給与担当者が教えるお金のエトセトラ

人は自分の意志で買い物をしていない!?集団心理の恐怖

 

 

 

 

あなたは、買い物をするとき「自分の意志」で決定していますか?そんなの当たり前じゃん!と思うかもしれません。最終的に決めるのも、お金を払うのも自分ですものね。

 

でも、実はその決定、集団心理に流されているってご存じですか?

 

つまり私たちは、自分の意志で買う買わないを決定しているのではなく、周りに流されて「買わされている」ことがあるんです。

 

 

 

 

 

 

集団心理とは

 

集団心理とは、人が個人ではなく集団になることで持つ特有の心理状態のこと。

 

個人の心理状態とは別にして、集団になることで様々な変化があります。赤信号みんなで渡れば怖くない、みたいなこともそうですね。

 

 

 

 

皆と同じ行動をすることに安心感を持つ

 

集団に属さない人のことを不思議に思ったり、変なヤツと思ったりしたことはありませんか?会社などでもよく一人でいる人のことを「とっつきにくい」とか感じたり・・・。

 

いつでも集団でいる必要はないのにもかかわらず、集団の中にいる安心感を取っている人は本当に多いと思います。

 

特に日本人は、人と同じであることに安心感を覚え、他人と違うことを嫌がる傾向があるみたいです。この特性は買い物にもよく表れているのです。

 

 

 

 

 

 

日本人は行列が大好き

 

外国の方が日本に来て「日本の行列に驚いた」ということがよくあるそうです。確かにご飯やスイーツを食べるために1時間、2時間並ぶということは、すごいことですよね。

 

これも集団心理です。

 

心理学的には行列は「同調行動の一つ」と言われるそうなのですが、自分の行動を人に合わせて変化させているんですね

 

自分が美味しいと思うか、行きたいお店かどうかは別にして、とりあえずたくさんの人が並んでいるから並んでみよう、とか行列ができているから美味しいに決まっている、とか。

 

そこに「自分の意志」や「自分の価値観」はなく、周りの人によって「並ばされている」ということです。

 

お店側がこれを理解して、いわゆる「サクラ」を使って行列を作らせるなんてことも。サクラを専門で派遣する業者もあるみたいです。

 

※関連:B型の人は行列に惹かれてしまう??

B型の人におススメの資産形成の方法と気を付けたいコト 

 

 

 

 

その時間をかける価値は本当にある?

 

どれだけ美味しいお店であっても、2時間も並んでまで食べるということは、当然ですが、「美味しい」レベルでは全然足りなくて、

 

「2時間かけようが、いくら払おうが、どうしても食べたい!」と思えるぐらいの、大きな価値が必要だと思います。

 

でも、大抵の場合は「美味しい」「かなり美味しい」がいいところではないでしょうか。

 

そのレベルの「美味しい」なら、他のお店でも味わえるかもしれませんが、行列に並んだ場合は、それを認めたくなくて、普通に食べるより美味しいと評価してしまうのかもしれません。

 

行列に並ぶこと自体がエンターテイメントだと思って楽しむなら良いのですが、行列店が他のお店より美味しいお店 だとは限らない、ということを知っておきたいものです。

 

 

 

 

 

行列店より隣の方が美味しいことはよくある

 

以前私が大阪で暮らしていたときの話です。友人とたこ焼きが食べたくなって、たこ焼屋を探しました。

 

二つのお店が横並びになっているたこ焼き屋を発見したのですが、一方のお店は大行列で、もう一方は全くお客さんがいない。私は行列が苦手なので、全くお客さんがいない方のお店でたこ焼きを購入。

 

さすがに、大丈夫かなと思いましたが(これも集団心理ですね)
そこのたこ焼き、めちゃくちゃ美味しくて、その場で食べてもう一箱買いました。笑

 

でも実は、そのとき私は、お客さんがいないこのお店でこれだけ美味しいんだから、行列ができる隣のたこ焼きやさんは、もっと美味しいに違いないと思いました。

 

後日、同じ友人と平日の空いているときを狙って、行列店のたこ焼きも買ってみたんです。

 

そうしたら・・・。

 

全然美味しくない

 

行列店なのに・・・と、不思議でなりませんでした。でも、これってよくあることなんです。

 

他にも、行列ができるお店のドーナツを2時間並んで買ったという方からいただいたとき、それほどの味ではなくてがっかりしたこともありましたし、(もちろんその方には言いませんが

 

このように、行列のお店に満足したケースって意外と少ないかもしれません。

 

それでも、人は行列に並ぶ。これって、何だか怖いことな気がしませんか?

