水道光熱費を楽に節約する方法

洗濯機の省エネ対策は電気と水道両方を意識すること

 

 

ご家庭の洗濯機で光熱費を節約しようと考えるのであれば、電気代と水道代の両方を意識する必要があります。洗濯機って他の家電と違って、電気と水を2つ使って始めて成立するものなんですよね。

 

今回は、洗濯機の省エネ対策についてご紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

 

少なすぎ、多すぎには注意

 

洗濯機を回すとき、洗濯ものが少なすぎても多すぎてもだめです。少なすぎると、適量を入れて回したときよりも電気代がかなりかかってしまうのだそうです。

 

また、洗濯ものを詰め込みすぎると、洗濯機がうまく回転せず、頑張って回転させようと余計な力がかかってしまい、電力がかかってしまうのだとか。人間でも同じですよね。開かない扉を開けようとするには体力が必要ってことです。

 

洗濯ものの容量としては、洗濯機の容量の8割ぐらいを目安にするのが良いのだとか。普通に入れていって、そろそろたまったかなと思ったら、大体8割ぐらいになっているのではないかと思います。

 

 

 

 

おしゃれ着を洗うなら手洗いが節約に

 

タオルなどの通常の洗濯ものであれば、ある程度の量がたまってから洗濯することで、こまめに洗うよりも電気・水道ともに節約ができます。

 

ただ、お出かけ服などを洗う場合って、たくさんためようがないんですよね。そもそもお出かけ服を洗濯機の容量になるほどたくさん持っていないですし...。

 

そうなると、洗濯機のドライコースとか手洗いコースとかってほんの数枚のニットを洗うために大量の水を使うことになるので水道代がかかります。

 

洗濯機の機種によっては、自動で最大容量の水が出るようになってしまっているものもありますので、水の量を設定ができるタイプのものであればまずは確認しましょう。

 

ドライコースや手洗いコースは本当に楽な機能ですし、クリーニングに出すよりお得なのは間違いないですが、やっぱり手洗いが一番です。水の量も少なく済みますし、衣類が傷みにくいので衣類そのものが長持ちします。

 

ちょっと面倒ですけどね...気持ちに余裕があるときはおしゃれ着だけは手洗いを頑張ってみてもいいかもしれないですね。

 

※関連記事

「上質な物を身につける」の本当の意味とは?
少ないお金でお洒落したい!プチプラ服を着るときに気を付けたいこと 

 

 

 

 

洗剤も少なすぎ、多すぎはNG

 

適量が良いのは洗剤に関しても同じです。少なすぎる洗剤では汚れ落ちができず、結局もう1度洗濯機を回すことになってしまうことがあり不経済です。

 

逆に、汚れをしっかり落とそうと洗剤を多めに入れても、洗浄力に違いはないのだそうですよ。洗剤は洗濯機の電気代以上にお金がかかりますから、無駄遣いはしないようにしたいですね。

 

※関連記事

柔軟剤は必要?効率的な使い方と柔軟剤なしで乗り切る方法 

 

 

 

お急ぎモードはぜひ利用しましょう

 

洗濯機によっては、お急ぎモードとかスピードコースとか、洗濯時間の短縮機能がついているものがあります。機種によって違いはありますが、通常コースに比べて時間が短縮する分、やはり電気代も節約できます

 

通常コースよりも約半分ぐらいになるケースが多いみたいですね。私は通常の洗濯はお急ぎを使っていますが、洗い上がりの違いは全く気になりません。ボタン一つで節電できるものなので、ぜひ利用しましょう。

 

 

 

 

 

乾燥機能は便利だけどできるだけ使わない

 

乾燥機つきの洗濯機はとっても便利ですよね。でも、乾燥はやっぱり電気代がかかりますので、必要でない限りは使わないことをおすすめします。

 

梅雨時期に洗濯ものが乾かないときだけにするとか、工夫しましょう。冬場であれば洗濯ものを室内に干しておくと暖房による乾燥を防ぐことができるので、敢えて室内干しにするのも個人的にはおすすめです。

 

暖房でお肌がかぴかぴになってしまうので、加湿器代わりに使うというわけです。ただ、お客様が見えるときはちょっぴり恥ずかしいので外に干すようにした方が良いかもしれませんね。

 

 

 

 

洗濯ものを入れる順番によって違いがある?

