心を上手に扱えばお金は自然と貯まる。お金の心理学

姪っ子甥っ子になんでも買い与えてしまう心理と気をつけたいこと

 

 

自分が独身で、兄弟姉妹に子供がいる場合、姪っ子甥っ子が可愛くて仕方がないという人は多いのではないでしょうか?

 

私も子供がおらず、姉の娘を溺愛していますので気持ちがよくわかります。

 

でも、何でもかんでも買い与えてしまっては、資産形成にはちょっと遠くなってしまうかもしれません。

 

そこで回は、姪っ子甥っ子に物を買い与えてしまう心理と、私が気を付けていることについてお話していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

育児用品業界の新常識はおじおばを狙え!?

 

昔は、赤ちゃんが生まれるとお金を落としてくれるのは、親以外では大抵両家の祖父母と相場が決まっていました。

 

しかし近年は生涯未婚率も高まり、子供を産まないと言う生き方も選択されることも当たり前になったことなどから、

 

おじおばが加わり、姪っ子甥っ子のために高額なお金を落としていくのが育児用品業界では常識になっているようです。

 

確かに、親の場合は金額を気にしつつ、子供の教育上の影響も考えつつ慎重に買い与えるかもしれませんが、

 

おじおばと祖父母に関してはあまり気にすることなく、とにかくその可愛さゆえに買ってしまうことがあるのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

姪っ子甥っ子に好かれたい願望

 

いくら姪っ子甥っ子が可愛いからと言って、自分に全く懐かない、自分のことを好きではない姪っ子甥っ子のことをはたして本当に可愛いと思えるかと言うと、現実的には難しいのではないでしょうか?

 

血のつながりのある家族なのだからどんな子供であっても愛する気持ちはあるとはいえ、何でも買ってあげたくなってしまうとまではいかないのが現実というものだと思います。

 

それはやはり、無償の愛は母親にだけ与えられたものであって、おじおばには「姪っ子甥っ子が好いてくれる」という与えられるものがなければ難しいからのような気がします。

 

つまり、姪っ子甥っ子に何でも買ってあげてしまうのは、姪っ子甥っ子に好かれたいという自分自身の願望を満たすためと言っても良い気がします。

 

 

 

 

兄弟姉妹への愛情表現

 

最近、姪っ子に物を買ってあげたいと思うのは、姉への愛情表現でもあって、姉からも好かれたいという気持ちもあるのでは?と思うようになりました。

 

つまり、姪っ子に物を買ってあげることで姉にとっての「私の子供のために頑張ってくれる可愛い妹」になりたかったのかもしれません。

 

でも、姉からしたら妹は妹で、いくつになっても心配の対象なんだなと最近ようやく気づきました。

 

私が姪っ子に物を買ってあげても、「そんないつも悪いし、お金は大丈夫?」っていう風に、逆に心配させてしまうときもあったりして、姉の心配の種を増やしてしまうことにもなっていたんです。

 

これは、兄弟姉妹の関係性にもよることなので全員に当てはまることではありませんが、姪っ子甥っ子との関係性と、兄弟姉妹との関係性は、完全に切り離して考えることは少し難しいのかもしれません。

 

 

 

 

 

物を買ってあげること以外にも愛情表現の方法はたくさんある

 

以前の私はとにかく姪っ子に好かれようと何でも買ってあげたくなっていました。

 

でも、今は、物を買ってあげるよりも一緒の時間をたくさん過ごしたり、一緒にいるときに思いっきり遊んであげることに注力しています。

 

夫婦共働きが当たり前の時代ですから、今の子供たちは、私たちが子供のときよりも寂しい思いをしているのかなと思うからです。

 

姪っ子と会ったときにハグをしたり、ノリノリで遊んであげるとすごく嬉しそうにするのを見ると、この考えが間違っていないのでは?と思います。

 

姪っ子甥っ子ちゃんについつい何でも買い与えてしまうという方は、それも愛情表現です。

 

でもそれ以外にも愛情表現の方法はたくさんあって、子供たちはもしかすると物を買ってもらうこと以外の愛情も欲しているのではないかと常に思っておくことは大切ではないでしょうか?