 

 

 

 

 

 

流行物が大好き

 

同じく集団心理として、世の中で流行っているものは、それが良いか好きかどうかというよりも、流行っているだけで良い物であると価値を高めてしまうことがあります。(バンドワゴン効果というそうです。)

 

流行っているからと言って、自分にとって良いものであるとは限らないですよね。

 

流行に敏感なのは良いのですが、その中でも本当に自分が価値を感じるかどうかを冷静に考える、そんな賢い判断をしましょう。

 

流行物ばかりを買ってしまうという人は、世の仕掛け人たちの戦略にまんまとはまり、「乗せられている」ということに気づいてください。

 

 

 

 

流行物を欲しいと思ったら身近な男性に聞いてみるのも手

 

特に女性の場合は男性よりも流行に敏感ですが、欲しい!と思ったときに身近な男性に相談してみるのは良い方法です。

 

女性は共感されることを好み、周りが持っているから欲しい!と思いがち。

 

それに対し男性は、人が持っているものにそれほど価値を見出さないため、流行物に関してはある意味冷静に、客観的にその物の良し悪しを判断してくれます。

 

このとき、ちゃんと素直な気持ちで男性の意見を聴こうという気持ちが大切です。

 

男の人は全然わかってない!とか、ぷんぷんしないように。流行物を「これは良いものではない」と言われても、感情的にならずに、いったん素直に受け止めて、「流行している」という事実を外して判断することが大切ですね。

 

 

※関連記事

買い物大好きな女性が買い物で失敗しないためのルール 
男性脳と女性脳を上手に使い、浪費を防いで貯金を増やす 

 

 

 

 

集団心理を悪用するケースもある

 

「行列ができやすく」したり、流行物を「仕掛け」たりするのは、ビジネスですから良いとしても、悪用されるケースもありますので注意が必要です。

 

よく言われる「催眠商法」などもそうですね。

 

公民館や集会所などにお年寄りを集め、無料でサンプルを配ったりしているうちに、段々高額の商品の説明に入り、誰かが「買う!」と言い出すと、会場の雰囲気が一気にヒートアップし、周りがそれにつられて高額な商品をどんどん買ってしまう。

 

気づいたときには個室に連れて行かれて断れない状態に・・・。

 

これ、客観的に見ると「どうしてそんなことに引っかかるんだろう」と思うかもしれませんが、ここまでのケースでないにしても、自分の思考を停止させて周りに流される、という意味では、先ほどの行列や流行も、同じことなのかもしれません。

 

そう考えると、普段の買い物の際、「よく考える」「冷静になる」って本当に大切なことですね。

 

 

 

 

 

集団心理に流されないためには?

 

日々の買い物に集団心理が利用されていると知ったうえで、「買い物にはもうひと手間かける」ことを心掛けましょう。

 

大きな買い物は一人で決めないで相談する、夜は感情的になりやすいので買い物しない、大切な決断はその場でしない、などそのときの気分だけで行動しないように、ほんのひと手間をかける。

 

大切な自分のお金ですもの、「自分の意志」で良い使い方をしたいですね。

 

※関連:洋服の買い物におススメなお買い物メモの記事

洋服にもお買い物メモを活用することで賢い買い物を 

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

人は集団の中にいると、思考が停止し、周りの行動に流されるようになります。行列、流行物、セール会場などの人が多く集まっている場所、これらに当てはまるときは、いったん冷静に、客観的に「考える」ことが必要なのかもしれません。

 

自分の価値観で買った素敵な物は、長く使えてお気に入りになることでしょう。

 

 

最後に覚えておきたいこの言葉を。

 

現代人は自分が何を買いたいか理解しているつもりだが、
実際のところは、買うように仕向けられた商品を買っているにすぎない

 

 エーリヒ・ゼーリヒマン・フロム 
(ドイツの社会心理学、精神分析の研究者)
 

 

人は自分の意志で買い物をしていない!?集団心理の恐怖 関連ページ

「頑張る」と「頑張らない」両方やってわかったこと。節約や仕事、努力の方向性に注意
お金がなくて辛いと思ったら?乗り越えるための絶対的な法則をご紹介
スマホ課金をやめたいと思ったら。精神的・物理的の両方からアタック
お小遣い制にするとストレスで浪費癖が治らない?締め付きすぎはよくないです
買い物依存症になる原因と対策について
「限定」に騙されるな!心理をついた戦略に惑わされないために
配偶者の収集癖を治したい!イライラする前に知っておきたいこと
姪っ子甥っ子になんでも買い与えてしまう心理と気をつけたいこと
洗濯機の省エネ対策は電気と水道両方を意識すること
無料やタダには危険がいっぱい!気を付けないと痛い目を見ますよの話。
転職する人は入社時の給料を上げてもらえる裏技がある!?
アンカリング効果によって私たちは物の価値を見ているようで見えていない
私の心を変えてくれた絶対に読んで欲しいお金の本
「効果がなければ返品ください」は簡単に買わせるための戦略
コンビニでトイレを借りたら何かを買ってしまう人は心を操られやすい?
買い物するときに気を付けたい魔法の殺し文句の話
食べ放題・飲み放題は本当にお得?利益の仕組みを知って賢い消費者になろう
ストレスのない人なんていない!ストレスでお金を使いすぎて自己嫌悪に陥る人は

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報