給与担当者が教えるお金のエトセトラ

買い物するときに気を付けたい魔法の殺し文句の話

 

 

 

 

私たちが買い物するときに、店員さんに言われたり、POPに書いてあったりして、ついつい買ってしまう、そんな言葉ってありませんか?

 

その殺し文句、商品を買ってもらうためのお店側の戦略ですよ!心理をついた魔法の言葉ってどんなものがあるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

「最後の一着です。」

 

私は過去にアパレルショップで店員をしていた経験があります。そのお店は本当に売り上げに厳しくノルマも課せられているお店だったので、店長からはどういう言葉を言ったらお客さんが買ってくれるのかを徹底的に教えられました。

 

お店で迷ったときに言われたことも多い「最後の一着です。」という魔法の言葉。

 

これを逃したらもう買えないかもしれない、手に入らなかったら後悔するかもしれないという、私たちの心理をついた殺し文句です。

 

でも実際にアパレル勤務していた立場からすると、最後の一着ではないことが往々にしてあります。

 

大抵の場合は、本社に在庫はあるし、他の店舗にも同じ商品があります。今日時点のそのお店の在庫としては最後の一着というケースがほとんどでした。

 

ひどい場合は(私の働いていたお店ではよく使われていましたが)お店裏側の倉庫には在庫があり、その日はもう店頭に出さないようにする、とかも実際にはありました。

 

さすがにそれはひどいとは思いますが、「(今日は)最後の一着ですよ。」なら、店員さんはウソはついていないということになります。

 

ですから、「最後の一着です。」と言われて買ってしまいそうになったら、まだあるかもしれないと、まずは思ってください。

 

そのうえで、最後の一着だろうと、まだ在庫があろうと、どんな場合でもその商品が欲しい!と思ったときにだけ、買うことを決めてほしいのです。

 

 

 

 

 

「あなたでないと似合わないです。」

 

「細い人にしか似合わないですよ。」
「スタイルのいい人にしか似合わないですよ。」
「背の高い人にしか似合わないですよ。」

 

これらはすべて、「あなたでないと似合わない。」という運命の一着です的なことを言っています。

 

言われて気分を良くして、買ってしまうという人が多いのですが、少し冷静になって考えてみてほしいのです。

 

細いとか、スタイルがいいとか、背が高いとか外見的な要素は、明らかに真逆の外見でない限り、店員さんたちはそこにウソはつかないです。

 

だって、ぶくぶく太っている人に細いですねーなんてわざとらしすぎて言えないです。(それでも言っている人もいますが、そういう人は接客が下手すぎてすぐわかります。)

 

そこにウソはなく、本当に「細いから」「スタイルがいいから」「背が高いから」似合っているとすれば、逆に言ったらその人は「細いから」「スタイルがいいから」「背が高いから」なんでも似合うんです!
 
つまり、その服はあなただからこそ似合うかもしれないけれど、あなたはどんな服でもそれなりに決まるのだから、その服でなくてもいい、ということになります。

 

そこそこ似合っていても、似合って当たり前なのだから、他の服でもいいという選択肢があります。運命の一着でもなんでもないんですね。

 

店員さんたちの褒め言葉に乗せられないようにしてください。わたしが似合うのは、当たり前!ぐらいの上から目線でいましょう。笑

 

 

 

 

「その商品、廃盤になってもうそれだけなんです。」

 

廃盤になってしまうということは、もう全く同じ商品が買えないということで、「もう二度と手に入らないかもしれない」という心理をついた殺し文句です。

 

まぁ、ウソがばれると厄介なので、廃盤になるということに大抵ウソはないでしょうね。でも、廃盤になった商品って、確かにそれはもうないかもしれませんが、そのすぐ後にすごく似たようなデザインの商品が発売されるということはよくあります。

 

え?どこが新商品なの?というぐらい似ていて、少し素材が違っていたり、細部が違うだけとか、その程度の違いであっても、全く同じではないので、廃盤→新商品の発売であることは間違いないです。

 

私はブランド物のバッグでそれを経験したことがありますが、コンビニのパンなんかでもそうですよね。ほぼ同じ味のパンが大きさを変えてでてきただけで、新発売!みたいなこと。

 

「廃盤になってしまうんです。」と言われたら、ついつい買ってしまいそうな気持ちはよくわかりますが、それが廃盤になろうが、ずっとあろうが、そんなことは関係のないぐらいに欲しいと思える商品しか買う必要はないのです

 

冷静になって考えてみて、廃盤になるから欲しい、というわけではないですよね?