 

 

 

 

親の考え方は必ず気にするように

 

おじおばは教育面での責任が親に比べて少ないですが、何にも考えずに買ってしまうというのは、あまりにも無責任かなと思います。

 

おじおばとの接し方次第では、子供がどんな風に成長するかは分からないからです。

 

一番の責任者である親の育て方や考え方には常に耳を傾けて、それに合った買い与え方をするように心がけることも大切では?と思います。

 

私も姪っ子が何か欲しいと言ったら、小さなものであってもなるべく親に聞いてみます。

 

何かを買ってあげたいときは、「姪っ子に何かを買ってあげたいんだけど何がいいかな?」と相談してみます。

 

色々な人達から色々な物をもらって、置き場に困ったり、子供の教育上あんまり...と嘆いている親を何度も見ていますし...。

 

できれば「親も喜ぶ姪甥も喜ぶ」家族皆が幸せに感じられるものを買ってあげたいなと思いませんか?

 

 

 

 

姪っ子甥っ子にお金をかけすぎても貯金が増えない

 

姪っ子甥っ子のことになるとついつい財布のひもが緩んでしまう人は、それはそれで微笑ましいのですが、姪っ子甥っ子にかける金額の上限は決めておくと良いと思います。

 

そうしなければ際限なくお金は出ていってしまいますし、何に使ったのかよく分からない使途不明金の原因になってしまいますから、自分の資産形成に影響を与えてしまいます。

 

私の場合は、姪っ子貯金を専用に設けています。

 

クリスマスとお誕生日用には、毎月1,000円を積立てます。

 

1年で12,000円ですから、クリスマスとお誕生日それぞれに6,000円分は何か買ってあげられることになります。

 

実際には、姪っ子がまだ小さいのでプレゼントだけではお金が余りますから、誕生日ケーキとかお年玉も含む金額になります。

 

姪っ子の成長とともに、積立額も上がるかもしれませんが、それでも月々数千円積立てれば十分な物を買ってあげられるのではないでしょうか?

 

いつもたくさん買ってあげ過ぎてしまうという方は、姪っ子甥っ子積立を始めてみてはいかがでしょうか?

 

自分自身の買い与え癖も修正されますし、親たちにも伝えておくことで、常識外れの高いものをねだられることもないと思います。

 

※関連記事

プレゼントは積立して、気持ちよく渡そう
デパートの積立を激しくおススメする件
洋服が好きでどうしても貯金できない人は洋服の積立を考えてみよう 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

今回は、姪っ子甥っ子になんでも買い与えてしまうおじおばの心理と、私がおばとして気を付けていることについてお話してきました。

 

物を買ってあげるのは愛情表現の一つですが、それがすべてではないということをもっと大切にしたいなと思います。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

姪っ子甥っ子になんでも買い与えてしまう心理と気をつけたいこと 関連ページ

お金がなくて辛いと思ったら?乗り越えるための絶対的な法則をご紹介
スマホ課金をやめたいと思ったら。精神的・物理的の両方からアタック
お小遣い制にするとストレスで浪費癖が治らない?締め付きすぎはよくないです
買い物依存症になる原因と対策について
「限定」に騙されるな!心理をついた戦略に惑わされないために
配偶者の収集癖を治したい!イライラする前に知っておきたいこと
洗濯機の省エネ対策は電気と水道両方を意識すること
無料やタダには危険がいっぱい!気を付けないと痛い目を見ますよの話。
転職する人は入社時の給料を上げてもらえる裏技がある!?
アンカリング効果によって私たちは物の価値を見ているようで見えていない
私の心を変えてくれた絶対に読んで欲しいお金の本
「効果がなければ返品ください」は簡単に買わせるための戦略
コンビニでトイレを借りたら何かを買ってしまう人は心を操られやすい?
人は自分の意志で買い物をしていない!?集団心理の恐怖
買い物するときに気を付けたい魔法の殺し文句の話
食べ放題・飲み放題は本当にお得?利益の仕組みを知って賢い消費者になろう
ストレスのない人なんていない!ストレスでお金を使いすぎて自己嫌悪に陥る人は

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報