 

これは私も知らなかったのですが、洗濯ものを入れる順番によって節電効果があるそうです。水を吸ったバスタオルなど重たいものは下になるように、軽いものは上になるように入れることで、回転にかかるエネルギー効率が変わってくるそうです。

 

重いものを回すには力がいるので、できるだけ下に集めた方が回りやすいという仕組みだそうですよ。私は洗濯ものがでたらポンポン洗濯機に入れていってしまうずぼらタイプなのでなかなか難しいですが、ちょっとやってみようかなと思います!

 

 

 

 

洗濯用の水はお風呂の残り湯を使う

 

洗濯機は実は電気代よりも、水道代の方がかかるんですね。あれだけの容量の水を使うのですからそれはそうかなと納得できる気がします。

 

洗濯用の水は、お風呂の残り湯を使うと、使いまわしができるので節約効果が高いですね。

 

こういうのがお手頃価格で手に入るので、お風呂の残り湯をくみ上げて使います。最近のものはポンプ内蔵タイプのものも多いみたいなので、ポンプを買う前にご家庭の洗濯機を確認しましょう。

【バスポンプ】洗たくポンプセット【洗濯 残り湯 くみ上げ ふろ水】センタック SF-50【D】

価格:1,979円

(2016/12/31 10:49時点)

 
気になる残り湯の雑菌ですが、確かに残り湯には雑菌があるので、洗濯ものの「すすぎ」ではなく「洗い」に使うべきだとか。すすぎを水道水で行えば、臭いは全く気にならないそうですよ。

 

また、お湯がぬるいうちに洗いに使えば汚れが落ちやすいという効果もあるので、試してみても良いかもしれませんね。

 

※関連記事

水道代の節約って案外楽しいかも!習慣化してしまうのがコツ 

 

 

 

洗濯機を買い換えるなら最新機種が結果的にお得の場合も

 

洗濯機を頻繁に買い換えることはないかもしれませんが、買い替えのタイミングがきたら、本体の価格だけでなく、電気消費量と必要水道量も確認しましょう。

 

最近の家電は省エネタイプのものが多いので、本体が異様に安い旧式のものを選ぶよりも、多少高くても最新のものを選んだ方が結果的にお得になる場合があります。

 

省エネタイプでおすすめはパナソニックのVXシリーズです。    エコナビ機能つきが特に節電・節水効果が高いのでおすすめです。

 

パナソニック ドラム式洗濯乾燥機(10.0kg・右開き) NA−VX7700R−W (クリスタルホワイト)(標準設置無料)

価格:230,700円

(2016/12/31 11:29時点)

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?今回は、洗濯機の省エネについてご紹介しました。洗濯機が当たり前で便利な時代ですが、電気や水をたくさん使うことになるので、できるだけエコを心がけていきたいですね。

 

結果的に節約につながれば一番良いと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。

洗濯機の省エネ対策は電気と水道両方を意識すること 関連ページ

「頑張る」と「頑張らない」両方やってわかったこと。節約や仕事、努力の方向性に注意
お金がなくて辛いと思ったら?乗り越えるための絶対的な法則をご紹介
スマホ課金をやめたいと思ったら。精神的・物理的の両方からアタック
お小遣い制にするとストレスで浪費癖が治らない?締め付きすぎはよくないです
買い物依存症になる原因と対策について
「限定」に騙されるな!心理をついた戦略に惑わされないために
配偶者の収集癖を治したい!イライラする前に知っておきたいこと
姪っ子甥っ子になんでも買い与えてしまう心理と気をつけたいこと
無料やタダには危険がいっぱい!気を付けないと痛い目を見ますよの話。
転職する人は入社時の給料を上げてもらえる裏技がある!?
アンカリング効果によって私たちは物の価値を見ているようで見えていない
私の心を変えてくれた絶対に読んで欲しいお金の本
「効果がなければ返品ください」は簡単に買わせるための戦略
コンビニでトイレを借りたら何かを買ってしまう人は心を操られやすい?
人は自分の意志で買い物をしていない!?集団心理の恐怖
買い物するときに気を付けたい魔法の殺し文句の話
食べ放題・飲み放題は本当にお得?利益の仕組みを知って賢い消費者になろう
ストレスのない人なんていない!ストレスでお金を使いすぎて自己嫌悪に陥る人は

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報