の給料はいくらでしたか?」「22万円でした。」と答えた場合の転職後の給料では、後者の方が高くなる可能性があります。

 

これには、あなたの能力を判断するのにアンカリング効果が働いているということが考えられます。
人事採用者があなたの能力を判断するのに前職の給与水準に影響を受けているということです。

 

17万円の給料をもらっていた人の能力<22万円の給料をもらっていた人の能力

 

となるので、あなたは17万円と伝えるよりも22万円と伝える方が能力が高い人だと判断されるのです。

 

同じ人材なのにもかかわらず提示した給与額を基準(アンカー)に人事採用者はあなたの能力の判断を変えることになるのです。

 

能力が低いと判断した人より能力が高いと判断した人間の給与を上げようと考えるのは自然なことなのかもしれません。

 

 

 

 

ただし注意が必要

 

ただし、あまりに前職の給与と引き離れて高い金額を提示しても、「そうですか、うちではそれほどだせませんが。」となってしまうかもしれません。

 

あくまでも自分の市場価値と転職先の年齢や経験による給与相場を調べておくことも必要です。
その範囲内で前職の給与より高い金額を伝えるということは時に効果があるということです。

 

在籍確認を前の職場にする程度ならありますが、さすがに個人の給与額を前の会社に確認する会社はそうはありません。仮に確認されたとしても、それほどの個人情報を漏らす会社もいるとは考えにくいです。

 

しかし、ハローワークなどで公開されている求人情報から大体の前の職場の給料を予想することはできます。

 

そう考えると、やはり自分の市場価値とかけ離れた金額を伝えるのは危険です。

 

謙遜して前職の給与を伝えず「御社の規定に従います」や「能力が高いと思われるとプレッシャーだから」という理由で実際より低い前職給与を伝えるということが日本人の場合は多いので、それはやめた方がいいということです。

 

 

 

 

 

自分の能力とかけ離れた給与額を伝えることも危険

 

うまくいけば転職時の給料は予定より上がるかもしれませんが、今後転職先でやっていけるかの問題もあります。

 

あなたが自分の能力とかけ離れた給与額を勝ち取った場合、それが励みとなりあなた自身の能力を上げてくれる場合もありますが、逆に「この給料なのにこれしかできないの?」と評価を下げてしまうこともあります。

 

給料の交渉術として金額提示を調整するのと、ウソの申告をしてばけの皮がはがれたときに痛い目を見るかどうかは紙一重というわけです。

 

 

 

 

最後に

 

こうして考えてみると、前職の給与よりあまりに高い金額を伝えるというのはウソになっていまいますから、落としどころとしては切り上げて伝えるというのはいかがでしょうか。笑

 

例えば182,000円の給料だったら190,000円と伝える。切り上げたら190,000円ですからウソではないですしね。

 

あなたの提示次第で転職先の給料の額が変わるかもしれない裏技はいかがでしたか?
ただし危険も伴いますのであくまでも自己責任で、常識の範囲内でチャレンジしてみてください。

転職する人は入社時の給料を上げてもらえる裏技がある!? 関連ページ

「頑張る」と「頑張らない」両方やってわかったこと。節約や仕事、努力の方向性に注意
お金がなくて辛いと思ったら?乗り越えるための絶対的な法則をご紹介
スマホ課金をやめたいと思ったら。精神的・物理的の両方からアタック
お小遣い制にするとストレスで浪費癖が治らない?締め付きすぎはよくないです
買い物依存症になる原因と対策について
「限定」に騙されるな!心理をついた戦略に惑わされないために
配偶者の収集癖を治したい!イライラする前に知っておきたいこと
姪っ子甥っ子になんでも買い与えてしまう心理と気をつけたいこと
洗濯機の省エネ対策は電気と水道両方を意識すること
無料やタダには危険がいっぱい!気を付けないと痛い目を見ますよの話。
アンカリング効果によって私たちは物の価値を見ているようで見えていない
私の心を変えてくれた絶対に読んで欲しいお金の本
「効果がなければ返品ください」は簡単に買わせるための戦略
コンビニでトイレを借りたら何かを買ってしまう人は心を操られやすい?
人は自分の意志で買い物をしていない!?集団心理の恐怖
買い物するときに気を付けたい魔法の殺し文句の話
食べ放題・飲み放題は本当にお得?利益の仕組みを知って賢い消費者になろう
ストレスのない人なんていない!ストレスでお金を使いすぎて自己嫌悪に陥る人は

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報