 

 

 

 

 

「セット買いがお得です。」

 

これは本当に多いと思うのですが、単品よりセットの方がお得だと思って、ついついセット買いしてしまう人がいます。

 

A商品・・・100円
B商品・・・100円
AとBのセット・・・180円

 

となっていた場合、セットはお得に感じると思います。

 

元々Aだけが欲しくてお店に来た人でも、「セットがお得」と言われると、それほど欲しくはなかったBがついたセットを買ってしまう。

 

これほどわかりやすい戦略はないです。

 

元々Aに使う100円だけ払えば済む買い物が、ついついセット買いして80円余分に払うことになります。単品だと割高に感じてしまうかもしれませんが、元々買う予定のなかった物を買わされることほど無駄なことはありません

 

ファーストフードのセットでもそうですよね。

 

ハンバーガーとポテト、ドリンクのセットがお得だったとしても、私はポテトをそんなに食べたいと思いませんし、
ドリンクも氷だらけのウーロン茶より家で淹れるお茶がいいので、単品のハンバーガーで十分です。

 

それでも、セットの方がお得と思って買ってしまうのは、完全にお店側の作戦勝ちだと思った方がいいです。

 

※関連記事

食べ放題・飲み放題は本当にお得?利益の仕組みを知って賢い消費者になろう 

 

 

 

 

「医師監修、有名人の〇〇さん絶賛」

 

人間には、権威のある人の言うことをまるまる信じてしまうことがあります。お医者さんや警察官、ときには有名な料理人監修とかもそうかもしれません。制服効果とか服従原理とか言うそうです。

 

よくわからないけれど、お坊さんの言うことはありがたいと感じてしったり、テレビで医者が発言していることを鵜のみにしてしまったり、そいういったことです。

 

でも、冷静になって考えてみると、その人たちも人間です

 

間違ったことも言うし、悪い人だっています。それを忘れて、鵜呑みにするのだけはやめたほうがいいです。

 

私が勤めていた病院に医師は300人以上いましたが、ぶっちゃけ、ろくでもない医者もいました。仕事しないで遊んで給料泥棒とか・・・。

 

もちろん、素晴らしい先生もいましたが、医者であれば誰もが素晴らしいというのは大間違いだということです。

 

化粧品だったら「ドクターが選んだ」商品であっても、必ずあなたに合うとは限らないのです。有名人が使っているからと言って、良い商品とは限らないのです。

 

商品を選ぶときの目安として使う程度であれば良いのですが、権威のある人を信じ切るのではなく、まずはお試しから入ったり、口コミを調べたりと、慎重にリサーチするのに越したことはないのです。

 

 

 

 

 

「無料」「1枚サービス」「店長にOKもらいました。」

 

人は、何かをもらったら返さないといけないという心理が働く生き物です。日本人特有のものなのかもしれませんが。

 

何かを無料でくれたから、これを買ってあげようかな、サービスしてくれるなら買っちゃおうかな、自然とそういう行動をしてしまいます。

 

誰かにプレゼントをもらったり、何かをしてもらったら、お礼をしないといけないと思いませんか?この心理をついてくるのがお店側。

 

値引きの交渉時に「店長に確認してきます。」と言って裏に行き、嬉しそうに戻ってきて、「本当は値引きできないんですけど、店長からOKでましたので・・・。」と言われ、「ふーん、そう。でもまだ買わないけどね。」と言える人はそう多くはありません。

 

店員さんが苦労して交渉してくれた労力に報いたい、買ってあげたいと思ってしまうものです。

 

でも、大抵の場合その値引き幅は最初から許容範囲であるということもよくあり、お店側がお客に恩を売りたいための作戦であるということも多いのです。

 

サービスはサービスとして、「ありがとう」と笑顔で受け取る。でも、それと買うかどうかは別の話なのだと割り切る勇気が必要です。

 

どんな無料を受けても、欲しくないなら買わない、本当に欲しい商品なら、一生懸命接客してくれたお店で買う、ということでお店に感謝すればいいんです。

 

※関連記事

コンビニでトイレを借りたら何かを買ってしまう人は心を操られやすい? 

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?お店側は魔法の殺し文句を使って、私たちに買わせようとしています。でも、どれもに共通して対策できることがあります。

 

それは、その言葉を外しても欲しいと思えるかどうか、ということです。

 

お店の方は仕事で殺し文句を言ってくるだけなので聞き流しておけばいいんです。

 

あなたが考えるのは、本当に欲しいか、それほど欲しくないか、ということだけ。どんなときも、買い物するときの法則はいたってシンプルなんですね。

買い物するときに気を付けたい魔法の殺し文句の話 関連ページ

お金がなくて辛いと思ったら?乗り越えるための絶対的な法則をご紹介
スマホ課金をやめたいと思ったら。精神的・物理的の両方からアタック
お小遣い制にするとストレスで浪費癖が治らない?締め付きすぎはよくないです
買い物依存症になる原因と対策について
「限定」に騙されるな!心理をついた戦略に惑わされないために
配偶者の収集癖を治したい!イライラする前に知っておきたいこと
姪っ子甥っ子になんでも買い与えてしまう心理と気をつけたいこと
洗濯機の省エネ対策は電気と水道両方を意識すること
無料やタダには危険がいっぱい!気を付けないと痛い目を見ますよの話。
転職する人は入社時の給料を上げてもらえる裏技がある!?
アンカリング効果によって私たちは物の価値を見ているようで見えていない
私の心を変えてくれた絶対に読んで欲しいお金の本
「効果がなければ返品ください」は簡単に買わせるための戦略
コンビニでトイレを借りたら何かを買ってしまう人は心を操られやすい?
人は自分の意志で買い物をしていない!?集団心理の恐怖
食べ放題・飲み放題は本当にお得?利益の仕組みを知って賢い消費者になろう
ストレスのない人なんていない!ストレスでお金を使いすぎて自己嫌悪に陥る人は

HOME プロフィール ご挨拶 最新情報